2007年09月01日 01:00 [Edit]

社会が一流なら、きみは一流でなくてもいいかも

お呼びでしょうか:)

時事を考える: ニートからミニマムライフへ&トヨタの自業自得
今日の日経MJに「MJ若者意識調査 巣ごもる20代」と題し、車は不要。モノはそれほど欲しくない。お酒もあまり飲まない。行動半径は狭く、休日は自宅で掃除や洗濯にいそしむ。増えていくのは貯金だけ――と書いてありました、彼らのこういう生活を日経は「ミニマムライフ」と名付けたようです。

自分とその家族の生活を洗ってみると、「ミニマム」とは言わないまでも、「レス」であることは確かだと思う。私が住んでいるマンションで一番多い車はメルセデスのEクラスとかBMWの5シリーズとかそのあたりなのだけど、私自身が持っているのはプリウス。酒も好きだけど晩酌はしなくて飲み会の時だけ。行動半径は狭いとはいえないけれども、必要なければアパートメントどころか寝室から外に出るのもおっくう。財産は日々単位では増えたり減ったりしているけど、年単位で見ると確実に増えている。

私のモチモノの中で、唯一金持ちらしいアイテムが住居なのだけど、これも「贅沢な暮らしがしたい」というよりも「結果的に一番安上がり」どころか「値上がりも見込める」という理由が大きい。実際不動産屋に話を聞くと、ずいぶんと値上がりしているようだ。

我ながら、使う方に関して言えばダメ成金だと思う。

しかしかといって、

週刊!木村剛 powered by ココログ: [ゴーログ] ミニマムライフは日本を弱体化させる
これが、個々人の問題として扱われているうちは、まだ良いのかもしれませんが、日本経済が弱体化し、その大きな理由のうちのひとつが、こうした「若者における向上心や上昇志向の薄まり」にあると指摘されるようになったときには、手遅れの問題となっているような気がします。

と言われても、日本経済にプラスに働くような消費行動を個人レベルでやろうという気はおきない、というより、そういう消費行動を個人単位でやるのはもはや限界のように思う。なぜなら、その効用において金持ちアイテムと中流向けアイテムと、変わるところはもはやないからだ。

都内でフェラーリに乗っても、12気筒があくびをするだけ。むしろ車としての効用はプリウスの方がずっと大きい。三ツ星レストランなんて、月に一度も行けば「おなかいっぱい」。時計なら何もロレックスを買わなくてもケータイで間に合う。今や金持ちアイテムのほとんどには、記号としての付加価値しかない。

ところがその階層は決して上流じゃないという現実
例えば、運動会の日に全校生徒分の仕出し弁当を用意する某超有名高級食品店の経営者だったり、子供が能をやりたいと言うので家の地下に能楽堂作ったとかいうやっぱり大手企業の経営者だったり、ああ、本当の意味で世界が違う、って思った。

こういった、自己満足に毛が生えた程度にしか役に立たない記号的付加価値に金を払うのは、なんともかっこわるく見えてしょうがないのだ。

しかし、これらの自己満足的アイテムを公に使えるようにするとなると、とたんに桁が3つも4つも上がってくるのだ。中流アイテムに一流と遜色ない機能を持たせているのは、実は社会資本。プリウスの燃費のよさも、悪路ばかりでは意味がない。ケータイもコンビニも、それを支える社会資本があってはじめて成り立つのだ。

ところが、こういう本当に役立つ社会資本というのは、金持ちの道楽の範囲を超えている。日本で高速道路を建設する費用は、確か1kmあたり50億円程度。億万長者程度では話にならない。瀬戸内海に橋に架けたかったら、一本1兆円。この時点でポケットマネーで買える人は日本にはいなくなる。そして世界一の金持ちをつれてきても、出来るのはせいぜい東海道新幹線一本程度。

私はこのギャップこそが、ミニマムライフの推進力になっているのではないかと見る。今や本当に一流のものは、どんな金持ちにも買えないほど高額なのに、しかしどんな貧乏人にも使えるようになっているからだ。ネットなんて、その極北。ニコニコ動画を見るのに、ゴールドカードどころかクレディットカードすら不要なのだから。

「それじゃ累進課税を強化して、社会をもっと一流化するのがベストじゃない」という意見もあって、私もこれには半分賛成なのだ。半分しか賛成でないのは、そうして集めた税金をどこに投入するか決める人が一流じゃないから。結局ばらまきに終わって、みんなが使いたくなるような一流の施設が10出来る代わりに、地元の人すら使いたくないような二流以下の施設が100出来る羽目になるのだから。

