2008年02月12日 00:00 [Edit]

今、読むことを最も課したい一冊 - 書評 - はじめての課長の教科書

著者より献本御礼。

初出2008.02.01; 販売開始まで更新

一読して感じた。

本書こそが、今、日本で最も読まれるべき本であると。


本書「はじめての課長の教科書」は、中間管理職中の中間である課長がかくあるべきかを、オランダ在住のヴェンチャーのCFOがまとめたもの。正直この発想はなかった、というよりあったのだが言語化できなかった。言語化できたのは、著者が「外」から日本を長期的に眺める機会があったことと無関係ではあるまい。

傑出した個人となることを目的とした自己啓発書は、現在勝間和代を筆頭として無数にある。また、傑出したリーダーがその経験を綴った「リーダー本」または「社長本」も、吉越浩一郎をはじめ無数にある。しかし「中間」にあたる人員に向けて書かれた本は実に少ない。「社長」でAmazonを検索すると、和書だけで1,500点以上引っかかる。「リーダー」に至っては4,400点以上。ところが「中間管理職」はわずか28点。「課長」は700点弱が引っかかるが、しかしそこでは「課長島耕作」や「課長バカ一代」といった、フィクションのキャラクターの一職業としての課長ばかり目立つ。まともな「課長本」は、読了した中では「ニッポンの課長」と「「課長」の作法」ぐらいである。「はじめての」というのは、誇大広告とは言えない。

それでは、なぜ「課長本」は少ないのか。まず一番の理由は、社長と社員がいない会社はないが(社長が社員をかねている会社も多い。私のディーエイエヌ有限会社もそうだ)、課長相当の職務も持つ会社は少ないという事実がある。

NED-WLT : 本を、書きました。
実を言うと経営者の肩書きというのは、起業さえしてしまえば、僕のように非常に怪しい者でも得ることができるものです。これに対して「課長」という肩書きは、広く社内外で認められた人材にしか手に入らない、とても名誉で信頼のおけるものではないでしょうか。

私にとって大企業の定義は、「課長がいる会社」だった。中間管理職をおかねばならぬほど大きい、という意味である。某社においてCTOだった私が目指したのは「課長がいるぐらい大きくする」ということであり、課長という呼称ではなかったものの、それを達成した上で私は職を辞している。

ところが、その課長というのは現代日本においてもっとも割を食った職名ともなった。年功序列が上につかえる中、「課長代理」だの「次長」だの、「とりあえず長」としか言えない職名が職場に広がった後、バブル崩壊で組織のフラット化が進み、「窓際課長」をおいておく余裕もなくなってしまった。その過程で「課長」という呼称は「なんだかかっこ悪くて古くさい」ものとなり、「ディレクター」とか「マネージャー」とかという横文字呼称が日本でも一般的になってしまった。

しかし、待っていただきたい。課長というのは、「長」が付く呼称の中では一番かっこいいのである。「と思う」は付けない。事実なんだから。今からその根拠をおみせしよう。

(従業)員、係、課、部、社と並べてみて、そのまま動詞になるのはどれか?

課だけ、である。これのみが、「課する」という動詞になる。そして「課する」というのは、「仕事を任せる」という意味でもある。課長という言葉には、動きが伴うのだ。これがかっこよくないと思うものは、仕事ができないと私は言い切る。

その「課長」を再発見し再定義した時点で、本書は名著であることを確約されたも同然だ。

しかし、その課長は、この40年でずいぶんと曖昧なものになってしまった。

ニッポンの課長 紹介文
ところがバブル崩壊以降21世紀初頭のいま、「課長」という肩書きには、アナクロと哀愁の匂いが漂う。大企業の崩壊、組織のフラット化、実力人事の台頭--。「課長」はもはや過去の遺物?

