2008年01月08日 22:30 [Edit]

返す言葉が見つからない - 書評 - 累犯障害者

ハードカバーということで買うのが後回し後回しになってしまったが、もっと早く読んでおくべきだった一冊。

ただし、読むのが実に辛い一冊でもある。まるで本書を読むことが、仮釈放無し終身刑の受刑者として、出口のない監獄に入っていくような、そんな気分になる一冊でもある。


本書「累犯障害者」は、元国会議員が、塀の中で見つけて本書で紹介するまで、「無前科健常者」に知られていなかった、「生きていくためにあえて堀の中を選ぶ」障害者たちの実態を淡々と語った本。

目次
  • 序章 安住の地は刑務所だった - 下関駅放火事件
  • 第1章 レッサーパンダ帽の男 - 浅草・女子短大生刺殺事件
  • 第2章 障害者を食い物にする人々 - 宇都宮・誤認逮捕事件
  • 第3章 生きがいはセックス - 売春する知的障害女性たち
  • 第4章 閉鎖社会の犯罪 - 浜松・ろうあ者不倫殺人事件
  • 第5章 ろうあ者暴力団 - 「仲間」を狙いうちする障害者たち
  • 終章 行き着く先はどこに - 福祉・刑務所・裁判所の問題点
障害者がなぜ犯罪者になってしまうのか / SAFETY JAPAN [書評] / 日経BP社
しかし、見ないふりをしても、問題は厳然として存在している。本来、障害者のケアは福祉の領域の問題だ。だが、福祉からこぼれた障害者のなかには犯罪に手を染めて刑務所によってケアされる者が少なからずいるというのである。

しかし見てしまったら、解決策がすんなると出てくるかといえばそうでないところに、本書の重苦しさがある。そう。返す言葉が見つからないのだ。自分が健常者という名の偽善者であることを、いやでも思い知らされるのである。

P. 121

「そうよ人間よ。でもね、あたしらみたいな障害者はね、好きな人ができて本気で付き合っても、すぐにバカがばれて捨てられちゃうの。どうせ齋藤先生だって、山本さん[著者]だって、あたしのこと、女としてみてくれてないでしょ」

そう言われると、返す言葉が見つからない。

本書を読解するだけの知能を持つ者は、本書の前では等しく著者と同様、返す言葉が見つからない幸運な偽善者となってしまうようだ。

「でも、あたしを抱いてくれた男の人は、みんなやさしかった」

この「やさしかった」はずの者の多くもまた、実は彼女のような境遇のものたちを搾取する者であることが後ろの章で明らかにされるのだが、彼女ら彼らを「なかったもの」として扱って来た我々に、累犯障害者たちやさらに彼らにとりついてたかるさらに別の障害者たちを断罪する資格があるのだろうかという気持ちが強くわき起こってくる。

もちろん、我々に何も出来ないか、というとそんなことはない。例えば彼ら累犯障害者たちを「本当になかった」ことにすることも可能ではあるし、実際にそういう動きもあった。つい最近まで、「優生保護法」という名の法律すらあったのだ。これは裏を返せば「劣生排除法」で、そのとおりの運用もなされてきた。

しかし我々がそれを選ばなかった以上は、対案が必要である。そしてその対案を放置してきたことが、「劣るだけ」であったはずの彼らを犯罪へと走らせる。その意味で、彼らは自らの罪だけではなく、社会の罪をも負わされているだ。

それでも「犯罪者は犯罪者。障害者だからといって掌を加えるというのは間違っている」というのも充分説得力がある正論だ。著者もまたその立場をとっている。障害者を免責事項にしてしまえば、障害者を偽るものも出てくる。このあたりの事情は 「そして殺人者は野に放たれる」にも出てくるので、併せて読んでおきたい。それでも、この正論をもってしても「返す言葉のない人たち」が残る。それが、累犯障害者の家族だ。

「レッサーパンダ帽の男」の妹は、知的障害者である父と、この事件の犯人である兄の面倒を見続けたあげく、末期がんに倒れる。ボランティア団体、共生舍に「発見」されるまで、福祉や社会が彼女に手を貸すことはついになかった。

p. 47

「病院では死にたくない。最後に少しだけでもいいから、一人暮らしをしてみたい」

これが山口被告の妹が抱く唯一の夢だった。ところが、レッサーパンダ事件から七ヶ月後、彼女は入浴中に卒倒し、病院に担ぎ込まれてしまう。そして、そのまま入院。余命一ヶ月半を宣告された。

それでも彼女は、共生舍の尽力により、この最後にして唯一の願いを叶えてからこの世を去った。全国には、誰にもみとられないまま、誰かを看取るだけの一生を送って来た人々がどれだけいるのかと想像すると慄然とする。

返す言葉は、ない。しかしそこから目を背けることは、もし自分が彼女のような境遇に陥っても、社会に助けを求めてはならないということも意味するのだと思う。そういう社会において、社会の規範を守るインセンティブとは一体なんなのだろうか。

福祉というのは、結局のところ、「かわいそうな誰か」を助けることではなく、「いつ不幸になってもおかしくない自分たち」を助けるために存在するのではないか。そうでなければ、わざわざ社会に参加し、その費用を負担する理由もまたなくなってしまうのだ。

少なくとも、私は本書から目を背けてはならない程度には社会から恩恵を受けている。そう思う方は、是非目を通して欲しい。そしてそういう人々に本書を行き渡らせるためにも、なるべく早く文庫化してほしい。

