2007年06月15日 02:15 [Edit]

幸福を痛感する

これぞ、梅田節。

My Life Between Silicon Valley and Japan - 最近つくづく思うこと
現代に生きる幸福を痛感する。

そう。幸福は、痛感するものなのである。


la_causette: 「多少のコストを覚悟」させたら優秀な書き手は逃げてしまう
結局、今の商用ブログ環境だと、匿名の陰に隠れて他人のブログのコメント欄でブログ主等を執拗に個人攻撃することを恥じ入ることがない人々や集団が事実上支配することとなり、彼らのの知的レベルにブログ界が長期的に収斂してしまうことが予想されるのであり、情報サービスとしては、メディアを飲み込むどころか、メディアに鼻で笑われるようなレベルのものにしかならなくなります。

痛感の欠如に痛感を禁じ得ない。

私も梅田さんも、コメント欄もTBもオープンにしている。私はsplogからのTB/commentのみを削除しているが、それ以外のことはしていない。梅田さんも同様だと思われる。そしてそうしているのは、梅田さんや私だけではない。私は「個人攻撃することを恥じ入ることがない人々や集団」が痒く感じることはあっても、痛いと感じた事はみじんもない。「事実上支配」などというのは、「犯罪不安社会」とさほど変わらぬ被害妄想だ。蚊に刺された事をいちいち保健所に届け出たり、ましてや警察に相談するほど私は勤勉でもなければ暇でもない。

NC-15 - 「本物」は表現する時点で「多少のコストを覚悟」してると思うが
自分で何かを公の場でやろうとするんだったら、批判や電波に対するリスクは常に付きまとうわけで、これはリアルだろうがブログだろうが一緒だ。結局、テメエの場所はテメエしか守れねえわけで。

最後の部分だけこう直させていただきたい。

テメエたちの場所は、テメエたちしか守れねえわけで。

「たち」の有無の違いこそ、梅田発言の最も重要な指摘なのだ。

そして痛みの原因は「テメエたちの場所をテメエたちで守る」ことにある。テメエたちの場所を守るというのは、テメエたち同士で慰め合うことばかりではないのだ。その中には、テメエたちどおしでどつきあうことがどうしても必要なのだ。

これは、痛い。1000のコメントでentryが炎上するより、一人のTBの方がはるかに痛い。

本blogの定期購読者ならお分かりの通り、私は梅田望夫をblogosphereでもっともどついてきた一人でもある。そして彼がそれを「痛感」していることも知っている。そして私は、彼がそれで倒れないことも知っている。

甘えといえば。そうである。私は梅田望夫の強さに甘えている。見慣れぬ人が見れば猛獣が人を襲っているように見えるかも知れないが、実は虎が飼い主にじゃれているようなものなのだ。一歩間違えば指を食いちぎられるリスクまで承知の上で、彼ははそうしているのだ。私に対してだけではなく、まだ見ず知らずの他人にあっても、だ。

My Life Between Silicon Valley and Japan - 最近つくづく思うこと
ネットは社会全体を相手にするのだから、ある意見に対する賛否両論は当然だし、誤解も生じるし、ときに批判は激しい。でもそんなこと以上に、嬉しくわくわくすることがある。それは、自分が書いたことが(たとえたった一人であれ)見ず知らずの人の、あるいは身近な意外な人の、心を動かすことだ。そしてそのことが直接わかることである。そんな素晴らしい経験の可能性が、いま誰にも開かれようとしている。

見ず知らずの人の心を動かせるようになったのは、それほど最近のことではない。前世紀の中頃にはそれが可能になっていた。だからそこだけ取り出すと、期待よりもむしろ不安の方が大きくなる。ナチスはまさにそうして大きくなったのだから。

しかし、その動いた心のありさまが、動かした者に見えるようになったのは、確かにごく最近のことだ。もしガス室の様子がリアルタイムでYouTubeにアップロードされていたら、総統はそれを正視できただろうか。潔癖性の彼が、それを華麗にスルーするという事態はむしろ考え難い。

今や、自分の言動の反響で自分自身が傷つかずにいるということが、かつてないほど難しくなったのだ。

「匿名発言ならそれは可能だ」という人もいるかも知れない。しかしそれらに対するスルー力を身につけるのは、それほど難しくはない。自転車の乗り方と同じで、具体的にどうすればそれが身に付くのか説明しろと言われると困るのだが、ネットの中を生きていれば自然と身に付くものである。

私はむしろ、幸福を痛感するというよりは、人の強さというものに、これほどの痛みに耐えられる人々がこれほどいることに、つくづく感嘆している。

と同時に、「優秀」であることの価値がここまで暴落し、そしてその暴落が今後も止まらないであろうことに、優秀な人々に対して憐れみを感ぜずにいられない。今や優秀な何かは、あっという魔にネットをかけめぐり、何千diggされ、何百はてブされて地球を一周するころにはコモディティになっているのだから。