本書は、まず「課長とはなにか」をきちんと再定義するところからはじまる。

PP. 21-22 より要約
  1. 「予算管理に実質的な責任を持つ管理職」という枠の中では最も下位
  2. 経営者と直接仕事の話をすることができる最下位のポジション
  3. 法的にも管理職として認知される最下位の地位

なんとも単純にして明快。数学のようではないか。本書を徹頭徹尾貫いているのが、この明晰さ。これこそが、かつての「課長論」に欠けていたものである。そして、課長を明白に定義すれば、課長という職種が以下に重要なのかも自ずと明らかになる。それを一目で分かるようにしたのが、以下の図である。

P. 47より
in-kakari-ka-bu-keiei

そう。現場情報と経営情報の錯綜する位置、それが課長なのである。

サッカーでいえばボランチ。ネットで言えばプロクシーサーバー。それが課長なのである。ボランチがいなくてもサッカーは出来る。プロクシーサーバーがなくてもWebサイトは構築できる。しかしそれなしで勝てるほど、現在は甘い時代ではない。

本書は、そんな時代の課長のための教科書なのである。

しかし、あなたは言うかもしれない。「課長が重要な仕事をしていたのは、今に始まったことではない」と。そういう指摘は確かに堺屋太一などによってなされている。しかし、往事の課長はまだ経営責任がうやむやで許され、そして業務連絡は紙や電話で行っていた時代の課長である。現代の課長とは、「中間にいる」ということは共通していても、必要とされる能力はまるで違う。そのことを示すには、この目次で充分だろう。

目次
第1章 課長とは何か?
1 課長になると何が変わる?
2.課長と部長は何が違う?
3.課長と経営者は何が違う?
4.モチベーション管理が一番大切な仕事
5 成果主義の終わりと課長
6.価値観の通訳としての課長
7.課長は情報伝達のキーパーソン
8.ピラミッド型組織での課長の役割
9 中間管理職が日本型組織の強み
第2章 課長の8つの基本スキル
スキル1.部下を守り安心させる
スキル2 部下をほめ方向性を明確に伝える
スキル3.部下を叱り変化をうながす
スキル4.現場を観察し次を予測する
スキル5.ストレスを適度な状態に管理する
スキル6.部下をコーチングし答えを引き出す
スキル7 楽しく没頭できるように仕事をアレンジする
スキル8.オフサイト・ミーティングでチームの結束を高める
第3章 課長が巻き込まれる3つの非合理なゲーム
非合理なゲーム1 企業の成長を阻害する予算管理
非合理なゲーム2 部下のモチベーションを下げかねない人事評価
非合理なゲーム3.限られたポストと予算をめぐる社内政治
第4章 避けることができない9つの問題
問題1 問題社員が現れる
問題2 部下が「会社を辞める」と言いだす
問題3 心の病にかかる部下が現れる
問題4 外国人の上司や部下を持つ日が来る
問題5.ヘッドハンターから声がかかる
問題6.海外駐在を求められる
問題7.違法スレスレの行為を求められる
問題8 昇進させる部下を選ぶ
問題9 ベテラン係長が言うことを聞かなくなる
第5章 課長のキャリア戦略
戦略1 自らの弱点を知る
戦略2.英語力を身に付ける
戦略3.緩い人的ネットワークを幅広く形成する
戦略4 部長を目指す
戦略5.課長止まりのキャリアを覚悟する
戦略6.社内改革のリーダーになる
戦略7.起業を考えてみる
戦略8.ビジネス書を読んで学ぶ
あとがき
参考文献

すでに手垢のついた言い回しであれば、本書の課長は課長2.0なのである。

課長の重要性を説くのはとりあえず本entryではこれくらいにしておこう。なぜなら今後本書が行き渡った頃合いを見計らって私も私自身の課長論をここで書いていくつもりだからだ。

それでは、本書は課長ないし課長にこれからなるべきものだけが読むべき本なのか?著者自身そう主張している。

NED-WLT : 本を、書きました。
本書は、新任の課長や現在課長としてご活躍されている方々にはもちろん、いつか課長になりたいと考えている係長クラスの人にこそぜひ読んでいただきたいと考えております。

