2007年11月06日 00:00 [Edit]

一識者から梅田望夫へ - 書評 - ウェブ時代をゆく

いつもどおり献本御礼。

初掲載2007.11.05;発売開始まで更新

一回で書評し切れる本ではないが、これだけは最初に申し上げたい。

これは褒めざるを得ない、と。


本書、「ウェブ時代をゆく」は、今や「ウェブ進化論」の著者として「あちら側」も「こちら側」も知らぬなしの梅田望夫の最新作にして、「シリコンバレーに住む一コンサルタント」だった著者が、はじめて「梅田望夫」を全面に出して書いた一冊。

なぜ「褒めざるを得ないか」といえば、100%それが理由だ。

目次 - 新刊「ウェブ時代をゆく」11月6日刊行 - My Life Between Silicon Valley and Japanより
序章 混沌として面白い時代
一身にして二生を経る/オプティミズムを貫く理由/「群衆の叡智」元年/グーグルと「産業革命前夜」のイギリス/学習の高速道路と大渋滞/ウェブ進化と「好きを貫く」精神/リアルとネットの境界領域に可能性/フロンティアを前にしたときの精神的な構え
第一章 グーグルと「もうひとつの地球」
営利企業であることの矛盾/グーグルはなぜこんなに儲かるのか/奇跡的な組み合わせ/グーグルの二つ目の顔/「もうひとつの地球」構築の方程式/「経済のゲーム」より「知と情報のゲーム」/利便性と自由の代償としての強さを
第二章 新しいリーダーシップ
人はなぜ働くのか/まつもとゆきひろが起こした「小さな奇跡」/オープンソース成功の裏には「人生をうずめている人」あり/ウェブ2・0時代の新しいリーダー像/ウィキペディアのリーダーシップ/「知と情報のゲーム」と「経済のゲーム」の間に起きる齟齬/事業機会を失ってもコミュニティの「信頼」を/なぜネットでは「好きなことへの没頭」が続けられるのか/良きリーダーの周囲に良き「島宇宙」ができる/総表現社会参加者層の台頭
第三章 「高速道路」と「けものみち」
高速道路を猛スピードで走る少女/日本のシステムで息苦しい思いをしている人のために/「高く険しい道」をゆくには/「見晴らしのいい場所」に行け/高速道路を降りて「けものみち」を歩く/「五百枚入る名刺ホルダー」を用意しよう/「流しそうめん」型情報処理、つながった脳、働き者の時代/「けものみち力」とは/正しいときに正しい場所にいる
第四章 ロールモデル思考法
ロールモデル思考法とは何か/なぜ「経営コンサルティング」の世界に進んだか/ロールモデルの引き出しをあける/「十九世紀初頭の新聞小説」とブログ/日本の若者を応援するときのロールモデル/自分の志向性を細かく定義するプロセス/ブログと褒める思考法/生きるために水を飲むような読書、パーソナル・カミオカンデ/行動に結び付けてこそのロールモデル思考法
第五章 手ぶらの知的生産
知のゴールデンエイジ/世界中の講義・講演を瞬時に共有できる時代/十年後には「人類の過去の叡智」に誰もが自由にアクセスできる/手ぶらの知的生活/これからの知的生活には資産より時間/ネットは知恵を預けると利子をつけて返す銀行/「文系のオープンソースの道具」が欲しい/群衆の叡智を味方につける勉強法/ネット空間の日本語圏を知的に豊穣なものに
第六章 大組織VS.小組織
情報共有と信頼/やりたいと思う仕事に自発的に取り組む/情報共有と結果志向型実力主義/有事には情報共有を前提とした組織になる/小さな組織は情報共有で強靭になれる/小さな会社で働き、少しでもいい場所に移ろう/「三十歳から四十五歳」という大切な時期を無自覚に過ごすな/自らの内部にカサンドラを持て/「古い価値観」に過剰適応してはいけない
第七章 新しい職業
「新しい職業」と「古い職業」/「新しい職業」の誕生を信じる人は「ウェブ・リテラシー」を/オープンソースが生んだ新しい「雇用のかたち」/「志向性の共同体」とスモールビジネスの経営/スモールビジネスとベンチャー/ビル・ゲイツの後半生を徹底肯定する/世界の難題の解決にネットが本格的に利用される時代
終章 ウェブは自ら助くる者を助く
人工国家に似た「もうひとつの地球」ができれば/より求められる「自助の精神」/サバイバル優先、すべては実力をつけてから
あとがき

