2008年01月11日 21:30 [Edit]

あなたはなぜ勝間和代に勝てないのか

どうやら私は勝間和代という人を過小評価していたようだ。

そして、書評ブロガーとしての私自身も。

404 Blog Not Found:10倍どころじゃない - 書評 - 効率が10倍アップする 新・知的生産術
Amazonでの順位は、本entry執筆現在で10位。いくら私がアルファ書評ブロガーでも、私に献本する「投資効果」は、率で行けばそれほど大きいとは言えない。

ところが、本書の順位は書評後1位まで上昇したのだ。


私のところから買っていただいた数も、1日三桁を超えた。

要するに、伸びしろがあったのだ。著者は私に一冊本を送っただけで、それを回収してしまったのである。もちろん、私もそれで得をしている。entryにかかった時間は、開封から30分。本書を読むのに15分(これはいつもより少し丁寧)、コーヒーを入れるのに5分、entryを書くのに10分。

その一方で、「想定の範囲内」だったのが、書評に対する反応と、著者に対する人物像。

はてなブックマーク - 404 Blog Not Found:10倍どころじゃない - 書評 - 効率が10倍アップする 新・知的生産術
個人的に好きな著者じゃないし、そこまでの内容でもなかった気がする。
本屋でチラ見したけど、そんなに目新しいことが無かった気がするけど

どういう人がこういう感想を漏らすかというと、まずは以下を。

Matzにっき(2008-01-04)
80%の技術者は、本を読まない、イベントに参加しない、勉強しない。 それでどうして、それらを継続的に行う開発者と同等の生産性をあげることができるのか。 それらを行う20%のうち、さらに80%は、(まだ)うまく成果をあげられていない。 すると、それらを継続的に行い、さらにうまくいっている人はおおよそ5%になる。

ここで言う、本も読みイベントに参加し勉強もしているのだけど、それに見合った成果を上げている実感が得られない20%だ。彼らは勉強しているので、当然本書に書いてある言葉には別のどこかで触れれている公算が強い。その意味で、目新しいことでないことはむしろ当然とも言える。

それでは、この「報われない20%」と「報われる5%」の違いは、何だろうか。

投資をきちんと回収している否か、なのである。

ここで、著者のblog、「私的なことがらを記録しよう!!」を改めて見てみよう。書評へのリンクを、実につぶさに張っている。ここまできっちやる著者を、私は知らない。強いて言えば見つけた書評を余さずはてブしている梅田望夫だろうか。両者とも、10万部超えの本を複数ものにしている。

端から見て、これはかっこいいとはとても言えない。あさましささえ感じるだろう。そう。あさましさ。健全なあさましさこそが、報われない20%に足りないものの正体である。報われていないのではない。自分に報いていないのである。

あなたは、知的生産というものをなんだかかっこいいもの、「知的」なもの、汗とは無縁なものだと思ってはいなだろうか?

違うのである。「生産」の文字が後ろに付く以上、「知」だけでは絶対に完結しないのである。アウトプットという、どこかの筋肉を動かさなければ完結しない作業が、そこには必ずついてまわるのである。そして、完結しなければ、そこから得られるものはゼロなのである。

これは、ノンフィクションのベストセラーをものにした人が、言葉は違えど必ずどこかで書いているものである。養老孟司なんてその極北ではないか。その点に関して、彼が述べていることは「唯脳論 」から少しもぶれていない。なぜ「バカの壁」を超えられないか。手足を動かさないからだ。

話を勝間和代に戻す。彼女は、肉体へも投資を惜しまない。なぜかといえば、それがなければ知的生産の回収が出来ないからだ。この点において、私はずっと不真面目だ。不真面目なのは、健全なあさましさが弱いからだ。だから、「すごい」と体で感じたし、感じたことをそのまま書いたのだ。

知的が付くか付かぬかに関わらず、生産というのは仕入れ、加工、そして回収の三工程が完結してはじめて完結する。この一般論だけは、これ以上単純化できない。そして完結しなければ、あなたが得るものは何もない。