Dan the Lucky One


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
累犯障害者 (新潮文庫)山本 譲司 新潮社 2009-03売り上げランキング : 1721Amazonで詳しく見る by G-Tools たまたま「夏休み向けお勧め本! - Chikirinの日記」というエントリーを見ていくつか本を注文したのがきっかけ。結構ヘビーな内容であることはChikirnさんの書評や「4
累犯障害者を読みました【世の中の色々】at 2011年08月17日 00:17
素晴らしい書評は以下↓ http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50982039.html http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/302931.html http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/bookreview/12/ 著者のインタビューは以下↓ http://sok-sok.seesaa.net/article/3193426
障害者のいる社会−『累犯障害者』【書評テトリス】at 2010年03月21日 07:57
今日もWebの話じゃないので興味ない方はスルーで。 先におわび: 某所から「こ...
都議会議員の田代ひろしと古賀俊昭と土屋たかゆきは、○○まみれの手で顔をヌルってされる現場で半年ほどバイトしてみるべきだろう【Web屋のネタ帳】at 2009年04月12日 13:39
金曜日は娘のshuuが夜のアニメを見るために、夕飯前には奥さんとお風呂に入ります。いつもは仕事を定時であがってまっすぐ家に帰る私も、金曜日の夜だけは本屋や電器屋へ寄ったりしながらフラフラ帰ります。今日は久しぶりにブックオフへ。100円棚を中心に何冊か購入しまし
[日記]ブックオフで買った本【風待ち日記】at 2009年04月04日 10:00
今日もWebの話じゃないので興味ない方はスルーで。 まず、話の概要がよくまとま...
都議会議員の田代ひろしと古賀俊昭と土屋たかひろは、精子まみれの手で顔をヌルってされる現場で半年ほどバイトしてみるべきだろう【Web屋のネタ帳】at 2009年03月15日 11:06
返す言葉が見つからない - 書評 - 累犯障害者(404 Blog Not Found) を見て興味を持ったので。 『累犯障害者/山本譲司/新潮社/2006』 著者:秘書給与流用事件で服役した元衆議院議員 評価:日本の刑務所は福祉施設だった。衝撃のレポート。 続きを読む
累犯障害者−獄の中の不条理【新書中心主義−心理学者の読書日記(livedoor館)※so-netはlivedoorにトラックバックできないので】at 2008年02月15日 00:06
 小飼 弾さんが紹介する前に,自分が読んでいた本があることに少し驚いたが,そんなことより弾さんが書評を書いてくれたことでこの本を一人でも多くの方が手に取るきっかけとなることを素直に喜びたい。  見ないこと,知らないでいること,関わらないでいること,結局は,
dankogaiが,「累犯障害者」の書評を書いてくれた【kazgeo::10%ダイエット】at 2008年01月08日 23:43
この記事へのコメント
うおおおおおおおお!
この本はすごく価値のある一冊ですよね!
あとがきにもありましたけど「山本さん! よくぞ服役してくださいました」です。

ところで「心にナイフをしのばせて」も読まれましたか?
私はあの本は評価してません。
Posted by CR at 2008年01月10日 22:25
それでも彼女は、共生舍の尽力により、この最後にして唯一の願いを叶えてからこの世を去った
Posted by yumif at 2008年01月10日 06:57
>福祉というのは、結局のところ、「かわいそうな誰か」を助けることではなく、
>「いつ不幸になってもおかしくない自分たち」を助けるために存在するのではないか。
その通りだと思います。いい言葉ですね。
pay forwardという考え方がありますが、将来の自分(たち)をそこに含めることもできますよね。
Posted by ほんのしおり at 2008年01月10日 01:18
普通と違うことへの理解は難しい。何が難しいと考えると、(少なくとも)一視点からは到底捉えることができない難しさ。
でも違うことだけばかり見ていてもしょうがないと思う。もしかしたら何かつながるものがあれば解決できるんじゃないかとも思う。
Posted by sippu at 2008年01月09日 18:48
普通の人の多くが持つ犯罪者とは付き合いたくないという心理をどうにかしないと駄目でしょう。
Posted by Piichan at 2008年01月09日 18:04
 健常者とそうでない人の間に明確な線引きはない、と思う。
Posted by snark_tail at 2008年01月09日 16:57
社会的排除ですね。ニートが社会的排除のアイコンとして逆説的に機能してしまったことや、高齢の引きこもり者による親殺しも根っこは同じかもしれません、と思う今日この頃です。
Posted by yodaka at 2008年01月09日 14:08
×「掌を加えるというのは」
○「手心を加えるというのは」
類「掌を返す」

タイポ指摘でした
Posted by NAPORIN at 2008年01月09日 11:11
この気軽に語れない記事の最後の言葉が、
『Dan the Lucky One』であって、少し和めました。
いつ不幸になってもおかしくない僕ですが、
気付く事でラッキーと、まずは心構えだけでも、
ポジティブにしたいものです。
Posted by momu at 2008年01月09日 10:11
s/保釈無し/仮釈放無し/
終身刑が確定してしまっては保釈はできなせんがな。
Posted by Mr.FanHong at 2008年01月09日 09:28
tmizさん、
ありがとうございます。typoに関しては累犯障害者。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年01月09日 00:59
重い話ですね。昔なら、宗教の方から「先祖が悪い事をしたからからだよ」と、反面教師扱いする形で放置されていたんでしょうけど・・・
Posted by 通行人 at 2008年01月09日 00:56
書影の文字がtypo
s/累積障害者/累犯障害者/
Posted by tmiz at 2008年01月09日 00:16