それに代わって登場したのが、「強靭」の価値だ。強靭は一日や二日では身に付かない。しかしそれが身に付く過程で「優秀」もおまけについてくる。そこでは頭が良いことではなく、頭が強いことが決め手となるのだ。

そして、なんともありがたいことに、頭の強さは頭の良さほど素質の影響を受けない。頭の強さには、才能ではなく経験がずっと素直に反映される。しかし、経験が頭の強さに変わるには、その痛みを受け止めて感じ取らなければならないのだ。それを避ければ、経験もあなたを避ける。そして強さもあなたから逃げて行く。

幸福には、痛感しかありえない。

それが、私が最近つくづく痛感していること。

Dan the Painfully Happy Man


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:幸福を痛感する
404 Blog Not Found:幸福を痛感する【】at 2012年01月20日 09:21
本との向き合い方 大人によく言われるアドバイスに圧倒的に多いのが“本を読め”だと思います。このアドバイス、非常に共感できますし、正しいとは思います。しかし、大切なことを忘れているのではないかと思います。昔と今では本の読み方が全然違うのでは?そのことに触れ
[情報一考]悠長に本なんて読んでる時代じゃないんだよ【My Image Ltd.】at 2008年03月31日 21:52
ダイヤモンド社書籍編集局第一編集部田口様より献本御礼。 したたかな生命 北野宏明/ 竹内薫 したたかな著者達による、実にしたたかな一冊。したたかに楽しめる。
したたかな一冊 - 書評 - したたかな生命【404 Blog Not Found】at 2007年12月12日 04:37
バカで強かな女による、バカで強かな一冊。 私、おバカですが、何か? 深田萌絵 どういう強かさというと、こういう強かさだ。 404 Blog Not Found:幸福を痛感するそれに代わって登場したのが、「強靭」の価値だ。強靭は一日や二日では身に付かない。しかしそれが....
書評 - 私、おバカですが、何か?【404 Blog Not Found】at 2007年08月02日 07:48
 ずいぶんと更新を怠っていたが、先週の続きのような内容ではある。  竹中平蔵の近著構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌とともに、inoueの最近読んだ“元気の出る本”。 いきざま 日能研と歩んだ企業家人生40年 作者: 小嶋勇, 高嶋健夫 出版社/メーカー: 日経BP企画 発売日:
[書評] いきざま、あるいは解題=好きをつらぬくということ(続)【Chemical Reactions in ....My Brain】at 2007年07月05日 19:03
はてなが池田信夫氏の「はてなブックマーク=ネットイナゴの巣」発言を受けて、開発者の伊藤直也を中心に「はてなブックマーク」の改善に取り組むことになったそうです。まあ、はてなブックマークのコメントとして、書き手を侮辱するようなコメントがつけられることがあると...
ネットイナゴとはてなブックマーク【語句ログ】at 2007年06月17日 00:48
道でコケちゃった時とか まず 周りを見渡すのは、なぜだろう。 誰も見ちゃあいないのに。 周りが 何だとゆうのか。 その泳いだ目がかえって 滑稽なことに なぜ気付かない。 てゆうか 笑われる人間 罪深い人間には やっぱし明白な理由が 存在する....
童貞バンザイ【cult king web】at 2007年06月16日 17:16
色々議論がまとまっていない気がするので、無理矢理まとめてみよう。 ○ネットイナゴ...
ネットイナゴ問題を無理矢理まとめてみる【西岡Blog】at 2007年06月16日 10:56
昨日書いたエントリー。昨日でよかったと思う。今日だったら、あんなこと書けなかったと思うから。というか、今日だったらあんなこと書かなかったと思うから。 今後のはてなブックマークのことを考えて、やはり目を背けていてはいけないことだと思っています。これまで聞こ
[memo][Web2.0]Web2.0の先端には【techlog】at 2007年06月16日 03:56
「匿名発言ならそれは可能だ」という人もいるかも知れない。 404 Blog Not Found:幸福を痛感する 匿名でも、発言の反響には一喜一憂する。褒められれば嬉しいし、貶されれば悲しい。 匿名で守られるのは、地位とか名声とか そんなもんじゃないかなー。
匿名発言の価値【シタイコトスル】at 2007年06月15日 23:45
404 Blog Not Found:幸福を痛感するを読んでみて、理解出来なかった部分がある。 NC-15 - 「本物」は表現する時点で「多少のコストを覚悟」してると思うが自分で何かを公の場でやろうとするんだったら、批判や電波に対するリスクは常に付きまとうわけで、これはリアルだろう
[寸評][図解]テメエたちの場をテメエたちで守るとはこういうことだろうか?【適宜覚書はてな異本】at 2007年06月15日 22:13
世の中にはてブニュースなんてのがあるのを踊る新聞屋−。:[SBS]はてブを「Memeorandum化」するを読んで初めて知る。ついでにText Classification with CEEK.JP NEWSなんてサイトがあるのも知る。いやあ、はてなきはてな。
はてなきはてな【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年06月15日 21:56
ネットイナゴについて論争が起きていますが、どの意見を読んでも『ネットイナゴ』をどうにかすべきという意見と、『ブログ主(情報発信者)』自身がどうにかなるべき、という対立の話で、やれ「強靭さが必要だ」とか「イナゴを取り締まるべきだ」とか、何故二極化するのかなと
どちらももう少しお互いが歩み寄ったほうが生産的【「人間」になり損ねた「人」の記録。】at 2007年06月15日 19:30
小飼弾さんは 自分の言動の反響で自分自身が傷つかずにいるということが(中略)「匿名発言ならそれは可能だ」という人もいるかも知れない なんて書いてますが、零細ブロガーにとってはかえって逆じゃないかと。匿名掲示板の方がはるかに反応がシビアだし、
ネットにもTPOがある、というだけじゃないの?【かやくごはんの雑記帳】at 2007年06月15日 15:10
梅田望夫氏によれば、はてなの取締役会で「ネットイナゴ問題」が話し合われているそうだ。私の問題提起を受け止めていただいたようなので、参考までにこういう問題について経済学ではどう考えているかを説明しておく。 小飼弾氏のように、この種の問題を個人の「鈍感力」に...
はてなの逆淘汰【池田信夫 blog】at 2007年06月15日 11:56
 小飼さんからトラックバックをいただきました。  本blogの定期購読者ならお分
嫌がらせに強い人だけしか残らないのでは面白くない【la_causette】at 2007年06月15日 08:48
ネット上で何かを書くことの可能性について。 ネットは社会全体を相手にするのだから、ある意見に対する賛否両論は当然だし、誤解も生じるし、ときに批判は激しい。でもそんなこと以上に、嬉しくわくわくすることがある。それは、自分が書いたことが(たとえたった一人であれ
[blog]ネットに何を想い、何を書くか【北の大地から送る物欲日記】at 2007年06月15日 06:57
事務所の床で寝てました。床で寝ると腰が痛いけど強制的に起きざるをえないので重宝してます。さて、イナゴ問題について様々な人が意見を述べていたので自習開始。 梅田さん http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070614/p1 ネットは社会全体を相手にするのだから、ある意見
ネットイナゴ関連【WEB自習室(oppappy)】at 2007年06月15日 06:49
この記事へのコメント