まずはきちんと回収すること。話はそれからだ。

Dan the Greedy


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
勝間和代さんの講演会に行ってきた。経済評論家としては異例といえる女性参加者の数に圧倒されつつ、1時間30分のあっという間の講演会。演題は「ビジネスで成功する!7つのフレームワーク力」勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考...
勝間和代のアナロジー(講演会抜粋)【blog50-1】at 2009年02月22日 10:17
「徹底サーチ」では、あなたが入力したキーワード「勝間和代」に関する最新情報をインターネットから徹底検索しています。 「勝間和代」:最新情報 「勝間和代」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA スト...
徹底サーチ/勝間和代/「勝間和代」:最新情報【徹底サーチ】at 2008年12月24日 13:14
「妻が株を買えって言うから持ってるんだよ」 「サーバー代の足しにでもなればと思って広告を貼っています」 頻繁に耳にする言葉だが、この言葉の根底には「お金儲けを公言するのは卑しいから隠す」という考えがあるように思う。さすがに最近では減ってきたがAdsenseをブロ
人から「あさましい・卑しい」と言われることを恐れて、自分の可能性を狭めている【Core】at 2008年09月24日 06:20
すごい[:雷:]ですね。 本日、勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンにて、このBlogを取り上げて頂きました[:楽しい:] http://www.kansatobunseki.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=22※読みたい人は登録しましょう! 先日書いた、”勝間和代さんの人生策定セミ...
勝間和代さんのメールマガジンにBlogが紹介されました!【People Time】at 2008年08月29日 22:38
すごい[:雷:]ですね。 本日、勝間和代さんのオフィシャルメールマガジンにて、このBlogを取り上げて頂きました[:楽しい:] http://www.kansatobunseki.co.jp/modules/tinyd0/index.php?id=22 ※読みたい人は登録しましょう! 先日書いた、”勝間和代さんの人生策定セ...
勝間和代さんのメールマガジンにBlogが紹介されました!【People Time】at 2008年08月29日 22:33
今朝は日曜にしては早起きして、 ヒルトンで朝食をしてみたりしました。 カメラ忘れて写真がないんですけどね。。 おいしかったけど、パ??.
ここまでやるか?ってとこまでやらないとね。【上海で人材紹介はじめました。】at 2008年07月07日 07:33
ディスカバー社よりいつも通り献本御礼。 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 勝間和代 初出2008.06.12; 販売開始まで掲載 フレームワークを知悉し、フレームワークで今の地位を築いた著者が、フレームワークを縦横無尽に使いまくって書き、それを...
型の力で肩の力を抜け - 書評 - ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力【404 Blog Not Found】at 2008年06月13日 13:38
先週末、批評家の仲俣暁生氏のブログ*1で読書を宗教に見立てた記事があって、3桁のブクマが付いている。自己啓発のノウハウ本が売れているのを読書の形をした宗教だと言っていて、ブクマのコメントを見ると同調している人が多いようであるし、書店に行ってそういう傾向を感
宗教みたいな読書だっていいんじゃないか?【ウェブ文学ニュース】at 2008年05月28日 20:47
3人のお子さんを持ちながら、大ベストセラーのビジネス書をたくさん書かれている、 ...
〔本〕子供の教育にも役立つ!「自分をグーグル化する方法」*勝間和代*【オレンジスカイの興味津々】at 2008年03月28日 00:40
mixiに、ムギさんこと勝間さんのあしあとがついてました! 年収10倍アップの記事を書いたからですね。 404 Blog Not Found:あなたはなぜ勝間和代に勝てないのか 小飼 弾さんが上の記事にて、 ここで、著者のblog、「私的なことがらを記録しよう!!」を改めて見てみよう。書評
[ひとりごと][言及]勝間さんがやってきた【あと味】at 2008年02月21日 06:47
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 Amazonでの購入は↑から   2005年ウォールストリートジャーナルから 「世界で最も注目する女性50人」に選出。 マッキンゼーやJPモルガンで培った 効率10倍アップの知的生産術。 巻末フ...
【1%の本質を見抜け】効率が10倍アップする新・知的生産術【【オト人】オトナな人生を歩もう【まずは好き嫌い改善】】at 2008年02月19日 09:45
決断力 (角川oneテーマ21) 作者: 羽生善治 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2005/07 メディア: 新書 この本と集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))の影響で、この前の正月、実家に帰ったときは将棋三昧でした。集中力 (角川oneテーマ21 (C-3))も合わせて、将棋界についていろ
[本] 決断力【takihiroの日記】at 2008年01月20日 03:09
これだよ、これ。こういう本を待っていた。気に入った。 黒山もこもこ、抜けたら荒野 水無田気流 404 Blog Not Found:赤木智弘たちに足りないもの - 書評 - 若者を見殺しにする国嗤うな、笑え。 赤木智弘に欠けていた笑いが、ここにある。
書評 - 黒山もこもこ、抜けたら荒野【404 Blog Not Found】at 2008年01月19日 06:45
あなたはなぜ勝間和代に勝てないのか 404 Blog Not Found:あなたはなぜ勝間和代に勝てないのか これとか、 とか、読んだら何とも言えぬ漠然とした、じくじくとした気分が晴れないので、とりあえずこんなところかなと思ったことを書き付けておいて先に進もう。 途中の思考過
[life]とりあえずここに書いておいて先に進もう【趣味と物欲】at 2008年01月12日 14:12
昨日は、午前中に髪の毛を切りに行きました。来週は、大事な新年会もありますし、ラン
勝間和代さんというすごい人【NBS代表の営業日記】at 2008年01月12日 12:51
この記事へのコメント

