2007年11月02日 11:20 [Edit]

叡智の値段

群衆の叡智サミット2007の参加者のみなさま、お疲れさまでした。パネリストとしても大いに楽しませていただきました。

参加できなかった方のために、私がどんなことを主張したのかをここにまとめておくことにします。


まずは質問です。叡智(wisdom)の値段(price)って幾らでしょう?ここでは「今まで人類が貯めてきた叡智すべて」ということにします。

100兆円?1000兆円?1京円?

答えは、マクドナルドのスマイルと同じ、0円です。

例えば、E = mc2。この式そのものは、1Jのエネルギーどころか光子一個生みません。叡智というのは情報という無形のもので、無形のものでも有形のものに保存したり有形のもの(例えば脳とかコンピューターとか)を使って処理したりするコストはかかりますが、叡智そのものは無形かつ無額なのです。

値は行動に対して付く

ところが、この叡智を元に原発や原爆を作ったりすると、それらには値段が付きます。原発だと、一基4000億円ほどだそうですが、E = mc2は売り買いできなくても、原発であれば売り買いできるわけです。

重要なのは、叡智は形あるものにしてはじめて値がつくのです。要するに、値段は叡智そのものではなくそれを体現したものに対して支払われるのです。だから特許権も、アイディアそのものというよりアイディアの具現化法に対して設定されるのですし、著作権も著作そのものというより本やレコードといった「著作の器」をどう扱うかということを規定しているのだ、と私は考えています。

叡智は0円であるだけではなく、0円でなければならない

叡智の値段が0円であるもう一つの証拠があります。値がつくものは所有可能なのです。所有可能というのはどういうことかというと、私が持っているものはあなたは持っていない、ということです。私のものをあなたのものにするには、あなたの代金と私のものを交換しなければなりません。交換した後は、今度はそれ--が何であれ--はあなたのもので、私の手元からはなくなります。

叡智には、こういった排他性はありません。私がE = mc2を知っても、アインシュタインがそれを知らなくなるということは起こりようがないのです。自分が持っている叡智を他人に与えても、あなたの叡智は少しも減らないのです。

こういったものに値段をつけてしまうと、お金にお金としての意味がなくなってしまいます。

だから叡智はゼロ円ということにしておかなければならないのです。

「群衆の叡智」は誰のものか

このことは、群衆の叡智と絡めるとより重要な示唆となります。群衆の叡智は誰のものか?叡智を供出した人々だけのものなのか?それともそういう場を提供した人々のものなのか?

しかし、「だれのもの」という設問は、所有権を設定できるものに対してのみ意味を持ちます。しかし、今見たように叡智には所有権が設定できません。よってこの質問は、質問そのものが無意味かつ無価格なのです。

「みんな」の叡智は、「群れない」ほど賢くなる

以前The Wisdom Not to Crowdですでに同様の主張をしましたが、群衆の叡智が成立するのに最も不可欠なのは多様性であり、この多様性は群れることによって損なわれる以上、叡智を得たかったらなるべく群れないままの方がいいのです。

このことは、直感的にもわかります。同じ10人でも、「家族全員で一致」と「日本国内でランダムに選んだ10人が一致」では、後者の意見の方が「賢く」感じられますし、「日本国内」と「世界全体」では、これまた後者の方がより賢そうです。

「群衆」とか"crowd"とかという言葉を「叡智」とか"wisdom"という言葉と結びつけるのに私が躊躇する理由が、これなのです。漢字で書けば、むしろ「散衆」というのが最も適切に思えます。英語ではなんというべきかは「みんな」(私を含む)宿題にしときます。

具現化力は、「群れる」ほど強くなる

ところが、叡智を形にしようとしたときは、その真逆に、群れれば群れるほど力は増します。世界中に散らばった10人と、寝食をともにしている10人の家族とどちらが「値がつく」行動をとりやすいかといえば、断然後者です。

これこそが、我々が「群れる」理由です。群れることで我々は「バカ」になります。しかし「バカ」にならないと我々は行動できないのです、「なぜピラミッドを築くのか」という設問は叡智を感じますが、それをピラミッドを築いている最中に発したらそれは単なる仕事の邪魔です。

値段(price) != 価値(value)

一つ勘違いして欲しくないのは、私は「叡智に価値がない」と言っているわけではないということです。叡智は0円ですが、価値はpricelessというのが私の意見です。

もちろん、無理矢理値段を付けることも可能です。例えばある知見がある場合に何かをする場合と、それなしで済ませた場合の費用の差を「ある叡智の値段」と見なすとか。時には「ない」ものを「ある」と過程して振る舞うべき、というのも立派な叡智でしょう。

しかし、根源的には叡智の価格は0円なのです。このことを勘違いするから、さまざまなところで話がこじれるのだと私は感じています。

宿題 - 賢く判断し、強く行動するにはどうしたらよいか

長くなったので本entryはここまでにしておきます。我々が本当に知りたい「賢く判断し、強く行動するにはどうしたらよいか」ということは、今後の宿題ということにしておきましょう。あなたと、私、みんなの。

