2007年12月05日 04:00 [Edit]

好きを貫いている者の礼儀

私は今、好きを貫いて生きている。

弾言するだけの自身はないのだが、他者が私を見てそう断言するのを何度も耳にしてきた。

そのことに、なぜ私はうしろめたさを感じるのだろう。


以前私は、こんな文章を書いた。

これははてなに入った技術者の皆さんへの返答なのだが、なぜ私がこれを書いたかといえば、そこにある好きなを貫くのことに対する屈託のなさに耐えられない軽さを感じたからだ。

人は何時間働くと過労死するのか? - モチベーションは楽しさ創造から
だからこそ、自分の身を守るためにも「好きな仕事を貫かなければいけない。楽しい仕事をしていかなければならない」と思うのです。

しかし、誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事は現に存在する。私が好きを貫いて書評する本を届けてくれる宅配のおねーちゃんやおにーちゃんは好きを貫いているのだろうか。私が好きを貫いて買ったプリウスを作ってくれた人々は、みんながみんな好きを貫いているのだろうか。そして、私が好きを貫いて催した宴会のゴミを回収してくれる人々は好きを貫いているのだろうか。

「誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事」というのは、職種単位に留まらず作業単位でももちろんある。私にとってEncodeはそういう「仕事」だった。文字コードを処理するプログラムというのは、書いていて楽しいものとは言いがたい。重要なのはプログラミングスキルよりも、正確、というよりユーザーを納得させるマッピングデータを用意することであり、仕様に忠実でも利便性を考えて逸脱してもバグだと言われる世界である。

「誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事」というのは、「うまく行ったら褒められる」のではなく「うまく行かなかったら叱られる」仕事でもある。救急車は119番したら来て当たり前。医者はその患者を受け入れて当たり前。そしてこの二つを繋ぐ道は、そこにあって当たり前。

それだけでも辛いのに、こういった職業の多くはなぜか低賃金だ。「医者はそうではない」と言われるかも知れないが、それではなぜERの勤務医よりも美容外科医の方が羽振りがいい--ように見える--のだろう。

「自分の身を守るためにも好きな仕事を貫かなければいけない」、そうなのかも知れない。しかし誰もが自分の身を守るために好きを貫き出しても、明日ごみは回収されるのだろうか。市場経済論者であれば、「そうすれば『好きでない』仕事が供給不足になり、価格が上がるので報われる」と言うのかもしれない。それが本当なら、なぜ私から見ればどうやって好きになればいいのかわからず、実際に人手不足に悩んでいる職種が(比較的)低賃金のままなのだろうか。

わからない。わからないが、三つ確かなことがある。一つ、誰も好きになれない仕事というのは確かにあるのだということ。二つ、誰かがやらなければならない仕事というのは確かにあること。三つ、そういう仕事を片付ける人がいるからこそ、好きを貫いて生きていける人々が存在すること。

だからせめて彼らをねぎらいたいのだが、どうねぎらったらよいのだろう。賃金でねぎらい切れていないのは明らかだ。だからといって「褒める」というのとは違う。「褒める」というのは「できたらいいな」が「できた」時に行う行為だ。「できて当たり前」を褒められても、褒められた方は当惑するばかりだろう。

梅田望夫×まつもとゆきひろ対談「ウェブ時代をひらく新しい仕事,新しい生き方」(後編):ITpro

ロールモデルの話をすると,Perlを作ったLarry Wallっていう人が僕のロールモデルです。

彼はもちろんエンジニアなんですけど,文章と講演がすごく面白いんです。歌って踊れるじゃないけど,面白い文章が書けて,面白いプレゼンテーションができて,プログラミングができる人になりたいと。

彼を一度目にした者であればだれにもその面白さがわかる Larry の知られざる側面に触れたのは、Encodeを開発したことがきっかけだった。私がEncode 1.0をリリースした時に、彼は私に一通のMailをくれたのだ。それは、日本語でこう締めくくられていた。

otsukaresama deshita! oyasumi nasai!