ご自分が書かれたコメントを、よく読んで見るべし。

 ちなみに、私は本を買ってませんが、こんなところに、ご本人がコメント。(本人さん、間違え無し。)

ファンになってしまった。


           さあ、頑張るぞーーーーーーー!(^^)!
Posted by タダの人 at 2009年05月30日 11:15
ぐぐる化の本を勝間ファンからもらって目次で飽きた私
というより写真見た瞬間吹き出しましたわw
中身がカスカスな本をいろんなものをうまく利用して話題作って市場にバカを選んでうまく導いたあげく売りまくった作者はほんと賢いと思う
勝ち組に間違いない

今となっては古本屋に山積みだがw
Posted by うーむ at 2009年01月03日 16:05
tacさん、情けないね。
「俺のブログにリンク張ってくれてないウキー!」

本人光臨、お詫び

「そんなことはどうでもいいのだが、
 あんたのやりかたがきに食わない」

かっこ悪すぎる・・・。
Posted by 通りすがり魔 at 2008年12月15日 15:04
だまされて買ってみたわけですが...

Amazonの書評「両津勘吉を実践している人がいるとは驚きだ」にハゲワロタ
こんなの普通の人にマネできませんよ。
Posted by こち亀 at 2008年01月15日 13:29


そんなに新奇なことなんて今更ありませんよ。当たり前のことを当たり前に実行することが実際にできているかどうか、自分自身をフィードバックできるだけでも十分価値があるのではないですか?と、読んでもないのに言ってみる。


Posted by ブルボーイ at 2008年01月14日 09:06
当たり前じゃない事書いてたら、それも、大変だと思うが。

当たり前のことを当たり前に実行できることが凄いんでしょ。

Posted by 当然 at 2008年01月13日 23:22
嫉妬乙
Posted by 間々 at 2008年01月13日 20:43
明らかに勝間を持ち上げ過ぎ
ごくつまらない、あたり前にことしか書いてなかった。