はっきり言おう。著者もわかってない、と。

課長というのは、役職名でもあるが、上で指摘した通り、「課する」者、すなわち役割名でもある。たとえ日頃は社員や社長であっても、また仕事外であっても、「誰かのために、別の誰かに頼み事をする」機会というのは実に多い。オブジェクト指向の言葉を使えば、"IS-A課長"は本当の課長のみであるが、"DOES-A課長"、すなわち「課長の役割」はどこの誰にもまわってくるのである。

確かに本書は、「課長とこれから課長になる者達」の方を向いて書かれている。しかしそれはそれ以外の者に得ることがないということでは決してない。著者が想定していなかった読者の役に立つ本こそ名著ということであれば、本書は名著の名に値する。

本書は税込み1,575円のAmazonプライス。一冊から送料無料で予約注文できる。今注文すれば、届くのはバレンタインデー頃になるだろう。チョコレートを惜しんででも手に入れておくべき、あるいは渡しておくべき一冊だと言える。外れだったら私がホワイトチョコを一ヶ月後に進呈するというのはいかがだろうか。

Dan the Kacho at Large


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:今、読むことを最も課したい一冊 - 書評 - はじめての課長の教科書
404 Blog Not Found:今、読むことを最も課したい一冊 - 書評 - はじめての課長の教科書【】at 2012年01月21日 16:30
ディスカヴァーより献本御礼。 ハカる考動学 三谷宏治 2008年、「はじめての課長の教科書」、2009年、「不透明な時代を見抜く「統計思考力」」。同社はこの時期に「これだ!」という一冊を出してくる。 2010年は、間違いなくこれだ。 考動学に、ようこそ。
[謀図諮]るな[測量計]れ - 書評 - ハカる考動学【404 Blog Not Found】at 2010年04月06日 08:22
「「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)」は、読みどころ満載の良書。著者は、αブロガーの小飼弾氏がブログで紹介(「今...
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト(酒井穣)【ベンチャーとイノベーションの本棚】at 2010年03月13日 19:25
酒井穣『はじめての教科書』を読了。 課長ではなくても、課長と仕事をする方には必読の書ではないでしょうか。 気になった箇所をいくつか...
酒井穣『はじめての課長の教科書』【Stay Hungry, Stay Foolish】at 2009年11月29日 10:26
書評リンク - はじめての課長の教科書
はじめての課長の教科書【書評リンク】at 2008年08月12日 08:41
はじめての課長の教科書(2008/02/13)酒井穣商品詳細を見る 最近話題のこの本を読んでみました。 「今、読むことを最も課したい一冊」 と帯にも...
ブロークン・イングリッシュ【状元への道 めざせ汗牛充棟 読書日記】at 2008年07月21日 21:49
著者より見本を頂いたとき、最も驚いたのが、タイトル。 あたらしい戦略の教科書 酒井穣 初出2008.07.05; 販売開始まで掲載 「なんというレッドオーシャン」というのが読前の率直な感想。なにしろ「戦略」である。「課長」と比べ、この「海」がどれほど紅いかは....
何があたらしいか? - 書評 - あたらしい戦略の教科書【404 Blog Not Found】at 2008年07月05日 00:06
著者より献本御礼。 生き残る上司 松尾昭仁 良本。「」が描く課長と平社員とのギャップを、ちょうど補完してくれる一冊。
「課長の教科書」の前に - 書評 - 生き残る上司【404 Blog Not Found】at 2008年04月17日 15:14
まずは一点修正。 「書籍の執筆よりもブログを書いた方が儲かる」と有名ブロガーたちが言い放つワケ    :投資&お金活用実践Webマガジン MONEYzine(マネージン)池田氏と並び、元ライブドア取締役でオープンソース開発者の小飼弾氏もそのブログで書評を展開し、アフィ...
本を書くより書評書け!?【404 Blog Not Found】at 2008年04月02日 03:11