向こう百年、便所掃除を嬉々としてやっていけそうな気分になった一言だった。

私にも、いつの日かこういう風に言の葉を使えるようになる日が来るのだろうか。今は「出来て当たり前」がその時たまたま出来なかった人に怒るばかりの日日だ。我ながら度し難い。

好きを貫くのもいい。好きを貫いている者を褒め讃えるのもいい。しかし好きを貫いている者であれば、自らの好きを貫くまえに、好きを貫いている誰かを褒める前に、好き嫌いを抜きにして仕事を片付けた方々をねぎらいたいものだ。

ありがとう。

今日もあなたのおかげで好きを貫いていられます。

Dan the Lucky One


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
文藝春秋下山様より献本御礼。 完全なる証明 マーシャ・ガッセン / 青木薫 これで腑に落ちた。 なぜグリゴリー・ペレルマンが、フィールズ賞をはじめとする数多の賞を辞退しつづけたのか。 世捨て人だからではない。 謙虚からでもない。 ましてや反骨だから....
辞退の理由 - #書評_ - 完全なる証明【404 Blog Not Found】at 2009年11月08日 18:07
好きな仕事をするっていうテーマに対して、ここ数日で いろいろな意見が飛び交っている。それぞれいろいろな 感じかたがあるんだなぁと改めて価値観って人によって 違うということを認識。 事の発端はこのエントリから 人は何時間働くと過労死するのか? http:...
好きを貫くことよりも【動けば変わる! ??奇跡への軌跡??】at 2007年12月18日 00:07
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 わからない。わか...
好きを貫く人をつくる人。【iwalog】at 2007年12月12日 21:56
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 紫野は別に「好きを貫いている」わけじゃあないけど、ここで言われている礼儀というのは、よく分かるな、と思った。 誰かがやらなければならない仕事というものは、確かに存在する。それが為されなければ非常に困るが、自...
好きを貫いている者の礼儀【紫野blog】at 2007年12月11日 19:01
ついこないだ 404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 私は今、好きを貫いて生きている。 と書いたばかりだが、むしろ私は以下に近い。 「好きを貫く」よりも、もっと気分よく生きる方法 - 分裂勘違い君劇場 だから、ぼくには趣味と言えるものがない。 好きを....
嫌いを砕く【404 Blog Not Found】at 2007年12月10日 14:03
いつも行く立ち食い蕎麦 縦に長く袋小路になってるこの店で 食べてる人の後ろに並んでたら どぉなるか 解るだろ、普通。 入口で待ってるのが一番いい。 なぜ 人の動きが読めないのか。 あと よく人波の中で急に立ち止まったりとか。 無用なストレス....
アルファレスラー【cult king web】at 2007年12月06日 16:39
ありがとうという姿勢はいいと思う。ただし、その前提には違和感がないわけではない。 好きを貫くのもいい。好きを貫いている者を褒め讃えるのもいい。しかし好きを貫いている者であれば、自らの好きを貫くまえに、好きを貫いている誰かを褒める前に、好き嫌いを抜きにして....
ゴールがお好き? それともプロセスのほう?【DESIGN IT! w/LOVE】at 2007年12月06日 15:20
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀好きを貫くのもいい...
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀【Identity Not Found】at 2007年12月06日 00:23
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 彼を一...
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀【OPC Diary】at 2007年12月05日 22:11
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 好きを貫くのもいい。好きを貫いている者を褒め讃えるのもいい。しかし好きを貫いている者であれば、自らの好きを貫くまえに、好きを貫いて...
みんなが仕事だけに価値観を置いているわけでもない【digitalmorning.jp】at 2007年12月05日 20:07
▼好きを貫いている者の礼儀(404 Blog Not Found) http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50962510.html いやー、久しぶりに刺さる記事を読みました。 僕の働くことに対する価値観ととても共鳴できる部分が多いものだったのでちょっと感慨深かった。 どこがどうという...
働くこと【link-log powered by fullsizeimage.inc】at 2007年12月05日 13:31
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50962510.html しかし、誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事は現に存在する。私が好きを貫いて書評する本を届けてくれる宅配のおねーちゃんやおにーちゃんは好きを貫いているのだろうか。私が好きを貫いて買
[言及]自らが好きを貫くことは好きを貫けない誰かのためにもなるとおもうよ【kituneko】at 2007年12月05日 11:24
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀にて仕事を好きになれるものか、好きになれないものかで分けて話を進めているけどちょっと違う角度もあるかなと思った。 色々な仕事があっ...
人が感じるもの、そしてありがとうの効用【Think and Win】at 2007年12月05日 08:30
kogaiさんのブログにあるとおり、やりたいことを貫くひとの礼儀というのを読んで考えさせられました。  やりたいことを貫くのは大変だと。やりたいことを貫いている、、というか、やりたいことしかしていない長男を眺めながら、このまま彼のやりたいことを貫いて、いまの...
やらなくちゃいけないこと【I am not here.】at 2007年12月05日 05:50
404 Blog Not Found:好きを貫いている者の礼儀 「モチベーションは楽しさ創造から」の人が繰り返し唱えてるのは,「自分の好きなことを仕事にする」ではなくて,「自分の仕事を好きになる」だと思うんですけどね。 「誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならな...
好きを仕事にするか,仕事を好きになるか。【This is my learning】at 2007年12月05日 05:49
この記事へのコメント
>好き嫌いを抜きにして仕事を片付けた方々をねぎらいたいものだ。

