2007年10月26日 01:45 [Edit]

惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら

全プログラマーが泣いた。


実は一つだけ「ローカライズ」にあたって変えた前提があります。日本ではこちらの方が実情に沿っているでしょう:)

建築士様、

家を一つ設計施行してくださいな。まだ何が必要か具体的なことはわからないので、そこはよきに計らう方向で。

寝室の数は、2から45までの間。寝室の追加と削除は簡単に出来るようにしといて下さいね。青写真が出来次第あたしが何が気に入ったかを最終判断します。それぞれの青写真について明細書を付けるのをお忘れなく。後で気に入ったのをピックアップできるように。

完成後の家の費用は、今住んでいる家よりも安上がりでないと駄目なことを留意してくださいな。それでいて、今の家の欠陥(あたしが歩くたびにキッチンの床がきしむとか、壁の断熱がなってないとか)が全て修正されている必要があるのは言うまでありません。設計の際には、保守費用も最低になるよう工夫するのもお忘れなく。当然ですがそれにはアルミやビニールやサイディングのような高品質の部材が必要になるでしょう(アルミが使えない場合は、その理由を委細もらさず説明すること)。施行においては最新のデザインと素材を惜しまないように。モデルルームにひけをとらないように。ただし、キッチンには1952年ギブソン製の冷蔵庫を含め、今あるものが全て無理なく収まるようにすること。正しく家を設計するにあたって、当然ですが私の子供たち、義理の家族達に詳細にインタビューするように。そうそう、家に関しては一家言お持ちの姑をお忘れなく。一年に一度も来るんですからね。

選択肢は入念に吟味すること。ただし、最終決定権は当然あたしにあります。ささいなことであたしを患わせないこと。建築士様の仕事は、全体計画をたてて大枠を提示すること。例えばカーペットの色とかは委細。ところで私のダンナは青が好き。

資材調達に関しては心配ご無用。建築士様の第一優先は詳細設計と仕様固めですから。ただし、あたしが計画を承認ししだい、48時間以内に棟上げ完了すること。

あたしの家を設計する際には、いつかはあたしが家を別の誰かに売りに出すことを忘れないこと。将来の買主が誰になっても魅力的なものにすること。計画を仕上げる前に、近所の潜在顧客の了承もとりつけておくこと。

あたしのご近所の新築物件の視察は済ませておいた方がいいわ。あたしも多いに感銘を受けたし。あたしの家に必要なものもたくさんあったし。たとえば25mプールとか。建築士様なら、費用負担を一円も増やさずに出来るわよね。

必要な青写真はすべて取り揃えておくこと。本番デザインは必要ないわ。施工業者の入札に使うだけだから。ただし、設計変更による追加費用は、すべて建築士様の責任だということは念を押しておきます。

建築士様にとってこれほど魅力的なプロジェクトもそうはないでしょう!最新の技術と部材を使って、自由に設計できるんですから。滅多にない機会ですよ。アイディアと完成済みの設計をもって今すぐご連絡下さいませ。

追伸: ダンナはあたしの指示をあまり気に入ってないみたい。建築士様なら、丸く納められるわよね。あたしもいろいろ試してみたのだけどどうもうまく行かなくって。丸く納められないなら、他の建築士を探すことにするわ。

