2007年03月20日 02:30 [Edit]

君たちの感動的なお言葉

ネット空間で特に顕著だが、日本人は梅田望夫にツッコまない。

My Life Between Silicon Valley and Japan - 直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。
ネット空間で特に顕著だが、日本人は人を褒めない。

以前から本blogで言ってるけど、もっとツッコめよ。心の中に違和感があったら口に出せ。誰だっていくつになったって、他人の違和感は指摘されなければわからない。そういう小さなことの積み重ねで、ものごとは回りもするしつまづいたりもする。「人を批判する」というのは、「ある対象をより善くしていく能力」と密接に関係する。「ある対象をより善くしていく能力」というのは、人生を生きていく上でさらに大切なことだ。「ある対象のすでに良い所しか見ない能力」を持った人が、米国社会では幅を利かせすぎている。それで知らず知らずのうちに、影響を受けて世界の若い人たちの思考回路が脳天気になる。自己評価が過剰になる。「嫌なこともしないと生きていけない」なんて思っちゃいけないんだとか自己弁護している。それがいけない。自己評価が過剰なのが一番いけない。

私だって、君たちを見ていて、いい所とか、それで充分なところとか、たくさん見えるよ。でもそんなこと指摘されて何を得る?

それでもっと悪いのは、ダメな大人の真似をして、自分の日常は棚に上げて、アメリカンドリームばかりを追いかけている人がいることだ。そうするとかっこ良く見えると思っているかも知れないけど、そんなことしている暇があったら自分で出来ることをやれ。

梅田望夫テンプレートは以上。次。

blog.bulkneets.net : [あとで消す] 梅田望夫さんの感動的なお言葉
ところで、お前はてなのコードどんだけ書いたの?

*.hatena.ne.jpのコードなら一行も書いてないだろう。しかお前にとってのコードってそれだけか?ちいせえなあ。

梅田望夫は、株式会社 はてなのコードを書いているんだよ。それがトリビアルな仕事だと思うか?オレは今も両方のコードともチンタラ取り組んでるけど、両方ともガチで取り組むのは2年が限度だったぜ。

あと、ウェブ進化論って本も書いてる。ダーウィンがゾウガメになったりフィンチになったりしてないからってダーウィンが何もやってないことになるか?

プレイヤーにはプレイヤーの、チアリーダーにはチアリーダーの役割ってもんがある。そりゃプレイヤーだけでも試合は出来るけど、それで試合を楽しめるのはプレイヤーだけだ。チアリーダーがいることで、観客も試合を楽しめるし、プレイヤーもはりきる。

バックシートドライバーの言うことをいちいち気に留めるのは、運ちゃんとしちゃ二流だぜ?

malaの[あとで消す]は、以上。次でシメ。

褒められなければ、やる気が出ない。しかし批判されなければ直さない。それがおれたち。

褒めの反対って何か?貶し、じゃない。批判でもましてない。

愛の反対が無関心なら、褒めの反対は無反応。一番いかんのは、実はこれ。

勘違いして欲しくないが、居酒屋で聞こえるアレは、「反応」じゃない。それを聞いて何か意味のある行動を取れる人の耳にとどいていないんだから。もし日本人に問題があるのだとしたら、愚痴と批判を取り違えていたことだ。居酒屋で威勢のいいこと言っている奴に限って、二日酔いで投票に行かなかったりするもんな。

褒めるなら、落ち込んでいる奴を褒めろ。批判するなら、ノッテる奴を批判しろ。バグフィックスやメンテナンスや急患の対応でてんてこまいの奴を批判して、時の人を褒めるなんて、逆もいいとこじゃないの?

