2007年11月15日 15:45 [Edit]

ニコニ考 - オープンソースプログラマーとニコ厨の違い

ひさびさのニコニ考、今度は私が一番気になっている点を考えてみる。


プログラムからプログラムを生み出し続けるオープンソースプログラマーたちと、同じく作品からまた作品を生み出し続けるニコ厨たち。その違いは何なのか。

オープンソースプログラマーとニコ厨の一番の違い。それは、オープンソースプログラマーが、誰が何を作った、あるいは作り直したかがはっきりしているのに対し、ニコ厨の場合は、誰が何を作ったのかが簡単にはわからず、そしてそのことをニコ厨たちはあまり気にしていないようだということ。

オープンソースプログラマーにとって、これはかなり驚くべきことなのだ。

違いを語る前に、まずは似ている点をおさらいしておこう。オープンソースプログラマーとニコ厨、この二者は、かなりの部分で似ている。まず、作品から別の作品を作るというところが似ている。実のところこれはオープンソースでなくとも、およそ作品というのは別の作品の「組み立て直し」なのであるけれど、オープンソースの場合、特にこれが顕著だ。

なぜ顕著かといえば、オープンソースにおいては、コードという「結果」だけではなく、そのコードが変わっていく「過程」もオープンになっているからだ、というのがその一番の理由だと思われる。念のために繰り返すが、それが「オープンソース」であるためには、結果だけではなく過程もオープンになっていなければならない。結果だけオープンかつフリーで手に入るものは、「フリーソフトウェア」と呼ばれるべきである。

ニコニコ動画の諸作品も、この点は共通していて、ある作品がどういう変遷をとげていくかは比較的簡単に追うことができる。確かにオープンソースプロジェクトで使われているsvnやtracのように系統だって追うための機構は用意されていないが、そのような機構が不要なほど、作品の変遷を追うのは簡単だ。あまりに簡単なので、どうやって追うのか説明不要なぐらいである。RC2で「オススメ」タブがついたので、この作品の変遷を追いかけるという作業は今までになく簡単になっている。

これで足りないというのであれば、「やってみた」タグがある。これは「歌ってみた」「踊ってみた」「演奏してみた」の総称であるが、特に「描いてみた」タグの諸作品では、ボブの絵画教室のように、描き終わった結果だけではなく、それを描いている過程も公開されていて圧巻である。

このように、作品という結果だけではなく、作品の変遷という過程も公開されているという点において、ニコニコ動画とオープンソースはかなり似ているのであるが、前述のとおり、「それでは誰がその作品を作ったのだ」ということを知ろうとすると、とたんに大変になる。

例えばニコニコ動画では、作品は全てhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm数値というURIに集約される。URIを見ても作品は識別できるが、作者は識別できないのだ。

もちろん、まるきり不可能ということではないし、優れた作品にはその作者に名前が与えられることすらある。

404 Blog Not Found:匿名に関してそろそろまた一言言っとくか
ここで留意しておきていのは、「いさじ」や「ゼブラ」はさておき、「フーミン」、「内緒妹」、「ガチ姉」そして「ニコ姫」は、本人たちが名乗ったのではなく、作品を見た視聴者たちが名付けたこと。

しかし、これらの作品には作者名がすぐにわかるところに提示されているわけではなく、誰が作者なのかは実際の動画を見てみないとわからないし、見たところでさまざまな作品がマッシュアップされているので「作者達」を振り分けるのはかなり難しい。少なからぬ作品にエンドロールがついていて、そこに作者名が書いてあることもあるが、いずれにせよ作者名という最も重要なメタデータがすぐに取り出せないようになっている点に注目して欲しい。

これはblogと比較してもかなり異なる。blogにおいてはhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/とか、http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/だとか、URIを見ただけで作者が誰なのかすぐにわかるようになっている。http://blog.tokuriki.com/のように、URIどころかドメイン名を見ただけで明らかな場合も多い。

オープンソース--ここではblogなどのオープンコンテンツも含めた拡大解釈をするが--においては、作者名というのは最重要のメタデータで、「中身」を全部みなくてもすぐにわかるところに提示されているのが常識なのだ。ところが、ニコニコ動画ではそんなオープンソースの常識が非常識。私は「組曲」の作者が誰かすら知らないのだ。「猫鍋」の作者が誰かを調べて取材したNHKは立派だが、NHKでもなければそこまで調査すらしないだろう。