Dan the Priceless


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
これまで伊藤真の著作は、「夢をかなえる勉強法」、「合格のお守り」、そして「続ける力」をそれぞれの出版社から献本していただいた。お礼を申し上げると同時に、ここではあえて自腹購入したこちらを書評する。 憲法の力 伊藤真 以下の判決が出てタイムリーだとい....
法に力はあるのか - 書評 - 憲法の力【404 Blog Not Found】at 2008年04月19日 15:37
先日予告した通り、「群衆の叡智サミット2007」に参加してきました。参加してよか
群衆の叡智サミット、来年もやって欲しいです【[mi]みたいもん!】at 2007年11月04日 06:11
弾さんのエントリー「叡智の値段」に共感。 群衆の叡智が成立するのに最も不可欠なのは多様性であり、この多様性は群れることによって損なわれる以上、叡智を得たかったらなるべく群れないままの方がいいのです。 404 Blog Not Found:叡智の値段 同じ組織にいると、バカにな
プロジェクトは共有、人材は多様【24 daken blog】at 2007年11月03日 10:16
[Japanese version below / 日本語版は下に] Price and value are different. Price is how much you pay. Value is how much you gain. This means, free(zero price) is not valueless(zero value). Esp. when you talk about OSS, you need to be careful with ...
Price is not value【analog】at 2007年11月03日 00:55
群集の叡智にどう値段をつけるか、これはオープンソースでの価値創造における付加価値の配分問題とも大いに関係してくる話で、個人的に実に興味のあるところです。 (群集の叡智については、以前、「組織の知恵」を書きましたのでそちらを参照のこと) これについて、小飼弾...
「群集の」「叡智の」値段【No Regret Life】at 2007年11月02日 15:40
404 Blog Not Foundより。 バカになる時とバカにならないときのお話。 これこそが、我々が「群れる」理由です。群れることで我々は「バカ」になります。しかし「バカ」にならないと我々は行動できないのです、「なぜピラミッドを築くのか」という設問は叡智を感じますが、そ
津波【がこんがこん】at 2007年11月02日 14:41
参加しましたよ「群衆の叡智サミット2007」最前列で。 なぜかこういう場では最前列が空いている。 視力が弱めなのに、割と時間ギリギリ行動な自分としては、ありがたい傾向。 議論に尻切れ感というか、消化不良感がありつつも、示唆が散りばめられた、良い内容でした。 そ...
群衆の叡智サミット2007【minor tranquilizer】at 2007年11月02日 14:14
世界中に散らばった10人と、寝食をともにしている10人の家族とどちらが「値がつく」行動をとりやすいかといえば、断然後者です。 404 Blog Not Found:叡智の値段 ここの論拠がいまいちわからず。
10人【名言で読む「はてな」】at 2007年11月02日 14:06
この記事へのコメント
こんにちわ。ブログ拝見しました。
自分がいつも考えている事を巧みに言葉にされたと感じました。
金!=価値であり、故に叡智をお金で換算しようとすると0円になると。ただし無価値ではないと。
無価値ではないから、その価値を逆的に金にすることはできる。けど、本質的には0円と。
その価値はある一定範囲とはいえないし
どこまで大きいかも判断できないのでプライスレス。
という風に受け取りました。


「みんなの叡智は群れない方が賢い」
「具現化には群れた方がいい」
っていうのは確かにその通りですね。

「賢く判断し、強く行動するにはどうしたらよいか」の
一つの解として、判断と行動の分離があるのではないかと。
また、建築業界の「ユニット」っていう概念が一つのキーになるかもしれないと思っています。
Posted by けーし at 2007年12月28日 23:45
マクドナルドの不祥事が出ましたね。

会場での予想が見事当たったことになります。
群衆の叡智はすごいですねー。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071127i216.htm
Posted by toi at 2007年11月28日 01:27
コーディネータの方ですか? これは失礼しました。

弾さんの論旨は、「価値はpriceless」の部分ではなくて、
上記の文章で言えば、

>重要なのは、叡智は形あるものにしてはじめて値がつくのです。
>要するに、値段は叡智そのものではなくそれを体現したものに対して
>支払われるのです。

の部分と捉えています。


普通の企業は、学識経験者など、専門家の叡智に対してはお金を払いますが、
有象無象の人々の直感(他のパネラによれば「feel」)の集まりに
お金は払わないでしょう(だから「0円」)。

しかし、一部の企業は、思い切ってそれを信頼して成功を収めた。
これは、オライリーさんの言う「Radical Trust」といえます。

つまり、お金に換算可能な価値を創造したのは群衆ではなく、
Web2.0的な柔軟な思考を持つ企業の方ではないか、ということですね。
Posted by enNetforum遠山 at 2007年11月05日 10:31
把握できなかったように見えてたようでしたらごめんなさい(w

私は、価値がつけられないものは「ゼロ円」とラベルを張るより「プライスレス」というほうがわかりやすいと思っただけです。

もっとも「タダほどこわいものはない」という言葉があるわけですから、「ゼロ円」には「プライスレス」という意味があるのは承知の上です。
Posted by okdt at 2007年11月03日 10:35
どうもどうも、参加しました。パネラは精英ぞろいでしたね。
コーディネータの方が弾さんの発言を把握できなかった場面があったように
思いますが、それは仕方ないかと。
「群衆の叡智=0円」という答はちょっとバレバレでしたが(笑)

ルーマンが社会システムを、コミュニケーションが構成要素となる
オートポイエーシスと捉えていますが(人間は環境にすぎない)、
OKWaveなどを見ていると、まさにコミュニケーションがコミュニケーション
を生む(人間の姿が見えない)、社会システムというオートポイエーシス
そのものと考えられますね。

つまり、群衆の叡智は社会そのものであり、Web2.0ツールが社会システム
ということでしょうか。そういう意味では、「群衆の叡智=0円」というのは
社会に値段が付けられないのと同じで、正しいと思いました。
Posted by enNetforum遠山 at 2007年11月02日 13:14