2007年04月23日 00:05 [Edit]

書評 - ソーシャル・ウェブ入門[BETA]

初掲載2007.04.20; イチオシにつき週明けまで更新掲載予定

先ほど到着。献本御礼。早速読了。ただし「使う」のはこれから。

これは、すごい。

本書はまさに「現代用語の基礎知識」ならぬ「現代Web2.0の基礎知識」だ。

ウェブ進化論」や「グーグル Google - 既存のビジネスを破壊する」や「グーグル・アマゾン化する社会」をまだ読んでいない人たちがうらやましい。

本書からはじめられるのだから。


本書「ソーシャル・ウェブ入門」は、「面白い」という点でも「使える」という点でも、これまで書かれたWeb2.0本の中の最高峰である。速読できるのに後でまた読みたくなる。内容が濃いのにのどごしすっきり。後発だから当然というなかれ。このクォリティは、ほんとすごい。

まず目次からしてすごい。あまりにすごいので、通常本blogではこの位置におく目次を後ろにもっていかざるを得ないほどだ。そして、この目次を見たあとにびっくりする。本書が240ページしかないことに。本書の一ページ一ページはすごい濃い。活字が小さいわけではない。図版が少ないわけではない。にも関わらず、本書の1ページは他の本の4ページ分ぐらいに感じる。このページの濃さは尋常でない。

にも関わらず、本書は普通の本と同じ程度の速度で読める。これはもう構成力の勝利といっていいだろう。

私は本書が「面白くてためになる」と書いた。「ウェブ進化論」は面白いが、「使える」といえば疑問である。ウェブ進化論を読んでも、はてブを使えるようにはならない。逆に「グーグル明解検索術」は「使える」が「面白い」とはいえない。Googleがもたらす社会的影響に関して考察してるわけではないからだ。本書が絶妙なのは、論考と解説の分量が絶妙なことだ。本書はWeb0.0まで遡って話をしているにも関わらず、ブログの作り方まで解説しているのだ。

本書の判型も、また絶妙である。本書の濃いページを実現するには、新書では狭すぎる。かといってムックのようなB5やA4は手になじまない。A5という本書の判型は本書にドンピシャリである。逆にこれくらいしっかりとしたページ構成でないと、新書主義者の私は新書に収まる本をA5にするのは支持できない。

本書に一つ問題があるとしたら、本書そのものではなく本書に関連するWebページであろう。例えば著者のblog「social web rambling」は、トップページで本書を紹介しておきながら、専用Entryが不在。仕方がないので「social web rambling 「クチコミの技術」ブログイベントに参加」の方にTBしておくが、この紺屋の白袴ぶりには微苦笑してしまう。少しは「クチコミの技術」の爪の垢を飲んどいた方がよかったかも知れない。

