2007年04月09日 02:00 [Edit]

書評 - 「投資信託にだまされるな!」vs「金融広告を読め」

まずはダイヤモンド社に献本御礼。

その上で恐縮なのだが、本entryではもう一冊紹介する。そうしなければならない理由があるからだ。


本書「投資信託にだまされるな!」は、投資信託をDISった本....ではなく、副題にあるとおり「本当に正しい投信の使い方」-- 少なくとも著者の定義による -- を解いた本。

目次 - http://book.diamond.co.jp/cgi-bin/d3olp114cg?isbn=4-478-00024-3より抜粋。
  • はじめに
  • 第1章 こんな投信は買ってはいけない
  • 第2章 これだけ知っておけば金融機関にだまされない!
  • 第3章 では、どんな投信を買えばいいのか?
  • 第4章 おすすめの投信と販売会社
  • 第5章 世代別に見る、投資信託の活用法
  • 付録
  • おわりに

本書の一番の特徴は、ダミー広告にある。本書にはいかにも銀行や証券会社の窓口においてあったり、郵便受けの中に入っているダイレクトメールで見かけたりしそうな「ニセ」広告が登場する。このニセ広告の問題を調べることで、読者は投資信託とはなんなのか、うまそうな話にはどんな訳があるのかを学んで行くという寸法である。

大変面白い。のだが、この手法、実は先達がすでにある。こちらである。

本書「金融広告を読め」もまた、ダミー広告を通じて金融リテラシーを高めようという本である。そしてその点においては、こちらの方が質量ともに圧倒的だ。「投資信託にだまされるな!」の160ページに大して、「金融広告を読め」は501ページ。扱っている金融商品も投資信託のみならず、預金、株式、債券、デリバティブから不動産投資に至るまでなんでもござれ。しかも新書ということもあって1200円。「投資信託にだまされるな!」の1500円と比較すると、ページ数で3倍強なのに、値段は2割安い。

それでは「金融広告を読め」の方が買いか、というと、そう言い切れないところが難しい。

まず、情報量。「金融広告を読め」の方がダミー広告の質量が圧倒的に多いのだが、この量の多さは、正直言って引く。読んでなるほど、となる前に「おなかいっぱい」になってしまう。売り手側の金融業者と知恵比べをしたい人なら本書だが、「初心者です。投資信託をはじめてみたいのですが、業者にぼられないか心配です」という人は本書の厚さを見ただけで「もういいや」ということになってしまうだろう。

次に金融商品の範囲。「金融広告を読め」が金融商品なんでもござれなのに対し、「投資信託にだまされるな!」の方は、投資信託に的を絞っている。とりあえず投資信託って何なのか、どんな問題があるのか、そして何がいいのかを知りたい人は、まず本書を読んでおくべきだろう。「金融広告を読め」に「はい」と答えるのはその後でいい。Perlねたで恐縮だが、「金融広告を読め」が「ラクダ本」なら、本書は「リャマ本」に相当するといえばわかりやすい。

「時は金なり」ということを考えると、これらの要素は決して無視できない。私のように本を読むことそのものが楽しい者にとって、「金融広告を読め」の網羅度の高さと情報密度の濃さは福音だが、あくまで本を情報源として読む、いや頼る人にとって頼もしいのは網羅度でも情報密度でもない。今自分が必要な情報が、自分が持ち合わせている時と金で手に入るか、すなわち消化のよさなのである。

両方読めればそれが理想。もう投資信託だけではなく金融広告にもだまされることはなくなるだろう。もっとも、そのことは市場にしてやられることまでなくなることを全く保証しないのだけれども。

それにつけても、金融啓蒙本というのは、結局のところ月並みな結論しか出ないのだろうか。アクティブよりパッシブ、おなじパッシブでも手数料が安い窓口から、ETFならなおよし....扱うものが金である以上、それはそれで仕方がないことかも知れない。

しかし一ハッカーとして思わざるを得ないのは、月並みにしてしまうには投資信託というのはあまりに月並みでないアイディアなのではないか、ということ。私は実はこの投資信託を、株式会社と同じ位すごい発明だと思っている。束ねることで一本一本よりも大きな力を発揮するという点において、投資信託は株式会社に通じる。それどころか、株式会社の株を買うというのは、その会社という投資信託を買う行為と同じとみなすことすら出来る。その考えを拡げて行けば、実は全ての投資は投資信託の一種とみなせる。現金そのものですら、その通貨の発行体である国家に投資信託しているのと同じである。一円はニッポン・ソブリン・インカム一口、というわけだ。

