2008年02月04日 00:30 [Edit]

勝手に説教 - ガキとオヤとジブン

banner

長女を身籠ったことを妻に告げられた時点で、まさにそう感じていたオレが来ましたよ。

子供に怒りっぽい自分を変えたい - 黎明日記
新しい人間を作り出すという行為は、誰かを殺すのと同じぐらいに取り返しのつかない行為なのに、それをよく考えずにやってしまう人々が多いという事実に驚かされる。例えば、少子高齢化社会の解決策として「老人を殺せばいい」といえば白い目で見られるのに、「子供をたくさん生めばいい」という考え方は広く受け入れられている。世の中の人々はそれほどに幸せな生活を送っているのだろうか。私も大概幸せな方だけれど、それでも「生まれてきてよかった」と思えるまでには至っていない。

実のところ、「生まれて来てよかった」だとか「悪かった」という設問そのものがナンセンスなんだよね。だって生まれちまったんだもん。君もオレも。すでに在る者に対して、いいもわるいもないんだよ。もちろん、局所的に「ここが好き」だとか「ここが嫌い」というのはある。だけど存在そのものに、善悪はない。

もし可能なら過去に遡って、両親の結婚を阻止したいと今でも考えている。大体、子供を生まなかったとしても、両親の結婚は、明らかに間違いだったのだから。

これって良心的に見えて両親的なだけなんだよね。君はいつまでご両親の人生を生きてるの?結婚が間違いかどうかは、君の両親が決める事。どんなひどい親だろうが、これに関しては君には権利はない。だって、それは彼らの結婚で、彼らの人生なのだもの。

少なくとも今の私は生まれてこなかったことを望んでおり、それが将来的に改善されるはっきりとした見込みもないので、次の世代の作らないことこそが、彼らの為になると感じるからだ。

望んで生まれて来た人、手を挙げて(苦笑)。そんな奴はいない。生まれてくる時には、生まれて来たことすら理解できないんだから。「彼らの為になる」? 彼らには、何が彼らの為になって何がそうでないかを時分で決める権利もないってことかい?

なにより、自分の財産を投じて生み育てた子に、「誰が生んでくれと頼んだんだ」と詰め寄られることほど馬鹿馬鹿しいことはない。私がそうしたのだから、私の子もきっとそうするだろう。

馬鹿馬鹿しい?だって君は生まれてきたくなかったんだろ?じゃあ望むところじゃん、子どもに君の正しさを検証してもらえるんだから。殺されればなおよし。[娘達へ業務連絡]そうだよ、君たちをこの世に出した犯人の片割れがここにいるよ。いやだったらいつでもむっころしていいからね。

でも、現実は全く逆の方向に進んでいるんだよなぁ。恋人はどちらかというと子供を欲しがっており、私は彼女に非常に甘いので、今のところ子をもうける可能性の方が高い。

これって彼女のことを気遣っているようでいて、実は彼女を見くびっているってことなんだよね。子どもに関して投じなければならないコストは、女性と男性では比較にならない。子どもに関して彼女より君の方がよく考えていると思ったら、それは錯覚。まぢ頭のねじを確認してもらった方がいい。あるいは括弧がちゃんと閉じているかを確認した方がいい。男は残念ながら、この話題は頭でしか考えられない。彼女達は全身全霊で考えているんだよ。

その彼女が、君を見込んでいるわけだ。こいつはただいい種をくれるだけでなくて、ちゃんと母子の面倒を見てくれる奴なのだと。そこまで見込まれる男は全員じゃない。いわゆる非モテから見れば、君はぜいたくな悩みを抱えている勝ち組。

情緒ぬきにしても、彼女達の時間は短い。そりゃ個人の人生ならオレたちより1割は長い。でも彼女達が母になれる「ウィンドウ」は、君が父になれる「ウィンドウ」よりもずっと短い。男はじじいになってもおやじになれるけど、ばばあがかかあになるのは無茶苦茶難儀。

いつ誰の子どもを産むか、ということに関しては、99.9999%彼女が正しくて彼が間違い。もっともこのことを男が体でわかるようになるのは、親父になってからだけどね。親父になってもわからない奴が後をたたないぐらいの愚か者どもで、男たちはあるのだけれども。

もちろん、彼女たちだって間違えることはある。君やオレの母親たちはその口だろう。しかし間違った場合ですら、彼女達はオレたちほど致命的な間違いは滅多におかさない。君も俺も成人しただろ?

