2007年12月06日 13:00 [Edit]

プログラマーでなくてもわかるaとtheの違い

簡単です。

codeなにがし::プログラマにおくる英語の冠詞の使い分けの法則 Wiki版
実は冠詞の使い分けに関しては、プログラムを書く人間であれば即座に理解できる法則があります。

a
それと別物を置き換えても文章が成り立つ場合。
どれでもいいのが a
the
それでないと文章が成り立たない場合。
それじゃないと駄目なのが the

だから乞食は"Would you give me a quarter."(25セントくれ)と言うのに、取引では"Give me the money."(その金よこせ)と言うわけです....というのは半分冗談ですが、そういうことです。

anyとsomeもついでに覚えちゃえ

ついで、というより、このことは any と some の違いと一緒に覚えると確実に覚えます。

こちらは、The Beatlesのあの歌の出だしを丸暗記してしまえば楽勝です。

♪Help! I need somebody
♪Help! Not just anybody

もうおわかりでしょう。some に対応するのが the 、any に対応するのが a です。

パソコンの出始めの頃、秋葉の店ではたいていそこでゲームが動いていて、パソコンのゲームなのでそこにはよく"Hit any key"と表示されていたのですが、「[any]キーがない!」というのはよく耳にしたものです。

注意事項その1:固有名詞にはtheをつけない

codeなにがし::プログラマにおくる英語の冠詞の使い分けの法則 Wiki版
例えば地球ができた時には生成されていた(はず)の太陽(the Sun)や月(the moon)はtheを付けて参照します。また、インターネットは the net などと呼称されることがありますね。

ちょっと違います。「我々の地球が公転している太陽」は the なしの Sun ないし the sun です。ちなみに"a sun"とは何かというと、恒星の一般名詞として使ったりもします。もっとも、a star の方がより一般的なのですが。

大文字、すなわち固有名詞になっている場合にはtheはつけない。これは the internet と Internet の場合も同様です。これは、プログラマー的な理解にも合致します。theはいわば「固有化オペレーター」なので、すでに固有化されているものに二重にかける必要はない、というわけ。

ただしこれにもこれまた例外がありまして、「固有フレーズ」の場合はtheを取り除けない。the United States のように。これ、実は"of America"とは限らなくて、メキシコも英語の正式名称は"the United States of Mexico"です。

ザ・グル」の場合どうなのでしょう:)

注意事項その2:作品紹介では a を使う

洋画の冒頭を見て下さい。"a Walt Disney film"だとか、"a Kurosawa movie"とかという表記になっているはずです。極めつけに、"A Fish Called Wanda"なんて映画まであります。 a と the の違いから考えれば、これは the が正しそうに思えますが、なぜかこういう場合は a なのです。

実はこれ、例外というよりは一般原則の拡張でもあります。この場合、"Kurasawa movie"を一つの単語だと考えるのです。そうすれば"'Spirited Away' is a Miyazaki film. The movie won the Academy Award in 2001."という文章でもとまどいません。

これの用法で唸らせられたのが、"It's a Sony"。この時はさすがソニーだと感心しました。

結局のところ習うより慣れろ?

とはいえ、aもtheもあまりに使う回数が多くて、いくらルールが簡単だからといっていちいちルールを適用していたら身が持ちません。結局のところ習うより慣れた方がいいのかも。日本語ネイティブが「は」と「が」の違いを考えずに使い分けられるのと同じことです。

慣れると今度は「ルールに則っている」というのではなく、「これがaだとなんだか違和感がある」だとか「自然とtheになった」とかという感じになります。「英語でなんとかくらせる」レベルだと、そういう感じになっていると思います。それまでは、"Help!"をカラオケで歌えるように練習しましょうか。

Any questions?

A Blogger Called Dan

追記: 2007-12-06 - odz buffer経由。

英語だけど、よく出来てるなあ。ちょっと惰訳するには重いけど....


