2007年09月14日 10:00 [Edit]

惰翻 - プレゼンをイカす10のtips

本家はこちら。

私自身、月2度ほど人前で話すことがあるのですが、耳にちくちくするのばっかですね。


  1. 視覚効果を使いすぎるな(Don't abuse your visuals) - ポスターやチャートやパワポのプレゼンテーション。たいていのプレゼンにこれらが入っていますが、くれぐれも使いすぎないように。観客はスライドを読むために来ているのではなく、あなたの話を聞きに着ているのです[訳注:高橋メソッドはこの点でもぐー]
  2. 観客を見よ(Look at the audience) - プレゼン中に目のやり場に困る?観客を見ましょう。ただし、特定の観客を見つめすぎないように、まんべんなく目配りすること。それがなければ、プレゼンもただの自問自答になってしまいます。
  3. 自分を見せよ(Show your personality) - そこが会社なのか老人ホームなのかは関係ありません。プレゼンにはキャラクターが必要です。「マトリックス」のエージェント・スミスのプレゼンを聞きたいと思いますか?[訳注:私はこれに結構救われてるかも]
  4. 笑いをとれ(Make them laugh) - 観客は、知識だけではなく笑いも期待しています。私(元記事の中の人)はGuy Kawasakiからこれを学びました。笑いは観客をより敏感にするのです。[訳注:ギーク系のプレゼンとスーツ系のプレゼンで一番違うのがここかも]
  5. 観客と話せ、観客についてではなく(Talk to your audience, not at them) - 人は自分についての話を他人にされるのを嫌うもの。それなら観客と話しましょう。観客に質問するもよし、観客から質問を受けるもよし。[訳注:この質疑問答は、日本のプレゼンでは観客の方が少し苦手]
  6. 正直で行こう(Be honest) - プレゼンの多くは、観客が必要としているものではなく、観客が聞きたいことを話そうとしていますが、たとえ観客の耳に心地よくないことでも、真実を話しましょう。それがあなたに人間味を与え、その結果あなたへの尊敬度が高まるのですから。[訳注:聞きましたか、政治家のみなさん]
  7. 石橋を叩きすぎて壊すな(Don’t over prepare) - 準備に手間暇をかけすぎると、プレゼンにもそれが出てしまい、それだけ退屈なものとなってしまいます。プレゼンの課題や手順を頭に入れておくのは当然ですが、プレゼンの際には、記憶を読むのではなく、自然に発露されるような形になるよう心がけましょう[訳注;リハーサルではなく、本当のプレゼンを何度もやるのが一番か]
  8. じっとするな(Show some movement) - よく知られているけど本番で忘れられがちなのがこれ。話している際には少しはジェスチャーを交えるようにしましょう。ステージのかかしを見に来る人はいません。観客は生きた人の話を聞きたいのです。[訳注:たとえ原稿を棒読みする羽目になっても、時々そこから目を観客にやるのと原稿に目を落としっぱなしにするのでは印象が全然違います]
  9. 自分の言動に注意を払え(Watch what you say) - 「うー」とか「あー」とかといったあいずちは、自分では気づかなくとも観客は気づくもの。観客によっては、不快なあまり何回こういう台詞を言ったかを数えたりします。[訳注:それってどこのオレ?]
  10. 自分を差別化せよ(Differentiate yourself) - 他の話者と同じ事をしなくては、観客はあなたのことを聞いた端から忘れてしまいます。人前で話をするというのは、自己ブランド確立のための機会でもあるのです。他とは違う、心に残るプレゼンを目指しましょう。

くやしいのでもう一つくわえちゃえ。

  1. 要点は3つに絞れ(The Three-point rule) - 一つのプレゼンで観客に覚えてもらえる要点は3つまで。それより多ければ、一つの大要点の下に三つの小要点を置くようにすべし。10は大杉!

