2007年04月10日 12:00 [Edit]

書評 - 蒼天航路

というわけで尻馬。

asin:4063703851
蒼天航路

李学仁 / 王欣太
(全36巻;文庫版全18巻)
切込隊長BLOG(ブログ): 「好きな三国志の武将を三人選べ」と言われたら
三国志が伝えたかったことは、「馬の産地を押さえた軍団が中華統一する」っていう、厳然たる事実なんだよ。

本シリーズ「蒼天航路」は、三国志本当の主人公である曹操を主人公とした漫画。今更紹介するのもなんだが、数ある三国志漫画の中で一番面白い。横山光輝の三国志は小学生まで。

とはいえ、本シリーズは「三国志って何?」という人にはついていけないだろう。そういう人は横山光輝版を一度通読しておくといい。全60巻だがあっという魔に読める。吉川英治のとかよりはずっと速く読めるだろう。

はっきり言って、三国志の世界では曹操の他は雑魚。太陽系に例えたら、曹操が太陽で孫家が木星。蜀はこないだ惑星から外された冥王星と言いたい所だが、三国志演義では地球みたいな扱いになっている。本シリーズでも、だいたいこんな序列で三国志世界を描いている。

そのことが、かえって劉備に関しては納得のいく描写になっている。はっきり行って劉備というのは中国史において大した人物ではない。先日の都知事選における外山恒一のポジションである。そういう劉備のええかげんさに関しては、大人の三国志モノとしては、本シリーズが一番きちんと描けていると思う。

むしろ納得のいかないのが諸葛亮の扱い。あんなに大きく取り上げる必要はないのだ。でかいのはチンコだけにしとけばよかったのに。

ある意味、諸葛亮というのは、個人としてそこそこの能力がある人物が、国家に大していかに有害な存在になりうるかを示した存在とも言える。彼が無理な北征を重ねなければ、蜀の寿命はずっと長かっただろう。彼に馬謖を切る資格があったとは思えない。そもそも北征を企画した時点で彼は誤っているのだから。

これを見て出師表に通じる匂いを感じたのは私の空耳ならぬ空鼻だろうか。

これはある意味、曹操とは対極にある。彼は皇帝の座に拘らなかった。中華統一にすら拘らなかった。拘っていたら、蜀を鶏肋と捨てることもなかっただろう。もしマキャベリが当時いたら、君主論はチェザーレ・ボルジアではなく彼に捧げられていただろう。

この破格の人を日本において再発見したのが、(狭義の)文学ではなく漫画だったところがまた素晴らしいではないか。

對酒當歌
人生幾何
譬如朝露
去日苦多
慨當以慷
幽思難忘
何以解憂
唯有杜康

私は三国志の日本における過剰な人気がキモくて敵わんのだが、Stay Hungry, Stay Foolishな生き方を貫いたこの人にだけは共感することが出来る。

今までの三国志に違和感を感じている人、必読。

Dan the Cao^2ist


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
・ひさしぶりに早く帰れた〜嬉 ・明日からぐ〜と冷えるみたいですね。気をつけなきゃ...
View point【競泳・水泳最新情報 SWIMMING VIEW】at 2008年11月18日 20:57
404 Blog Not Found:書評 - 蒼天航路 本シリーズ「蒼天航路」は、三国志の本当の主人公である曹操を主人公とした漫画。今更紹介するのもなんだが、数ある三国志漫画の中で一番面白...
[本]蒼天航路(1〜18巻)【メモ帳であり備忘録でありブログであり・・・】at 2007年05月20日 23:58
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/04/post_194d.html http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50806367.html 風雲児たち (1) 作者: みなもと太郎 出版社/メーカー: リイド社 発売日: 2002/03/28 メディア: コミック 風雲児たち 幕末編 (10) 作者: みなもと太郎 出
三国志は飽きた。【日本で2番目に高い山】at 2007年04月11日 13:22
切込隊長さんが 「「好きな三国志の武将を三人選べ」と言われたら」(@切込隊長BLOG(ブログ)4/10付) を表したところ、 「三国志演義で好きな武将?」(@finalventの日記4/10付) 「書評 - 蒼天航路」(@404 Blog Not Found4/10付) と大物が続々参戦。リンクを...
三國志好きなalpha bloggers【bewaad institute@kasumigaseki】at 2007年04月11日 05:57
[link:http://blog.livedoor.jp/dankogai/ 404 Blog Not Found] にて、蒼天航路の書評が載っていました。おおむね賛成なのですが、いくつか気になったところについて、私の意見を書いてみます。
諸葛孔明ってそんなにダメな人物だったの?【Akasata's Page(あかさたのページ)】at 2007年04月10日 23:48
この記事へのコメント
超亀レスですが、検索すると出てしまうのでw
曹操がいつ、皇帝になったんだよ
なったのは魏王だよ、魏帝になったのは曹丕だよ
曹操がいつ、中華統一したんだよ
中華統一したのは、部下の司馬懿の孫司馬炎だよ