とはいえ、本は中身で勝負である。そしてその中身において、本書は他のWeb2.0本の追随を許さない。滑川海彦に、脱帽。

Dan the Reviewer

目次 - ソーシャル・ウェブ入門 Google,mixi,ブログ…新しいWeb世界の歩き方より編集
まえがき
  1. 新しいWebワールドへようこそ
    1. Webは社会のライフラインになってきた
      • Web/インターネットによる情報革命
      • 電気、ガス、水道、携帯、そしてWeb
      • ビジネス全体の構造も変わる
      • 情報格差―デジタルデバイド問題
      Column Webの歴史とブラウザ戦争
    2. Web2.0―すべてはオライリー論文から始まった
      • 小さなきっかけから大変動が起きることがある
      • 2.0ブーム沸騰のきっかけを作ったオライリー論文
      • アプリケーションからサービスへ
      • ユーザーの集合的英知を信頼する
      • ビジネスモデルの180度転換
      Column Web2.0その後―ザ・ガイ・イズ・リアル
    3. Googleという巨大な現実
      • Googleの株式時価総額はトヨタの6割、日産の2.5倍
      • Google小史
      • Google、ビジネスモデルを発見
      • 大魔人、ランプから出る
      • とりあえずの結論…
      • Googleに弱点はあるか?
      Column 検索エンジンのe=mc2 全Webユーザーの総意がPageRankへ
  2. とうとう世界が変わり始めた
    1. 変化の核心には「人間」がある
      • Webは「人と人との交流」のメディアに
      • Webのソーシャル化の前提は検索サービスの成立
      • 人間の本性はソーシャル・アニマル
      • 手段としてのソーシャル化、目的としてのソーシャル化
      • 英語解読には「英辞郎 on the web」を利用しよう
      Column 元祖「ソーシャルアニマル」はアリストテレス
    2. 群集の英知―知恵の民主主義が機能するのはゆるぎない現実
      • ユーザー発信型コンテンツ(UGC)
      • Amazonが切り開いたWeb通販戦略
      • 圧倒的な質・量のAmazonカスタマーレビュー
      • Wikipedia―誰でも書き込めるスーパー無料百科事典
      • 集団の英知はWikipediaでどう働く?
      • 誰もが編集できるWikiならではの問題もある
      Column 固くて重いツリーからゆるくて軽いタグへ
    3. 集団の愚行から学ぶ「みんなの意見が案外正しい」ための条件
      • 「みんなの意見」は案外正しい
      • 「3人寄れば文珠の知恵」対「船頭多くして船、山に登る」
      • 「群集の英知」が機能する条件
    4. すべての秘密がWeb上に―プライバシーの憂鬱
      • 個人情報が漏洩してもたいした問題ではない?
      • AOL、空前の暴挙―2000万件の個人別検索データを公開
      • 検索文字列は圧縮された日記
      • Web検索・閲覧履歴はマーケティングのための宝の山
      • 法律だけでは解決できない問題が山積
      Column 「ロングテール」か「富士の裾野」か?
  3. すべてのソーシャルWebのインフラ―Google
    1. Google検索のABC
      • 初心者は「検索オプション」を利用しよう
      • AND、OR、NOT
      • 「フレーズを含む」オプションは2重引用符" "で囲まれた文字列そのものを検索する
      • ドメイン内検索で「朝日新聞」だけを検索
      • 自由に利用できる記事の検索
      • 検索表現のまとめ
      • その他の検索キーワード
      • トップページからそのまま使えるちょっと便利な機能紹介
      Column 「ぐぐる」とGoogleの弁護士からお手紙が
    2. メールの未来形Gmailを使おう
      • Gmailのおかげでメールボックスの容量がギガバイトに
      • フォルダによるメール分類は使いづらい
      • まずはGoogleにユーザー登録
      • ラベル(タグ)でメールを分類整理
      • 一連のメールのやりとりはスレッド化される
      • フィルタ機能で処理を自動化する
      • ただし、コンテキスト広告が入る
      Column Gmail これは便利 検索条件カンニングペーパー