Dan the Coder


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:君たちの感動的なお言葉
404 Blog Not Found:君たちの感動的なお言葉【】at 2012年01月16日 13:42
あまりにムカついたので、感謝することにした。 新潮 2009.1 例えば、これ。 水村: 英語圏でインターネットのいい部分がたくさん出ているのは、梅田さんが書いておられるように、西洋には、パブリックという概念がきっちりあったのも影響していますよね。 梅田...
パブリックに関するダメな議論、もしくは感謝【404 Blog Not Found】at 2008年12月31日 01:39
人生初のネットラジオ終わりました.とても刺激的でした. 自分は音声でのコミュニケーションというのをとみに苦手にしていて,正直まともにしゃべれるのか不安視していま...
第0回「ウェブエントリを読む」ラジオを終えて【As a Futurist...】at 2008年05月21日 23:56
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書 14) 作者: 西村博之 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2007/06/29 メディア: 新書 読みました。すぐに目に飛び込んできたひろゆきさんの勘違いを。 P39 ウェブ進化論の梅田さんに対して、カ
技術者とビジネスマンの違い【WEB自習室(oppappy)】at 2007年08月18日 17:32
献本頂いて恐縮なのだが、本題に行く前に一言。 asin:4844323644 梅田望夫 / 茂木健一郎 茂木健一郎 クオリア日記: フューチャリスト宣言 特設ページ My Life Between Silicon Valley and Japan - 「フューチャリスト宣言」連休明けに発売 献本の添え....
書評 - フューチャリスト宣言【404 Blog Not Found】at 2007年05月08日 00:01
直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。 これはアレですね、はてなとかブクマとかやってる暇があったら仕事しろってことですね。あいすみません。 というのはまあ冗談として。 日本のネットに批判的言説が多い
最終警告!本当は怖い盲目的予定調和説【赤の女王とお茶を】at 2007年03月21日 15:25
ネット空間で特に顕著だが、日本人は梅田望夫にツッコまない。My Life Between Silicon Valley and Japan - 直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。ネット空??1??9
君たちの感動的なお言葉【otaku的日常 ― 深夜の魔法使い ―】at 2007年03月21日 14:34
 404 Blog Not Found:君たちの感動的なお言葉を読んでみました。  うーん、批判の隙を一切与えないよう極めて緻密に書かれています。ズルイといえばそうかもしれない。この手の文章を書くことや批判されることに相当慣れている印象を受けました。例えば、 褒められなけれ
「日本人は梅田望夫にツッコまない」件について【beaverbladedの日記】at 2007年03月21日 14:28
小飼弾さんの「君たちの感動的なお言葉」というエントリーを読んでてもの凄くすっき
批判のコミュニケーション【Perpetual Thought Cycle】at 2007年03月21日 00:41
以前紹介した記事(*1)と多少被りますが、こちらはこちらでいい事言ってるなぁと思ったので紹介。まぁ、何事もバランスってことで。 *1:[生活]何がなんでも人を褒めるのは失礼だからね?::したらば元社長日記
[生活]404 Blog Not Found:君たちの感動的なお言葉【愚者のニュース】at 2007年03月21日 00:29
My Life Between Silicon Valley and Japan:直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。 卒業式で学長や校長が巣立っていく卒業生に贈る言葉としては感動的だ。さすが梅田望夫先生。こんな仰げば尊しわが師の恩的な...
そう言えば卒業式シーズンだったか【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年03月20日 16:43
404 Blog Not Found:君たちの感動的なお言葉「ある対象のすでに良い所しか見ない能力」を持った人が、米国社会では幅を利かせすぎている。それで知らず知らずのうちに、影響を受けて世界の若い人たちの思考回路が脳天気になる。しかし、それが米国での風土と考えると、それ...
現在、未来への希望【No Shortcut Life】at 2007年03月20日 16:33
この記事へのコメント
いつも楽しみにしています。元気をありがとう!
Posted by shinsou001 at 2010年07月13日 22:13
なんで子供の教育の話になってんの?
Posted by は? at 2007年03月23日 18:45
>アメリカだって批判だらけだろ。現実を見ようよ。

いやいや、そりゃどこの国だって批判はたくさんあるだろうけど、相対的に全然違うって話だよ。
このブログ見てもわかることだけど、アメリカは子供の教育から褒めることを重視してるからね。けなすことばかりの日本の学校とはえらい違い。
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20070318/1174178458
Posted by で? at 2007年03月22日 16:45
梅田氏のエントリ読んで「確かに仰る通りかも知れんがどうも気に入らない」という違和感がありましたが、
こちらを読ませて頂いてその違和感の正体がはっきりしたようです。

宿便を出し切った後のようにすっきり致しました。
Posted by wagtail at 2007年03月22日 16:10
良くも悪くも「気軽に突っ込めない雰囲気」が出来てるってことでしょ。むしろアメリカと日本の差は、誉め力の差ではなく雰囲気嫁力の差なのでは。例えば、2ちゃんとかはてブとか、突っ込んでもいい雰囲気が形成されている場所ならば、あまり差は無いんじゃないかなあ。
その点ここはかなり気軽で良いですが。
Posted by くらげ at 2007年03月22日 12:44
>その批判ばっかりの日本でグローバルに何か成果を出してるわけ

