2007年05月21日 01:00 [Edit]

書評 - iPhone 衝撃のビジネスモデル

今までの「岡嶋」本の中で、ぶっちぎりで最も完成度が低い本。

asin:4334034020
iPhone
衝撃のビジネスモデル
岡嶋裕史

それゆえに、最も面白い本となっている。


本書「iPhone 衝撃のビジネスモデル」は、iPhoneを軸に、2007年現在のネットをめぐる状況を、岡嶋裕史が考察した本。そう。考察した本である。解説した本ではなく。

目次 - 光文社発行の書籍より抜粋
  • まえがき
  • 第1章 iPhoneの衝撃
  • 第2章 Web2.0の幻
  • 第3章 ユビキタスの挫折
  • 第4章 クール! iPhoneのインタフェース
  • 第5章 iPhoneが拓く新しいビジネスモデル
  • 引用・参考文献
  • 今までの「岡嶋」本といえば、解説本であった。「郵便と糸電話でわかる インターネットのしくみ」にせよ、「セキュリティはなぜ破られるのか」にせよ、プロにとっては当たり前の知識を、いかにわかりやすく解説するかということにかけて、現在岡嶋裕史は日本でもトップクラスの技量を持っている。それがどれくらいすごいかというと、あまりに分かりやす過ぎて、分かりやすくする技術に著者がどれほど注力しているか、気をつけていないと見えないほどだ。解説書のUIにかけて、著者ほど洗練された技術の持ち主は見当たらない。岡嶋裕史の凄さは、それが全く凄く見えないところにある。いや、あった。

    その岡嶋がiPhoneを見たとき、これは何か言わねばと思ったことは想像に難しくない。本書は著者がiPhoneを見て感じた事を、現状を踏まえた上でストレートに、分かりやすくする技術それほど適用しないで書いている。本書では文体にしてからが解説書の「ですます調」ではなく論文の「である調」であり、用語解説もほとんどなしにユーザエクスペリエンスだのユビキタスネットワークなどといった言葉が生のまま飛び交う。今までの岡嶋本では、こういうbuzzwordsを生のまま使う事は避けていた。なぜ避けなかったかといったら、解説する暇もないほど岡嶋がiPhoneに関して一言行っておきたかったからに違いない。

    こういう何かに突き動かされて書いたものというのは、本でもblogでも、完成度は低い代わりに面白い。そこにはパッケージされるまえの生のプリント基板に似た美しさがある。本書はそんな本である。

    しかし、本書を本として出す所に、著者の老獪さも垣間見える。本書の各項目をblogで書けば、どれもはてブ三桁の大人気entryとなるのは間違いない。梅田望夫なら「書かずにいられない」ことは迷わずblogに書くだろう。しかし彼はそうするぐらいなら「生乾き」の原稿を本にする方を選ぶ。そこには、

    p.164
    Web2.0的なサービス、技術はある。だが、Web2.0的な収益モデルはない

    という著者の冷徹な現状認識がある。今のところ、blogでは何万アクセスあろうが何十万アクセスあろうが、書き手にはビタ一文落ちないのだから。そんな岡嶋が本ではなくblogでこういう文章を発表したら、その時こそ本当のWeb 2.0到来なのかな、と思わずにもいられない。

    しかし、生乾きの原稿でこのクォリティというのは大したものだと思う。何より強いのは、岡嶋は技術を「手でも」わかっているということ。技術を頭でしか理解していないと、どうしても重大な事実誤認や思わぬ錯誤をしてしまうのだが、およそ岡嶋の文にはそれがない。本書のオビをもじれば、

    梅田がつき佐々木がこねしウェブ論本座して食らうは岡嶋か

    といったところか。少なくとも、この両者よりも岡嶋が技術というものに通じていることは、両人とも納得していただけると思う。

    だから余計思わずにいられない。なぜこの人はWebに文章を上げないのか、と。三者の中では最も若い(そう、私より若い)岡嶋が、この点にかけては一番年寄りじみて見える。筋違いな指摘かも知れないが、これだけの論者が本にしか文章を上げないことが、私には「ずるく」感じるのである。

