2007年11月25日 23:30 [Edit]

失敗学ドリル - 書評 - 失敗は予測できる

あたた。失敗してしまった。

何がって、今年08月20日発行の本書を、今ごろになって書評する羽目になったことが。

これは、失敗する可能性がある人であれば誰もが目を通すべき一冊である。


本書「失敗は予測できる」は、日本では畑村洋太郎によって一般に知られるようになった、失敗学の実践書。本書のすごいのはひたすら実践的なこと。エキスポランドの事故にはじまって、コンコルドの墜落、信楽高速鉄道とJR西日本の衝突事故と、失敗の実例が2,3ページおきに登場するのだ。これでも足りないという人は同著者の「失敗百選」をご覧頂くことになるが、3,780円の同書に対して、本書は735円。1/5の値段で同書のエッセンスを学ぶことができる。

目次 - 光文社発行の書籍より
まえがき
  1. 失敗は予測できる
    1. 安全の基準
    2. 失敗は似ている
    3. 失敗から連想する
    4. 失敗の原因
    5. 組織の失敗シナリオ
  2. 失敗は回避できる
    1. 失敗回避の落とし穴
    2. 打開策
    3. 失敗の事前対策
    4. 失敗後の後始末
    5. 二重事故を防ぐ
    6. 失敗のワクチン
  3. 失敗から逆転する
    1. 失敗から成功へ
    2. 成功にもしくみがある
    3. 設計の思考過程
    4. 思いを言葉にする
    5. エイヤーッの失敗
    6. 別の答えを見つける
あとがき

本書の素晴らしいのは、誰もが知っている失敗を、(失敗学者を除けば)誰も気がつかない視点から解明し、誰もが使える教訓を引き出していることだ。その中には、著者のささやかな失敗も含まれる。

p. 127
著者は息子の携帯電話に悩まされている。着信音楽やゲーム画面のパケット通信をいつも使っていると、通信料がすぐ二万円近くにもなる。息子が大学に入ってからは支払いは別々にしたが、案の定、通話料を支払いきれず家族割りになっていた筆者の携帯電話も突然、斬られてしまった。

ここまでは誰でも聞いたことがある失敗だが、ここからが著者の面目躍如である。

これも、第三構成要素がなかったケースといえる。

この「第三構成要素」とは一体何か?是非本書で確認していただきたい。

本書は失敗学の開祖の畑村洋太郎作品に実によく似ている。それもそのはず。著者は教授時代の畑村の下で助教授を勤めていたのだ。特に挿絵に関しては、「技術の伝え方」や「数に強くなる」でおなじみのマッチ棒人間が八面六臂の活躍を見せる。その一方で、師匠と弟子の違いも垣間見える。弟子である著者の方が、より実践的でより実例を多く取り上げている。どちらが初見のインパクトが強いかというと師匠だが、どちらが「失敗学力」を養えるかといえば弟子の方だろう。

著者の執筆現在における夢は、Failure Analystの会社を作ることだそうだが、夢とはいわず、今すぐとりかかってほしい。可能ならまじ出資したい。この投資は失敗しない自信があるが、仮に失敗しても、そこから得られるものは投資額を上回るのはあきらかで、これほどのフェイルセイフというのは滅多にないのだから。

Dan the Man to Err


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
角川ONEテーマ21編集部より献本御礼。 創造はシステムである 中尾政之 実に「創造的」な一冊である。著者の提起する、創造的な。 「実は創造という行為は大したことではなく、大したことではないゆえにシステマティックに行うことが可能であるという」著者の主張...
創造は想像するより簡単 - 書評 - 創造はシステムである【404 Blog Not Found】at 2009年06月22日 18:31
誰もが思うことだと思うが、なぜこうも失敗は繰り返すものなのだろう、と常々思っている。 でいつも本を買うときに参考にさせていただいてる...
書評 - 失敗は予測できる【読断と変見】at 2008年02月11日 20:20
DOJIN選書、いずれも良作ぞろいでどれが一番面白いかと言われると甲乙付けがたいが、最も役に立つといえばこれになるだろう。 ヒューマンエラーを防ぐ知恵 中田亨 選書は新書に比べて高いので買うのにも躊躇するのだが、これなら安心して薦められる。
失敗防止学の教科書 - 書評 - ヒューマンエラーを防ぐ知恵【404 Blog Not Found】at 2008年01月09日 03:04
失敗学ドリル - 書評 - 失敗は予測できる(404 Blog Not Found) を見て興味を持ったので。 『失敗は予測できる/中尾政行/光文社新書/2007』 著者:機械工学 評価:失敗を実例から分析して考える・良書 続きを読む
失敗は予測できる(光文社新書)【新書中心主義−心理学者の読書日記(livedoor館)】at 2008年01月03日 00:08
この記事へのコメント
ご参考まで。
今週金曜日(11/30)の
竹内薫さんのJam the Worldの「15minutes」
(21:00〜21:20ぐらい)にご出演のようです、
中尾政之さん。\(^o^)/
http://www.j-wave.co.jp/
Posted by Kimball at 2007年11月26日 22:44
畑村作品は常にものを考えていなければならんそうで疲れますけどおもしろい。
Posted by blog49 at 2007年11月26日 08:42
以前、失敗はいくつかの要素の積み重ねとならいました。
Posted by 通りすがり at 2007年11月26日 00:00