両親にとっての私のような、これ以上ないような最悪の結果を防ぐにはどうすればよいのか。今のうちに別れておくか、あるいは子を育てる方向に強くシフトしてゆくか。判断を迫られるまでに、まだ二三年あるので、そのうちにこの問題をせめて自分の中で解決しておく必要がある。

これは、待たない方がいい。待っていると彼女の方が強硬手段を取るかもしれないよ(笑)

20歳で子どもが出来たら、その子が20歳になった時点で親は40歳。これなら親もまだやり直せる。これが30歳だと、親は50歳。親がやり直すのは厳しい。晩婚化というのはたしかに親になった時点での財力を多少増やすメリットはあるけど、やりなおしを効きにくくするデメリットはそれに勝る。

そしてなにより、子どもというのは自分だけでは絶対に学べないことをホイホイ教えてくれる。子どもを育てるんじゃないんだ。君が育つんだよ、子どもと。

仕事面でも、子どもの存在は大きい。自分の命より大切なものがあると、頭も体もキレが格段によくなる。「やればいいや」が「やんなきゃ」になるというのは、それくらい違う。私自身、子どもがいなければこんな早く億万長者にはならなかったというのは断言しとく。正直、ガキもいないガキどもに負ける気がしないんだよね。

あと、「幸せ」って奴。

そもそも、幸せな瞬間って、「自分」ってどこにいる?うまい飯食ってるとき、セックスしているとき、コード書いてる時、「自分」ってどこにいる?

いないんじゃないかな。

漢方では「そこに体がある。それが病」なんてことを言う。確かに調子がいい時は、臓器がどこにあるかなんて全く考えない。多分「自分」ってのもそう。「そこに自分がある。それが痛」ってとこか

こんなことを書いているオレにしても、実は慢性「生まれて来てすみません」病にかかっている。多分死ぬまで直らない。ちょっと調子が悪くなると、退場方針、もとい帯状疱疹のようにお出ましになりやがる。だから「発作」がない時に、こういうことを書き綴っておきたいわけだ。悪いね。ダシにしちゃって。オレが君のentryを読んじまったのが運のツキってことで。

最後に、これだけは言っておきたい。また「自分」がむくむくと現れる前に。

オレは、親になってからの方が幸せ。

結局それがいいたかっただけかも知れない。

Dan the Father of Two


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
自分の娘に、殺す行為を勧めるなど言語道断である/他者の子どもはどうでもよいのか?
小飼弾氏の娘さん達へ、業務連絡、そして小飼さんへお願い【はりすのブログ(公開)】at 2009年10月20日 00:06
「子供を作る」ってことは、行為だけじゃない。その後に続く諸々の事を自分に背負うということ。今までガキだった僕はそれに気づかなかったが、父親となってそれに気づいた。ヨメと...
【karari blog】at 2008年02月11日 02:18
「子供を作る」ってことは、行為だけじゃない。その後に続く諸々の事を自分に背負うということ。今までガキだった僕はそれに気づかなかったが、父親となってそれに気づいた。ヨメと...
【karari blog】at 2008年02月11日 02:05
まだ3年残ってますが、記事は今出てしまっているので終風翁よろしく私も乗る事にしよう。 12 Things I Learned By 42 That I Wish I Knew At 22 | The Wisdom Journal らばQ : 42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと 42歳までに知ることになる....
38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと【404 Blog Not Found】at 2008年02月05日 16:43
勝手に説教 - ガキとオヤとジブン http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50996609.html ここにひとつのボタンがある。 押したら1,000万円あげよう。 だけど、0.1%の確率でこどもの足が吹き飛ぶ。押すかい? 押さないね、わかってるさ。 子供が生まれた瞬間から、さま
ここにひとつのボタンがある【さんざんサザンカ】at 2008年02月05日 01:12
 仕事にちょっと余裕が出てきました。  昼休みにネットを徘徊する余力があったので  久々にはてブをのぞいてみるとこんなエントリが。  ■子供に怒りっぽい自分を変えたい 新し
子供話あれこれ【オフロードな人生】at 2008年02月04日 22:41
ちょっとRSS眺めていたらこんなエントリ勝手に説教 - ガキとオヤとジブンその中にさらに子供に怒りっぽい自分を変えたい - 黎明日記これをみて思った。自分についてちょっと書いておこうかな、あくまでも自分の考え、感情、思いの元となるenvやconfがどうなっているのかとい...
子供について【Wisemy Blosxom】at 2008年02月04日 21:48
この記事へのコメント
破綻したカップルの間に誕生した子どもの一人として弾さんの言葉一つ一つに共感し、勇気づけられました。
私からすると、弾さんのような生い立ちの方が「億万長者」になったことよりも、家庭を築き、子を得たことが幸せと仰ることこそ本当に励みになります。
Posted by ポン太 at 2009年05月21日 12:34
自分の人生を受け入れ、自分の人生の責任をとる覚悟ができてないのだと思いました。
考え方が自己中心的で、偏狭な自分の考え方を正しいと考えているフシがある。
精神的な問題がある可能性は高いでしょうね。人格障害っぽいです。

