2007年09月05日 14:30 [Edit]

教わるのに必要な、たった二つのTips

予習しておけ

まず一つは、こちら。

教わる手段が人づてしかなかった時代ならいざ知らず、今では何千万冊にも及ぶ本も、何十億URIにもおよぶWebページもある。ググって一発でわかることをいちいち聞いていたのでは、聞く方も疲れるし聞かれる方はもっと疲れる。まずは自分で調べること。それが出来ぬ奴は、「教えて君」タグがついてそれでおしまい。

余談だが、「ググれ」を"ggr"と略記する人はまだ少ないのはなぜだろう。"ktkr"とかと使用頻度において劣るとは思えないのだが....

教わったら教えろ

結局人はなぜ人が知らないことを教えるかといったら、自分が知らないことを教わるため。これは一見一方的に教える関係である、教師と生徒の間ですら真実だ。よい教師は、「教える」のではなく、生徒が何を知りたいのか、何を知る必要があるのか、なぜ理解できないかを「教わる」。こうしたことをきちんと生徒から教われば、もう教えるのは終わったも同然なのだ。

「教えたら教えろ」の理由として最もわかりやすいのがこの相互扶助なのだが、もう一つこれには「知識の定着」という面も見逃せない。

ヒストリエ 3巻p.161
「書物から得た知識の多くが ほったらかしにしておけばいつまでも"他人"なのだが」
「第三者にわかりやすく紹介してみせることで」
「初めて"身内"になってゆく」

これだけ情報があふれた現在でも人が人に聞きたいのは、こうして聞かれる側にとって"身内"となった知恵ではないのだろうか。さすれば"他人"で事足りる知識は、人に聞くまでもなく自分で調べておくべきだし、"身内"となった知恵を拝借するには身内にならねばなるまい。

二つでも多すぎる人は

以下で十分。

神は自らを助くものを助け、人は自らを教えるものに教える。

Dan the Perpetual Learner


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:教わるのに必要な、たった二つのTips
404 Blog Not Found:教わるのに必要な、たった二つのTips【】at 2012年01月21日 08:38
昨日、ちょっとモチベーションが下がっているというエントリを書いたのですが、その後、モチベーションが上がる出来事がありました。 小飼弾氏の有名ブログ 404 Blog Not Foundで教わるのに必要な、たった二つのTips というエントリで取り上げられたのです。私のなぜ、あの
あなたのちょっとした一言で、大きくモチベーションアップされる人がいる!【モチベーションは楽しさ創造から】at 2007年09月07日 07:09
「外来語」言い換え提案 第1回??第4回 総集編 (tags: la...
links for 2007-09-06【気になる記事の書き出し帳】at 2007年09月06日 18:31
これだけ情報があふれた現在でも人が人に聞きたいのは、こうして聞かれる側にとって"身内"となった知恵ではないのだろうか。さすれば"他人"で事足りる知識は、人に聞くまでもなく自分で調べておくべきだし、"身内"となった知恵を拝借するには身内にならねばなるまい。 →教....
教わったら教えろの理由【blog50-1】at 2007年09月06日 14:33
教わるのに必要な、たった二つのTips http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50906377.html 予習&「共育」が重要ってことですね。 インターネット時代の秩序:自分のサイトは自分できれいにしよう http://w
教わるために&自転車のゴミ箱【医療経営コンサルタントのつぶやき】at 2007年09月06日 12:00
これだけ情報があふれた現在でも人が人に聞きたいのは、こうして聞かれる側にとって”身内”となった知恵ではないのだろうか。さすれば”他人”で事足りる知識は、人に聞くまでもなく自分で調べておくべきだし、”身内”となった知恵を拝借するには身内にならねばなるまい。...
[lifestyle]調べると聞くの境目【読谷の飛行場に想う。】at 2007年09月05日 23:21
この記事へのコメント
弾さんに取り上げて頂くだけで光栄です。
ありがとうございます。
私は、どちらかというと人に尋ねるより、徹底して調べる派なんですよね。そんな自分が、「ちょっと損してるかな?」とふと思って、「教わり上手」っていうエントリを書いたのですが、確かにこの2つ、是非、つけ加えるべきだと思いました。ありがとうございます。
今後とも弾さんの記事楽しみにしています。
Posted by 小林 英二 at 2007年09月06日 20:51
ほんとかどうか知りませんけど
ニュートンは笑わなかったそうですが
ということはニコニコしてなかったわけで、
だれにも教えてもらえなかったから自分で最先端を
切り開いたのかもしれませんね。
Posted by あお at 2007年09月06日 03:05
多分ggrって何ですか?って聞いてきそうだからかと思います
Posted by   at 2007年09月06日 01:23
カスに一票。余談にたいしてですが鋭い考察だと思います。
Posted by joe at 2007年09月05日 22:12
ggrは左手のみの打鍵になりますが、ktkrは左右交互の打鍵になり打ちやすい、というのもひとつの原因かと考えました。
Posted by takano32 at 2007年09月05日 21:37
「ggr」がはやらないのは、「r」の後に母音がないと、命令文なのか平叙文なのか分からないからではないでしょうか。「ググれ」という言葉は恐らく命令文であることが最も重要なので、この最後の母音が省略不可能なのでしょう。
ruだと「ググる」ですし、roだと「ググろ」ですし。
それから「ググ」も元々は「google」の略語ですし、oが抜けると脳内補完がしづらいです。

古文の授業を思い出しました。
Posted by hobby at 2007年09月05日 21:16
ggrがはやらないのは、
やっぱり人情として、そのあとに
「カス」をつけたくなるからじゃないでしょうか。
ggrカスだとどうも締まらないですし、
ggrksだとなにがなんだかよくわからない。
Posted by akira at 2007年09月05日 15:15
「ITこうでねえと」さんはHTMLを意図的に崩しているのでしょうか?非常に読みにくい。(ITとかじゃなく)同じ資格とかもってるんじゃないかな・・・あ〜やだな・・・。

文章にかぶっているのはわざとでしょうか?そういう人にちょっとコンサルは頼めないかも・・・。
Posted by blog49 at 2007年09月05日 14:56