でもね、なんだかんだいって、仕事を片付けられるっていうのは、その仕事にある程度向いているということでもあるのだと思うんです。まるっきり嫌いなことなら、着手しても、途中で放り出してしまいますよ。

世の中、ひどく矛盾しているようで、なんとなく、収まりがいいようにもなっているのではないかとも思うんです。もちろん、いつも予定調和しているわけではないけれど。

何事でも、過去の推力でここ(現在)までたどり着きながら、そこからは未来にも招かれているというか。そいつの積んだ業の報いは、いつかはそいつ自身で摘み取らないといけない羽目になるというか。
Posted by enneagram at 2009年11月09日 09:35
謙虚さって大事ですよね。
それを忘れてると思わぬ災難にあうものです。
http://www.youtube.com/watch?v=Ur6AwJewwBo
Posted by ルシフェリアン at 2009年11月09日 06:16
全ての人が好きを貫ける世界まであと何年かかるかなあ。
Posted by hiroyoki at 2009年11月08日 23:47
すばらしいエントリーですね。
1冊の本を読み終えたような感動をおぼえました。

ありがとうございます。
ボクもブログ(好きなもの)を楽しみ、仕事も楽しみたいと思います。
Posted by hisasann at 2007年12月07日 14:11
いつも読んでます。ひとつ教えてください。「好き嫌いを抜きにして仕事を片付けている方々が、好きを貫いている人の足を引っ張る」場合、好きを貫きたい側は、どんな対応すればいいのでしょうか。
Posted by NADCLI at 2007年12月07日 09:27
ふざけるな
Posted by gamster at 2007年12月07日 07:05
不快な気持ちになりました。
「ねぎらう」ということはあなたの方が立場が上という前提ですね。
中途半端に情けかけられるよりもいっそご愁傷様とでも思ってもらって
見てみぬ振りされたほうがまだましですよ。
Posted by ゴミ集配人 at 2007年12月07日 06:00
うん雪かきですね。
Posted by 羊男 at 2007年12月06日 23:03
> なぜ政治家のほうが羽振り良さそうに見えるんだろう。

羽振りが良くないと政治家としてダメと判断されるからじゃない?
Posted by emanon at 2007年12月06日 17:28
とにかく食べるのに精一杯で、
仕事の内容なんか気にしてる状態でないとか、
そういう人はたくさんいる気がします。

仕事の好き嫌いをいうようなレベルではなく、
最低限のお金をもらえる職につけるかどうかってレベルの話。
Posted by ほげ at 2007年12月06日 15:51
>「誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事」というのは、「うまく行ったら褒められる」のではなく「うまく行かなかったら叱られる」仕事