社会が多様化すると、正しい価値観、優れた価値観というものがないように見えて、実はある。
今回の弾さんのエントリーは、まさに多様化された社会の中で切磋琢磨して、
人生を切り開いた人に見られる考え方だと思います。ひがみがない、健康な人格ですね。

そういう域に達することができる人間は一部なので、素直に感動します。
Posted by    at 2008年02月16日 09:06
わざわざコメント書くってことはある意味でこのエントリを楽しんでるってことなんだろうなぁ。
このご時勢リスクを考えると嫌になるけど子供は育ててみたい。
小さいころから「楽しいと思えること」が少なかったので、もう「楽しいかもしれないこと」は逃したくないんでね
万が一子供が私のせいで小さいころ楽しくなくても大丈夫、きっとなんとか自分で見つけられるから。
Posted by r0k0 at 2008年02月07日 00:13
勝ち負けの基準がイマイチわかんねっすけどね。
例えば独身で子供もいない有名人で言えば、MLB NYヤンキースの松井選手に比べて勝っているとか思う訳っすか?

自分が負けと思わなければ勝ちみたいなバキの死刑囚理論?
Posted by ワケワカンネ at 2008年02月06日 00:19
自分に向けて書いたエントリに、一般的も糞もない
Posted by f at 2008年02月05日 20:31
ネット上の負のエネルギーは、自然発生するヘドロみたいな
ものだと思って受け流すのがいいな。散々人の悪口を言って
過ごした時間を、彼らは老人になってからどう振り返るんだろう。

ニーチェは「強者」の貴族的道徳は「わたしはこんなことができる」だから「わたしはよい」ゆえに「わたしのようにある、できることはよい」という自己肯定から善をモデル化し、その欠如、不足として悪をイメージするのに対し、「弱者」の奴隷道徳は、「あいつは敵、迫害者だ」だから「あいつはわるい」ゆえに「あいつと対立するわれわれは正しい」という憎悪、他者の否定から悪をモデル化し、その否定、反対者として善をモデル化するとして、後者の善の基礎にある怨恨感情をルサンチマンと呼ぶ。そこから奴隷道徳の善は、否定の意志、憎悪を常に隠し持っているため、抑圧的、欺瞞的、病的だとして批判するのである。
Posted by coca cola at 2008年02月05日 16:14
「自分の命より大切なものがある」