    3. 現在のアドレスをそのままにGmailを利用する
      • Gmailのいちばんシンプルな使い方―送信メールのバックアップと検索
      • Gmailの差出人アドレス・返信先アドレス指定機能でGmailをバックエンドに使う
      • Gmailで外部アドレスを使う方法
      • 今まで溜まったメールをどうしよう?
      • アドレス帳の移行はどうしたらいい?
      Column Mail Fetcherで他アカウントのメールも読める―Gamil これで完璧か?
    4. あらゆるコンピューティングが次第にWebサービスに統合される
      • Google Mapからマッシュアップが始まった
      • Googleでブラウザの起動ページをマッシュアップする
      • Googleウィジェットでブログがマッシュアップできる
      • アプリケーションとしてのオンラインWebサービス
    5. Google Docsでオフィス系アプリがオンラインへ
      • 誰とでもすぐにオンライン共同作業が可能に
      • オンライン協力者を招待する
      • ブロガーに見逃せない機能― GDocs内からブログ記事を発行できる
      • Googleカレンダー
    6. 常時接続、常時起動で快適Webライフ
      • いちいち電源を入れていては間に合わない
      • 「電源設定」で省エネ対策
      • パスワードを必ず設定する
      • セキュリティを確保する
      • Winnyその他P2Pソフトについて
      • データの暗号化でプライバシーを確保
      • 必要以上に個人情報をばら撒かない
  4. 情報共有系サービス
    1. ユーザー投票で記事を選ぶソーシャルニュース
      • Newsing対一般ニュース― どこが違うのか?
      • ソーシャルブックマーク兼ソーシャルニュース「はてな」
    2. ソーシャルサービス入門ブックマーク篇
      • ローカルな「お気に入り」はすぐにパンクする
      • シンプルかつ強力なタグ検索機能で選ぶならdel.icio.us
      • そしてソーシャルな使い方
      • 自分に志向の近いユーザーを見つけるコツ
      • ソーシャルブックマーク利用のまとめ
    3. YouTubeのソーシャル共有パワーの秘密
      • 単一ビデオが日本から1日300万ダウンロードを記録
      • YouTubeの機能
      • 写真のソーシャル共有サービスflickr
      • コンテンツソーシャル共有サービスの機能まとめ
    4. GoogleのYouTube買収でテレビ、映画のインターネット移行は急加速か
      • 20代の2人のキング誕生
      • HDDビデオでテレビ視聴者の脱「カウチポテト」化が進む
      • iTunesを先頭にテレビ局、映画会社がインターネットビデオ配信に続々進出
      • YouTubeが第二のNapsterにならない理由
      • デジタルミレニアム著作権法による保護
      • 危機意識希薄な日本の放送業界
    5. クリエティブ・コモンズ―Webでの流通を前提としたオープン著作権の試み
      • 在来型著作権とデジタルコンテンツには大きなギャップがある
      • 「オール・オア・ナッシング」の著作権は著作者にとっても不便
      • クリエイティブ・コモンズ著作権はデジタル・コンテンツの流通に柔軟に対応できる
      • クリエイティブ・コモンズでコンテンツを公開する
      • クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのパターン
      Column のまネコ騒動―ネット投稿の著作権は誰のものか
  5. 人間交流系サービス
    1. ソーシャルネットワーク(SNS)小史
      • SNSのパイオニアは2002年スタートのFriendster
      • 規模ではmixi独走―わが国のソーシャルネットワーク
    2. スーパーSNS、MySpace現地ティーンを取材
      • MySpaceの急成長を支えたのはティーンエイジャー
      • MySpace漬けのティーンの日常「クラスメートのほぼ全員が使ってます」
      • 出会いも恋も連絡も―でも学校ではアクセス制限
      • 友だちの音楽聴けるのが楽しい
      • MySpaceはソーシャルネットワークのMTV
      • 米国のソーシャルネットワーク市場は今、中年パワー全開
      • ニッチなSNS市場も元気だ