そういう意味で、今一番切実に欲しいと思う人材は、他人の金を一流に使える人。1億円も見た事がない人が、1億円使う感覚で1兆円の投資をしても貧相なものしか出来ないのだけど、日本はずっとこれをやってきたのだ。しかし、そういう人材を育てる仕組みは、残念ながら今の日本には、ない。中央官庁のキャリア制度というのはある程度それを標榜していたのかも知れないけど、はっきり言って20世紀はそれでよくても、今となっては貧相すぎる。何とかならんものか。

何とかならん限りは、私は銀座に飲みに行くよりニコニコ動画を見続けるのだろうなあ....

Dan the Classless


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
一カ所、間違っている。 麻生首相とホテルBar|デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Amebaどこで飲んじゃいけないとか、外食が過ぎるとか、 そんなみみっちい、ナイーブな事を言って、 日本は本当に3等国。 情けない。 三流がよく犯す間違....
三流メディアは一流国の特権【404 Blog Not Found】at 2008年10月30日 06:20
悔しい(というのも変)だが、同意する。 福田政権の無為と女性的資本主義について (内田樹の研究室)経済活動は個人資産が広い範囲に薄くばらけている方が活発になる。それゆえ、貧富の二極化を私は(人権的配慮よりはむしろ)穏健なる資本主義者としての観点から好ましからざ...
累進課税2.0【404 Blog Not Found】at 2008年02月13日 12:30
 小飼弾さんのおうちが見たかったのです。何故といわれても、そりゃあお金持ちの家は...
小飼弾がメールのお返事をくれなかった理由を考える【もぎゃろぐ】at 2007年09月29日 10:58
写真:熊本のLRV@堺町筋 社会が一流なら、きみは一流でなくてもいいかも@404 Blog Not Foundより と言われても、日本経済にプラスに働くような消費行動を個人レベルでやろうという気はおきない、というより、そういう消費行動を個人単位でやるのはもはや限界のように思...
LRTなんてどうでしょうか?>小飼さん【ぶらざーてぃのblog】at 2007年09月03日 01:11
「404 Blog Not Found:社会が一流なら、きみは一流でなくてもいいかも」を読んで。 長らく続いた不景気のせいですっかりお金を使わない風潮ができてしまった上に、ここ10年ほどのネットの普及に代表されるように、お金を掛けずに楽しむことができる娯楽が数多く登場してし
[社会]ミニマムライフが日本を弱体化させるのではなく、日本が弱体化してるからミニマムライフになっているのでは【北の大地から送る物欲日記】at 2007年09月02日 09:24
特報! 「オーディオマニア禁制」イベント - [オーディオ・ビジュアル]All About http://allabout.co.jp/computer/av/closeup/CU20070829A/ 「ちゃんとした音」体験して 「マニア禁止」のオーディオイベント - ITmedia News http://www.itmedia.co.jp/news/articles/070...
ここは酷い非モテ禁制ですね【障害報告@webry】at 2007年09月01日 22:37
 小飼弾先生のブログエントリ ・社会が一流なら、きみは一流でなくてもいいかも  で、物欲は控えめ、酒も積極的に飲まずあまり休みの日も家で過ごす20代の人が増加傾向にあることについて触れられています。  この傾向は日経新聞産業地域研究所が首都圏にいる20代へ調...
堅実で家にいることが多い20代が増加傾向 「ミニマルライフ」(日経調査)【藤堂俊輔 公式blog】at 2007年09月01日 16:55
今日の日経MJに「MJ若者意識調査 巣ごもる20代」と題し、車は不要。モノはそれ
ニートからミニマムライフへ&トヨタの自業自得【時事を考える】at 2007年09月01日 01:32
この記事へのコメント
1万で株やるのは無謀としか思えません。最近謎の仕手相場があったモスでも買いますか?FXだったらレバレッジ20倍で南アフリカランドですか?無茶ですね。

100万あれば現実的です。
1000万くらいあるといろいろできます。
1億あったら米国債でも買って寝ましょう。
Posted by diachronic at 2007年09月03日 04:27
10万円を1万円に減らすためには昔は競馬とパチンコしか手段がありませんでしたが、いまなら株やらFXやら様々な手段で楽に減らせます。
Posted by 佐藤秀 at 2007年09月02日 22:07
ううう
>若者の貯蓄率が上がってるようには見えませんね

