2007年06月20日 15:55 [Edit]

書評 - Rubyクックブック

献本御礼は礼儀上当然であるが....

失格。


本書「Rubyクックブック」は、「Ruby Cookbook」の劣化コピー。それもとーちゃんなさけなくて涙が出てくる出来。

Rubyクックブック @ 2007年04月 @ ratio - rational - irrational @ IDM
まぁ、原書には文字列のメソッドの使い方が延々書いてあったり、別にRubyに限らないアルゴリズムのお勉強の話題だったり、RailsによるWebアプリケーションの開発が入ってたりするんだけど。でも、基礎的な部分は中級者は今更読みたくないだろうし、入門書には『たのしいRuby』みたいな良書があるからねー。網羅性ならピッケル本のライブラリ編もあるし、Railsはもうね、AWDwR舞波本があるからいいよ。

わかってない。わかってない。わかってねえ!

Foo Cookbookというのは、Fooの中級者だけが読む本じゃない。むしろ他の言語の中級者以上の人が、「ではFooではどうか」というのを確認する需要の方がずっとある。中華料理の達人にして和食の初心者が読んで納得するのが、Cookbookのはずだ。

私も「縮刷」するのは反対ではない。確かに大元のRuby Cookbookは編集が甘いせいもあってか、贅肉も結構ある(Python Cookbookよりも分厚い)。販売を考えても、分冊にはしてもらいたくない。しかし、そもそも何を削るかというのは、最も熟達した技が必要。PerlでもDCONWAY級、RubyでもDave Thomas級でないと難しい。

原書と和書の違いについて
Chapter 4Arrays未収録
Chapter 5Hashes未収録
Chapter 6Files and Directories未収録

もうこの時点で、本書は終わっている。

そもそも上記の表がWebにしか載っていないのは、お金を出して本書を購入した読者に対して失礼だ。

それでもまだ、本書が日本のRubyコミュニティによって取捨選択されて再構成されたというのであれば、まだ納得できる。本書には、日本のRubyコミュニティが関わった形跡がほとんどない。Perlクックブック第二版の時は、Shibuya.pmが監修、というより下訳をばりばり直したのだが、本書にはそのような形跡は全く見られない。

Pythonクックブック(続けて書評予定)と本書の品質の差には、正直目眩がする。これではオライリーはRubyブームの何匹目かのどぜうをすくいに来たのだと判断せざるを得ない。

オライリーの本でこれほどの憤りを感じた、というのかそもそも憤りを感じることが出来るというのが不思議。私は冗談は好きだが、動物本の冗談は本書限りにしていただきたい。

本物のRubyクックブックが待ち望まれる。どうせなら、それ用のWikiか何かを立てて、日本語版と英語版を同時に作るという方法がよいのではないか。

Dan the Disappointed


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
献本御礼。 Python クックブック第二版 Alex Martelli / Anna Martelli Ravenscroft / David Ascher著 鴨澤眞夫 / 當山仁健 / 吉田聡 / 吉宗貞紀 訳 力作にして傑作。
書評 - Pythonクックブック【404 Blog Not Found】at 2007年06月20日 16:35
「書評 - Rubyクックブック」を読んだ。私の書いた評が引用されてる。で、 ...
わかってなかった件【ratio - rational - irrational】at 2007年06月21日 00:58
C&R研究所より献本お礼。 Ruby逆引きハンドブック るびきち こういう本を待っていた。特に「Rubyクックブック」(翻訳版)の出来がいささか残念だっただけに、この本の価値がさらに高く感じる。 他のプログラミング言語を会得している人であれば、Ruby本はこれ...
ruby.learn(:order => reverse); # - 書評 - Ruby逆引きハンドブック【404 Blog Not Found】at 2009年05月21日 17:17
「勝間本なのに、なんで献本こないかな」と思ってたらMatz本でした:)。というわけで購入。 まつもとゆきひろ コードの世界 まつもとゆきひろ イイ!イイよこれ! けど、すごくわかりづらいイイ!であるというのも確か。残念ながら勝間本と違って、本書はプログラム....
神は細部に宿る - 書評 - まつもとゆきひろ コードの世界【404 Blog Not Found】at 2009年05月25日 23:28
この記事へのコメント
洋画で(テレビ化するとき)アテレコに失敗するパターンに酷似。力抜ける、はしょりすぎって。DAN氏と戸田奈津子氏のコラボレーションで「Ruby クックブック クックドぅードぅルドぅー」を書いては?
・・・・・。どぜうの下のどぜう。珍しく厳しい論調でございます。
Posted by blog49 at 2007年06月20日 16:32
私も愕然としました...。実は原書を確認せずに買ったのでなんとも言えないのですが、とても残念です。
それと各コミュニティの様子が垣間見えた気がしました...
Posted by masaki at 2007年06月20日 17:42
買っちゃいましたよ。
Posted by hassylin at 2007年06月20日 20:24
酷評してるのに同名のアフィリエイトを貼っているのが笑えるw
Posted by ほげほげ at 2007年06月21日 22:29