2007年06月07日 15:25 [Edit]

好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ

ネット言論的には、好きこそ仕事にすべきだというのが趨勢のようになっているけど、みんな、本当にそれでいいのか?

小野和俊のブログ:梅田望夫氏が言うように、好きなことを貫いて仕事にしていくためにはどのようにすればよいのか
では、好きなことを貫いていくには、どのようにすればよいのでしょうか。

好きを仕事にするべきでない三つの理由

というわけで、まずは好きを仕事にすることに関する問題点を指摘してみる。

みんなが好きな仕事は、常に過剰供給

作家、俳優、アスリート....どれも世界中の人が好きで、世界中から人材供給がある。どの国でも底辺は最低賃金ギリギリかそれ以下。それでも誰も文句を言わないのは、みんな「好き」だから。「好き」は最高の免罪符。極貧?過労?好きになったあなたが悪い。

あなたが仕事が好きでも、仕事があなたを好きとは限らない

あなたがその仕事がどんなに好きでも、仕事はもっと上手にその仕事をこなす人のところに来る。逆の立場で考えてみよう。あなたは客として、仕事を愛してやまないが、納期も品質もイマイチの人に仕事を頼むか、それとも仕事を好きなそぶりも見せないが、納期も品質もばっちりの人に仕事を頼むか。

あなたが愛しているほど、仕事はあなたを愛しているとは限らない。

恋愛と結婚

好きになることが恋愛なら、好きを仕事にすることは結婚に相当する。その仕事に対するコミットメントを増せば増すほど、他の仕事をする機会からは遠ざからなければならない。そしてそれを仕事にする以上、それを疎ましく感じる瞬間は必ずある。配偶者をうざく感じた事が全くない夫婦は存在しない。いたとしても世間体をとりつくろってそう言っているか、鈍感かのどちらかだ。

仕事も同様で、仕事と相思相愛の関係になっても、それが嫌になる瞬間というのは必ずある。それが転じて、あれほど好きだった仕事が手に付かなくなることも珍しくない。あなたはそれに耐えられるか?

仕事を好きにするための三つの方法

恋愛と仕事に共通すること、それは「惚れた方が負け」ということ。好きを貫いて仕事もあなたに尽くす。なんともロマンティックだ。しかし「二人は幸せにくらしましたとさ」というのは童話まで。大人の物語は、「幸せにくらしましたとさ」を成立させることこそ本編なのである。

それであれば、仕事を好きになるより、仕事の方があなたを好きになるように仕向けた方がいいではないか。そうするためにはどうすればよいか。

仕事は誠実な者に惚れる

まずは、今ある仕事をきちんとこなすところからはじめて見よう。それは必ずしもあなたが好きな仕事ではないかも知れない。好き嫌いはさておき、どうしたらその仕事がきちんと片付くかを考えてみよう。仕事そのものを目標にするのではなく、仕事の完了を目標にするのだ。大事なのは、やりとげるまできちんとやること。

そうして仕事をきちんとクリアーしていくと、面白いもので、かつてあれほど疎ましく思えた仕事が楽しくなってくる。かつては見えなかったその仕事の美点も見えてくる。そのうち、「今まではこのやり方でやってきたけど、別のやり方も試してみるか」という余裕さえ生まれてくる。

仕事は浮気に寛大

前段と矛盾するようだが、仕事は人間の配偶者と違って、誠意は要求するが貞節は要求しない。誠意とその誠意を担保するだけの能力を示したものには、別の仕事がやってくる。そういう据え膳はきちんと平らげよう。大事なのは、前段と同じく誠意をもって平らげる事。食い残しは一番よろしくない。食べ切る自信がないならやめておこう。

こうして「きちんと平らげた」実績は、元の仕事でもポジティブに評価される。あなたが別の仕事で得た芸がそこでも役に立つ事を知っているからだ。

www.textfile.org - 「好きなこと」と「仕事」
結城も好きなことを毎日やっていますけれど、自分の場合には「好きなことを貫いて仕事にしていく」というのとは少しニュアンスが違うかも、と思いました。私はやりたいことがしょっちゅう変わるし、飽きっぽいので「貫いて」というのがまずできない。それから「好きなこと」はしているけれど「仕事」としてというよりは「アマチュアっぽく」やってる感じがいつもどこかでつきまとっています(それがいやなわけではない)。

それでもそれが仕事になっているのは、記事や本という形で、仕事が「食べ切っている」からだと確信する。「アマチュアっぽく」という言葉を真に受けては行けない。やりとげている以上、プロなのだから。

