2007年04月29日 23:00 [Edit]

「バベル」公開中

あやうく書き落とす所でした。

本日04月28日より公開されております。

よろしければ、ご覧くださいませ。


しかしもう撮影から1年半。映画ってほんと大変ですね。

ご感想をTB/commentでいただけると嬉しいです。

Dan the Landlord Thereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
その31: 元オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)最高技術責任者「小飼弾」氏 (PCViewメールマガジン「桜子の超気まま日記」コラムバックナンバー) この記事で知ったんだけど、先日見てきたバベルででてきた役所広司さんと菊地凜子さんの部屋に使われてたあの部屋って、子飼
バベルの部屋は・・・【なまくらがたな】at 2007年06月09日 17:10
バベルposted with amazlet on 07.05.21 おすすめ度...
バベル、観て来た。【がっぽりブログ】at 2007年05月22日 00:18
異国の人々に言葉は通じない。砂漠のただ中で助けを呼ぶ声は誰にも聞こえない。耳が聞
バベル観てきました【Prayin’ for the ground】at 2007年05月05日 00:30
  バベル メディア: DVD  日頃、食っている牛肉が牛の死体だとしらない人はこの映画をみるのはやめておいたほうがいい。もちろん、これは比喩ですが、世界が持ち合わせている毒の部分を全面に出して、そのなかから救いを求めている作品なので、そのへんの微妙なニュアンス
[movie][read]毒を食らわば・・・――「BABEL バベル」 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトウ 主演:ブラッド・ピット、菊地凛子【跡地】at 2007年05月03日 20:53
バベルの塔は旧約聖書によると、神が人間の自己神格化の傲慢を憎しみ人々の言葉を混乱させて罰したとのこと。転じて言葉が輻輳してワケワカメな状態になるさま。そしてこの映画も実に見事にワケワカメで、カオス的だ。これも全て、北京の蝶ではなく、東京の弾のせいだ。
バベル(BABEL)【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年05月01日 21:09
この記事へのコメント
昨年、先行試写会の弾さんの批評を読んで以来、期待していましたが、
実際に観て、イマイチ以下でした。デフユニオンから、菊池凛子をアカデミー賞受賞をさせないようにと、抗議があったのを、弾さんはご存知でしょうか。弾さんはお金持ちで、しかも、無料の試写会で観ることができたのですが、私は、障害者で、「障害者自立支援法」で更に、国にいじめを受けるようになって、乏しい障害年金から、チケット代を払って観ました。弾さん、恨みます。アルファブロガーが商業映画と結託したら、アルファブロガーではないと思います。「バベル」の長〜〜い感想(1)〜(3)をTBしようとしたら、できないので、コメントで、お知らせいたします。
<a href="http://diary.jp.aol.com/applet/jppwe6zu/788">映画「バベル」の宣伝塔を潰す&ネタバレ</a>(リンク、うまくできるか、心配です)
Posted by うみおくれクラブ・ゆみ at 2007年05月11日 10:08
こんばんは。
このブログを見ていると、バベルを見てみたくなりました。
僕の住んでいるところでは見れないので、
DVDが出るのを心待ちにしたいと思います。
Posted by れんさん at 2007年05月02日 22:14
しみじみ・・・意思疎通できないときは「バベッってんじゃねえよ!」ということにします。
Posted by blog49 at 2007年05月01日 10:54
>いつも楽しみに見てるだけの人さん

ありがとうございます。
これで「バベル」を見る楽しみがひとつ増えました。
それにしても、怪しくもステキな夜景ですね。
Posted by 名無しさん at 2007年04月30日 20:51
弾ちゃん。
よかったら、俺の仲間にならないか?
恒久平和の実現目指して、一緒に働こうぜ!!
メール待ってます!!
Posted by 大勲位モーリス・G・茶茶 at 2007年04月30日 14:18
やはり、私は、グラフィッカー兼ゲームプログラマーになろうと思います。
どんなに時間がかかろうとも!!
Posted by 大勲位モーリス・G・茶茶 at 2007年04月30日 04:48
御自宅を撮影場所として提供されていました。
2005年11月12日のentryに詳細があります。
公式HPの東京(Gallery中の)にも写真がありますが、
つい羨ましくなってしまう夜景ですよね。
Posted by いつも楽しみに見てるだけの人 at 2007年04月30日 01:18
無粋で申し訳ございませんが、
Danさんは本作品とどのような関わりがおありなのですか?
お教えいただけるとファンとしてありがたく思います。
Posted by 名無しさん at 2007年04月30日 00:38