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:プログラマーでなくてもわかるaとtheの違い
404 Blog Not Found:プログラマーでなくてもわかるaとtheの違い【】at 2012年01月21日 08:27
弾ウォッチャーらしく、古いエントリも少し掘り起こしましょう。ラブコール続行中です。 Q32 英語の読み書きは簡単? 書くのは圧倒的に英語が楽。聞くのもどちらかといえば英語で、読みだけ日本語が楽。 小飼弾――35歳からのプログラミングこそ無上の至悦 http://www.itme
弾さん冠詞が分かった気がしましたよ!【danwatcherの日記】at 2008年02月18日 11:11
codeなにがし::プログラマにおくる英語の冠詞の使い分けの法則 Wiki版 冠詞を付けない場合 - クラス/構造体自体 I like books. これはbookクラス自体を指しているのではなく、bookクラスを複数保持するbooksコレクションクラスを指しているため、本一般のことを指します。
[英語][冠詞]ポストモダニストなら理解できてしまう冠詞のパラダイム【Nash Bridgesの始末書】at 2007年12月08日 19:16
404 Blog Not Found:プログラマーでなくてもわかるaとtheの違いhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50963216.html 聞いていて、次の単語を「え、何々?」と思わせるのが「a」。「ふーんあれのことね」と思わせるのが「the」。たぶん間隔は1秒も無いんだが、そんな感...
「プログラマーでなくてもわかるaとtheの違い」って何だっけ【UIEngine だ】at 2007年12月07日 16:34
 「aとtheの使い分け」なんてそんなに難しいかなあ。むしろ経験的には,無冠詞にすべきなのかtheを付けるべきなのかで悩むことの方が多いと思う。「プログラマーでなくてもわかるaとtheの違い」はそのへんがすり替えられてるんじゃないか。というのは実はどうでもよくて,そ...
[English] 冠詞の話から英語の話へ【frenetic diary】at 2007年12月07日 13:34
いま、冠詞の使い分けの話が熱い!↓ ようなので、初心者向けの考え方の説明をしましょう。 codeなにがしプログラマにおくる英語の冠詞の使い分けの法則 Wiki版 404 Blog Not Foundプログラマーでなくてもわかるaとtheの違い
「aはoneが、theはthatが短くなったもの」と考えれば冠詞はわかる!【フィリピン留学! TOEIC900点のSHIGEによる格安語学留学情報】at 2007年12月07日 13:11
未定義ならa/an。定義済みならthe。原則はそんなけ。 例えば。今日起きたOmahaでの銃乱射事件を伝えるNew York Timesの記事。 Gunman at an Omaha Mall Kills 8 and Himself - New York TimesOMAHA, Dec. 5 — A gunman in camouflage and wielding a rifle opened...
気楽に使い分けるaとthe【果科☆そば】at 2007年12月06日 19:25
冠詞のaとtheの違い。 実はこれよく分かってなかったんだが、これは結構分かりやすいかも。
aとtheの違い【ブログな予感】at 2007年12月06日 18:44
aは「ある」と読んでみると自然。 a dog barked:ある犬が吠えた、街中であうーっていう一匹の犬の鳴き声が聞こえる感じ。 ついでに”dogs barked”なら、街中で犬どもがあうーあうーって鳴きあってる雰囲気。 theは「その」「あの」と読んでみると自然。 the dog barked:...
[英語]aとtheの違い【T/O】at 2007年12月06日 16:59
この記事へのコメント
おっさんへ
planet を特定しないのは、all of them everywhere な惑星(つまり惑星はどこでもよくって)the Ape は映画で活躍している Ape である、と強調して表現したかったんだと思います。何を強調するか、文脈で使い分けられるのが冠詞ですから。

どうでも良いことですがさんへ
the が入っている固有名詞、という概念もありますよ。
Posted by 2years later at 2009年07月18日 09:56
「注意事項その1:固有名詞にはtheをつけない」
これは違いますね。
川:the Thames, the Mississippi, the Colorado
海:the Baltic Sea, the Caribbean Sea
大洋:the Pacific Ocean, the Atlantic Ocean, the Indian Ocean
複数形の固有名詞:the Philippines, the United States
of付きの固有名詞:the Sea of Japan, the Statue of Liberty
他にも:the Russian Federation, the Russian Orthodox Church, the Anglican Church
Posted by どうでも良いことですが at 2007年12月10日 13:23
このあいだ、NHK BSでもやっていた
「猿の惑星」....

あれの英語の原題がなんで
「Planet of the Apes」なのか
いまだわからない凡人おやじです!\(^o^)/

複数形にする、Theをつけるの辞書説明用法からして
Apes もしくは the Ape になるんじゃないかと?

それに、PlanetになぜTheがつかないのか? \(^o^)/
Posted by Kimball at 2007年12月09日 13:02
おっさんへ

くだらないこと考えてないで、
教材でも何でもいいからとにかく
大量に読み書き聞き話すをすればいいんじゃない?
そういう瑣末なことにこだわる態度が
日本人の英語学習を妨げているような。
Posted by akira at 2007年12月08日 11:32

数学なんてもっとひどくて
200年前くらいじゃないですかね。
物理なんて300年前ですがそれすらほとんどの日本人は
理解できないまま死ぬのです。

Posted by おばはん at 2007年12月07日 21:13
日本の学校で習う英語って、日本だと江戸時代後期の頃の英語だった話があったような。
センター試験の英語が100年以上前の英語だという話をTVで取り上げたら、翌年はその遅れが数十年程度になったとか。
Posted by おっさん at 2007年12月07日 07:52
OracleSQLでは 1 < ANY (2,3,4) と 1 < SOME (2,3,4) は同じ意味。
Posted by   at 2007年12月07日 01:45
こういうことを書いてくれるの、実はずーっと待ってました。英語のことを分かり易く書いてくれると非常に助かります。いくらインプットをしてもアウトプットがいっこうに向上しない私は、インプットー>アウトプットの過程をどのように訓練していったらいいのか、ということも知りたいです。
Posted by mosuto at 2007年12月07日 00:42
インターネットは the Internet と書くのが普通だと思いますが。辞書にもそう書いてあります。 the internet なんて書いてある例はググってもほとんど出てきませんし。
Posted by みぎ at 2007年12月06日 20:20
don't think.
feel.
という事ですね。理屈は後から経験せよ。
Posted by 煉獄 at 2007年12月06日 16:24
僕が中学生のころ、someは否定文のときにanyになると習ったんですが、あれは間違いだったんでしょうか
Posted by anon at 2007年12月06日 14:22
慣れるといっても、a と the を間違えてもわざわざ指摘してくれるひとっていないんだよなぁ。
Posted by hassylin at 2007年12月06日 14:19