2007年08月07日 00:00 [Edit]

書評 - フラット革命

献本ありがとうございます。

初掲載2007.08.05;販売開始まで更新

と同時に書評がおくれてごめんなさい。

添え状より
弾さんにまず一番目に読んで欲しい!と思ってお送りします。

ここからは「である調」、敬称略で。

本書「フラット革命」は、佐々木俊尚の最高傑作にして、佐々木俊尚の初心表明(誤字にあらず)。「ジャーナリスト佐々木俊尚」ではなくて、佐々木俊尚、の。

個人的にハードカバーというのは最も嫌いな版型なのだけど、もしハードカバーが著書の品質保証を兼ねているのだとしたら、本書は間違いなくそれを満たしている。というより、他のハードカバーの品質が低すぎるのだ。本書はハードカバー嫌いの私が、それでも買わねばならないと言い切れる数少ない一冊だ。本書の品質を考えれば、本書は間違いなく文庫化もされるのだろうけれども、本書は今読むことにこそ価値がある。今読むことで、数年先の自分が今の自分に感謝する、そんな本である。迷わず手に入れていただきたい。

本書のタイトルである「フラット革命」に関しては、本blogの定期読者であればすでに説明不要であるかと思われるが、検索エンジンなどではじめて本blogに来るであろう新規読者のために、改めて説明しておく。

ここで言うフラットというのは、文字通り平原を意味する。どんな平原かというと、言論空間(logosphere)のことである。そこにはかつてマスメディアという「動く城」があった。「著名人」とか「有識者」という「戦車」もあった。それらは歩兵である「一般人」にはとても勝ち目のない世界のように思われたが、しかし「ネット」という「武器」が誰の手にも入るようになって、これらの「装甲」を誰でも簡単に打ち抜けるようになった。高地も塹壕もそこにはない。それが、フラットが意味するところである。

そのようにして「旧世界」が破壊されていく様を、佐々木は「革命」と表している。その意味において、革命は今この瞬間も続いている。世界はまだ平らになり切っていないし、「抵抗勢力」もまだ「白旗」をあげたわけではない。

ここまでの認識は、おぼろげであっても本blogの読者であれば共有していると思う。それでも本書を読むべき理由は、佐々木が本書において二つの重大な指摘と、その指摘から得られる決意にある。

指摘その一は、フラット革命は誰にとっても痛いということである。「旧世界の強者」のみならず、弱者にとってもそうなのである。マスメディアを倒すほど強い武器が、一個人に対しても向けられることがある、ということである。

さらに重要なもう一つの指摘は、この痛さから逃れるすべはない、ということである。かつてその役割を果たして来た組織だとか地位だとか知名度とかといった防壁は、ネットのまえにはことごとく無力だ、ということである。どんなに分厚い装甲でもぶちぬけるミサイルを、誰もが持っているのが、これからの時代というわけである。

本書で、佐々木は「アゴニスティック・デモクラシー」という言葉を紹介している。ベルギーの女性政治学者、シャンタル・ムフの言葉である。それは、こんなデモクラシーだ。

〈対抗者は敵であるが、正当性をもった敵であり、自由民主主義への倫理-政治的な指示[引用注;これは「支持」の方が文脈上適切と思われる]を共有する点において、彼らと私たちはなんらかの共通の基盤をもつのである〉

ラディカルな民主主義においては、対抗する人たちの間に「友愛」は必要としない。友愛ではなく、議論し、戦い続けるというその同じ基盤を共有することこそが、最も重要なことなのだ。

日本語では「闘技的民主主義」と本書にあるが、"agonistic"の語幹は"agony"、「苦痛」、である。だから私なら「痛い民主主義」と訳す。本書が痛いのは、前述のとおり、もはやそこから逃れる術はない、と指摘していることにある。握手ではなく、威嚇射撃の応酬による平和。Pax Polemica といったところだろうか。

そして、佐々木は決意する。「私は、それを受け入れる」、と。

p. 277

 言い方を変えれば、このように権威に寄りかかった知識人たちが担保していた「公共性」の方が、よほど脆弱だったと言い切ってしまってもかまわない。彼らの言論は、結局のところある種の権威の内側に籠ることによって守られてきたものであって、フラット化の荒波に耐えられるようなものではないからだ。

 いまやこのような劣化した知識人ではなく、無数の〈わたし〉が公共性を担保することこそが、新たな時代の幕開けを告げる号砲となるのである。

 彼ら古い人たちの時代は、まもなく終わる。一般人の人々から批判され、自分の言論をまな板の上に載せる覚悟を持てない言論人は、もう消えていくしかないのだ。

 自分への批判を、決して恐れてはならない。

そして佐々木が受け入れ、〈わたし〉たちが好むと好まざるとに関わらず確実にやってくるその世界において、どうふるまえばよいのか。

本書には、そこまでは書いていない。それが、よい。まずは世界を受け入れること。答えを探すのは、その後でいい。というより、それなくしてはたとえ答えを教えてもらったとしても、足がくすんで動けない。