まあネタにマジ亀レスとか言い出す可能性があるのでいいますが、
曹操は蒼天航路以前、各所で悪役として書かれていても、張角や董卓のような憎まれ役の悪役ではなく、いうなれば主役とは別に人気があったシャア・アズナブルのような悪役だった
第一、単純に正義の劉備と悪の曹操ですらない。三国志だぞ。二国志じゃねえんだよ
また、三国になる前の群雄割拠という状態もある

容姿ひとつとっても、横山三国志の後半における悪人面以外、前半、天地を喰らう、光栄の三国志、三国無双等々、イケメン、ちょいワルオヤジ(死語)に書かれているにもかかわらず、蒼天航路においては、くだらない低俗な印象操作を狙った孔明が晒し出していた陰部の如きものが髪にある有様。
Posted by kamesennin3 at 2012年04月28日 07:27
俺は蒼天航路も曹操も大好きだが、あなたの批評には反吐がでる。
少し自分を見直した方がいいよ。
Posted by 清明 at 2008年07月04日 21:25
子供じゃあるまいし漫画の思想を鵜呑みにする人がいるとは思わなかった
仰ることは蒼天作者の考えをまんま繰り返しているだけ、驚きました

たしかに演義には史実との食い違いで違和感を覚えるが、『蒼天航路』には人間として違和感を覚えます

「魏の武帝は殺戮を恐れなかった」→ 偉大なる大義のため無実の民を虐殺しまくった曹操さまに萌え〜
って書いたりするのは三国志の歴史観がどうのと言う前に人としてどうかと思いますね
将軍さまのすることなら何でも正しいのか? 将軍さまの大義のために家族を殺されてもありがたくて涙流して悦ぶのか

カルト宗教の教祖か独裁国家の元首をたたえる機関紙のようで気色悪い作品でした
でもその作り話に洗脳される人がいるのだからカルトもなくならないわけだ

Posted by nn at 2007年04月18日 00:17
>曹操の他は雑魚
その雑魚に追われて衣を脱ぎ捨て髭を切って逃げ出した人物もいたようで。

>あっという魔
>蜀を鶏肋
曹操が主人公という思いこみの批評も結構ですが、御自身の文面、知識を省みてははいかがでしょうか。
Posted by 不快 at 2007年04月12日 00:11
>魅力的な人物として最初に描いたのは吉川英治でしょうかねえ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B9%E6%93%8D
Posted by ha0 at 2007年04月11日 12:42
本国においてただの極悪人扱いされていた曹操を、
魅力的な人物として最初に描いたのは吉川英治でしょうかねえ。
Posted by   at 2007年04月11日 12:23
不正確で品の無い批評だと思ったら、個人批評だったんですね。
もうすこし頑張ってください
Posted by at 2007年04月11日 10:54
>>今までの三国志に違和感を感じている人、必読。

全てに完璧な、超人曹操伝が読みたい人にはお勧めですね。
史実では小規模な成功しか収められなかった諸葛亮を超人に
仕立て上げるよりは、曹操を超人に仕立てた方が出来はよいですが、
誰かを超人に仕立て上げて書かれる伝記物に違和感を感じる人が
蒼天航路を読んで違和感を拭えるかと言えば、そうではありません。
でも、数ある三国志漫画の中で一番面白いのは同意ですね。
Posted by P at 2007年04月11日 10:38
なんか色々納得いっていないようですが、蒼天航路は正史と演義のいいとこ取りなので妙なことを言ってるようにしか見えません。
Posted by あ at 2007年04月11日 09:53
馬は強くないです、馬にのっている朝青龍がとんでもなく強いのです。
彼が魏晋親方のいうことを聞くはずもなく、
このあと中国は朝青龍一門によって大混乱するのです。
Posted by 仁 at 2007年04月11日 04:17
>彼が無理な北征を重ねなければ、蜀の寿命はずっと長かっただろう。

蜀は自らを「漢」と位置づけたことをお忘れではないかと。
蜀が単に蜀ならばおっしゃる通りですが、漢と位置づけた以上、
無理な北伐をしないほうが寿命を縮めたとも思えます。

劉備没後の11年という時間は、蜀が漢である意識を持つ人間を戦争で
減らす為の時間だったのではないでしょうか。
Posted by マグナカルタ at 2007年04月11日 02:47
鶏肋として捨てたのは
漢中では?
蜀ではないですよね??

Posted by a at 2007年04月11日 00:51
>お様
ビッグコミックオリジナルでなくてスペリオールでしょう。
タイトルは「覇-LORD-」(武論尊,池上 遼一)。
Posted by み at 2007年04月10日 18:44
弾先生。
俺は人類への三度目の核攻撃を防ぐ為にグラフィッカー兼ゲームプログラマーになるつもりです。
よかったら、俺の師になってもらえませんか。
メール待ってます!!
moegi3212000@yahoo.co.jp
Posted by 大勲位モーリス・G・茶茶 at 2007年04月10日 16:34
ビックコミック・オリジナルでは、
もっとへんてこな、三国志をやっていて、
なんか、へんてこさが良い。

傾国の美女も武将みたいに描かれているのが、ぐっと
Posted by お at 2007年04月10日 15:06
一般的には北「伐」じゃなかろうか。
Posted by ま at 2007年04月10日 14:31