あんまりいい加減なことを書いていると、
信用を失いますよ
Posted by p at 2008年01月13日 17:54
勝間和代のブログは全然読む気もしないが、404は読む。404の書評は殆ど全くといって良いほど読まないが、それでも404は尊敬を回収している。勝間和代は何も回収していない。
Posted by 774 at 2008年01月12日 23:35
帰国したら読んでみる。アウトプットする前にまずはインプットしないと・・・_no
Posted by にこにこ動画 at 2008年01月12日 18:56
 弾センセの叱咤に、なるほど俺に欠けているのはコレかと
合点がいった。
Posted by 結果を残せない奴 at 2008年01月12日 18:38
あーなるほど、あのエントリーに対しての弾さんなりのコメントにもなってるんだな。こういうやり方もあるんだな。
Posted by to-ru at 2008年01月12日 12:52
tacはきもい。
Posted by 瑠璃 at 2008年01月12日 12:35
勝間さんに嫉妬する人が急増ww
Posted by んk at 2008年01月12日 12:29
この点において、私はずっと不真面目だ
Posted by lady2 at 2008年01月12日 08:13
>10年後にふりかえって「あれはいい本だった」と言えるような本が
>この世界にはたくさんありますよ。

「資本論」とか「共産党宣言」とかですかNE!
Posted by コーエン at 2008年01月12日 07:42
>スムージーさん

回答、ありがとうございます。再びすみません。本当のこと、の定義もあいまいだと感じます。本当のことととは、十分なサンプリングの元、学術的に再現性が高く、統計的に有意なことでしょうか?あるいは公式で証明できることでしょうか? 

それだと、アカデミック論文の方が書籍よりもいいことになりますが、おっしゃっている本がどういうものか、もうすこし具体例を出していただけるとありがたいです。しつこくつっこむつもりはないのですが、本当にわからないので。

お時間ないようでしたら、この本も読まれていないようですし、スルーしてください。
Posted by なかの at 2008年01月12日 05:20
>スムージー氏
まあ、うん。読んでから批判しないとかっこ悪いですよ?
Posted by ぷりお at 2008年01月12日 04:23
いい本とは、本当のことが書いてある本です。
派手で売れそうなジャンクな惹句とは無縁の本です。
よくない本ほど戦略としてそういう言葉使用する傾向にあります。
よい本は逆にそういったものは避けます。
何故かはわかりますよね?
そういうわけで私はこの方の本を読んだことはもちろんないですし、
今後読むこともないでしょう。
Posted by スムージー at 2008年01月12日 03:24
↑素朴な疑問。「いい本」の定義とは? また、なぜ、これに乗せられた人=あほな人、と言えるの? サンプリングか何かした? また、実際にもう読んだの?
Posted by なかの at 2008年01月12日 02:26
勝ちとか負けとか何いってるの?あほなの?
あほな人たちが食指を動かすような本を書いたとして、
そしてそれが売れたとして、何の意味があるの?
乗せられて買った人たち、もっといい本を読みましょう!
10年後にふりかえって「あれはいい本だった」と言えるような本が
この世界にはたくさんありますよ。
Posted by スムージー at 2008年01月12日 02:21
「俺のところにリンク貼ってくれてないYO!」
「失礼しました。次回の更新の時に加えさせてください。」

この間8分というところに凄みを感じた。
Posted by コーエン at 2008年01月12日 01:42
名無しさん@お金いっぱいさん

あーーー、何ページですか? 次の刷で見直します。ありがとうございます。
Posted by 勝間 at 2008年01月12日 01:05
決算書の暗号
PBRがBPRになっていた箇所がありました。
Posted by 名無しさん@お金いっぱい at 2008年01月12日 00:58
×「ここまできっちやる著者を」
○「ここまできっちりやる著者を」

こうですか?と思いながらも意味は通じるか・・・
Posted by くま at 2008年01月12日 00:56
tacさん、ほか、みなさんへ

あと、「決算書の暗号を解け!」を評価いただいて、とてもうれしいです。とても思い入れが深い本で、時間もたっぷりかけてつくりました。どんなきっかけでもいいので、ぜひ、1人でも多くの人に手を取ってもらいたいと思っています。

(注:「決算書の暗号を解け!」は、決算書の読みこなし方、特に会計利益の質をどのように見抜くかと言うことについて書いたものです。)
Posted by 勝間 at 2008年01月11日 23:53
tacさんへ

リンクをあまさず貼る目的ですが、一番大きいのは
「データベース化」
です。グーグル化にも書きましたが、”フォーカス・グループ・インタビュー”の替わりです。グルインだと、お金をかけないとできないものが、最近はブログで拾えるようになって、本当にいい時代になったと思っています。