オープンソースにおいては、「名前を売る」というのが最も重要な「隠れた収益」になっていることも多い。もちろん某国の選挙のように「断固害をよろしくお願いします」とやるわけではないが、オープンソースを利用しようとすれば、その作者の名前はいやでも目に飛び込んでくる。私自身がこの生きた証拠で、Jcodeがなければ堀江さんが私をCTOに招くこともなかったし、EncodeがなければOSCONに招かれることもなかった。そして本blogがなければ、アフィリエイトだけで食えるほどの収益があがることもなかった。

ところが、ニコニコ動画のうp主たちは、自分の名前が売れなくても喜んで作品を投稿している。少なくとも私にはそう見える。名前がないと困る場合には、あだ名が進呈されるけれども、それはあくまでも「他者がその人について語るため」のものではあっても、「その人にコンタクトを取る」ためのものではない。投稿者の特定が不可能とまでは言えないのは、「猫鍋」のケースで明らかではあるが、それにしても手間がかかり過ぎて、「ニコニコ動画で優れた作品を見る」ことはあまりに容易なのに、「ニコニコ動画で優れた作者を見つけよう」というのはあまりに敷居が高いのだ。

それでも、うまく行っているのである。

別の力学が働いているとしかいいようがない。

その力学が一体何なのか。ここまで書いてもう時間がなくなった。もう出かけなければ。というわけで続きはまたの機会に。

Dan the (Niconicologist|Open Source Programmer)

追記: スパイダーマッDが懸命に削除されるのは、まさか「自分が何者かを名乗りすぎる男」だからじゃないよなあ....


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
というわけで、その続き。 404 Blog Not Found:ニコニ考 - オープンソースプログラマーとニコ厨の違いその力学が一体何なのか。ここまで書いてもう時間がなくなった。もう出かけなければ。というわけで続きはまたの機会に。
ニコニ考 - 名無しがニコ厨でOKでオープンソースプログラマーでNGな理由【404 Blog Not Found】at 2007年11月17日 00:31
「404 Blog Not Found:ニコニ考 - オープンソースプログラマー...
ニコニコとオープンソースの違い【WebCrawl】at 2007年11月16日 19:12
弾さんのBLOGにて。動画を投稿する動機の考察。私も同じように考えていたけれど、現実に、JCODEやENCODEがもたらした縁やBLOGがもたらしているアフィリ収益という話をみると、うわぁやっぱり現実にもそうなんだと考えさせられる。 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archive...
動機の源泉【龍麗羅】at 2007年11月16日 12:15
ニコニ考 - オープンソースプログラマーとニコ厨の違いと、 匿名創作を読みつつ。 なんでニコニコ動画では、投稿者に名乗らせる仕組みがないのか、 と、名乗らなくてもなんで回ってるのか、といったことを考えてみた。 まとまらんので、バラして書く。 ・ニコニコ動...
ニコニコできりゃあそれでいい【おいでもん学習帳】at 2007年11月15日 23:55
重要な点を無視してるよな
ゲリラのすくつですね【散歩師漫画居士柴岡秀一のくだらなクラブ(R)日記】at 2007年11月15日 22:00
ニコニ考 - オープンソースプログラマーとニコ厨の違い 「他者の反応を見れる」というのがまず第一のモチベーションの源泉なのではないだろうか。 はてなの増田にしても「誰も見てないブログに書くよりは、より多くの人間の目に触れる増田に書いたほうがマシ」というふう...
匿名創作【眠る開発屋blog】at 2007年11月15日 18:20
オープンソースに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
【 オープンソース 】について最新のブログの口コミをまとめると【プレサーチ】at 2007年11月15日 16:27
この記事へのコメント
中には自分のサイトやブログのURIを書いてる人も居ますけどね
でも基本的には、反応をみたいってのが大きな理由でしょう
Posted by 時雨 at 2007年11月16日 21:03
ニコ動の視聴数が桁違いに多いから、というのが理由のひとつだと思います。

創作活動の目的は、収益を上げることのほかに、多くの人に見てもらえるとうれしい、というモチベーションがありますよね。

で、通常の創作活動においては、名前を知ってもらおうとするのには、有名になったらもっと多くの人が見てくれるからという理由があります。

ところがニコ動に動画を上げて、上手くヒットすると、いきなり数千、数万のオーダーで再生されます。
最大手の同人サークルの販売冊数に匹敵する数字が一晩で叩き出されています。

