2007年05月24日 01:30 [Edit]

書評 - 貧困の光景

無知である事を知ることは、大いなる喜びであると私は常々思ってきた。

しかし本書に思い知らされる無知は、無知を知る事が喜びであるということが一般化するにはあまりに甘い仮説であることを思い知らせずにはいられない。


本書「貧困の光景」は、今では日本では事実上絶滅してしまった本当の貧困を教えてくれる。「希有な一冊」と書きたい所だが、本書の主題は曽野綾子のノンフィクション全てに共通しており、そしてその数が少ないとは言えない以上、少なくとも「希有な一冊」ではない。しかし本当の貧困をこれだけ長い間看続けてきたという意味で曽野綾子が希有な一作家だという事は確かだろう。

P.43
エチオピアは物質に貧しく、日本は精神に貧しかった

という著者に対して、自省にせよ反感にせよ、何も感ぜず「そうですが、なにか?」と言い切れる人はそうはいないだろう。少なくとも「貧困とは何か」という点に関して、著者以上に場数を踏んで来た人はまずいない。その現実から目をそらさぬ姿勢に、畏敬の念を抱かずにはいられない。

それゆえに、その透徹した視線とはあまりにちぐはぐな、

オビより
日本は社会の格差の増大に苦しむという(略)、そういう人は、電気のない干ばつのアフリカ、砂漠の続く酷暑のアラビアで、まずほんの短時間にせよ、生きてみたらどうか。そして飢えに苦しむ人々に自分の食べるパンの半分を割いて与えるという人道の基本を体験したらどうか、ということだ。

という正しくも陳腐な言葉に目眩に近い困惑を禁じ得ない。「現状はこうである」という描写の迫力と「だからこう行動すべきである」という提言の凡庸のコントラストが、まるで砂漠の月のように鮮明なのだ。

著者も、このことは自覚している。

こうした悪循環をきれいに断ち切るにはどうしたらできるか。私はいまだに確実な方途を見いださないのである。

失礼を承知でいうと、少なくとも著者やイエスズ会がやってきた行動が、その方途ではないことは歴史が証明したのではないか。局所単位では「正しい」修道女たちの活動が、大域的には状況の改善にはつながらなかったのだ。マザーテレサはノーベル賞を取ったが、しかしインドにおける貧困はまだそのままだった。貧困の改善という点に関しては、むしろ同じノーベル賞受賞者でもムハマド・ユヌスという金貸しの功績の方が大きく見える。しかし、それは著者達が「役立たず」だったということおではない。「とうちゃんよりかあちゃんの方が堅実」という知見は、むしろ著者達が先に得たものであり、マイクロファイナンスもこうした知見がなければ生まれなかったはずだ。

七夕の国」的に言えば、曽野綾子は「窓がひらいた人」ということであり、「手が届く人」とは異なっていてもおかしくないのだ。

しかし、少なくともなぜアフリカに貧困がはびこるようになったかという点に関しては、曽野綾子でなくてもはっきりとわかる。「北の国々」が、貧困の存在を前提とする経済システムをインストールしたまま帰ったからだ。世界のどこにも貧困があり、貧困こそが人類社会のデフォルトという意見もあるし、それは真実だろう。しかし元からアフリカがこれほど貧困だったわけではない。かつてかの地には、文明の利器もなかった代わりにカラシニコフもHIVもなかったのだ。

我々が貧困を知らぬ以上に、彼らは貧困以外の状態を知らない。「北の国々」は独立という形で彼らを放置したが、あのような形で彼らの「民族自治権」を尊重するのは、子供を学校にも通わせずさんざんただ働きさせたあげくに、読めもしないメニューを見せて「お好きなコースをお選びください」と言っているようなものだ。

日本人は貧困に関して無知ではあるが、「北の国々」の人々ほど厚顔ではないということは言い切ってよいと思う。

しかし、そのことをもって「北の国々」をなじっても、貧困はなくならない。

こういう手はどうだろうか。南の貧困をなくすにあたって、北の国々には金だけ出させ、人は日本から出すというのは。現状はこの逆の形になっているが、この方がうまく行くのではないか。そんなことを妄想しながら本書を読了した。