そうやって考えて行くと、投資信託というのはただ買い手でいるのもつまらないような気がするのだ。これってハックの対象にならないか。目論見書がソースコードそのものという投資信託があったって面白い。証券を売買するロボット、証券ボットはすでに存在するし、実はプロも使っているが(実はPerlは彼らの間にも大人気なのである)、コードそのものまで公開されているものはまだない。少なくとも私は見たことがない。ビジネスにしたい誘惑を感じないといえば、嘘になる。

「投資信託にだまされるな!」と「金融広告を読め」の双方に共通して残念なのは、「現在はこうなっている」「ここに気をつけろ」という、買い手の現在にメッセージはあっても、「こういう金融商品があったらいいのに」だとか「こういう風に広告してくれたらいいのに」とかという、売り手の将来に対するメッセージに欠けることである。役には立つが面白みには欠ける。

「命の次に大切なもの」を扱っている以上、それはそれで仕方がないのかも知れない。しかし、我々はなぜ金を発明し、社会を発明し、そして投資信託を発明したのだろうか。

未来のため、ではないのか。

いやいや、そこは好意的に捉えよう。未来は読者のためにとっといてある、と。現在を固める、という点であれば両書ともなかなかの良著なのだし。ただし読む順番はお間違えなく、出版順と逆に、「投資信託にだまされるな!」が先で、「金融広告を読め」が後。併せても3000円しない。これくらいなら「リテラシー手数料」としても充分低いのではないか。

Dan the Hacker


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
投資信託から始める投資生活において、投信の入門本を読んだので書いてみます。まず、関連書籍とあわせて3冊どちゃっと。はてなの商品経由でつながるリンクが好きなので、はまぞうになっています*1。私は竹川さんの本は図書館で借りました。 (1)(2)(3) (1). 最近いろいろ大
[投資][株][金]投資信託Howdy World!! 第7回 :: 竹川美奈子の本を読んだ。【くるえるはてなくしょん】at 2008年08月31日 16:04
前著に引き続き、今回もダイヤモンド社書籍編集部第三編集部加藤様より献本御礼。 投資信託にだまされるな!Q&A 竹川美奈子 早速結論。前著、「投資信託にだまされるな!」よりこちらの方がずっといい。
一匹目より油の乗った二匹目のどぜう - 書評 - 投資信託にだまされるな!Q&A【404 Blog Not Found】at 2007年12月11日 07:22
ダイヤモンド社より献本御礼。 金融商品にだまされるな! 吉本佳生 世の中にはすでに金融商品以上に金融商品本があふれているが、その中にあっても「スタバではグランデを買え!」の著者というブランドは大きい。
金融商品本の真打ち? - 書評 - 金融商品にだまされるな!【404 Blog Not Found】at 2007年11月12日 09:33
ダイヤモンド社より献本御礼。 スタバではグランデを買え! 吉本佳生 結論:スタバではグランデを買え!経済学本では「スタバではグランデを買え!」を買え! それも今すぐココで(笑)!
書評 - スタバではグランデを買え!【404 Blog Not Found】at 2007年09月17日 05:21
仕事場、そして取引先の近くに、いきつけの本屋さんがあります。そのどちらでも、非常に目立った場所に平積みされ、ビジネス書のランキング上位にあったのが、《投資信託にだまされるな!》です。7月4日の日経新聞夕刊の《ベストセラーの裏側》にも、この本が取り上げられて...
「投資信託にだまされるな!」、買ってもいい投資信託とは?【トクダス】at 2007年07月05日 02:25
さらに 4、口座管理料や購入手数料や信託報酬などの『見えない手数料』が無駄に高い金融機関の名前をそのつどソフトの中にブラックリストとして組み込む。 そういったことが営業妨害ということで法令上不可能であれば、口座管理料などなどの見えない手数料の上限設定をソフ...
初心者用資産運用ソフトの考え方(金融リテラシーの基礎)Part2【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月12日 14:31
初心者用資産運用のソフトの必要性を昨日このブログ記事で記したが、あまり反響が無かった。 ソフトのエンジニアにとっては かなり気の遠くなるような課題に受け止められたのかもしれない。 あまり難しく考えることはない。 あくまでの初心者向けのソフトなのだ。たとえば...
金融リテラシーの基礎(Part1【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月12日 14:28
3月10日に池田 信夫BlogRandam Walk Down Wall Streetで、 書籍『Randam Walk Down Wall Street』が紹介されていたので、いつも このブログでも紹介しようと とても気になっていたのだが、4月にずれ込んでしまった。 やっと時間が取れたので 貼り付けておき...
『Randam Walk Down Wall Street』のご紹介。【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月11日 11:21
INTER-GATE運営事務局です。 □ロックDEお茶!/給茶スポット 上手なキ...
第107回目はネットのお役立ち情報??魔法瓶ほしいなー【INTER-WEB】at 2007年04月10日 17:48
いろいろな投資信託が人気を集めているようです。 郵便局も投資信託を扱うようになった時代です。 アメリカでは 投資信託については義務教育で教えているようですが、 投資後進国の日本では、まだまだそういった話は聞きません。 上手に利用すれば、投資信託は株式投資より...
投資信託の見えない手数料と72の法則Part1【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月10日 16:52
以下 投資信託の見えない(見えにくい)手数料について 見て行きましょう。(なお、詳しくはここをご覧下さい。) 投資信託(ファンド)にかかる もろもろの手数料は、以下の四つがあげられます。 〓口座管理料→一年間の口座管理料 〓販売手数料→投資信託を購入するとき...
投資信託の見えない手数料と72の法則Part2【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月10日 16:48
【結論】 結論としては、投資信託の手数料についても、 個人の投資信託・初心者の方にとっては いろいろ聴きなれない言葉があって 解り辛いと言うのは実感でしょう。 少なくとも、〓購入手数料 〓信託報酬 〓信託財産保留金を三つだけはチェックして、これら三つの合...
投資信託の見えない手数料と72の法則Part3【貞子ちゃんの連れ連れ日記】at 2007年04月10日 16:47
この記事へのコメント
この後に竹川さんから出ている仕組みづくりの中に
色々と、お勧めのファンドや投資方法も記載されて
います。