つまり、十分に多くの人に視聴してもらっていると感じるために、それ以上名前を売る必要をかんじなくなるんじゃないでしょうか。
Posted by とるる at 2007年11月16日 12:17
ニコニコ動画の場合、作品そのものの閲覧数・コメント数・コメント内容などが、そのまま作者への評価となっているからでしょう。わざわざ作者を捜し出して評価を届ける必要が無い。中抜きの一種みたいなものでしょうか。

もう1つ、ニコ動の職人さんは「浮世離れしているから」というのもあるかも。
彼らはニコ動での評価を、生活の元手にしようとは(あまり)考えていないのでは、と思います。だから「作品」さえ評価して貰えれば、「作者自身」の評価はどうでも良いのかも。
Posted by 会社員 at 2007年11月16日 10:44
> これらの作品には作者名がすぐにわかるところに提示されているわけではなく
> URIを見ても作品は識別できるが、作者は識別できないのだ。

投稿時間の下にある動画タイトルがリンクになっていて、
クリックすると下記のような情報が表示されます。

動画情報の提供
この動画は ooblog さんがアップロードした動画です。
http://www.smilevideo.jp/view/1217132/556722

著作権の言い訳。「アイディアの作り方」って本によると、
”新しいアイディアは過去のアイディアの組み合わせ”
みたいな話が乗ってた。
Posted by 九堂フレア at 2007年11月16日 10:44
売名っぽい動画も確かにありますが、そういうにおいのする動画はあまりニコ厨にとって好ましく映らない傾向にあります。
そんで、名無し(っぽい)かつハイクオリティな動画がランク上位に上がって、流行る。
ニコニコの総合ランキングはそんな微妙なバランスの上に成り立ってるんじゃないかなぁ、と思ったり。
Posted by しまりす at 2007年11月16日 10:39
断固害吹いたw
Posted by どうでもいいが at 2007年11月16日 09:10
ずばり「やり直しが効く」からでしょう
出した作品が評価されなければそれだけだし、評価されれば自然に名声がつく
リスクがないのです
Posted by とおりすがり at 2007年11月16日 05:04
クラブDJみたいなもんですね。
Posted by traverse at 2007年11月16日 05:03
オープンソースでは、プログラマーは明らかな制作者です。
ですが、ニコニコに見られるような空間では、製作者は、製作者意識よりも参加者意識が強いように感じられます。このことが、作品内容の如何に関わらず、自分は参加者であるから名前を明かす必要はないということで、匿名が主に用いられている理由となっているのでは、ないでしょうか。
この事は、2chで神と持ち上げられる人にも、当てはまることかもしれません。
Posted by nytom at 2007年11月16日 02:01
ニコニコ動画の中の「演奏してみた」の人々は、自分を特定できるように演出しているように思います。少なくとも自分の手が映っているの作品がほとんどなので、素材に対する所有意識がそうさせるのかもしれません。ある人は必ずピアノの脇にぬいぐるみを置いて映像をつくり、またある人は同じマスク(馬とか大統領)を着用して映像をつくっています。ソースコードも、「これは誰がなんと言おうと俺が書いたんだ。」的な所有意識があるのかも。
Posted by uiengineda at 2007年11月15日 23:16
名乗らないのは、2ちゃんねるの名無し文化の影響もありそう。
Posted by コニ at 2007年11月15日 23:12
>追記
マジレスすると東映+ハリウッドですからねえ

まあ手描きだと消されないみたいですが>キノコ狩り世界チャンピオン
Posted by コーエン at 2007年11月15日 23:08
 名前を名乗らない、隠しているのは著作権侵害をしているという後ろめたい気持ちが少なからずあるからではないでしょうか。
Posted by ニコ at 2007年11月15日 20:06
誌や短歌、川柳などのも同じ状況です。
Posted by 同じ文化 at 2007年11月15日 17:55
○○P同士でコテ名を付けて交流しあってるアイマスMAD関連も言及希望
Posted by 同じくニコ厨 at 2007年11月15日 17:54
私は『例の作者』が気になります
Posted by ニコ厨 at 2007年11月15日 17:19
> これはblogと比較してもかなり異なる。
blogにおいても、増田(はてな匿名ダイアリー)のような流れがありますよね。ニコニコに投稿している層とはまた人種が異なるような気がしますけど、あちらはニコニコ以上に
> 優れた作者を見つけよう
というのが困難(ほとんど不可能に近い)です。
負の自己顕示欲とでも言えばいいのか・・・。
Posted by ataru at 2007年11月15日 17:06