2008年11月21日 12:00 [Edit]

メディアミックスの新たな手本 - 書評 - 爆笑問題のニッポンの教養

これはやられた!

初出2007.12.07;以後続刊ごとに更新

講談社GJ!


本シリーズ「爆笑問題のニッポンの教養」は、同名のTV番組を新書化したもの。秀逸なのは番組一本につき一冊づつ刊行しているということ。

  1. 生命のかたちお見せします 発生生物学 - 浅島誠 (2007/9/27)
  2. 現代の秘境は人間の"こころ"だ 芸術人類学 - 中沢新一 (2007/9/27)
  3. 宇宙人はどこにいるのか? 惑星科学 - 井田茂 (2007/9/27)
  4. 人間は動物である。ただし…… 社会心理学 - 山岸俊男 (2007/9/27)
  5. 教授が造ったスーパーカー 環境工学 - 清水浩 (2007/10/31)
  6. ヒトはなぜ死ぬのか? 生化学 - 田沼靖一 (2007/10/31)
  7. 哲学ということ 哲学 - 野矢茂樹 (2007/12/6)
  8. 人間は失敗作である 比較解剖学 - 遠藤秀紀 (2007/12/6)
  9. ロボットに人間を感じるとき…… 知能ロボット学 - 石黒浩 (2007/12/6)
  10. タイムマシンは宇宙の扉を開く 宇宙物理学 - 佐藤勝彦 (2007/12/6)
  11. 生物が生物である理由 分子生物学 - 福岡伸一 (2008/1/11)
  12. 万物は渋滞する 渋滞学 - 西成活裕 (2008/1/11)
  13. 異形のモノに美は宿る 日本美術史 - 辻惟雄 (2008/02)
  14. 人間は考える腸である 腸管免疫学 - 上野川修一 (2008/02)
  15. ひきこもりでセカイが開く時 精神医学 - 斎藤環 (2008/03)
  16. 生き残りの条件≠強さ―数理生態学 - 吉村仁 (2008/03)
  17. 深海に四〇億年前の世界を見た! 地球微生物学 - 高井研 (2008/4/24)
  18. 人類の明日は晴れか雨か? 気象学 - 高薮縁 (2008/4/24)
  19. この世はすべて錯覚だ 知覚心理学 - 北岡明佳 (2008/5/27)
  20. コトバから逃げられないワタクシ 言語学 - 田中克彦 (2008/5/27)
  21. 「体内時計」はいま何時? システム生物学 - 上田泰己 (2008/6/26)
  22. 科学的分身の術 バーチャルリアリティ学 - 舘すすむ (2008/6/26)
  23. 平和は闘いだ 平和構築学 - 伊勢崎賢治 (2008/7/31)
  24. 「脱出したい!」のココロ 海洋生命科学 - 塚本勝巳 (2008/7/31)
  25. 人類の希望は美美美 美学 - 佐々木 健一 (2008/8/26)
  26. みんなの憲法入門 憲法学 - 長谷部恭男 (2008/8/26)
  27. 脳を創る男 カオス工学 - 合原一幸 (2008/10/21)
  28. スポ根なんていらない? スポーツ心理学 - 高妻容一 (2008/10/21)
  29. 検索エンジンは脳の夢を見る 連想情報学 - 高野明彦 (2008/11/21)
  30. 我働く ゆえに幸あり? 教育社会学 - 本田由紀 (2008/11/21)

NHKの番組だと、NHKスペシャル、それも一回でやるものではなくシリーズでやるものは比較的よく書籍化されるのだが、たいてい大判かハードカバーの、一冊2000円以上する本が番組一本につき一冊出る。これらはそれだけの価値があるのは認めるが、値段からいっても大きさからいっても個人で揃えるのはなかなかつらい。まだ今ほど本を買えなかった頃、よくこうした「Nスペ書籍」を図書館に注文してはまとめ狩り、じゃないまとめ借りしていたものだ。

しかし、本シリーズでは新書である。これならずっと手をだしやすい。ページ数は140ページ弱と少なめだが、TV番組由来だけあって画像も豊富なのでこれは納得が行くところ。

