2007年10月04日 18:00 [Edit]

俺たちはES細胞じゃない - 労働が市場化しない理由

その経済学のイロハである需要と供給の法則がなぜ実地で働かないかは、中卒でもわかる。

池田信夫 blog 偽装請負を生み出しているのはだれか
これが経済学の教科書の最初に書いてある「需要と供給の法則」である。雇用規制を強化すると労働需要が低下し、失業者の雇用機会を奪って、結果的には格差は拡大する。

タイトルどおり、労働者はES細胞じゃないからだ。


需要と供給の原則で最も重要なのは、需要者が任意に好きなものを購入できること、そして供給者が任意に好きなものを生産できるという、需給双方の任意性。ところが、こと労働に関しては、これが供給側に関して成り立っていない。今日産科医が足りず、その需要逼迫が産婦人科医の給与を高騰させているとしても、今日皮膚科医だった医者が明日産科医になるというわけには行かない。今日税理士だったものだったら、もっといかない。

皮膚の細胞を心臓移植に使えないのと、全く同じだ。

もしかして、我々は子供のころES細胞だったのかも知れない。しかし大人になり知識と経験を積むにつれ、専門化が進んで行く。そして失業の心配をする頃には、専門性とひきかえに全能性は失われているのだ。もちろんいくら専門化が進んでるとはいえ、人間は単能ではない。努力すれば中卒の私が弁護士や医師になることは不可能ではない。

しかしそのための費用と時間を、労働市場モデルは捻出できるのだろうか?なぜ御手洗社長をはじめとする経団連の皆さんが吊るし上げられているかといえば、「労働変換コスト」を無視するか、あるいは外部不経済として労働者側に押し付けようとしている、少なくともそう見られているからだ。

確かに日本や欧州の労使関係は硬直すぎて、労働のさらなる流動化は必須だと思われる。しかし完全流動化は我々がES細胞でない以上不可能だし、そして流動化コストは非常に高く、そして誰がそのコストを負担するのかを話題にすると、労使とも口をつぐむ。

その意味においても、私はベーシック・インカムに賛成だ。池田さんが言うところの「負の所得税」だが、なんちゃらレトロスペクティブと違って、これに関してはこちらの方がごろがいい。このベーシックインカムは、労働流動化コストの支給手段としても働く。給与差によるインセンティブは減るが、ことインセンティブに関しては、給与は氷山の一角にしかならないことは、私がブログに「うつつを抜かしている」という個人的経験からも、医療がいまだ崩壊に至っていないという社会的現象からも実感できる。

金は何にでも化けるが、人は今の自分と似たものにしか化けられない。

一言で言えば、それだけのことである。

Dan the Multi-talented, not Omni-talented

追記: で、思い出した。私の友人がプログラマーを募集しております。興味のある方は、

To: 
Subject: 弾の友人と働きたい!

でmailください。私のような無品格の人間と公私共々家族ぐるみでつきあっているというだけで、その懐の深さは納得いただけるのではないかと勝手に希望的観測をしております。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
その経済学のイロハである需要と供給の法則がなぜ実地で働かないかは、中卒でもわかる。 「俺たちはES細胞じゃない - 労働が市場化しない理由」より いや、その経済学のイロハである需要と供給の法則自体が正しくないわけで……。「需要と供給のバランスというできの悪いジ
[経済][経済学][雑記]需要と供給のバランスというできの悪いジョーク(2)【酔狂人の異説】at 2007年10月17日 06:39
新聞のわび状―「訂正記事」のウラ話 (1982年) とある理由で訃報や死亡記事にこだわっているな 写真の入れ間違いみたいに「ググれば」済むことや 誤変換や誤植のように日本語入力システムで改善できることは前半になる その後は事実誤認や誤報のように今でも収まらない問...
ここは酷いわび状ですね【障害報告@webry】at 2007年10月10日 00:05
小飼弾氏の印象的なエントリ、「俺たちはES細胞じゃない - 労働が市場化しない理由」。 経済学のイロハである需要と供給の法則がなぜ実地で働かないかは、中卒でもわかる。タイトルどおり、労働者はES細胞じゃないからだ。 労働者がES細胞でないから労働市場が流動化しな...
ES細胞力を鍛えることはできる。【日経ビジネスを人事コンサルタントが読む】at 2007年10月08日 10:33
REVの日記 @はてな - 炎上芸 (tags: blog 炎上)...
links for 2007-10-05【気になる記事の書き出し帳】at 2007年10月05日 18:31
だから、いくらゴキブリを退治しても、別のゴキブリがやってきます。
ゴキブリが出るのは部屋が汚いからです【clausemitzの日記】at 2007年10月05日 14:38
blog50-1:一課に一人は変なのがいる - livedoor Blog(ブログ)の続きでもないが。。。 すれ違いざま「オッス!( -д-)ノ」とチョウスケよろしく言われて・・・「あ〜そうか」とか納得していた。  
関連会社に転籍した人その後【blog50-1】at 2007年10月05日 11:05
404 Blog Not Found:俺たちはES細胞じゃない - 労働が市場化しない理由 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50924668.html 池田氏の論を受けて小飼弾氏が、政策としてのベーシック・インカムを提唱している。彼もアルファ・ブロガーなので、彼がごろがいいというだ
[social policy]ベーシック・インカムでは貧困を救うのに足りない【newsmemo@sarutoru】at 2007年10月05日 07:52
池田信夫 blog 偽装請負を生み出しているのはだれか と 404 Blog N
ヤマト/ガンダム世代が拓く日本の労働市場の流動化【坂本多聞のインサイドアウト】at 2007年10月05日 02:45
404 Blog Not Found:俺たちはES細胞じゃない - 労働が市場化しない理由 我々は子供のころES細胞だったのかも知れない。しかし大人になり知識と経験を積むにつれ、専門化が進んで行く。そして失業の心配をする頃には、専門性とひきかえに全能性は失われているのだ。 けれど、...
ES細胞的人間【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年10月04日 20:02
野党4党は、偽装請負で行政指導を受けたキヤノンの御手洗会長(日本経団連会長)を国会に参考人招致することを決めた。彼らは「格差社会」の原因が小泉内閣の「市場原理主義」にあるとの主張にもとづいて御手洗氏を攻撃するものと思われるが、当ブログでたびたび指摘してきた...
偽装請負を生み出しているのはだれか【池田信夫 blog】at 2007年10月04日 18:34
この記事へのコメント
去年 解雇通知予告 受けましたが 社員寮に待機していて?って継続できる 助かります!