      • アメリカSNSのメジャープレイヤー
      Column 世界で一番友達の多い男―看板男トム氏のMySpace拝見
    3. mixi入門―日本の大人のご近所づきあい
      • なにはともあれ、招待制
      • mixiの中心は「マイミクシィ」の交流
      • 公開範囲を決定する
      • 友だちの輪を広げる
      • 情報漏洩事件をめぐってmixi周辺はプライバシー問題で大揺れ
      Column 便利なmixi「足あと」機能―ただしプライバシーにご注意
    4. 2ちゃんねるとSNS 破壊的革新対居心地よい保守
      • 数字で見る2ちゃんねる対mixi対決
      • 2ちゃんねるは巨大なマス、mixiは小さなコミュニティの集合体
      • 手荒い直接民主主義の実験場
      • mixiは居心地のいい村空間を提供する
  6. Column 世界の中心でクダを巻いた…
  7. 情報発信系サービス
    1. Webはブログの登場でメディアとして完成した
      • 2006年、わが国も本格的ブログ時代に入った
      • ブログとウェブサイトはどう違う?
      • ブログ発達史―まず政治ブログが注目を集めた
      • 2004年、ブログの報道でCBS炎上
      • ブログは企業PRのカギとなる―ビデオブログが「悪の帝国」マイクロソフトのイメージを変えた
    2. ブログ購読はRSSフィードリーダーの利用が必須
      • フィードリーダーとは?
      • マイクロソフトIE、7.0、ついにRSSフィードリーダーを標準装備
      • Webフィーダーを比較する
      • フィードリーダー使うならどれ?
      • フィードを配信しないサイトは置いてけぼり―ビジネスデルも変化中
      Column IE7.0はフィードリーダーが標準装備
    3. ウェブフィードリーダーBloglinesを活用しよう
    4. 最初のブログ―種類と選び方のポイント
      • ブログはWebサイトよりはるかに簡単に作成・運用できる
      • ブログサービスの種類と選び方
      • いちばん簡単なブログのサンプル
      • スキンやロゴ画像を設定する
    5. ダイナミックなブログネットワークを作るツール
      • Webサイトのメディアとしての限界
      • ブログネットワーク3種の神器―トラックバック、ピン、パーマリンク
    6. ブログ作成―実戦篇
      • テンプレートのデザインは1にも2にも可読性
      • テンプレートをカスタマイズする
      • タイトル文字のサイズ変更
      • 記事の投稿テスト
      • アフィリエイト広告
      Column 日米ブログ出版プロジェクトに注目
  8. グーテンベルク以来のメディア革命が進行中
    1. WebのOS化でWindows Vistaは最後のWindowsとなる?
      • 「MS帝国」がデスクトップを支配した20年
      • 「第一次Web戦争」はマイクロソフトの圧勝
      • マイクロソフトの「壁に書かれた文字」―Googleの登場
    2. 「Webのプラットフォーム化」はこうして起きた
      • 「高度情報社会」は少しも高度でなかった
      • ハードウェアインフラの整備とドットコムバブル
      • 「実物大の世界地図」の登場
      • Webは「仮想現実」から「現実そのもの」へ変貌した
      • 「プラットフォーム」はデスクトップからWebへ移動した
      Column オール・ザット・Web2.0 マイク・アリントンのTechCrunchブログ
    3. オールドメディアの本流、CBSの果敢な挑戦
      • ラスベガスでビル・ゲイツより注目を集めた男
      • ビデオクリップを簡単に作ってアップロードするClip and Slingシステム
      • コンテンツ、オーディエンス、メディア
      Column タイム誌の2006年の「年の人」は「You=あなた」に
    4. 「ソーシャルWeb」は「Web社会」へ、さらにその向こうへと進化中
      • Google帝国、猛烈な拡大を続ける
      • 「Googleはインターネットそのものを支配下に収めようとしている」
      • 「ネットテレビ」はメディア世界の秩序に激震をもたらす
      • Web2.0の後に来るものは? ティム・オライリーの予測再び
      • マクルーハンの「電子の世界村」は必ずしもバラ色の未来を意味しなかった
  9. 巻末資料 おすすめの本とブログ