仕事は誠意ある浮気者に惚れるのだ。

仕事増やすな仲間を増やせ

ある意味究極の仕事は、仕事そのものを生み出す仕事。「仕事を増やす」というのとは似ていて正反対。Matzさんのケースが、まさにそれ。

Matzにっき(2007-06-01)
たぶん私は、私の直接知っている人の中で一番「好きなことを貫いて仕事にしている」人だと 自分でも思うが、確かに「Rubyのまつもと」は他の人では交換不可能だし、 結構縛られないで自由に生きているような気がする。

今でこそRubyそのものが仕事になっているけど、かつてはRubyという仕事そのものが存在しなかった。しかしRubyが好きな人が増えるにつれ、Rubyそのものを仕事にできるようになって来たというわけだ。

それを言えば、プログラマーだってそうだ。かつてプログラムはハードウェアのおまけだった。しかしそれを好きな人たちが、「プログラムで出来ること」を増やして行った結果、独立した仕事として成立するだけの市場を確保した。

どんな仕事だって、はじめは片手間の手慰みから始まったのだ。農業ですらそのはずだ。はじめは狩猟採取こそ主で、種を播いて育てるのは暇な時にやっていたはずだ。それが思わぬ収穫をもたらすことを知ってはじめて野良仕事は仕事となったはず。

注意して欲しいのは、仕事そのものを生み出す仕事そのものは、「仕事化」できないということ。それが「仕事」になるまでは、「遊び」にしておかなければならない。その間の糊口をしのぐためにも、すでに「仕事」になっているものはきっちりやっておくべきだろう。

月並みな結論

一言でまとめると、結局のところ「よく学び、よく遊べ」ということになってしまうのだろう。よく学ばないものに仕事は来ない。よく遊ばないものに仕事は見つけられない。

告白すると、私には今だ貫くほど好きな仕事には巡り会っていない。やって来た仕事とつきあっているうちに今に至るというのが心境だ。それでもどんな仕事とも、いったんつきあい始めたらまじめにおつきあいしてきたし、そのおかげか今では仕事がいくつあるのか本人にも分からず、自己紹介が面倒になってきた。「職業、弾」でまとめられないかなあ。