4041blog not foundを読まれている方には、
ぜひ読んで欲しいと思います。
Posted by silencejoker at 2008年09月15日 22:07
こんにちは。
「投資信託にだまされるな!」の著者の竹川さんは巻末で、
「金融広告を読め」を参考にしたと言っています。
ですから、少しわかりやすくアレンジし、高齢者でも読みやすくした
という位置づけかもしれません。
Posted by ikadoku at 2007年05月29日 17:08
>コードそのものまで公開されているものはまだない。

どうぞ見てください〜っていう感じに出しているものはしりませんが、こんなの書いてみました。使えるじゃない。といったものはいろいろありますよ。検索にもヒットしています


Posted by かねごん at 2007年04月10日 12:25
さらに、投資信託を選ぶことができ、資産運用にも成功しま
した、じゃあその本当のリターンは? 税引き、留保額引き
後の手取りが本当のリターンです。税引き前、留保額引き前
のリターンはバーチャにすぎません。米国のモーニングスタ
ーや各種投信評価サービスでは表記させることが可能です。
日本では、モーニングスターのえらい人がマネー雑誌で、グ
ローバルソブリンオープン毎月決算型をすすめる始末です。
絶望した、投信業界に絶望した! そんな勢いです。

投信に関しては、今後に渡り、ぜひともハックしてください。
Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2007年04月09日 15:41
国際株式型かつ新興国に投資するアクティブファンドともな
れば、信託報酬ごときは目じゃないぜってなほど「その他の
費用」がかかります。さらっと流されていた「売買回転率」
もコスト増につながります。

― 投信評価情報サービス
http://ita.dir.co.jp/

アメリカのモーニグスター、ヤフーでは、この「委託売買手
数料、保管料」込みの総費用、そして、ファンド内部の「売
買回転率」は表示されますが、日本のモーニングスター、ヤ
フーでは表示させることができません。唯一、大和の投信評
価サービスで分かるのみです。あとは、各投資信託の運用報
告書でないとわかりません。目論見書のどこを見ても書いて
いないのです。

Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2007年04月09日 15:40
「投資信託にだまされるな!」を読みましたが、肝心なことがかっ飛ば
されていました。「金融広告を読め」においてもさっぴかれていました
が、投資信託にだまされるな!」は入門書とは言え投資信託専門の本で
すから、ぜひとも書いてほしかったです。

投資信託にかかるコストで「信託報酬」を最大のコストとしていますが、
これは誤解です。一行にもみたない「その他の費用」のうち「委託売
買手数料、保管料」、これが大きな割合を占めるのです。

パッシブ型投資信託でも「委託売買手数料、保管料」を含めた総費用を
考慮すると、「投資信託にだまされるな!」であげられているおすすめの
投資信託のうちいくつかはおすすめではなくなります。信託報酬が安い
パッシブ型の投資信託は、必ずしも総費用が安いわけではないのです。

Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2007年04月09日 15:38
HI!

大阪市西区千代崎
竹本淳一
Posted by 竹本淳一 at 2007年04月09日 14:19
投資信託を売っているやつら(特に銀行)は投資信託のことなど知らずに売っている。
リテラシー手数料を高いと捉える悲しい人が極めて多い。

「専門家が運用していますから!」と専門家が誰かは知らず。
Posted by りん! at 2007年04月09日 11:18
>「投資信託にだまされるな!」の160ページに大して、
対して、かな?
Posted by Sekizuka at 2007年04月09日 10:59