2007年07月31日 04:30 [Edit]

書評 - 若者を食い物にし続ける社会

負けたのが誰かなら、わかる。

アンカテ(Uncategorizable Blog) - 勝ったのは無党派・リベラルか労組・マスコミか
参議院選挙は民主大勝に終わったわけだけど、勝ったのは無党派・リベラルなのか労組・マスコミなのか。

まだ選挙権のない子供たちだ。

というのが本書の主張であり、私もそれに同意せざるを得ない。


本書「若者を喰い物にし続ける社会」は、現代の日本がいかに若年者を搾取しているかを告発した本。

目次 - 洋泉社 | 若者を喰い物にし続ける社会 より
  • 目次
  • プロローグ 若者はなぜ年長者優先パラダイムから目隠しされているのか
  • 第1章 若者政策がこの日本でなぜ必要なのか
  • 第2章 若者政策へのパラダイム・シフト
  • 第3章 世代間戦争はすでに始まっている
  • 第4章 年長者優先社会が解体してきた家族機能
  • 第5章 メディア、ジャーナリズムの本音(ウソ)を見破れ
  • 第6章 お年寄り帝国のまだ見ぬ全貌
  • 本書に書かれたことは、本blogでも何度か触れているが、それでもこうして一冊にまとめられるとなかなか鬱になれる。おっと。「アルツハイマー」から行くと、この言葉を一般名詞として使うのは問題か。いや、「鬱病」という言葉の前に「鬱」はあったからここではそれをよしとさせてもらう。

    確かに鬱な本である。しかし、そもそもここまで状況が鬱になった原因は、鬱となりうる状況を先送りにしてきた我々にあるのだから。そこから目をそらすのは、鬱病の人に「がんばれ」というより罪深いことではなかったか。

    冒頭で、私は今回の参院選で、誰が負けたかを指摘した。しかし、以下を見れば彼らは選挙を待たずして負けていることがわかる。

    このマニフェストの中で、若者を向いているものは、一つもないのだ。

    そもそも、「若者政策」という項目すらない。各政党が誰に対して媚を売っているかはあまりに明らかだ。民主党案は若者の視点から行けば一番マシなように思えるが、それでも「消費税は全額年金財源に充当する」というのは、若者には明らかにマイナスだろう。どの党を選ぼうが、誰に投票しようが、候補者の目が今日の票田を向いている限り、彼らに勝利はないのだ。

    本書に書いてあることは、正しい。正しいが、どこか「バカにバカと言って何が悪い」に通じる空しさがある。いや、「ジジババにジジババと言って何が悪い」、か。それゆえ、本書は本書を最も読むべき人々からは見向きもされないだろう。正しいことを言うだけでは駄目なのだ。正しく理解してもらわねば。

    しかし、今の高齢者各位に、なんと言えば私よりも若い人たちの抱える絶望感が伝わるか、私自身まだ言葉を持ち合わせていない。本書の書き方では、よほど人間の出来た人でないとダメだということはわかる。しかしどういい直せば彼らの飲み込める言葉になるのかが、わからない。