Dan the Puny Presenter


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
アナタのプレゼンを改善する10個のワザ に続く、「アナタのプレゼンを改善する10のシリーズ」です。 では、今回解説する アナタのプレゼンを改善する10のtips とはなにか? ?? プレゼンを...
アナタのプレゼンを改善する10のtips【プレゼンマスター】at 2009年02月24日 09:02
「広告貴族」眞木準さんのお言葉を借りれば、広告業とは「提案稼業」。 貴族が言うんだから、きっとそうなんだと思う。 ちなみに、眞木さんにはボクがコピーライター養成講座に通っていたときに一度お会いし、サインを頂きましたが、本当に「貴族」な感じがしまし...
プレゼンテーションにおいて【コウコクデアソブ】at 2007年11月29日 00:58
「プレゼンテーションの技術」の前シリーズ。まさにプレゼン資料を作る人のための本。 プレゼンに書くチャートは、あくまで伝達手段であり、 重要なのは、「何を伝えたいか」というメッセージを明確にすることだ。 5つに分類した使用方法があり、それに適したチャート...
プレゼン資料を作る人のためのリファレンス【思いつきブログ】at 2007年09月23日 11:21
近場のエンジニア同士の愉快な集まりJTPAでゲーム機についてプレゼン。 異様に活発な質疑応答が続いて4時間の長丁場になったが、最高に楽しい時間をすごせた。これまでのプレゼン人生(というものがあるとすれば)のなかでも自己満足度の高いほうに入るだろう。 なお、これ
JTPAサロン プレゼンのコツ的なもの【My life as an APE】at 2007年09月18日 14:25
ユーザーがページのどこをクリックしたか解析するツール[to-R] Google AdWords : キーワード ツール 404...
links for 2007-09-17【黒田哲司クロニクル】at 2007年09月17日 15:26
僕にとって有用なブログ類はすべてRSS登録しているが,さきほど散髪から帰ってきておもむろにPCに向かうと,グサッとくるものがあった. 404 Blog Not Found に紹介されている「プレゼンをイカす10のtips」です. つい先日岡山出張でプレゼンをしてきましたが,自分
プレゼンをイカす10のtips【お湯 わいとう?】at 2007年09月15日 11:07
以前ここで誤解されそうなことをこんなふうに書いていた。 なんのために? 奇跡を奇跡としてきちんと捉え、奇跡のような表現を貪欲にむさぼるためだよ。 こんなことがありえたのかと。お約束はこんなふうに破られるうるものかと。 これは、積極的にあれこれしようという提案
[只野日記]非消極的に【如何にしてチビたんを映画館に連れて行くかをかく語りき】at 2007年09月15日 10:37
404 Blog Not Found:惰翻 - プレゼンをイカす10のtips
404 Blog Not Found:惰翻 - プレゼンをイカす10のtips【oryzaの環境備忘録】at 2007年09月14日 11:30
まあ→※想定外で司会以外の話をするシーンがあった。幸か不幸か仕事内容に比して人前(10人以上とか)で話すことが結構あってそのときに気をつけている唯一のことがある。
人前で話すとき気をつけている唯一のこと【blog50-1】at 2007年09月14日 10:15
この記事へのコメント
●プレゼン内容の質を高めるもの

 1.視覚効果を使いすぎるな
 7.石橋を叩きすぎて壊すな
 8.じっとするな
 9.自分の言動に注意を払え

●プレゼン全体・自分自身の質を高めるもの

 2.観客を見よ
 3.自分を見よ
 4.笑いを取れ
 5.観客と話せ
 6.正直でいこう
 10.自分を差別化せよ

というところでしょうか。
全体的に私には「プレゼン全体・自分自身の質を高めるもの」の観点が足りていませんでした。参考になりました。ありがとうございます。

恐縮ながら私のサイトで本記事を引用させていただきました。
Posted by free_life_30 at 2010年12月05日 17:24
"talk at" は、「〜についてしゃべる」という意味ではなく(それなら talk about st)、「人に向かって(一方的に)しゃべる」という意味の句動詞です。なので上記の訳は間違っていると思われ。辞書挽
Posted by strongaxe at 2007年09月15日 20:11
も少し整理。
・心理的なもの
3.自分を見せよ(10.自分を差別化せよ)
6.正直で行こう
7.石橋を叩きすぎて壊すな

・実際の行動
9.自分の言動に注意を払え(8.じっとするな)
2.観客を見よ≒5.観客と話せ、観客についてではなく≒4.笑いをとれ
1.視覚効果を使いすぎるな

・その他
11.要点は3つに絞れ
Posted by a at 2007年09月15日 10:37
・心理的なもの
3.自分を見せよ
6.正直で行こう
7.石橋を叩きすぎて壊すな
10.自分を差別化せよ

・実際の行動
1.視覚効果を使いすぎるな
2.観客を見よ
4.笑いをとれ
5.観客と話せ、観客についてではなく
8.じっとするな
9.自分の言動に注意を払え

その他
11.要点は3つに絞れ
Posted by a at 2007年09月15日 10:25
>言葉を入れすぎて絵をだめにするなではないか
原文は「keep them simple and don’t put too many words on them」と書いてるね。
Posted by J at 2007年09月14日 12:12
1.Don't abuse your visuals は、言葉を入れすぎて絵をだめにするなということではないでしょうか?
Posted by な。 at 2007年09月14日 11:54
じっとするな→MBA仕込の男(修了ではない)が机に腰掛けたり、会場を走り回ったり、たいそうへんてこな講師をしてましたね・・・。評判が悪く、動くことが目的かと・・・中身がなかったな・・・動きすぎると。
ただ三次元的に動く方が生授業という感じはしますね。
Posted by blog49 at 2007年09月14日 10:19