官僚なんかもそうだな。なぜ政治家のほうが羽振り良さそうに見えるんだろう。
Posted by tom at 2007年12月06日 02:00
とても共感した。
私は、好きなように生きていない生き方をやめて、誰にも言い訳せず自分の力で好きな生き方をできるかどうかまさに挑戦している者だが、
自分がどのような場所にいたのか、何を思ってそこにいたのかは忘れないようにしたい。
Posted by 火炉戸 at 2007年12月06日 01:28
こんなんで感動してる人に感動しましたw
Posted by うそでしょ。 at 2007年12月06日 00:04
らしくない。だが感動したw
Posted by 通りすがり at 2007年12月05日 22:25
なぜか涙が止まりませんでした。
とても感動しました。

Posted by yasu at 2007年12月05日 21:21
>それではなぜERの勤務医よりも美容外科医の方が羽振りがいい--ように見える--のだろう
医者は一般より高い
美容はその医者よりさらに高い
それだけ
Posted by しろがね at 2007年12月05日 16:04
なるほど。好き貫く者はこんな視点を持つべきですね。
「弾言」はわざとですよね…?
Posted by yohmei at 2007年12月05日 16:01
「運」については、いかがお考えですか?
Posted by snark_tail at 2007年12月05日 15:30
最近、成功至上主義の発言を見かける毎に違和感を感じていたので、非常に共感を覚えました。

好きを貫く人だらけの世の中は成立しないですし、そもそも「好きなことを貫く」ことなど到底出来ない人が今の世の中でも一杯いるわけで・・・自分の努力を誇るのは構わないのですが、それだけでは寂しいですね。

以前テレビで見た、下記の母子家庭の人のことを思い出しました。(自分がどうすればよいかは分からないのですが)

------------
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/workingpoor3.html

・・・鈴木さんはこう言って、言葉に詰まりながら、次のように続けた。
「……こうやって生活している私たちは、『自助努力が足らない』ということに値するのかなって……」
Posted by old man at 2007年12月05日 14:49
冷静に聞くと、好きなことを貫くという言葉から受ける軽々しさ、後ろめたさとどうようの軽々しさを、好きなことを貫く前に、すきでないことをしてくれている人に感謝しないといけないという言葉にかんじます。意図したものとは違うかもしれませんが、好きなことを貫くことと、すきでないこと(仕事)を遣り通すことは待遇、賃金は違うのかもしれませんが、本来、どちらが優劣というものではないと思います(私にはそのように聞こえました)。もう少し、正確を期すれば好きなことを貫くこととどうようにすきでないことをしてくれているということに対しても敬意と感謝をもつということではないでしょうか。
 「好きなことを貫く前に」という表現に、コガイさんの思いもつまっているのでしょうけれども、そのままの表現だと誤解されないかと心配になりました。
どうでしょうか。
Posted by I am not here. at 2007年12月05日 12:26

感謝。
たったそれだけですが、何よりも大事だと僕は思います。
Posted by だーしゃ at 2007年12月05日 10:32
>そのことに、なぜ私はうしろめたさを感じるのだろう。

好きを貫くには、努力とは関係ない生まれ持った資質が必要だからじゃないでしょうか。そのラッキーに対してうしろめたさを感じるということかなーっと。
Posted by Dora at 2007年12月05日 10:11
世の中には、口に出して言うべき言葉と、胸に秘めたればこそ花の言葉があると思います。

なんだ、結局自慢じゃないかという話題ですな。

鼻につきます。若年性森繁病!
Posted by toorisugari at 2007年12月05日 08:32
s/自身/自信/
Posted by 地震 at 2007年12月05日 08:26
>>「誰も好きになれないのに、誰かがやらなければならない仕事」
村上春樹流に言えば「文化的雪かき」ってやつですね。
Posted by rintaromasuda at 2007年12月05日 08:00
「弾言」
含蓄のある言葉ですね。
Posted by delta16v at 2007年12月05日 07:48