    それでも、誰かが言わなければならないのだ。

    「ジジババ自重せよ」、と。

    Dan the Guilty for Procrastination


    この記事へのトラックバックURL

    この記事へのトラックバック
    「格差社会」が問題視され始めてから、二年が経つ。『下流社会』(光文社新書・三浦...
    「格差社会」「ワーキングプア」「ネットカフェ難民」という社会現象を生んだ人材派遣業法改正【専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】】at 2007年08月27日 15:57
    404 Blog Not Found:書評 - 若者を食い物にし続ける社会 冒頭で、私は今回の参院選で、誰が負けたかを指摘した。しかし、以下を見れば彼らは選挙を待たずして負けていることがわかる。 2007参議院選挙特集 - 投票に役立つマニフェスト - 分野別マニフェスト概要・年金 この
    [雑記][政治]お前ら、マジでタイゾーを応援しませんか?【Scott’s scribble - 雑記。】at 2007年08月02日 19:33
    二日前にやっと参議院選が終わった。 まぁ、選挙結果はどうでもいい。別にどこが勝とうがしらん。 そんなことよりも、俺にとってはあの電柱とかに張ってあるポスターのほうが気になってしょうがない。 あの電柱に張ってあるポスターはどうにかならんのかなぁ。 終わっ...
    参議院の去りし後【Good Will Hunting】at 2007年07月31日 20:31
    404 Blog Not Found:書評 - 若者を食い物にし続ける社会
    404 Blog Not Found:書評 - 若者を食い物にし続ける社会【oryzaの環境備忘録】at 2007年07月31日 17:35
    しかし、今の高齢者各位に、なんと言えば私よりも若い人たちの抱える絶望感が伝わるか、私自身まだ言葉を持ち合わせていない。本書の書き方では、よほど人間の出来た人でないとダメだということはわかる。しかしどういい直せば彼らの飲み込める言葉になるのかが、わからない
    再提言:世代別二院制【アンカテ(Uncategorizable Blog)】at 2007年07月31日 11:23
    負けたのが誰かなら、わかる。 立木信 アンカテ(Uncategorizable Blog) - 勝ったのは無党派・リベラルか労組・マスコミか (http://d.hatena.ne.jp/essa/20070730/p1) 参議院選挙は民主大勝に終わったわけだけど、勝ったのは無党派・リベラルなのか労組・マスコミなのか。 ま
    [雑記]まだ選挙権のない子供たちに、選挙権を!【A Mad Tea-Party】at 2007年07月31日 07:56
    この記事へのコメント
    立木信です。本を読んでいただきまして大感謝です。皆様と一緒に本を書くためにブログをはじめました。http://blogs.yahoo.co.jp/tachikimakoto
    「社員証」も「家族」も持ちにくい細切れ化された若者のための政策を一緒に考えましょう。tachikimakoto@yahoo.co.jp
    Posted by 感謝 立木信 at 2007年11月02日 21:54
    ライオンとシマウマが共存することなどできない。相手を出し抜くか一方的に食べるか、もはや若者と年寄りの関係というのはそういうものだ。
    Posted by うぺぽ at 2007年08月18日 17:58
    若者の人数自体の少なさと一票の格差(年寄りの多い田舎ほど有利)
    を考えれば若者向けの政策なんて無駄だと政治家が考えても無理はないでしょう
    投票率の低さは若者の責任ですが
    Posted by sr at 2007年08月06日 15:47
    今更何を? という感がぬぐえません。
    この件に関して、お年寄りは正当な権利を行使しているだけで、
    文句を言われる立場にありません。
    元凶は若者です。
    選挙に行かない若者向けの政策を叫んだところで、
    政治家になれるでしょうか、否。
    年寄りしか投票してくれないなら、
    年寄り向けの政策を宣言するに決まっています。
    「誰に投票しても同じ」ならば誰かに投票しないといけません。
    投票することで「若者がいる」ことを出馬者にアピールしないと。
    若者が票になるなら、若者向けの政策を進めますし、進められます。
    デカダンスやニヒリズムに走ったところで、
    選挙に行かない人間は、政治家にとって優遇するに値しないカスですから。
    Posted by 棚旗織 at 2007年08月06日 09:52
    私も本書は読むべき人には届かないと思います。
    しかし、一冊にこの話をまとめただけでも結構なことです。
    世代間の真剣なやり取りは絶対に必要です。
    それを「世代間抗争を煽るべきではない」と先送りしていると、さらにツケが回るのではないかと思っています。
    いずれにしても、筆者のいつものパターンで「軽妙なタッチに深刻な話」いう本でしたね。
    彼の本は今後も読みたいと思います。
    Posted by takeyan at 2007年08月05日 03:37
    世の中で若者を食い物にするための最も破廉恥な仕組みは徴兵制だ。
    国債残高みたいな枝葉事を議論するならば、当然バランスシートの反対側には
    日本には徴兵制がない、ということも載せなければならない。

    徴兵制がないことだけでなく、いちおう機能する民主制があり、子供の教育に
    わりと熱心な伝統があり、ただの損得勘定ではなく務めを全うしようとする
    大勢の働き手がいる。こういうものが揃っていない国に生まれた人達から見れば、
    まさに値段の付けようのない価値を私達は継承しているのだと思う。
    Posted by Kei at 2007年08月04日 22:07
    > 絶対返せない額にある。
    返すつもり無くてばらまきまくってたのも自民
    Posted by unco at 2007年08月02日 00:30
    >国債残高をみても破裂するのは時間の問題。

    そのとおり!
    絶対返せない額にある。
    Posted by   at 2007年08月01日 16:49
    民主主義という制度では、選挙権を持たない「次の世代」は常に搾取される、って言ったの誰でしたっけ?
    Posted by sw at 2007年08月01日 00:17
    しょせん八方ふさがりですよ、この国は。
    国債残高をみても破裂するのは時間の問題。
    Posted by bbb at 2007年07月31日 23:38
    結局、財産を相続できる親を持った若者が一番の勝ち組ってことか。
    なぜなら、彼らが40代、50代になったとき、同世代の負け組みと若者が下働きしてくれるから。
    Posted by aaa at 2007年07月31日 23:10
    客観的に見てジジババに最高のバラまきをすることを宣伝している
    民主党に入れるのがもっとも自分たちの首を絞めることになるのに、
    したり顔で「自民党にお灸をすえてやる」とか言っちゃってる
    若者はとっとと死ねばいいと思いますよ。民主だけじゃなく
    リベラル系ばら撒き政党も同じですがね。

    自民ならまだ延命できて少しはましなのに、マクロな視点が無い
    若者ばっかなんですかね?
    高齢者が増える段階で社会保障制度の質を上げるとか
    正気の沙汰じゃない。明らかに若者切捨て。負担の押し付け。
    税金上げずに社会保障しっかりしろって、老人のためだけの政治だろ。
    破綻するって。

    いまばら撒きやってる政党にいれんなよ、おなじ若者だろ?
    自分たちにとって最悪の敵だとわかってやってるのかね?
    甘い言葉を発する奴ほど危ないんだよ。