いつものごとく404の弾さんの書評で本書を知ったのだが、はじめはあまり読む気が しなかった。がなぜかつい買ってしまった。で積読のもあれな...
書評 - はじめての課長の教科書【読断と変見】at 2008年03月25日 01:19
ディスカヴァー社より献本御礼。 3分間コーチ 伊藤守 勝間さんの著書総計100万部突破記念&祝賀パーティーで書評を確約させていただいたので。
思想の実践書 - 書評 - 3分間コーチ【404 Blog Not Found】at 2008年03月24日 07:11
さすがに7回目ともなるとリズムがつかめてきたのだが、「そろそろだな」と思って来てないと思ったら、妻が開封してトイレのマガジンラックに入れていたorz。いくら我が家の雑誌の「ホームポジション」とはいえ、そうするのはこれを書いてからお願いします。
地価暗転 - 週刊ダイヤモンド2008.03.29【404 Blog Not Found】at 2008年03月24日 03:45
講談社学芸図書出版部花房様より献本御礼。 上司のモヤモヤ 清水佑三 これはユルい。そして深い。今年読んだビジネス本の中で、最も愉快な一冊だった。 本書をきちんと読みこなせたら、上司として合格のはず。 でも、きちんと読みこなせるかな?
目の鱗と腹筋を鍛えるビジネス本 - 課長 - 上司のモヤモヤ【404 Blog Not Found】at 2008年03月15日 16:08
〈我慢するな!部下は堂々と叱れ〉はグラフ社編集中村様より、〈「バカ上司」その傾向と対策〉は集英社新書編集部よりそれぞれ献本御礼。 我慢するな!部下は堂々と叱れ(左) 「バカ上司」その傾向と対策(右) 古川裕倫 同一著者ということでペア書評させていただく....
ペア書評 - 我慢するな!部下は堂々と叱れ/「バカ上司」その傾向と対策【404 Blog Not Found】at 2008年03月14日 18:32
著者より献本御礼。 リストのチカラ 堀内浩二 実に役立つ本である。特に「リスト系」ブロガーは必携の一冊である。 反面教師として。
リストを集めてもリストにならない例 - 書評 - リストのチカラ【404 Blog Not Found】at 2008年03月13日 02:05
『はじめての課長の教科書』を読み始めた。 何となく思っていたことが明文化されていたり、 なるほど、と思うことが山ほどあって、本当に教科書みたいで面白い。 どうもこれは、課長以上に、 経営者と部下の社員こそ、読むべきじゃないかと思う。 以下、まとめ....
みんな昔は課長だった、そして、これから課長になる人に。【マスミ電波】at 2008年03月13日 00:06
      本書は、中間管理職向けのビジネス書である。 自己啓発やマネジメント、コーチングの本が多い中、対象が中間管理職であること、出版早々に高評価を得ていたこともあり、読んでみることとした。 小飼弾さんのエントリ『課長が着るべきなのは「戦闘服」』『今、読む
[書評]はじめての課長の教科書【Ron’s Backlog】at 2008年03月07日 22:21
amazon -- はじめての課長の教科書 本書によくでてくる出てくる「ナイーブ」.この言葉に,なんとも言えないな印象を受けてしまった. どのギ..
Book紹介:課長の教科書【Tapestry The Fabric weaver】at 2008年03月06日 18:01
「はじめての課長の教科書」が総合1位になったとのこと。 はじめての課長の教科書 酒井穣 と同時に、第三刷からの帯が右になるとのこと。 「課長の教科書」の舞台裏について一言いいつつ、ディスカヴァーという出版社について少し書いておくには絶好のタイ...
みんなで夢見る方法 - ディスカヴァー社に学ぶチームワーク【404 Blog Not Found】at 2008年03月03日 11:55
ビジネス書を買って読むとき、 あなたは、その本からどれくらい学びますか? また、学べますか? 1冊の本にひとつのひらめきがあったら??.
目からウロコの「課長本」 【若だんなの新宿通信】at 2008年02月28日 09:30
はじめての課長の教科書酒井穣 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-02-13by G-Tools いつも読んでいる、以下2つのブログで紹介されていて興味を持った本書。 404 Blog Not Found:今、読むことを最も課したい一冊 - 書評 - はじめての課長の教科書一読して感じた....