私にとっても、出版社にとっても、書店にとっても、読者にとっても、ブログ検索その他の山から探すよりは、便利です。

感謝とか、宣伝よりも、「何のキーワードが響いているのか」「どういう人が買っているのか」「どこが書き足りなくて」「どこが冗長なのか」などを、いつでもまとめられるようにしています。

そして、グーグル化を第2版にするときや、他の著作を出すときに、参考にします。

ちなみに、リンクを作るのはそんなに難しくないです。bookmark.htmlを加工して、ブログに貼るだけですから。
Posted by 勝間 at 2008年01月11日 23:50
s/「知的」なだと/「知的」なものだと/

泥臭くtypo修正 :-)
Posted by hyuki at 2008年01月11日 23:38
一方、もし“感謝の行動”で「リンク貼り」をされているのであれば、キリが無い世界ですのでやめられた方がいいと思うのです。

お互いが、自分のエントリで純粋に自分の意見を発信して刺激しあう。そんな関係で十分なのではないかと思います。


なお、話はそれますが、勝間さんの最近の著作では『決算書の暗号を解け』が一番傑作だと思っています。この本を書いてくださったことに対しては、前言と矛盾するようですが本当に勝間さんに感謝しています。
Posted by tac at 2008年01月11日 23:38
勝間さん

『Google化』書評リンク漏れの件、わざわざ小生ブログへコメントまでいただきまして恐縮です。

ただ、申し上げたいのは、勝間さんが書評ブロガーにリンクを貼られる行為のが感謝による行動なのか、小飼さんの言う生産(宣伝・投資)活動なのか、どちらなのかが不透明だということです。

小飼さんは、「リンク貼り」を勝間さんの“生産活動”として評価されているようでしたので、(内心にあった上述の疑問も含めて)生産活動としては小飼さんが手放しで誉めるほどきっちりやっているわけでもないよ、というコメントをさせていただきました。
(つづく)
Posted by tac at 2008年01月11日 23:37
自分が「稼ぐ」という行為に根深い罪悪感をもつのと、仕事以外でも成果が出ないのは、こうして考えるとリンクしているのだな・・・。
Posted by ataru at 2008年01月11日 23:17
弾さんのおっしゃる通り、どんなに華やかにみえる知的職業でも泥臭い作業というのが必要だと僕も思います。
コンサルタントなんてその典型だと僕は思っていて、外見だけみたら、企業の社長やらに提案をしてかっこいいというイメージがありますが実際は地道な作業が功をなす職業なので。

そして、すごい些細なことなのですが、
>「報われない20%」と「報われる5%」
この「報われる5%」というのは、上記の20%の中に入っているので、実際には「報われない15%」になると思います(20-5=15で15%)。
もしくは、20*0.8=16%と計算して、「報われない16%」と「報われる4%」ですかね。
Posted by DerAmpel at 2008年01月11日 22:50
↑いけない、また間違えた。諸表、でなく、書評です。
(一応会計士なので、財務諸表、の諸表の方が先に出てしまいました)
Posted by 勝間 at 2008年01月11日 22:42
↑tacさんへ

リンク漏れ、失礼しました、勝間です。その時期、飛騨に行っていまして、通信がwillcom環境しかなく、漏れがあったようです。次回の更新の時に加えさせてください。

リンク漏れがあったときにはご連絡を、ということはブログに書いていますが、確かに、ご本人から申し出ていただくことは面倒ですよね。大変失礼しました。

また、あとからこのエントリーを見る方のために、諸表のリンクをまとめた私のブログの固定URLを貼っておきます。
Posted by 勝間 at 2008年01月11日 22:41
>ここで、著者のblog、「私的なことがらを記録しよう!!」
>を改めて見てみよう。書評へのリンクを、実につぶさに
>張っている。ここまできっちやる著者を、私は知らない。

「つぶさに」というほどきっちりやっているということでも無さそうです。
私の書いた同書の書評は、何が気に食わなかったのか、リンク張ってくれないですし・・・
Posted by tac at 2008年01月11日 22:33