「ウェブ進化論」当時は、梅田望夫という人物は「あちら側」、すなわちネットの住民には比較的よく知られた存在ではあったが、「こちら側」、すなわちリアルの住民にはまだ知られた存在とまでは言えなかった。そのこともあってか、「ウェブ進化論」は個の重要性を説いてはいても、梅田望夫という個よりは、「論者のうちの一人」をずいぶん引きずっていたと思う。

しかし、「ウェブ進化論」の大ヒットにより、もはや梅田望夫は「コンサルタント」とか「はてなの取締役」だとかといった「皮」をかぶる必要はなくなった。その皮を完全に脱ぎ捨てて書いたのが本書である。これを褒めずにいられるだろうか。

その差が最も顕著なのが、第四章の「ロールモデル思考法」であろう。ここで著者は、自らをロールモデルの一つとして提示する。一コンサルタントとして振る舞っていた著者にとって、それがどれだけ気恥ずかしいものかというのは、私のような羞恥心が辞書登録されていない輩でも察することができる。早い話、本書において梅田望夫ははじめて「ヌード」となったのである。

「ヌード」はハイリスクな戦略である。自分を守ってくれる殻がそこにはないのだから。そこにおいて他者からの視線は直に素肌に突き刺さる。これは、いたい。

しかし「ヌード」戦略は、それを補ってあまりある。ハイリターンな戦略でもある。読者は著者の意図を絹ごしに察するのではなく、直に目にすることができるのだから。

とはいうものの、ヌード戦略を取るには、それに耐えられるだけの「蓄積」が必要で、著者にとっては「ウェブ進化論」とそれに続く一連の著書、そして「ウェブ進化論」から今に至るまでのblog entriesがそれに相当するのだろう。著者は「サバイバル」を重要視する人でもある。はじめから「脱いで」風邪を引くようなリスクの取り方はしないし出来ない。

そういう人が、「脱いだ」のである。その内容はさておき、その勇気を「裸族」の一人として讃えたい。

もちろん意見、見解、分析、結論に対する異論は山ほどある。それだけで100 entriesぐらい書けるだろうし、本書がある程度皆に行き渡ったところで私はそうするつもりだ。

しかし、これだけは言える。今後は重い服をまとって身動きが取れないリスクの方が、服によって護られるリターンより大きくなる時代だということが。この点に関して、私は著者に120%同感する。そして、そのことを知っていても、「ウェブ進化論」当時は実行しきれなかった著者が、本書に至ってそれを敢行したことを、褒めずにはいられない。

はだかの個の世界へ、ようこそ。

dankogai (小飼 弾)