まだ契約社員が何名か 勤務してるらしいですね 仕事が入ってからの連絡しか受けませんので よろしく
Posted by 大分キヤノン請負 at 2009年02月05日 08:46
解雇者 まだ社員寮に待機中や 出勤している人もいるらしい 契約社員 まだ勤務しているなんて 頭にくるんだよね? 待機中っす 仕事が はいってから 連絡しか受けませんので よろしく
Posted by 請負会社 at 2009年02月05日 08:43
キヤノン本社内 請負会社 日本ソフト工業は テレビの人気番組 提供・・・やコマーシャル☆まで かなりお金がかかるんですよね? 社員寮や会社を 増やそうとしていたんですよね? どぅいうつもりなのか 疑問です。 理解できません。 請負会社も社内に増やしているらしいけど どうなってるのかな?
Posted by 節分夫 at 2009年02月03日 05:51
日本ソフト工業はあれだけ正社員を解雇したのに2009年から、中国人を新規で雇用しはじめたじゃないか。代表の望月俊博は日本人を馬鹿にしているようだ。
日本ソフト工業は社員を犠牲にしてまで中国人を雇用した。
詰まり、創価学会の池田が名誉会長などと名乗りを挙げるレベルの問題ですよ。公明党は創価学会の支持政党・支持母体であり
P献金を池田に流した疑いがある。また媒日蓮正宗では池田は中国側に一桁兆円を支援したとも言われているのです。今の日本
ソフト工業のやっていることはそれとかわらないのですY○。

今回の場合、日本ソフトが正社員を裏切ったことは確定ですね。

これからマスコミにチクリに行ってきます。
Posted by 今来酢 久 at 2009年02月02日 17:53
大分キヤノン請負会社日本ソフト工業 で勤務してましたが 解雇通知予告 でも社員寮に待機していて? って継続できる? 社員寮を追い出されちゃった人が居るらしいけど信じられません 待機しついます 早く継続連絡をください
Posted by 青春 at 2009年02月02日 10:00
眞鍋かをりさん 何を学びましょう。


ニキビがひどかったらしいです コマーシャルみました。 ニキビに悩まされたことはありません ニキビは青春のシンボルなんて聞いたことありますが 悩みますよね? ニキビなったことないから分からないけど
Posted by なんき at 2009年02月02日 09:56
日本ソフト工業の社員寮に て生活してますが 解雇されたのですが 行き場所がなくて 居させてもらう予定です。(-_-;) 何か 追い出された人が居るらしいけど


日本ソフト工業の人ではないんですね?


大分キヤノン+大分キヤノンマテリアルってニュースや新聞に記してるけど 日本ソフト工業って 記してないから 日本ソフト工業はキヤノン 関係ないんでしょうね?


Posted by 社員寮 at 2008年12月17日 23:35
>>人間は人間をES化する仕事にはつきたがらないだけでは。

ES細胞はなんにでもなれるが、
一旦特定の細胞に変化してからは他の細胞には変わりませんよ。

ES細胞はいうなれば赤ちゃんのようなものですよ。
Posted by Executor at 2008年01月22日 23:26
〜つづき

 以上のことから、工業的な手法を用いた農業を主体として(問題は山積みですけど)代価エネルギーの開発もしつつ、その技術を疲弊した後進国にも使えるように支援していかないと、結局地球が人の住めない星になりかねないし、今、これができるのは日本だけではないかと考えています。
Posted by 否定論者 at 2007年10月13日 11:23
・・・資本主義ではより安い労働力を求めて資本はシフトして行きますよね。