追々伸: もしかして、あたしが必要なのは家じゃなくてトレーラーハウスかも。そう思うならその旨すぐにご連絡を。

Dan the Programmer Who Had to Work Like an Architect


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
技術評論社傅氏より献本御礼。「ブログ限界論」ではお世話になりました。 火事場プロジェクトの法則 システム開発 火事場プロジェクトの法則 デスマーチに関わる者必読の一冊。 これからデスマーチに加わろうというものも、その辛さを知る者も、その中で痛みさえ...
書評 - システム開発 火事場プロジェクトの法則【404 Blog Not Found】at 2007年12月04日 14:33
だって吾輩の棲む7K業界ぢゃぁ普通の話ぢゃね?・・・(ゲラゲラ 404 Bl...
全プログラマが泣いたらしいけど何で?【やい!まにあ】at 2007年11月08日 22:36
惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら コメント欄を見て、 ロドリゲス井之介の『係長ブルース』を読んでおけ、と思った。 以下、アマゾンのカスタマーレビューから。 大手建設会社の工事課係長、中屋敷久(32)の奮闘記…. と書けば地味...
マンガ『係長ブルース』【眠る開発屋blog】at 2007年10月29日 14:30
404 Blog Not Foundさんの「惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら」を読んで。 ……泣きまつた。号泣。 内容より、コメントを読んだところ、書かれていることと建築業界の 実態とがそれほどかけ離れていないというところにまた涙。 で。自分も...
どの業界も同じなのだなぁ……と。【パノラマ日常奇談】at 2007年10月28日 21:02
惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら
今日読んだブログ【備忘録】at 2007年10月26日 20:41
404 Blog Not Found:惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら ・・・どこがジョークなのかぜんぜんわからん。普通じゃん。 「建築士」じゃなくて「建築家」にしたら少しはニュアンスが違うかもしれないな。 いや、それでも普通だな。 つまり、プログラマ...
Dear Mr. Architect【身辺メモ】at 2007年10月26日 18:32
俺も泣いた。 404 Blog Not Found:惰訳 - 建築士がプログラマーのごとく働かねばならぬとしたら 元料理人のパロディ。 料理長様、    レストランを一つ企画出店してくださいな。まだ何が必要か具体的なことはわからないので、そこはよきに計らう方向で。    メニューの
泣きながらパロってみる【幸運の女神に会ったら迷わずエプロンを摑め!後ろは裸だからね。】at 2007年10月26日 02:51
この記事へのコメント
誠実に施主の無理目の要望に対応するのは職務上当たり前な訳ですが、うちが経験してるモンスタークライアント(?)はお役所の面々の方がタチ悪いなあ。特に地方。
予算と青写真の乖離が甚だしくて、設計した1棟丸ごとおじゃんになる事も。

どこの零細設計事務所も所得と業務量のアンバランスさは笑いの域に達しております。その辺の法改正はされましたが、現状絵餅で終わるでしょう。


Posted by 通りすがる設計事務所 at 2009年07月29日 18:29
上のコメントに上げられたどの業界でも、状況次第では泣くを通り越して死ねる。
Posted by ちょっと通りすがりますよ at 2007年10月31日 13:09
PGの場合はこの内容を「ちょっとがんばったアルバイト」程度の
給料でやらないといけないことです
他も一緒かな・・・?
Posted by 通りすがり at 2007年10月31日 00:33
>名建築家の人生って大抵仕事が何も無い空白期間があるよね。
そもそも日本の名プログラマって、いったい誰だ?

ま、名プログラマであろうとなかろうと空白期間ならざらだよー。
鬱病で病気療養とか、前の会社がブラック化したり潰れたりして失業とか。
Posted by まかり通る at 2007年10月30日 01:31
や、これの真の含みは
十年一日のごとくソフトウェアを建築のアナロジーで捉える
ことへの皮肉じゃないの?
Posted by 通りすがりん at 2007年10月28日 21:58
IT業界の受託開発の現状は厳しいですね。低予算で複雑なシステム。うまく要件を整理してから開発を始めないと、途中変更が発生し、収集が着かないこともよくある。開発を始めるのが納品予定日を過ぎてからというのも珍しくはない・・・
Posted by CPILS at 2007年10月28日 10:03
やっぱり学校の先生もまぜてあげたほうがいいかと・・
Posted by とーりすかりー at 2007年10月28日 01:08
もう一つの最底辺の職種、医療業界人もやってきました。
医者や看護師は患者の奴隷やオモチャじゃなーい
医療業界も患者・役所に虐められるので大変です・・・
Posted by 通りすがりの外科医 at 2007年10月27日 09:28
土建屋もIT土建屋も最底辺の職種である事に変わりは無いからねぇ。
ただ、家を建てる方が「痛い」顧客が多そーな気がした。何せマイホーム「ドリーム」ですから。痛々しい妄想炸裂な要望が大量に出るんでしょうな。まぁ大概の要望は「十分な予算と時間」があれば、何とかなる物ですがねー予算も時間も無いのに無茶するから炎上する。

近所の新築一戸建ても、立てた後に嫁と旦那がもめて壁をすべて塗り替えとかしてました。そして俺のプロジェクトも炎上中。今月末テスト開始なのに仕様書がまだ来てないぜー(よくある話だ
Posted by 通りすがり at 2007年10月27日 01:14
著名なプログラマはどっかの教授かフリーで活動しているから、企業の枠組みには入らんよ。