    それでも、岡嶋がこういった本も書けるし書くのだというのは実に新鮮。blogと違ってタダでは読めないが、税込み735円の価値は確実にある。

    Dan the Blogger


    この記事へのトラックバックURL

    この記事へのトラックバック
    NTT出版牧野様より献本御礼。 しろうとクマくんとC言語の授業 岡嶋裕史 なに?C言語の初心者本?それも岡嶋裕二?しかも2,000円を切っている?言語本業界涙目? 涙目!....別の意味で。 駄目だよ、これじゃ!
    (弘法も筆の誤り||まろび出た馬脚)? - 書評 - しろうとクマくんとC言語の授業【404 Blog Not Found】at 2008年08月08日 05:32
    日経BP出版局編集第一部中川様より献本御礼。著者の林さんとは404 Blog Not Found:群衆の叡智サミット2007でご一緒させていただきました。 iPhoneショック 林信行 iPhone関連の書籍はすでにいくつか登場しているし、今後も登場すると思われるが、本書が真打ちと見...
    iPhone本の真打ち - 書評 - iPhoneショック【404 Blog Not Found】at 2007年12月16日 05:17
    著者より献本御礼。 ケータイ業界52人が語る「戦略」の裏側 石川温 現代日本のケータイ業界を一冊で俯瞰するのに最適な一冊。
    書評 - ケータイ業界52人が語る「戦略」の裏側【404 Blog Not Found】at 2007年10月09日 23:10
    <記事要約> アップル社の高性能携帯電話機「iPhone」が今月29日に発売開...
    iPhone発売を前に、米アップルの株価上昇【専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】】at 2007年06月27日 09:28
    ●『数式を使わないデータマイニング入門』などで知られる、岡嶋裕史さんの「インターネットビジネス論」。 小飼 弾さんの「書評 - iPhone 衝撃のビジネスモデル」を拝読して、購入。 ●本書においては、「iPhone」が「携帯電話」や「iPod」としての機能を有する事は、大...
    iPhone 衝撃のビジネスモデル【ビジネス・ブック・アーカイブ】at 2007年06月20日 16:00
    ランチの後にぶらっと入った本屋で見かけて、ファーストフード店でお茶を飲みながらさっと読み終えてきた。 この『iPhone 衝撃のビジネスモデル』という本は、それくらい気軽に、乱暴に流し読みするくらいでちょうどいいんじゃないかな。Web業界の外の人を置き去りに....
    『iPhone 衝撃のビジネスモデル』を読んで思った次の入口(ポータル)【アルカンタラの熱い夏】at 2007年06月09日 17:45
    初掲載05.21;販売開始まで更新予定 ウィキノミクス マスコラボレーションによる開発・生産の世紀へ Don Tapscott / Anthony D. Williams 井口耕二訳 [原著:Wikinomics: How Mass Collaboration Changes Everything] 賛否両論は抜きにして、「議論の前提となる...
    書評 - ウィキノミクス【404 Blog Not Found】at 2007年05月21日 14:36
    この記事へのコメント
    昨日のテレ東WBSだったかな、
    ちょっとききかじった話しなんだけど、
    台数ベースでソニエリのケータイウォークマンが、
    日本以外でバカ売れらしい、
    iphoneはおろかipodよりも売れているときいた、
    コレって事実なのかな...
    Posted by マルセル at 2007年05月25日 22:14
    個人的には第2章 Web2.0の幻が興味あります。
    騒がれた割には、浸透していませんね。
    Posted by そう at 2007年05月21日 14:33
    梅がつき 佐々がこねしはウェブ論 座して食らうは岡嶋かDAN 。

    中にいるより外側からの方が全体は見通しやすいとか。
    Posted by blog49 at 2007年05月21日 08:26