2007年02月28日 16:30 [Edit]

書評 - 私の脳科学講義

これが気に入った人は、こちらもどうぞ。

極東ブログ: [書評]ぶってよ、マゼット 47歳の音大生日記(池田理代子)
そのあたりが気になって、彼女が四七歳で音大生になった時代のエッセイ「ぶってよ、マゼット 47歳の音大生日記」(参照)を読んだのだが、これがもうめっちゃくちゃ面白かった。

え?利根川進池田理代子とどういう関係があるかって?

本書「私の脳科学講義」は、ノーベル生理学賞を、それも単独受賞した利根川進が、ノーベル賞受賞の課題であった免疫の世界から脳科学の世界に移って何をしているかを、ご本人自ら語ってくれる本、なのですが、実は本書でこの二人は対談しています。

開口一番、実は池田理代子がばりばりの理系女子であったことが明らかにされます。

p.152
じつは何を隠そう、私は高校生までは理科系少女で、高校の三年間は、物理クラブで実験に明け暮れてました。

それも単に好き、というのではなくて玄人はだし。

じつは私、高校生のときに物理クラブでウィルソンの霧箱という今では古典的となってしまった実験をやっておりまして、当時高校生でそれに成功したのは私たちがはじめてだったんです。

これ、やってみれば分かりますが、むちゃくちゃ難しい実験です。私はついに成功しませんでした(苦笑)。これに限らず私は実験がからっきしだったのでソフトウェアの世界に進んだというところもあります。どっちかというと好き(もちろん大好きだけど、大好きなのはそれだけじゃない)を選んだというより、苦手を避けているうちに今に至ったというか。

本題の利根川先生自身による脳科学講義も充分以上に面白いのですが、本書で一番面白かったのがこの対談でした。音大生時代の話題も絶妙な形で登場します。

池田理代子というのは、ほんと多情な人なのですが、元々多情というよりは、ぱんぱんに膨らんだ理性を補うために情が発達したという感じを強く受ける人でもあります。その逆に、ぱんぱんに膨らんだ感情を補うために理性が発達した人もいます。というか、どこかの奥さんがダンナに目をつけたのはそこだそうです(苦笑)。

この二人の対談というのは、情と理というのがトレードオフの関係にあるのではなく、共鳴する関係にあるという実はごく当然のことが存分に満喫できる内容となっています。本書に関して言えばこの対談はおまけなのですが、この場合のオマケは食玩のオマケです。

文系も理系も、というより自分文系だと思い込んでいる人も理系だと思い込んでいる人も是非。

Dan the Classless


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
47歳の音大生日記池田 理代子 (2002/05)中央公論新社 こちらの紹介がおもしろくて図書館で予約したのだけれど、これを読んでなぜ彼女がNHKの団塊世代番組にでているのかがわかった。ふーん。で、読後の感想はこちらに共感。
【本】『47歳の音大生日記』池田理代子、中公文庫、2002年【子供と一緒にお仕事の日々】at 2007年03月19日 14:53
この記事へのコメント
右の広告がUZEEEEEEEEEEEEEEEE!!!
Posted by cyberbob:-) at 2007年03月01日 13:21
これは、ほんとかどうか知らんけど
無茶、レズ大好きネーちゃんで
自分の事務所の女は
お手つきだったようやな。

彼女の面診れば、まさにレズビアンの本道って分かるけどな。
でも、これは、悪魔でもウワサじゃ。

オカサレ、レズ拒否になってしまった人の話やけん。
Posted by レズって、気持ちエエのかいな? at 2007年02月28日 15:58