    Posted by   at 2007年07月31日 21:21
    > 大丈夫、頑張って耐えていれば
    > いつか自分もジジババになります。

    終身雇用・年功序列と同じで長期的ネズミ講。
    破綻・崩壊したタイミングでジジババではない者はボラれ損。
    ボラれた上に、その後は自己責任とか言われて全く配当なし。

    だったらボラれる分を使ってはじめから蓄財しとくわ、アホ。
    Posted by   at 2007年07月31日 18:50
    「まともな候補者がいない」などと言う前に、勉強しましょう。本を読みましょう。
    せめて新聞くらい目を通しましょう。それがつまり、食い物にされないために
    精一杯努力する、ということの手始めです。
    Posted by Kei at 2007年07月31日 18:40
    ちなみに食い物にすらできない初老のおやじは餓死させるようですな。

    「困窮者、はよ死ねってことか」 孤独死男性日記に残す
    http://www.asahi.com/national/update/0730/SEB200707300017.html
    Posted by おやじです at 2007年07月31日 16:09
    >正しく理解してもらわねば。

    目からうろこ汁。
    Posted by hg at 2007年07月31日 15:57
    「若い人も成人したらちゃんと投票しましょうねー」
    とかふざけたことぬかしながら、
    未だにネット上で各候補者と情報のやりとりはできない。

    私は新聞もとらない、テレビはゲーム専用。

    口では「投票に行きましょう」なんて言いながら、
    本音はどうだか。

    とりあえずの留保として、
    そもそも投票先としてまともな候補者がいないことからして、
    今は投票しない。
    Posted by 若者その1 at 2007年07月31日 15:37
    >ジジババに力をいれるのは、若い人たちに将来こうなったらうちの党はこうしますよっていいたいわけで
    将来もそうできる保証なんてないどころか、一時しのぎの破綻が見えている政策ばかりなのに?
    Posted by aoi at 2007年07月31日 14:34
    >トイレットさん

    御手洗って正確に書きなさいよ。おやじギャグよりつまらん。
    Posted by おやじです at 2007年07月31日 13:59
    大丈夫、頑張って耐えていれば
    いつか自分もジジババになります。
    Posted by at 2007年07月31日 11:39
    「若い人を使い捨てにすれば会社はもっと儲かる」と煽っているトイレットさんを、誰か軽く首絞めてやってくんないかな。

    尤も、世代間対立なんかを煽る以前にまず少子化対策だよ。少子化対策に失敗し続ければ、世代に関係なくみんなloserなんだから。
    Posted by Kei at 2007年07月31日 11:09
    ジジババに力をいれるのは、若い人たちに将来こうなったらうちの党はこうしますよっていいたいわけで、ジジババに力を入れる=若い人無視ではないんだとおもうけど。 少なくとも私はそう感じた。
    Posted by oyoyoyo at 2007年07月31日 10:16
    民主主義っていうものがタテマエ上、多数決で物事を決めるっつーことは
    単純に考えれば少子高齢化=ジジババ権力増加っつーことですよね?

    ただ、いずれ今の体制も崩壊するでしょうし、その時日本がかつてのロシアのような「国民生活破綻!」みたいな状況におかれた場合、真っ先にバタバタ死んでいくのは間違いなく体力のないジジババからで、それはそれでいいんじゃねーかと。

    問題は、そのときに俺たちが運悪くジジババになってる可能性が非常に高い、というわけであって・・・ちょっとまって、これたしかにイヤになるなぁ・・・
    Posted by いずれは皆ジジババ at 2007年07月31日 08:53
    女性党では中学生を持つ親には「月15万」をくれるそう。もちろん議席は取れなかったけれど。選挙に行かない若者も多いですから・・・そして立候補して当選しちゃったり。
    もうここはタイゾーくんにもで首相に・・・そんなムーブメントもこないでしょう。今の年金制度改革などくそ食らえ。ただかけた分だけは戻して欲しいもの。。。何十年後の約束ですからね〜。守らないだろうな・・・。
    Posted by blog49 at 2007年07月31日 08:26
    若者が老人に勝てるだけの老獪さとか、世の中に対して声を上げる方法とかを知る前に燃え尽きて、あるいは縊死してしまうのをほっとくのが正しい道ですか。そうですか。
    Posted by やちもん at 2007年07月31日 06:48
    ジジババ連中に期待するのは筋違い
    声を上げない若者が悪い
    Posted by midAge at 2007年07月31日 05:59
    結局ジジババだって同じ弱肉強食の社会で生きてるんだから、彼らが持てるものを全て使って戦ってくるのは当然だと思う。若者は若者なりの武器があってそれを使って全力で敵を潰して生きていく。自重せよってのは正しい意見だけど甘い意見。絶望感に潰される若者は勝手に潰れてしまえ。若者が負けたなんて適当なこと言ってる奴は若さというエネルギーをなめてるからそんな台詞が出てくる。若者をなめてかかってる連中はいつか痛い目に合うだけの話。
    Posted by が at 2007年07月31日 05:52