【"末端社員"の視点で読む】『はじめての課長の教科書』酒井穣【読書人の行き着く先】at 2008年02月20日 00:42
「はじめての課長の教科書」が売れている。Amazonで現在6位。 はじめての課長の教科書 酒井穣 NED-WLT : Amazonにて、拙著の販売が開始されました。Amazonにて、拙著『はじめての課長の教科書』の販売が開始されました。ご予約いただいていた方のところへは、早け...
平社員のあなたが、「はじめての課長の教科書」を読むべき3つの理由【404 Blog Not Found】at 2008年02月15日 14:00
日本実業出版社長谷川様より献本御礼。 起業のワナ 渡辺仁 紹介のタイミングとしては、「」が配本開始された今はちょうどいい。なぜなら本書は「なぜ課長がいいか」ということを、いわば裏側から書いた一冊だからだ。
脱サラ社長がはまる7つの落とし穴 - 書評 - 起業のワナ【404 Blog Not Found】at 2008年02月13日 06:38
発売開始まであとしばらくあるが、先ほど確認した時点でAmazon144位。なかなか好調のようで先行書評した甲斐がある。 はじめての課長の教科書 酒井穣 せっかくなので販売開始を待つ間、しばらく著者とblogでやりとりしようかと思う。私は本書を高く評価しており、...
課長が着るべきなのは「戦闘服」【404 Blog Not Found】at 2008年02月09日 06:51
フラット化による課長の、以下の図によるような「中抜き」が起こるのであれば、課長の重要性は事実上減少しつつあるのではないか?この疑問は当然ありました。実は、この疑問を否定するデータを完全には集めることができなかったのと、こうした考察に踏み込むことは、本書の...
組織のフラット化が起こっているんだから、課長なんて必要なくなるのでは?【NED-WLT】at 2008年02月02日 14:11
この記事へのコメント
>何もなされていない様に見える状態が最善の状態。
老子ですな。韓非子でもありますが。
Posted by とおり at 2008年02月05日 01:38
何もなされていない様に見える状態が最善の状態。
この状態をキープする役目が課長,と考えております。
Posted by nomuyuka at 2008年02月04日 21:24
課長・島耕作って、中間管理職の代表として取り上げられることが多いけど、彼はいったいどんな仕事を成し遂げたのか、何をもって会社や社会に貢献したのか結局よく分からなかった。たぶん旧世代の課長なのだろう。あの生き方には、私はあまりあこがれませんね。
Posted by とおりすがり at 2008年02月03日 23:50
すばらしい書評を頂戴し、誠にありがとうございました。どのように御礼を申し上げれば良いのやら、正直、少し戸惑っている状態です。今後とも、よろしくお願いします。
Posted by 著者です。 at 2008年02月02日 06:37
課長島耕作はおとぎ話です。ビジネス漫画に入れてはなりません。憧れますが。
同じく、「サラリーマン金太郎」もおとぎ話です。こっちは現実離れしすぎて、憧れの気持ちは起きません。
Posted by くまさん at 2008年02月02日 00:45
s/課長という職種が以下に重要/課長という職種が如何に重要/
かなの方が良いかも。
Posted by 北斗柄 at 2008年02月01日 23:52
係る
かっこよくは無いかな・・・
Posted by ああああ at 2008年02月01日 23:37
役職の変容とかがあってさらに昇進インフレ、役職デフレもあってもうわけわかんないですしね。
「課長 島耕作」だけを呼んでも絶対失敗しますからな。
Posted by blog49 at 2008年02月01日 23:31
同志jazzfantasista、
すぱしーば。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年02月01日 23:20
「課する」という同士になる。
→「課する」という動詞になる。
Posted by jazzfantasista at 2008年02月01日 23:17