アメリカだって批判だらけだろ。現実を見ようよ。
Posted by 飴痢缶 at 2007年03月21日 18:31
 
「暇 潰 し の ゲ ー ム 感 覚」でやってるだけですから。
 
Posted by mic at 2007年03月20日 23:24
どっちも正だから
バランスが大事ってこと。
Posted by くみこ at 2007年03月20日 16:32
弾さん こんにちは!
これ、すっごく面白かったです!
とってもいい線だと思います!
確かに 自分を認めてくれる人と信頼関係さえ結べれば、未熟な自分をあるときはボコボコに批判して下さる方のほうが、かえって、ありがたいと思うものです。(一人前に扱われているという実感はありますね。)
ネット上でも 懐疑的な批判コメントばかりが多いときは、多少は(かなり?)疲れますが、へ〜〜〜〜という手ごたえを(いろいろな感性があるものだと素直に)感じることはありますし・・・。
Posted by 貞子ちゃん at 2007年03月20日 15:04
もっちーさん批判ではなく、
もっちーさん賞賛批判・批判批判というのが面白いです。

たしかにもっちーさんの手法はもっちーさんが世界で最もうまい。
もっちーさんのいうことを聞いてたら、
少なくとももっちーさんには勝てない。
ぷちもっちーさんが大量生産されるだけ。
しかし、もっちーさん潰しは何も生まない。

さて、どうしたらいいでしょうか。
Posted by すけるとん at 2007年03月20日 14:08
突っ込み処満載だけど、まあこういうポジティブなのは突っ込むのは野暮だなと、せっかく書いたナイス突っ込みテキストを消した俺が来ましたよ。
梅田突っ込み倒したけどな俺は
俺の過去ログでも読めよ雑魚
Posted by マ儿コ at 2007年03月20日 14:00
その批判ばっかりの日本でグローバルに何か成果を出してるわけ??もっと実績を見ようよ。
Posted by で? at 2007年03月20日 12:07
すみません、多分・・・こうですか。

×しかお前にとってのコードって
○しかしお前にとってのコードって

私も褒めブクマしておりました・・・
Posted by くま at 2007年03月20日 09:54
で、だんさんは、コンテンツDJとして優れていると思うけど、
DJとしては、活字とプログラムしか扱っていないから…
ただ、DJツールの開発は期待したい。システムも。

ブックマークって、
リクエストとDJのオートマなんだろうけど、
やっぱり、限界があるよね。

そうそう、はてなの、キーワードを書く懸賞は可能性大。
でも、上品ではないな。
ま、はてなに関わらず、他社のブログやwebでも、
キーワードを書いて、プレゼントがもらえるかもしれないというのは、
アフリエイトを期待して記事を書くよりいいし、
プレゼントしてくれる人が毎回変わって、
コンドウからもらうより、サイン入りでエビちゃんの方が…

結局、ラジオのシステムになっていくのだろうな。
で、すぐテレビのシステムになって。
だから、webの枠組みでないわけ。
とくに、無駄に双方向は重荷。

Posted by ん at 2007年03月20日 08:05
ダンちゃんの、チアリーダコスプレが、一番強烈なメッセージになると思うぞ。

ま、はてなの未来が暗くなっているんだろうな。とくにビジネス面。開発コストが高くどんどんなってきている。リターンは、別の会社に流れていくばかり。

大きく言うと、webは終わるのだよ。
よりリアルなものを求める。
webは活字の復権につながるかのように思われていたけど、
新たな才能をみつけだすことができなかった。
システムだけが成長し、肥大しただけだよね。

webはアンダーグランド化していって発展するけど、
アンダーグランドだからビジネスには向いていない。

ま、はてなが、バッサリ、ニホン人ユーザーが、
絶対に好まないスタイルに変化すれば…

ライブドアは、世界標準が定まったら、
ネット界の松下として、利益をコツコツなのかな。

Posted by だ at 2007年03月20日 08:03
うーん、ちょっと苛ついてる?
あそこはボケたり突っ込んだりし甲斐が無いのよ、確かやった事は在るけど。
無地のコンクリートの壁面に向かって叫んでいるような感じ。
どーせ、自分はハテナスタッフじゃないしエンジェルでもないしギークでもないし、別にいーもん。
Posted by トリル at 2007年03月20日 05:25