情報量的観点から割とシンプルに考えればよいのでしょう

※web2.0的方法ではありません。極めて原理的で普遍的な方法です。

同じ(ような)情報は何億件あっても全て同じものとみなせばよいのです。
.......に類するコメント/トラックバックは、XXX件あります。と、だけ、表示すればよいのです。(またはもっと上位から、検索エンジンなどで)

同じ情報が何億件あっても、ただ一つしかなくても、両者の価値はほとんど変わらないです。


..........自分の宣伝ですが、そういう研究をしています
Posted by tak at 2007年06月26日 12:17
同感です。
Posted by SOKUNO at 2007年06月19日 19:31
意図した加害妄想誘発→加害妄想→加害妄想という被害妄想
というのもありますね。
総表現社会→総被害妄想社会?

>「強靭」

>頭が強いこと

そういう人は
鬱になりにくいらしいですね。
頭が強いということは心が強い
頭が弱いということは心が弱いことだというのを聞いたことがあります。

>私は梅田望夫をblogosphereでもっともどついてきた一人でもある。

ブログでは糸の中の意図として見えるけど前にどこかで見た動画でのDANさんのツッコミは鋭かった。

四角い窓では暗闇ばかり痛感させられる。
差し込む光が少ない。
豊作には光じゃね?

あっ水不足が心配だけど
Posted by . at 2007年06月15日 23:29
最近のdanさんはちょとdandyだ。

ほめ殺しのほうが痛く感じたりして。
Posted by sho at 2007年06月15日 16:01
畑村洋太郎氏いわく強くではなくしぶとくだそうです。痛感より快感の方がいいわけですが、やはり痛感なのでしょう。悲しいかな男の快感は一瞬。痛感はしみじみ。どちらが上か?痛感ですな〜。しみじみの方が長い。
Posted by blog49 at 2007年06月15日 08:23
イソップななにかに象と蚊の話があったような。

伝染病菌保持の蚊にさされたら、やはり保健所に届けたほうがいいと思う。
Posted by haineko2003 at 2007年06月15日 04:59