それにしてもうらやましいのは、爆笑問題の境遇。ほんと、楽しそうである(サンジャポよりずっと、というと怒られるかな?)。各学の第一人者に週一回あって話を聞くだけでもうらやましいのに、それがTVになって今度は新書である。しかも講談社は、今回そのためにわざわざブルーバックス でも講談社現代新書 でも講談社+α新書 でもない、このシリーズ専門のレーベルを用意した。

それは「爆笑問題」というブランド抜きでの必然でもある。なにしろ番組と同じペースで出そうとすると月4冊。これはサイエンス・アイ新書の刊行ペースとほぼ一緒である。それを単一インタビュワー(といっても二人だけど)でやるのである。

メディアミックスの器としての新書というのは素晴らしい目のつけどころ。しかも「あるある大辞典」とかではなく「ニッポンの教養」でやったというのが最高。関係者一同に脱帽!

Dan the Self Cultivator


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ミシマ社より献本御礼。 脱、「ひとり勝ち」文明論 清水浩 オビより - ジュンク堂書店池袋本店 大内達也氏 素晴らしい、の一言に尽きる。 この本はただの本ではない。本という形を取った "未来"であり、希望である。 ぐぬぬ、台詞取られた。 まだ六月が...
日はまた昇らずにはいられない - 書評 - 脱「ひとり勝ち」文明論【404 Blog Not Found】at 2009年06月01日 14:12
爆笑問題のニッポンの教養教授が造ったスーパーカー爆笑問題,清水浩(環境工学) 好きで見ているテレビ番組の一つにNHK「爆笑問題のニッポンの教養」があるのだけど、その番組がシリーズ本として新書になったのがこれ。 番組はずっと見ているけれど、本の方を読むのはこれが1冊...
『爆笑問題のニッポンの教養―教授が造ったスーパーカー』爆笑問題+清水浩 を読んで【そういうのがいいな、わたしは。(読書日記)】at 2007年12月16日 23:47
 ずっとどうしようか迷っていたのだけど直前になってアマゾンで予約した Wii Fit が先週の月曜日に届いてから毎日家に帰るのが楽しみでなりません。いつの間にか知らぬ間に運動不足の金字塔を打ち立ててい...
Wii Fit を毎日続け、本に書かれていないことを読む。【greenplastic.net】at 2007年12月11日 00:36
404 Blog Not Found:メディアミックスの新たな手本 - 書評 - 爆笑問題のニッポンの教養 こんなのが出てたのかー。知らなかった。 media mixとかそういうのはよく分からないけど、これは買おうと思います。
「爆笑問題のニッポンの教養」が書籍になってます【漂書】at 2007年12月10日 18:42
この記事へのコメント
爆問学問京大編、早稲田編がユーチューブで見れます。
Posted by 爆問学問 at 2009年06月03日 00:11
右だ左だという話とは別に、かなり宇宙物理学とかUFOとかに関してトンデモビリーバーだった印象があるのですが。もしかしてと学会の金鉱となるんでしょうかね。
Posted by 爆笑太田と言えば at 2008年09月17日 11:42
その番組前は観てたけど、太田のちょっとひねった視点というのがわざとらしくて(ウザくて)観るのを止めた。
Posted by 通りすがり at 2008年05月29日 02:49
初出2007.12.07;以後続刊ごとに更新

だからでは?
Posted by 昼下がり at 2008年01月11日 12:46
あれれ?何かデジャブのような。
トラバもコメントも先月分だし、いったいこれは(汗)?
Posted by とおりすがり at 2008年01月11日 12:14
爆笑問題というだけで左巻きに見えてしまう俺は
もうネットの悪い部分に毒されまくっているのだろうなぁ。

週刊みたく新書出すってのは確かに中々無さそうですよね。
Posted by ひまあり at 2007年12月08日 16:03
s/づつ/ずつ/g
趣味でこうかいてるんですか?
Posted by たかおん at 2007年12月07日 20:27
takagiさん、
ありがとうございます。直しました。
Dan the Man to Err
Posted by at 2007年12月07日 09:11
5と6の先生のお名前が逆になっているようです。
Posted by takagi at 2007年12月07日 08:49