2007年11月06日 03:45 [Edit]

イメージを形にできない人は減衰する

イメージを形にできないものに産業の名は値しない。IT産業はイメージの具現化がすべてである。人気を魅力と勘違いする人は減衰する。

ユメのチカラ: 若い人に人気のない産業は減衰する
未来をイメージできない産業に人は集まらない。IT産業は人がすべてである。魅力のない産業は減衰する。

ユメのチカラ: 若い人に人気のない産業は減衰する
参加者がすごい。業界の重鎮。岡本晋氏(TIS株式会社 代表取締役社長)、浜口友一氏(社団法人情報サービス産業協会 会長、株式会社NTTデータ 取締役相談役)、藤原武平太氏(IPA 理事長)。

大変恐縮なのだが、私はこの参加者のすごさが全く理解できなかった。なぜ業界の重鎮なのかさらに理解できなかった。「IPAフォーラム2007:プログラム(詳細)」を見たら、それがますますわからなくなった。

なぜなら、彼ら「業界の重鎮」たちが、何を作ったのか、そこには全く書かれていないから。

彼らは、確かに「業界大手企業」や「業界団体」の「えらい人々」ではある。しかし、彼らを別の誰かに置き換えたらヤバイという感じが全くしないのだ。社内人事のあやで別の誰かが彼らが座る椅子に座っていても、それでその企業が別物になるというようにはとても見えないのだ。

もちろんそれは私が彼らの作ったものを知らないだけなのかも知れない。もしそうだとしたら、具体的に彼らが何を作ったのか教えてほしい。

これが、例えばLarry Wallやまつもとゆきひろなら、私にも「すごい」がわかる。Larry Wall以外がPerlを作るなど想像もできないし、RubyがRubyなのは、まつもとゆきひろがまつもとゆきひろだからだ。

ユメのチカラ: 若い人に人気のない産業は減衰する
IT産業のイメージに対して、『岡本氏は「モノをつくっている会社は、イメージがモノで通じている。われわれの業界はモノを作るといってもソフトウェア、もしくはサービスを提供している。目に見えてイメージはわかないかもしれない。インターンなどで実態を見てからもう1度考えていただければいい」と学生を諭した。』と答えているようであるが、業界の重鎮が明確にビジョンを語れなくては困る。

本当の業界の重鎮たるあなたが、業界の文鎮たちを重鎮と呼んでいる方がよっぽど困る。ビジョンを語るのは文鎮の仕事じゃない。あなたの仕事である。

ここまでが、よしおかさん宛。ここからが「若人」宛。

聞いたことがあるだろうか。「東大生がこぞって入社する産業は衰退する」という都市伝説を。人気産業ということは、あくまで「今人気」ということであって、何の将来も保証しない。日本が右肩上がりの時だって、「人気産業」は10年ごとぐらいに入れ替わってきた。残念ながら今日日の人気産業を選んでも、あなたが中年になっている頃には斜陽産業になっている可能性が高い。高値づかみする人がいるから株式市場が成り立つとはいえ、最も賢いはずの人々が最高値で買ってしまうというのは苦笑を通り越して同情すら覚える。

もちろん今の東大がそれを指をくわえて見ているわけではないのは知っているけど、それはとりえずさておき。

ところが、職人はどの産業が興亡してもやっていける。客は代わっても職は代わらないのだ。製造業のような、一見産業と心中しそうな職ですら、岡野雅行のように生きられるのだし、ましてやソフトウェアエンジニアというのは、およそ職人の中で最もつぶしが利くものの一つだ。ありとあらゆる道具がハードウェア直接のロジックではなくソフトウェアを経由して動くようになりつつある現在、職にあぶれるということはまずありえない。

確かに、きつい。どうきつい、どうしてきついかはまた別entryで書くが、職人の世界というのはどこもかしこもそうだ。しかし、おなじきついでも、それは自分が鍛え上がっていく時のきつさであって、今日も明日も同じきつさの繰り返しでは決してない。もしそうだとしたら、それは職人以外の何かが混じっている証拠だ。そういう時には躊躇せず職場を変えること。

しかしきついから逃げないで職に打ち込んでいると、ある日気がつくのである。自分がどれだけ鍛えられているかを。こりゃ堪らんよ。堪えられないよ。こいつは残念ながらどこにも売っていない。職人が作ったものなら金だせば買えるけど、自分でつくれなかったものがつくれるようになった時の気持ちは、どこにも売ってないんだぜ?