それを踏まえた上で、佐々木さんに一つ提案がある。

本書には佐々木さんの新しい名刺が同封されていたのだが、そこの肩書きにはただ一つ、「ジャーナリスト」と書いてある。

いっそこれも取っ払ってしまったらどうだろう。

それがどれほど痛いことかはわかる。むせ返る腐臭に塗れているとはいえ、それなりに居心地のよかった世界との、それがただ一つの絆なのだから。しかしそれ故にこの肩書きは格好の標的ともなりうる。「ジャーナリスト」という言葉は、「旧世界の戦車」の免許証でもあったのだから。今後もその免許が有用となることはあるのだろうけれども、大きく晒しておくのはフラット革命中においてはいらぬ流れ弾を呼び込むのではないか。

私も、次にする名刺からは、「小飼弾」以外の肩書きは削除する予定だ。私はケチなのでとりあえず残っている分はそのまま使う予定だが、もはや私が私であること以上に使える肩書きなど、私は持っていないのだ。フラット化のおかげで、肩書きのレンタルも今や簡単に出来るようになった。私の署名も今考えるとその一種であったように思う。

いかがだろうか。

本書は佐々木俊尚空前の一冊である。これを絶後にしてはならない。さもなければ、宣言した意味がない。

次の一冊を、お待ちしております。

小飼 弾


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:書評 - フラット革命 で書評を読んでAmazonのウィッシュリストに長いこと積んであった本だ インターネットによる変革を既存メディア側でどう捉えているのかが書かれた本かと思っていたけど、 それは冒頭の方で閉じていて、著者による断絶のとらえ方や ...
「フラット革命」を読んだ【Yukke Clips】at 2009年09月27日 13:22
「いつもどおり」、佐々木さんより献本。 ネット未来地図 佐々木俊尚 初出2007.10.16; 発売開始まで更新 Amazonの予約を待って書評。それにしても文春新書 はAmazon対策がなっていない。本書も12日には届いていたのに、予約開始が本日というのは遅すぎ。画像も....
ネット考察のよきサプリメント - 書評 - ネット未来地図【404 Blog Not Found】at 2007年10月16日 03:05
佐々木さんより献本。 3時間で「専門家」になる私の方法 佐々木俊尚 これは、使える。
書評 - 3時間で「専門家」になる私の方法【404 Blog Not Found】at 2007年09月17日 02:29
●佐々木俊尚さんの最新刊(ハードカバー)。 またまた小飼 弾さんの記事(「書評 - フラット革命」)で知り購入。 この記事の中で本書には佐々木さんの新しい名刺が同封されていたのだが、そこの肩書きにはただ一つ、「ジャーナリスト」と書いてある。 いっそこれも取...
フラット革命【ビジネス・ブック・アーカイブ】at 2007年08月16日 15:42
自分が相応の年齢になったのかもかしれないし、まあそういう時代かなとか思うが、どうも人間関係がフラットになってきたというか、「そうじゃなきゃいかん」的社会の流れに。。
人間関係ふらっと革命【blog50-1】at 2007年08月16日 08:15
フラット革命佐々木 俊尚講談社このアイテムの詳細を見る 昨年「ウェブ進化論」と並んで広く読まれた、「グーグルGoogle−既存のビジネスを破壊する」の著者による最新刊である。既にブログ界においても論評されているようだ(例えば池田さん、小飼さん)。本書はイ...
【書籍】フラット革命:佐々木俊尚 ・・・ 社会思想史や企業組織論ともパラレルな論点【日経ビジネスを人事コンサルタントが読む】at 2007年08月13日 09:32
神曲。 人として軸がぶれている 大槻ケンヂと絶望少女達 そして、フラット革命の革命歌。
楽評 - 人として軸がずれている【404 Blog Not Found】at 2007年08月05日 04:05
この記事へのコメント
×)足がくすんで動けない。
○)足がすくんで動けない。
ではないかと。
Posted by TypeDebugger at 2007年08月06日 11:16
ふーん。「悪戯者」が増えても大抵はその時々の世界の平衡や安定は悪戯者たちなりに求められると思う。株式市場みたいなものか?
「市場の行き過ぎ」を担保するシステムや約款はあるべきだと思う。
普段は隠れた肩書き、例えば「ジャーナリスト」「プログラマ」「政治家」は緊急時に有効に働く資格みたいなものかなとか。
Posted by どうやら先祖代々肩書きの無いトリル at 2007年08月05日 12:17
氏の次世代ウェブなどはちょっとモノ足りない気がしておりました。ロングテールによって誰でも軽くジャーナリストになれますし、ウェブが広がったおけげの暗黒面が紹介されているようですね。ロングテール・・・競争は厳しくなり、よりクオリティが要求されるということでしょかね。
Posted by blog49 at 2007年08月05日 11:44

「いや〜、私もようやく名詞に肩書き書かなくていい身分になりましてね」
なんていうオヤ自慢が聞けるようになるのかしらん。






Posted by 肩書きポトラッチに絶望した at 2007年08月05日 10:37
>初掲載2004.08.05

?
Posted by 佐藤秀 at 2007年08月05日 10:23