Dan the Thinking Poor


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
貧困の光景 (新潮文庫)作者: 曽野 綾子出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/08/28メディア: 文庫 本書は二つの側面を持っている。 一つは、貧困国への支援を続けてきた人間が語る、支援と貧困国の現状についての生の声を記した書。 もう一つは、右派の立場から貧困につい...
右派の語る”貧困”:貧困の光景【本読みの記録】at 2009年09月25日 23:39
これだよ、これ。こういう本を待っていた。気に入った。 黒山もこもこ、抜けたら荒野 水無田気流 404 Blog Not Found:赤木智弘たちに足りないもの - 書評 - 若者を見殺しにする国嗤うな、笑え。 赤木智弘に欠けていた笑いが、ここにある。
書評 - 黒山もこもこ、抜けたら荒野【404 Blog Not Found】at 2008年01月19日 06:45
曽野綾子に違和感を感じる人、必読。 現代の貧困 岩田正美 「本当の貧困」という言葉に対して感じる「正論のはずなのに何か違う」の「何か」を、言語化してくれたのが本書だ。
書評 - 現代の貧困【404 Blog Not Found】at 2007年05月29日 01:44
「404 Blog Not Found:書評 - 貧困の光景」で紹介されている。未読なので深く言及できないが、帯に書かれているという、
『貧困の光景』(曽野綾子/新潮社)【ミッドナイト・ホームレス・ブルー】at 2007年05月25日 04:21
404 Blog Not Found:書評 - 貧困の光景 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50837563.html 少なくとも「貧困とは何か」という点に関して、著者以上に場数を踏んで来た人はまずいない バカバカしい。 日本財団のバックアップで「バターン死の行軍はなかった!」とか....
曽野綾子には貧困を見る目はないし語る資格もない【ひろ式めもちょう】at 2007年05月25日 00:38
この記事へのコメント
曽根綾子の夫、三浦朱門が、『文部省の教育審議会で会長を務めていた』頃の発言
「それ(選民教育)が”ゆとり教育”の本当の目的。エリート教育とは言いにくい時代だから、回りくどく言っただけの話だ。」

日本で教育格差を広げるきっかけを作った人達の一人です。
Posted by 、 at 2007年05月27日 00:20
姜尚中が「ニッポン・サバイバル」(集英社新書)の29頁あたりで
ばっさり切っているようです。

  どんな単純な労働も消費も精神的な活動に結びついています。(中略)
  それを物と心、内と外とに分けて考える。豊かであるには"物"でなく
  "心"なんだ、だから精神的な癒しが必要なのだという。しかしそれは
  まやかしです。そういう考え方は人間をトータルにみていないと思い
  ます。

個人的な実感で言えば、「豊かさ」を感じるためには精神的なゆとりを
持った時間を過ごすことが必要で、そのことが最も激しく金銭的コスト
を食います。たしかに、分けて考えるのは無意味なのでしょう。
Posted by Kei at 2007年05月26日 21:51
とりあえず厄払いをやめて、その金を日経BP から案内の来た国境無き医師団に寄付した。
Posted by kuma_hati at 2007年05月25日 18:08
世界にはもっと貧しい人がいる
→だから日本の貧しい人はもっとがまんしろ

というロジックがおかしいんですよ

世界にはもっと貧しい人がいる
→だから日本の金持ちはもっとがまんしろ
というべきなんですよ(笑
Posted by その? at 2007年05月25日 17:06
HIVの蔓延にはカトリックが関わっていますね。
いい加減コンドームくらい認めたらどうなのかと小一時間(ry
Posted by bob at 2007年05月25日 01:54
日本だっていいところもありますよ。
Posted by そう at 2007年05月25日 00:13
遊びにきました〜
O(≧∇≦)O イエイ!!
Posted by ぼんきゅ〜 at 2007年05月24日 14:29
Thinking Poor(考えても考えても貧乏から抜け出せない人)
んな。
Posted by 佐藤秀 at 2007年05月24日 13:58
確かにカラシニコフはなかったろうけれど,HIVは北の国々のせいではありませんよね.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5
> そのときのインタビューの中で「世界平和のためにわたしたちは
> どんなことをしたらいいですか」と尋ねられたマザー・テレサの
> 答えはシンプルなものであった、「家に帰って家族を大切にして
> あげてください」。

身近なところから始めろ,ということだろうと思います.
Posted by おさる at 2007年05月24日 12:02
「アフリカに比べればずっとましなんだから、日本のワーキングプアなんて
救済の必要性なし」って言いたいんでしょ。この著者は。
Posted by ゆとり教育反対 at 2007年05月24日 10:13
s/イエスズ会/イエズス会/
Posted by 通りすがり at 2007年05月24日 09:01
日テレが好きなネットカフェ難民がホントに難民か?まだまだ「ガチンコの貧困」ではないんだぞっ。という空気を感じて考えさせられます。
Posted by blog49 at 2007年05月24日 08:15
s/ことおではない/ことではない/
Posted by typo checker at 2007年05月24日 07:04