残念ながら、誰もが職人になれるわけではない。IT産業もそれは同じ。でももし君がそれに魅せられて、あの堪えられない気持ちの味を知ってしまったのであれば、匠に弟子入りしてみる価値はある。ましてやIT産業だ。技術は一子相伝門外不出なんてことはないし、何人もの匠に同時に弟子入りすることだって無理なくできる。

人気企業とやらに逝くのは、そのあとでいい。なに、そんな難しくない。正社員にこだわりさえしなければ。

Dan the Codesmith


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
もう1年以上前の記事ですが、こんなイベントがありました。 「IPAフォーラム2007」で、IT業界の重鎮と理系学生による討論会を開催した。テーマは「IT産業は学生からの人気を回復できるのか」だ。(中略)いくつか挙げられたIT業界のイメージは実にネガティブな内容だった。...
ビジョンは我らの中にあり!【SIer魂】at 2009年02月23日 22:05
なんというはてブホイホイ。 「10年は泥のように働け」「無理です」??今年も学生と経営者が討論 − @IT 「IT技術者はやりがいがある仕事か」---学生とIT産業のトップが公開対談:ITpro すでに去年の討論、というか重鎮なるものの見かけ倒しぶりに関しては、 404 B...
泥のように働いて、何が出来上がりましたか?【404 Blog Not Found】at 2008年05月30日 18:24
対案のない批判は単なる床屋談義であり、新橋の飲み屋でやってくれという空気を感じたので、自分のできる事を考えた。 実のところ、新橋の飲み屋で楽しく飲むのは大好きである。飲めば飲むほど饒舌になる。単なるヨッパライのおやじである。ブログなんていうのは所詮世界規模...
自分が何をできるか【ユメのチカラ】at 2007年11月07日 10:20
『404 Blog Not Found イメージを形にできない人は減衰する』 『 彼らは、確かに「業界大手企業」や「業界団体」の「えらい人々」ではある。しかし、彼らを別の誰かに置き換えたらヤバイという感じが全くしないのだ。社冀equest.in@
出世競争と受験戦争【蒼と碧の幻想】at 2007年11月07日 02:27
外からみたプログラマーの価値って、まさにこれ。 404 Blog Not Found:イメージを形にできない人は減衰する 大変恐縮なのだが、私はこの参加者のすごさが全く理解できなかった。なぜ業界...
プログラマーの価値とは【芸人社長のブログ】at 2007年11月07日 01:43
とりあえず文鎮フルボッコ飽きてきた。 イメージを形にできない人は減衰する 大変恐縮なのだが、私はこの参加者のすごさが全く理解できなかった。なぜ業界の重鎮なのかさらに理解できなかった。「IPAフォーラム2007:プログラム(詳細)」を見たら、それがますますわから...
文鎮フルボッコ飽きてきた【眠る開発屋blog】at 2007年11月07日 00:35
404 Blog Not Found:イメージを形にできない人は減衰する 小飼弾さんはタイトル↑だけでも人を触発させる。これはきっと小沢一郎へのあてつけなのだと勝手に解釈させる力があるので本歌取り。
イメージを形にできない小沢一郎は減衰する【佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン】at 2007年11月06日 22:15
例の@ITの記事は結構、反響が大きく、あちこちのブログで取り上げられ その影響で、うちみたいなブログにも凄いアクセス数があったので続きを。
続・学生がIT業界を敬遠する理由【clausemitzの日記】at 2007年11月06日 13:05
大変恐縮なのだが、私はこの参加者のすごさが全く理解できなかった。...なぜなら、彼ら「業界の重鎮」たちが、何を作ったのか、そこには全く書かれていないから。【404 Blog Not Found:イメージを形にできない人は減衰するより引用】 
これは今年一番の名言かも。ちなみに、「業界の文鎮」とは?【Life is beautiful】at 2007年11月06日 07:55
この記事へのコメント
>大変恐縮なのだが、私はこの参加者のすごさが全く理解できなかった。なぜ業界の重鎮なのかさらに理解できなかった。「IPAフォーラム2007:プログラム(詳細)」を見たら、それがますますわからなくなった。
>なぜなら、彼ら「業界の重鎮」たちが、何を作ったのか、そこには全く書かれていないから。

IPAの方(ただしIT系ではなくET系の方ばかりですが)が周りに何名かいるので、そこら辺のことちょっと問題定義してみます。
Posted by F at 2007年11月07日 22:07
>こりゃ堪らんよ。堪えられないよ。こいつは残念ながらどこにも売っていない。
>職人が作ったものなら金だせば買えるけど、自分でつくれなかったものがつくれるようになった時の気持ちは、どこにも売ってないんだぜ?
久々に心を動かされるものを読んだ気がします。
Posted by とも at 2007年11月06日 23:17
>しかしきついから逃げないで職に打ち込んでいると、ある日気がつくのである。自分がどれだけ鍛えられているかを。こりゃ堪らんよ。堪えられないよ。