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
献本御礼。良著。 セカンドライフ創世記 「ソーシャル・ウェブ入門」を気に入った人なら、本書も気に入っていただけるはず。
書評 - セカンドライフ創世記【404 Blog Not Found】at 2007年07月17日 04:46
このギーク度120%のタイトルにだまされてはいけない。 The Art of UNIX Programming Eric S. Raymond / 長尾高弘訳 [原著:The Art of UNIX Programming] なぜなら、本書はギークとつきある必要のあるすべてのスーツ必携の一冊。
書評 - The Art of Unix Programming (邦訳版)【404 Blog Not Found】at 2007年06月26日 13:56
その企業はソフトウェアを販売したことも、パッケージソフトウェアを開発したこともない。ソフトウェアのライセンス供与もなければ、販売もなく、顧客の環境に合わせて、ソフトウェアをさまざまなプラットフォームに移植する必要もない。その企業のサービスはサーバではな...
レビュー|ソーシャル・ウェブ入門【show the white feather】at 2007年06月16日 18:43
●小飼 弾さんの記事を拝見し、購入。 その記事で名前が出されている『ウェブ進化論』も『グーグル Google - 既存のビジネスを破壊する』も『グーグル・アマゾン化する社会』も私はたまたま読んでいた。 確かにそれらに比べても単純に「面白い」のは事実。 ただし、この3...
ソーシャル・ウェブ入門【ビジネス・ブック・アーカイブ】at 2007年06月14日 21:36
初掲載2007.05.07;連休明けまで更新 実家から返ってきたら郵便受けで待っていたのが本書。献本感謝。 デジタル・ワークスタイル 徳力基彦 この一年に呼んだハウツー本の中で、最も多くの人に役立ちそうだと私が感じた一冊だ。
書評 - デジタル・ワークスタイル【404 Blog Not Found】at 2007年05月06日 07:57
「大人の薀蓄ノウハウ本が必要なのだ」と、滑川海彦氏が夏から忍の一字でまとめた本がやっと出た。23年前に書いたデータベース本の続編。英語のリテラシーの異様に高いTechCrunch翻訳??.
祝・出版??滑川海彦著「ソーシャル・ウェブ入門」:"Social Web Rambling"【Long Tail World】at 2007年04月24日 11:08
ソーシャル・ウェブ入門―Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方...
ソーシャル・ウェブ入門【この道はいつか来た道... REBOOTED】at 2007年04月24日 02:32
去年のゼミでは、学生たちと「ウェブ進化論」を読んだが、みんな口々によく分からない
ソーシャル・ウェブ入門[BETA]【ICHINOHE Blog】at 2007年04月23日 23:29
ソーシャル・ウェブ入門??Google、mixi、ブログ…新しいWeb世界の歩き方(滑川 海彦) 「404 Blog Not Found」の中の人が絶賛していらしゃるので、注文してみた。 本書「ソーシャル・ウェブ入門」は、「面白い」という点でも「使える」という点でも、 これまで書かれたWeb2.0...
ソーシャル・ウェブ入門【みのねっとぶろぐ】at 2007年04月21日 12:07
小飼弾氏のブログ404Blog Not Foundで小著を書評していただいた。「イチオシにつき週明けまで更新掲載予定」というたいへん好意的な扱いで大いに感激。浦島太郎よろしく、長らく執筆から遠ざかっていた身、おそるおそるの出版だっ??ss!
「ソーシャル・ウェブ入門」、404でご紹介いただく【social web rambling】at 2007年04月21日 11:56
404 Blog Not Found:書評 - ソーシャル・ウェブ入門[BETA]
404 Blog Not Found:書評 - ソーシャル・ウェブ入門[BETA]【oryzaの環境備忘録】at 2007年04月21日 10:29
この記事へのコメント
久々に人の書評を買おうかなと思いました。
Posted by blog49 at 2007年04月23日 14:11
和田@技術評論社です。

不躾にもいきなり見本をお送りしたにも関わらず、すぐにお読みいただき、このようなご高評をいあただきありがとうございます。

AMNのクチコミセミナーには私も参加させていただき、このタイミングで非常に勉強になりました。現在実践中のところですが、このエントリによって一気に空気が変わり、弾さんのブログの影響力の大きさに今更ながら驚いております。

WEB+DB、gihyo.jpでもお世話になっておりますが、今後とも何卒よろしくお願いします。
Posted by 和田規 at 2007年04月23日 11:29
レビューありがとうございしたっ。身に余るお言葉をいただきまして(汗 おかげさまでAmazonでもだいぶ浮上してまいりました。 404の影響力絶大です!

紺屋の白袴とはまことに、そのとおりでして、TB先を作っとかなきゃなー、とか思っただけで、すっかり忘れてました。能書きにくらべて(汗汗

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 滑川海彦 at 2007年04月21日 10:34
hyukiさん、
支持ありがとうございます。今後ともよろしくご指示のほどを。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2007年04月21日 05:07
s/指示できない/支持できない/
Posted by hyuki at 2007年04月20日 22:08