無茶言われるのはどっちもどっちだと思うが・・・物理的に不可能な事は無理と言える建築家のがいいわな。
部屋と部屋の間にもう1つ空間を捻じ曲げて部屋を追加しろとかって要求はないでしょう(あっても無理といえるでしょう・・・)
Posted by wh at 2007年10月26日 23:55
名建築家の人生って大抵仕事が何も無い空白期間があるよね。
ルイス・カーンやル・コルビジェとか。
プログラマはどうなんだろう?
Posted by wadia at 2007年10月26日 20:57
そういえば、
知り合いの人にトレーラーハウスを買って
別荘代わりにしている人がいます。
Posted by おれちゃん at 2007年10月26日 20:56
>>建築士はそれに加えて役所にも無茶をいわれてます。
プログラマも建築士と同レベルに役所から無茶をいわれてます。

つか塩の塗りあいはやめれ。
共通のエネミーがみえたじゃないか。
Posted by km at 2007年10月26日 20:17
アメリカの建築家はそれなりに地位が高いからジョークになるけど、日本の建築業界はIT業界以上に異常な世界だということをIT業界のみなさんにも知ってほしいぞ。日本では当たり前すぎて面白くもなんともない。
Posted by rtttk at 2007年10月26日 17:52
アメリカの建築家はそれなりに地位が高いからジョークになるけど、日本の建築業界はIT業界以上に異常な世界だということをIT業界のみなさんにも知ってほしいぞ。日本では当たり前すぎて面白くもなんともない。
Posted by rtnk at 2007年10月26日 17:52
どうみても建築士のほうが悲惨でしょ。

プログラマーに無茶を言うのはクライアントと上司くらいですが,
建築士はそれに加えて役所にも無茶をいわれてます。
Posted by tnk at 2007年10月26日 17:09
施行>施工ですよ

建築士は必ずしも施工まで関わらないのでちょっとニュアンスのおかしい部分もありますが、読んでて胃の痛くなる訳ですね。
Posted by mm at 2007年10月26日 17:06
プログラマーだけが不遇だと思ったら大間違い。
Posted by karu at 2007年10月26日 15:09
弾さん
開発だけでなく、デザインの世界でも日常茶飯事ですよ。
Posted by ひでっき〜 at 2007年10月26日 13:42
完成間近になって、木造2階建てが鉄筋3階建てになったりしませんか?
あとから「屋根裏部屋がないじゃない」とか言われませんか?
Posted by とおりすがらー at 2007年10月26日 13:37
これって、IT業界の異常性を建築業界に例えたパロディのはずですが、実は建築業界では日常的って、コメントがあってびっくりした。どっちの業界も笑えないってオチですか・・・orz
Posted by taro at 2007年10月26日 13:29
これはいいほにゃくですね!
本物の建築士にこういった要求をだしてどういう反応をするのかを分析したら我々SIerがとるべき行動も見えてくるのかも!?
Posted by hg at 2007年10月26日 12:57
建築の方は物理的に不可能な要望もあるかも知れませんが、プログラムの場合アイディア次第でなんとでもなると思われているのかも知れません。
Posted by bob at 2007年10月26日 12:36
これは逆のバージョンも面白いのではと思いました。


窓が固まった場合は、しばらくそのままお待ちください。落ち着いて気持ちをリセットすることも有効です。

雨漏りは仕様です。晴天時にお使いください。
別売の防護壁の利用をお勧めします。

Posted by ROYGB at 2007年10月26日 12:24
建築士の日常ですが、何か。
最近は、6月に変わった建築基準法の方も大変ですよ。
なんせ、認定されたプログラム使えとかいいつつ、いまだそのプログラムができてないっつう……。
Posted by ぽこりん at 2007年10月26日 09:57
>そんな客しかいないのなら、
「どっこいSIerはなくならない」とかいう記事なかったっけ?
Posted by とおりすがいr at 2007年10月26日 09:45
そんな客しかいないのなら、プログラマーなんて辞めちゃえばいいのに。というか、請負をやめちゃえばいい。
Posted by adan at 2007年10月26日 09:23
偽装した建築士も泣いた。「資材調達に関しては心配ご無用。」とさえ言ってくれれば偽装もせず、ヅラもとらず済んだのに・・・。
Posted by blog49 at 2007年10月26日 09:07
こんな細かく指示してくれるなんて、なんていいお客さんなんでしょう!素晴らしい!
Posted by ハチ at 2007年10月26日 08:59
あ、ちなみに建築の業界ではこういう要望事項はごく日常茶飯事です。あまりに当たり前すぎてなぜこの文章が取り上げられるのか理解できません。
Posted by ひでき at 2007年10月26日 08:18
ま、確かに日本では女性が建築の主導権を握ってますな。奥さん側風に書いたのは事情に合っています。
Posted by ひでき at 2007年10月26日 08:17
奥さんこわい. 美人もこわい:p
Posted by 初学者K at 2007年10月26日 04:29