精緻な文章の中にふと出てくる直球な本音が堪らん。涙が出てくる。
Posted by トビ at 2007年11月06日 22:18
「イメージを形にする」ということは、自分の将来を考える時にも当てはめることができるような気がします。

イメージを具体化できないから短期間の就労で辞めてしまったり、人間関係の構築に失敗したり、ひどい時には心の病にもなる。

トップがイメージを形にできていない会社で働いていたのであれば、なおさらきついはず。自分のビジョン、相手のビジョンを理解していかないと会社は愚か、自分自身がダメになってしまうのではないでしょうか。

Posted by あれはんどろ at 2007年11月06日 21:50
職人は斜陽産業になると食えないと思いますよ。
技術の進歩によって、数十年鍛錬してきた事が
使われなくなってしまう事も多い。

実際にモノを作る職人よりも
お金やモノを右から左に流す人の方が儲かるのは、
斜陽産業になっても古い職人を切り捨てればいいだけのこと。

究極の右から左は金融業かな。
お金はなんにでも変わるから、
Posted by marinelake at 2007年11月06日 19:45
>正社員にこだわりさえしなければ。
やっぱり正社員の壁は高いですか?
Posted by OOO at 2007年11月06日 18:30
>聞いたことがあるだろうか。「東大生がこぞって入社する産業は衰退する」という都市伝説を

潰れた某証券会社がそうだったという噂を聞いたことがあります。新聞の記事かネットかはわかりませんが。官僚は右を見ても左を見ても・・・。


大工は昔はかなり食えたそうです。今は昔ほどではない。技術の日用品化が速くてどの職種も怖いです。工員から職人に行ければいいですがなかなか難しい。高級品を作っても多少質が落ちても量が出来ればその高級品は要らないですから。一部のマニアといっても数が少ない=職人の数も要らないので数少ない椅子を争う椅子取りゲームになる。
Posted by アノニマス at 2007年11月06日 18:06
>正社員にこだわりさえしなければ。
やっぱり正社員の壁は高いですか?
Posted by anon at 2007年11月06日 15:33
自称重鎮達は何故情報処理技術を披露できないのでしょうか?
そこに答えがあると思います。
Posted by 未記入 at 2007年11月06日 15:12
こういう重鎮達が、デスマーチを創り出している現状が既に終わっている。
情報処理技術を極めたかったら、もう会社に頼らず自分で学習するのがベストです。
情報処理技術を扱う会社の重鎮達が、情報処理技術を知らない時点で既に可笑しい事に本人は何故気付かないのでしょうか?
経営陣が自分の売るものを分かっていない時点で、既にその会社は可笑しいです。
ところが、所謂IT系会社では経営陣の無知が許されます。
これがお客様に対する態度の全てを物語っております。
自分が分からないものを人に売るな!
そして、技術者でも無いのに重鎮を名乗るな!
Posted by 未記入 at 2007年11月06日 15:02
ITはおわったそうですよ
http://www.dakiny.com/archives/010computer-and-internet/it_3/

人気無くなったほうがアホが寄ってこなくなっていいのかも

Posted by オワタ at 2007年11月06日 14:54
東大生がIBMやGoogleに行くって言うのは、人気企業だからと言うのもありますが、英語の勉強目的じゃないかという気がします。
どこの企業でも行ける情報系の他人が居たら自分もGoogleを勧めるかなぁ。
個人的には、量子コンピュータか超高性能太陽電池開発がしたいなw
Posted by 自分 at 2007年11月06日 10:48
大工さん、ていうのは、昔、材木を切って削って家に作り上げていく様は職人ぽかったですが、最近は出来上がったパネルを組み合わせていくだけで職人仕事は全然必要ないように見えます。

> 職にあぶれるということはまずありえない。

 プログラマの職人仕事も「高速道路」のおかげでだいぶ減ってしまったように思いますが...。
 ワンチップ CPU の評価ボードが開発環境込みで雑誌の付録に付く時代ですから。
Posted by snark_tail at 2007年11月06日 10:14
職人以外の何かが混じってきたから躊躇無く会社ヤメたオレがきましたよー
いや、東大生じゃなかったけど、オレが就職した20年ほど前には、IT系とは縁もゆかりも
なさそうな学部の卒業生までもが大挙してIT系に逝ってましたがな。
そして見事に斜陽産業化して今に至る... かなと。

Posted by Mr.FanHong at 2007年11月06日 09:34
職人はいいですね。顧客からのダイレクトな反応を受けられるから。
文鎮にならず、せめて文珍にでもなりたいものです。

結果重視?プロセス重視?いずれにせよ質の評価はできるはずだ。そのことを怠ってきたことを企業もそろそろ認めるべきだ。不透明な時代だからこそ明瞭なものが求められる。
Posted by blog49 at 2007年11月06日 08:25