Dan the Man with Too Many Trades


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ
404 Blog Not Found:好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ【】at 2012年01月24日 19:12
金儲けは理屈でなくて、実際である。計画でなくて、努力である。予算でなくて、結果...
私の財産告白を読みました。【世の中の色々】at 2009年01月06日 01:10
あなたが仕事が好きでも、仕事があなたを好きとは限らない あなたがその仕事がどんなに好きでも、仕事はもっと上手にその仕事をこなす人のところに来る。逆の立場で考えてみよう。あなたは客として、仕事を愛してやまないが、納期も品質もイマイチの人に仕事を頼むか、それ
[書きとどめ]あなたが仕事が好きでも、仕事があなたを好きとは限らない【The Dry Days】at 2008年06月08日 02:18
好きなことを仕事に・・・だとー??? 404 Blog Not Found:好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50847323.html 何もかもに行き詰っていて、あやうく危ない行動に走りそうになったときに教えてもらったエントリー。 も....
かなり救われたブログのエントリー【ぽてんしゃる!2007】at 2007年07月04日 21:02
先日発売になったシングル 「フォノスコープ」に収められている。 スガシカオの最新作。 自分は昔からのファンで、今年 2月の10周年武道館ライブにも 行きました。 「フォノスコープ」。英語でphonoscope。 造語??
坂の途中【Crazy For ××thing】at 2007年06月23日 15:08
今日も、ここから。「サバイバル」という言葉に関する批評がいろいろあるようで、そのおかげといっては何だが、さらに分かりやすく、諭すように書いてくれているのは、個人的にはありがたい。 まずそこまでが「当たり前の世界認識」。じゃあそこからどうするかというときに
じゃあ、好きなことって何だろう【inoccuの日記】at 2007年06月18日 11:42
まったく、その通りだと思う。Rubyの生みの親、Matzさんのエントリーより。 ...
次の一歩は今いる位置からしか踏み出せない。そして「好きを貫け」の幸せな旅【Jun Seita's Web】at 2007年06月16日 14:24
アカデミックな研究者は好きなことを追求する贅沢を許された職業であるとか、研究者とは本当に好きなことを追求しなければならない(それをしなくなったら本当の研究者とはいえない)というレトリックを日本で大学院生をして??ea
好きなことを追求する贅沢【ハーバード大学医学部留学・独立日記】at 2007年06月15日 09:11
昨年、「拝啓、新しい仲間達へ」というタイトルで新しく社会人の仲間になる方々に向けてエールをこめたエントリーをしました。今年も少し遅くなりましたが、今年の新しい仲間達にメッセージを送りたいと思います。あなたは今運転席に座っています。ひょっとしたら助手席には...
社会人になること、夢を実現するということ【我が名は十庵】at 2007年06月13日 11:55
小飼さんのブログにてこのエントリーにて 「好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ」というものありました。 404 Blog Not Found - 「好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ」 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50847323.html 職業柄(?)と...
好きを仕事にすること【外部記憶装置】at 2007年06月11日 08:34
404 Blog Not Found:好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえに思うこと。 仕事をはじめて20年経つ。サラリーマン生活は15年だ。サラリーマンになる際に、選択肢はあったが好きなことを仕事にしたくなかったので ??1
好きなことを仕事に【aij[beta]】at 2007年06月09日 21:17
どんな人なんだろう! と思うのは興味があればあるほど、そそられる。 でも、現代ではブログがあるから、 どんな人なんだろう!と思う気持ちよりも、どんな「意味が隠されいるのだろう」と1歩先へと行く事が出来る。 404 Blog Not Found 「好きを仕事にするな、仕事...
面倒だから、ブログを履歴書変わりにしているし、相手側も同じようにブログを見る【web2.0】at 2007年06月09日 08:44
404 Blog Not Found:好きを仕事にするな、仕事を好きにしてしまえ www.textfile.org - 「好きなこと」と「仕事」  好きなことを仕事に出来れば幸せだろうなという考えは私の中に今もある。プログラマとしてやっていけないんじゃないか、本当に好きなものがあってそれを仕事
[@所感][仕事] 好きなことを仕事にできるか【Grid】at 2007年06月07日 19:57
この記事へのコメント
「好きなことを仕事にするな」って言う人は、
人生上手くいっていない人、理屈っぽくて人間的につまらない人が
多いよね(確率論)。
Posted by sanb at 2009年09月19日 21:43
「好きなことを仕事にしたい」というのは、甘い幻想。
「今している仕事を好きになれ」というのは、余計なお世話。
さらに文末が「〜べきだ」となると、尤もらしい嘘。
きつい言い方になってしまったが、こういう言葉で仕事を表現し、求める人たちというのは、「好き」という言葉の参照先オブジェクトが間違っているのではないかと思う。
Posted by watanabe8760 at 2007年06月09日 18:22
参考になればと、メールします。若かりしとき好きな音楽で飯が食えればいいなーという想いが強くて、公務員投げ捨ててディスコのDJになりました。待望の仕事でしたので、充実感は素晴らしいものでした。しかしながら
3年、4年と経つにしたがい、レコードをかけるという単純作業にいつのまにか飽きてきていました。収入も店がポシャたら即ゼロというリスクがありました。好きだから、自分が選んだ道だからと自分にいいきかせながらのりきってきました。ただ、歳老いて今青春の思い出としては、輝いています。
今してる仕事面白くなくても、好きで始めた仕事も結局おんなじなんです。だったら今の仕事に工夫をこらしたり、人を蹴落としたり、上司にゴマをすったり、職場で不倫したりして今置かれてる状況をエンジョイすることにしたらどうだろうか?

Posted by miyazakimayazaki at 2007年06月08日 16:01
結婚が叶うのであれば、いつでも仕事は止められます。
Posted by HN at 2007年06月08日 11:40
>「職業、弾」

「職業、Gackt」もあることだし、それもありだよなあ♪(ここでもガクトさん)
Posted by 天ちゃん at 2007年06月08日 07:40
淀川長治は「嫌いなものは無視する」というタイプだったようです。
あ、映画のことね。人間は知らない。
Posted by hage at 2007年06月07日 20:36
とりあえず系(マスコミとか)の人間達には
納得の行く内容っていうか。
Posted by hoge at 2007年06月07日 20:34
今は亡き淀川長治さんの名言に「私は、いまだかつて嫌いな人に会った事がない。好きになる事がどんなに人を助けるか私は知っている。」っていうのがあるそうです。今回の記事を読んで「私は、いまだかつて嫌いな仕事をした事がない。好きになる事がどんなに自分を助けるか私は知っている。」なんて事が言えたらなあ、と思いました。
Posted by fuji at 2007年06月07日 20:22
「仕事は恋愛に似ている」に同感。弾さんの本業は何ですかと、以前から聞いてみたかったけれど、少しわかりました。今のところ仕事と「結婚」はしていないようですね。非婚もいいけれど、「家庭」と「子供」はどうしますか。
Posted by 志村建世 at 2007年06月07日 16:30
「自分のやりたいことをみつけなさい、やった限りは続けなさい」病の日本。みんな本来その仕事がしたくてしたくてたまらんちん・・・で付いているわけでもないのに、そういう教育をする。
まあ、やりたいことばかりできればいいわけですが、その仕事もやってみてわかるわけで・・・スキかどうかなんてなかなかわかんないんでは?
まあ、日々がはやくすぎればまあボチボチ充実しているのかなとか。
自己紹介 昼は会社員・・・
Posted by blog49 at 2007年06月07日 15:47