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
文藝春秋出版局経由で著者より献本御礼。 ウェブ時代 5つの定理 梅田望夫 「ウェブ時代 5つの定理」いよいよ発売です - My Life Between Silicon Valley and Japan 文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」 タイトルに書いた通り、梅田望夫・著とい...
編者梅田望夫 - 書評 - ウェブ時代 5つの定理【404 Blog Not Found】at 2008年02月27日 21:21
「インターネットという名の不確実な海の中に飛び込み、好奇心旺盛なペンギンのように泳ぐ。」これは、僕がこのブログに込めたコンセプトであり、今の目標でもある。なぜインターネット界に飛び込むのか、その背景が梅田望夫氏の著書「ウェブ時代をゆく」で明らかにされたよ
[本] 「ウェブ時代をゆく」 - いかに働き、いかに学ぶか【First Penguin : ファースト・ペンギン】at 2008年02月11日 23:50
1 「あちら側」を「こちら側」に位置付ける 「ウェブ時代をゆく」は、人生論と仕事論について書かれた本である。そして、その人生論と仕事論はどのような目的を持って書かれたものか。 極々単純化すれば、「あちら側(新しい生き方をする人たち)」を「こちら側(....
梅田望夫「ウェブ時代をゆく」を読んで(1)【知られざる佳曲】at 2008年01月08日 01:11
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) 作者: 梅田望夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2007/11/06 メディア: 新書 2008年に読む本の1冊目。 「ウェブ進化論」の梅田望夫氏の最新刊。 dankogai氏が しかし、「ウェブ進化論」の大ヒットにより、
[本]ウェブ時代をゆく【ほんダイアリー】at 2008年01月02日 00:07
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687) posted with amazlet on 07.12.25 梅田 望夫 筑摩書房 (2007/11/06)売り上げランキング: 30 Amazon.co.jp で詳細を見る      遅れ...
一識者から梅田望夫へ - 書評 - ウェブ時代をゆく【騒がしい未来】at 2007年12月25日 21:36
まさにエキサイティングだった。テンション上がりまくってた。だからこそ諏訪に帰って落ち着いた。あの興奮と引き換えに寿命が短くなっているとさえ思えるほどの創発があちこちで起こっていた。行ったことはないが、きっとシリコンバレーって日常的にこんなことが起こってい....
まさに創発、1年分の価値がある2日間【doodle開発記】at 2007年11月21日 13:04
大和書房より献本御礼。 汗をかかずにトップを奪え! 三田紀房 初出2007.11.18;週明けまで更新 「ウェブ時代をゆく」で胸焼けした人には、最高の胃薬だ。
仕事なんてしょせんヒマつぶしだ - 書評 - 汗をかかずにトップを奪え!【404 Blog Not Found】at 2007年11月18日 16:28
「ウェブ時代をゆく」というより、私が最も引っかかっているのが、以下の言葉。 Only the Paranoid Survive Andrew S. Grove [邦訳:インテル戦略転換] P. 96 「Only the Paranoid Survive」は、私がシリコンバレーで一番尊敬する経営者アンディ・グローブの言葉...
「ウェブ時代をゆく」を読む - Only the Paranoid Survive【404 Blog Not Found】at 2007年11月13日 00:18
JUGEMテーマ:インターネット  『けものみちにけものが、わんさか出て来た時、   高速道路が、スイスイだったとしても、   楽しい自信がありますか?』   当ブログのタイトルの元ネタになっているのはもちろんあのベストセラーの「ウェブ進化論」です。  そ...
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)【ウェブ妄想論(仮)】at 2007年11月12日 02:17
ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)を読む。ウェブの潮流を声高らかにうたう梅田氏。そういう潮流の中にいない人が読むと刺激を受けるんだろうなが本書。
ウェブ時代をゆく(書評)【blog50-1】at 2007年11月11日 21:37
「ウェブ進化論」の著者として一躍時代の寵児となった梅田望夫氏による、待望の続編、ウェブ時代の人生論。 前著がウェブ2.0時代の全体像と将来像を明確に、そして極めて楽観主義的...
ウェブ時代をゆく 梅田望夫(ちくま新書)【Sasaki Takanori Online】at 2007年11月10日 07:08
勇気を出してTB。
梅田望夫「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか」読みました【Route 1971】at 2007年11月09日 02:58
まだちょっと早いかも知れないが、本書の一番の論点について書いておきたい。 ウェブ時代をゆく 梅田望夫 P. 118 (草稿:直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。 - My Life Between Silicon Valley an...
ギークが褒めぬにゃ訳がある - 「ウェブ時代をゆく」を読む【404 Blog Not Found】at 2007年11月08日 02:43
2006年2月の氏のweb進化論という著書が出て、 web 2.0 って言葉が    実際の普通の人にも ある程度知られるようになった。 約2年 その間にこの世界の著書を出し 多くの意見を集めて、、、   作られた 集大成。 web時代を行く 最初に出されたweb進化論と...
おぷてぃみずむ【書評web時代を行く】【風赴くままに】at 2007年11月07日 17:43
実は本書の内容に関する私の感想は、池田さんのそれとほぼ一致する。 ウェブ時代をゆく 梅田望夫 池田信夫 blog ウェブ時代をゆく年をとると、本を読むのが速くなる。書いてあることの大部分が既知の話なので、飛ばして読めるからだ。逆にオリジナルな学術書....
「ウェブ時代をゆく」を読む - Vantage Point【404 Blog Not Found】at 2007年11月07日 15:51
この記事へのコメント
# ちょっと煽り入りまーす

池田信夫氏による書評:http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/c3fd47bcbacc477d63e978c9ad7f04ce

この本に対する見解が池田さんと弾さんでは180度違っているように感じられますが、それはどうでもよろしい。
私が興味深く思ったのは「この見解の違いはどこから来るのか?」です。
もちろん注目している点が違うということもあるでしょうが、どうもそれだけとも思えない。
このギャップには、何か大きなモノが隠れているような気がする。
Posted by 会社員 at 2007年11月07日 11:08
裸で走り出したい衝動に駆られました。裸っぷりを堪能したいと思います。DAN氏の書評で久しぶりに褒めちぎりを見ましたね。もちろんおもしろいはたくさんあるわけでその期待を裏切ることはなかったわけですが。

本来の「梅モッチー節」が楽しみです。
Posted by blog49 at 2007年11月05日 21:01
目次を見ただけで内容がかなり判ってしまいますね。おそらく弾さんも梅田さんも私と同じような考え方の持ち主のような気がします。
Posted by bob at 2007年11月05日 20:31