投資環境は昔よりも、今のが遙かに便利です。

1万円を10万円に増やすためには昔は労働と貯金しか手段がありませんでしたが、いまなら株やらFXやら様々な手段で楽に増やせます。
Posted by ほるほる at 2007年09月02日 14:06
 自分が一流の人材でないことは否定できませんが、毎年10兆円頂ければ、この國をより守るに値するものにさせていただきます。
Posted by rijin at 2007年09月01日 23:25
>そういう意味で、今一番切実に欲しいと思う人材は、他人の金を一流に使える人。

長崎の田舎に生まれ育ち、公共事業という名のカンフル剤が打たれるのを何度も目にしてきました。公共事業で雇用は生まれますが、その事業が生み出しているのは、赤字生産施設ばかり。例え赤字だろうと公の施設である限り継続されるので、確かに「地方に雇用」という目的?は達成されたのだろうと思います。

しかし、いつも思ってたのはなぜ黒字になる施設を作れないのか、ということ。税金を追加投入しなくてよい、相乗効果でさらに雇用を生み出すような施設を。「他人の金を一流に使える人」はどうすれば育つのか…

それはそうと、ニコニコ動画最高すぎるwww
ジャパネットたかたを排出した長崎出身者として、誇りに思いますwwww
Posted by neetopia at 2007年09月01日 21:53
車がない→維持費が払えない
モノはほしくない→欲しくてもお金がない
お酒を飲まない→同上
行動半径狭い→お金がない、友達いない
貯金→増えない
Posted by a at 2007年09月01日 19:34
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaa200501/img/ta2.1.2.8.gif
http://wwwhakusyo.mhlw.go.jp/wpdocs/hpaa200501/b0086.html

若者の貯蓄率が上がってるようには見えませんね
社会学者が思いつきで言ったことって前提自体間違ってたりするので
Posted by ううう at 2007年09月01日 19:24
>出だし好調、最後でズッコケ

これが彼の芸風なのです(笑)。
Posted by おやじです at 2007年09月01日 12:15
金持ちは芸術にどんどん投資していくべきだと思いますけどね。
あとは研究所作ってすごい研究したりとか。
Posted by あああ at 2007年09月01日 11:32
>私はこのギャップこそが、ミニマムライフの推進力になっているのではないかと見る。

このギャップって昔からそうだったんですけど。弾さんのエントリーって出だし好調、最後でズッコケのパターン大杉。なんでだろう?
Posted by 佐藤秀 at 2007年09月01日 10:13

「累進課税にはんたい」に賛成。

「一人分以上稼ぐヤツは泥棒」某作家
ちゅうことで一人分以上かせぐヤツには「税金」じゃなくて「罰金」ね。


Posted by うんうん at 2007年09月01日 04:36
「ばらまきである」と「ばらまきではない」の基準は?
Posted by flog at 2007年09月01日 03:06
タカタのニコ動画最高でしたわ!
Posted by あい at 2007年09月01日 02:02
原発なんか10年以上も運転をやめているのにつぶれない・・・いやつぶさない。予算をとることに必死になる行政。使い切れとムリムリイベント。格差は税の問題には必ずしもひそんでいないと思います。
人材を育てる仕組みは→あったんですけどね・・・流出が多すぎる。国費を使って留学して・・・さっさと卒業してしまった代表者みたいな方もたくさんいらっしゃるし。てっとりばやくリストラして給料を上げるという手段が早いかと。次官を狙ってリタイアではかわいそう過ぎる。天下り先もなくなっている昨今。そりゃ執行したくなる気もわかる。
投資の概念はあっても回収の概念が圧倒的にかけている。社会資本であっても回収を考えない投資・融資・・・そりゃ不良の山でしょう。
Posted by blog49 at 2007年09月01日 01:28
森本さんあたりに言わせば 可処分所得が大きくなれば生活水準が落とせないので不幸になる・・・という趣旨の本が出ていたような・・・ああいうのはへのツッパリにもならんというか。現実に金持ちではないわけですが、「芸能人はステーキ飲んでどんぺりあけてるんじゃねえか」発想はもはや幻想でしょう。加藤茶さんくらいはしているのかも知れません。
累進課税にははっきり言って反対。まあ多少は仕方がないでしょうけれどまあジョブカフェに代表されるように集めた税金をドブに捨てているのが現実です。
Posted by blog49 at 2007年09月01日 01:27