日本での製造業主体の経済は、今までどおりでは立ち行かないでしょう。生き残るのは、発展途上国にはマネのできない製造業界で、多くの労働者を必要とはしないでしょう。経済の中心を製造以外にシフトさせない限り、少子化も含めて考えると、労働者が生活するには難しいことです。

また、日本のような消費生活水準にまで中国が上がると仮定するならば、その消費するエネルギーや資源は「ドンダケ〜?」では済まないどころか、地球を食い尽くす(大げさかも)勢いにも及ぶことでしょう。中国では急激過ぎる経済成長に対して、ゴミや廃棄物の処理が追いつかず、結局自国民が犠牲になっています。(それが、成長の足を緩めるのなら、少しはいいかも)
Posted by 否定論者 at 2007年10月13日 11:22
人間は人間をES化する仕事にはつきたがらないだけでは。

Posted by ホゲゲ at 2007年10月09日 22:51
> 池田氏の議論についての評論を読みたいのであれば、労務屋さんが的確にその間違いだらけの認識を指摘しておられます
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/11_8764.html#comment-20936251

> それにしてもこれだけの短い文の中にこれだけたくさん問題がある
http://d.hatena.ne.jp/roumuya/20071004
Posted by 天下り教授w at 2007年10月07日 01:00
そのための職業訓練ではないですか?
たしかに専門性の高い職種にクラスチェンジすることは困難でしょうが
そこそこの学習能力を持った成人を1年も訓練すれば、世の求人の大半はカバーできるのではないですか。

ベーシックインカムの導入はそうした職能獲得努力へのインセンティブを放棄させる行為ではないでしょうか。ダラダラしててもお金がもらえるってことですよね
Posted by at 2007年10月06日 18:52
世界の企業との競争もあるだろうが、製品の品質を保つためには正社員での雇用をもっと重視するべきだろう。そのかかるコスト分は会長・社長クラスを始めとする役員の役員報酬を減らすなど正社員の雇用を減らさずにする方法はまだいくらでもあるはず。そもそも雇用形態など正社員と学生アルバイトだけでいいはずで、労働者を全て正社員で雇い、給料などで働きに応じて格差をつければいい話。
 御手洗会長や経団連は、偽装請負などという違法行為を平気でやり、そんな人間たちがさらに派遣の規制緩和をしろとは、虫がよすぎる。殺人者が「さらに殺人犯してもいいですか?」と言っている様なもの。ちなみにトヨタは三菱、日産に続く、リコール件数ワースト3位。いい加減なことをしているからこんな結果になる。
Posted by taka.BRK at 2007年10月06日 18:24
キャノンにしろ、東芝にしろ、トヨタにしろ、コストダウンの名のもとに正社員がほとんど工場に関わることなく、工場での生産が派遣や請負中心で、そういった状況で生産された製品を客に売っていることに疑問を持たないこと自体おかしい。派遣や請負には正社員よりも高い技術力を持っている人もいるが、しかし、それは客の方から見れば、手抜き商品を売っているようにも見られかねない。
Posted by taka.BRK at 2007年10月06日 18:23
そうです。我々はES細胞ではありません。しかし日本のホワイトカラーの場合、職種を越えた人事異動が当たり前であり、それこそ皮膚の細胞を心臓に移植するように置換可能なのです(要は「会社員」という職種)。
ガン細胞なら排除可能ですが、余っているというだけでは取り去ることもできない。もちろん無能なのではありません。一人ひとりは優秀です。ただ、能力を発揮することもなく経年劣化し続けているのです。
Posted by nom at 2007年10月05日 19:34
>浦さん
なぜ、不安定な雇用を受け入れるかわりに、正社員の給料より割増の賃金を求めるのではなく、正社員や組合員を同じレベルまで引きずり下そうとするんですか?

雇われ同士の内ゲバに誘導されていくのは、何とも馬鹿げていると、個人的には考えるのですが…
Posted by 勤め人 at 2007年10月04日 22:23
まだ雇われていない人のことを考えてますか?
御手洗や財界批判は、結局はすでに雇われている人の既得権を守るだけです。
流動化は強制ではありません。その環境を整えようということ。それに反対するということは、固定化を望むってことですよね?
Posted by 浦 at 2007年10月04日 20:34
金は何にでも化けるが、人は今の自分と似たものにしか化けられない。
似たものにすら化けられないのが今日のサラリーマンの現状です。ゆえに責めて似たものには化けられるような社内教育の義務付けが必要があると考えています。
日本は就職でなく「就社」と揶揄されています。せめて就職・・・する法体系と文化が必要だと考えています。業界内の流動性くらいは・・・っともっとも流動性が低い業界にいますけど。
Posted by マリンゾウ at 2007年10月04日 18:22
「御手洗社長をはじめとする経団連の皆さん」は派遣が担うような仕事は誰にでも出来る単純労働だと思っているから労働変換コストが要らないと思っているのでしょう。
Posted by bob at 2007年10月04日 18:19