2008年01月12日 03:30 [Edit]

ガチ芸人は批評もガチ - 書評 - エィガ批評宣言

妻にねだられて購入。でかしたぞ、妻!

批評かくあるべき、という一冊。


本書「エイガ批評宣言」は、世界一のガチ芸人(かもしれない)、江頭2:50による映画評論。オビがシベ超水野晴郎ということでずいぶんと不安になったが、中身は実に謙虚でまっとうで、しかし江頭2:50な評論に仕上がっている。

まず、まえがきからして、金言。

まえがき

でも、みんなにこれだけは言っておきたい。

例え、どんなにつまらない映画があったとしても、

批判するオレより映画の方が上だ!

もしその映画がウンコだったとしても、オレはそれをさにしてしか生きていけないハエなんだ。

なんと美しい蠅であることか。蠅のように舞い、蠅のように嘗める。これはモハメッド・アリバエだ。

さながら私は、本のウジといったところか。

高校生のための文章読本 pp.208
  1. 良い文章とは
    1. 自分にしか書けないことを
    2. だれが読んでもわかるように書いた文章

まさにそういった文章だ。「角川映画はキューバだ」、うーん、しびれる。

p. 11
じゃ引きろ!(笑)

Dan the Bookworm


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
いただいたTBの中で本書が言及されていたので、久しぶりに読み返してみた。 人権と国家 Slavoj Zizek / 岡崎玲子訳 Enemy of the Sun - この箱庭の中で岡崎 玲子 Enemy of the Sun - この箱庭の中で結局のところ、リベラルな経営者や資本家が説くグローバル資本...
哲学の耐えられない軽さ - 書評 - 人権と国家【404 Blog Not Found】at 2008年03月21日 03:49
以前、ブルボン小林(aka.長嶋有)がゲーム『どこでもいっしょ』のネコに「いいも
美しい日本語【三十路でアニメ】at 2008年02月26日 14:32
ココを見てしりましたw 出たのは12月半ばだったみたいですが、エガちゃんの映画の本があるのね♪(遅><w) 江頭2:50のエィガ批評宣言 前にもこのブログでPPPするぞ!について触れましたが、エガちゃんはその番組でも映画のコーナーをやってます。 かなり...
エガちゃんの映画批評本が年末でてたのね♪【ネオ姉さんのクール300ドル】at 2008年01月12日 23:16
404 Blog Not Found ガチ芸人は批評もガチ - 書評 - エイガ批評宣言 引用 ------ 江頭2:50のエィガ批評宣言/江頭2:50 ¥1,260 Amazon.co.jp でも、みんなにこれだけは言っておきたい。 例え、どんなにつまらない映画があったとしても、 批判するオレよ...
このブログはうんこ。だからこれを見る人は蠅。俺はうんこの王様【second life】at 2008年01月12日 10:26
この記事へのコメント
商業化がすすんで、
こういう極めの
毒芸人が、
はじき出されてるね。

テレビのメディアだと、
物議をかもすなら、
ネット系で自由にやればいいんだし。


ふだんから、
ウンコを連発で発言してるような人間が、
「テレビでウンコと発言」したことに
目くじらをたててるんだろうしね。
Posted by higekuma3 at 2008年01月12日 15:59
普段は腰が低くて、芸に対して真摯で、
でも芸そのものは狂気の域に達してる点
Posted by   at 2008年01月12日 12:48
エガ様・・・・ ( ´,_ゝ`)

さすが
Posted by お前かわいすぎるやろっ!2 at 2008年01月12日 12:04
文章を読むだけで,頭の中に自然に江頭氏の声が乗ってきますね。
本人の顔のインパクトが強いというのもあるけどw
無茶苦茶言ってるようで,いつも本質を突く発言をしてる人です。
Posted by eviano at 2008年01月12日 11:42