ズシっときました。。。
Posted by apto at 2008年02月05日 15:17
そういう解釈しか出来ない人は彼のブログ読む必要なし。404初心者によくあるコメントだね。
Posted by 独身だけど at 2008年02月05日 02:50
一般化してるかしてないかってのは分からないけれど、かなり広範な対象を見下してる感が滲み出てるなぁっては思う。この辺→「子どもがいなければこんな早く億万長者にはならなかった」「正直、ガキもいないガキどもに負ける気がしない」
それから、「最後に、これだけは言っておきたい。また「自分」がむくむくと現れる前に」「オレは、親になってからの方が幸せ」に関しては酔っ払いオヤジがバーでチェックし終えてもまだ若いモンに「イイ話」を陶酔しながら垂れてる感じがしてとても嫌だ。みんなは「会計したなら早よ帰れ」って思って視てる。
まー釣りなんでしょうけど…釣りにしては「悪いね。ダシにしちゃって」って一文が変なエクスキューズになってて無気味。本当に酔っ払ってるんじゃないの?
Posted by 牛のケツ at 2008年02月04日 23:07
しかし主観が入っていない主張は無意味だ.
Posted by Y.T. at 2008年02月04日 22:50
このエントリは、黎明日記の人にメールか何かでこっそりと送るだけにしてしておくべきでしたね。
上の方でもコメントしている人がいますが、弾さんは個人的で希有な幸せを一般化しています。
結婚に失敗、出産に失敗、子育てに失敗なんて枚挙に暇がないと思いますが?
それに子供を作る作らないは立派な大人(一個人)としての自由であり、どちらが上も下もありません。
作らないのがエゴなら作るのもエゴです。
一方的に「正直、ガキもいないガキどもに負ける気がしない」と勝利宣言されてもねぇ。
確かに弾さんはすごい人ですが、普段独身の人をこういう目線で見ていただなんて、語るに落ちましたね。羊水が腐る発言よりよほどひどいです。
Posted by ガキで申し訳ない at 2008年02月04日 22:33
必要とされて産まれてこなかった子供の気持ちなんて、みんなわかんないんだね。
僕のためにいろいろ親はいろいろ頑張っているけど、
たまに、「自分は世界に存在しなくてもよかったんだ」なんて思ったりしてさびしくなるよ。
こういう話題って、男と女が中心になって語られることが多いけど、子供が中心じゃないの?
Posted by あきら at 2008年02月04日 19:27
>子供を産めない私は、幸せになれないということでしょうか?
>
>…というコメントが無いなあ。

別に自分の血を引いた子供である必要はないでしょう。
大事なのは「保護者になる」という事ですから。
Posted by シンタニタカシ at 2008年02月04日 17:34
子供を産めない私は、幸せになれないということでしょうか?


…というコメントが無いなあ。
Posted by 産まない、でなく at 2008年02月04日 14:02
いったい誰のためにオトナになるのかというと自分のガキのため
ですからガキがガキのままでいるのはさほど問題ありませんよね。
それとも同世代にガキと思われるのがカッコワルイから?
ああなんてガキな発想なんでしょう。
Posted by あれ? at 2008年02月04日 11:12
自分は「自分が大人になった」と感じたのは
成人式のときでも社会人になったときでもなく
自分が親になったときでした。
「ガキなんてイラネー」なんて言ってるうちはいつまでもガキのままなんじゃないかと。
Posted by ta at 2008年02月04日 10:55
↑少なくともサルでは子供のいないメス(オスは外に出される)は子育て支援に回り、子守をするようですよ。人間も昔はそうだったんでしょうけど…人間を育てる作業は実に大変だし、時々は子育てに失敗したと思うこともあるけど、これほどおもしろいものはないかもしれない。
Posted by さなえ at 2008年02月04日 10:39
ところで、サルとか像とか集団で暮らす動物って
人間のように、子供のいない個体は仲間からつつかれたり
集団内ヒエラルキーが低くなったりするのだろうか?

Posted by モバイルを持ったサル at 2008年02月04日 08:03
これは、良いエントリーですね。僕個人は子供を作らない人生を歩もうとしているのですが、こういう意見は身を切るほどに参考になるし勉強になります。
Posted by tfs at 2008年02月04日 07:42
一般化なんかしてないじゃん。
Posted by tt at 2008年02月04日 05:58
まぁ、これはひとそれぞれですよ。
弾さんが今幸せだから言えることであって、一般化出来る話ではない。
Posted by bob at 2008年02月04日 03:01
んー、子供を作らず親より先に死ぬことを決めている私からすると、
今回はあまり同意出来ない・・・。
Posted by ataru at 2008年02月04日 02:59
私も両親の人生から卒業することに激しく苦労したほうですが(母親と父親が不仲で、母親に溺愛されたことは、自分には不幸だった面もあり)、この記事を読んですぐにでも結婚したくなりました。素敵な記事をありがとうございました。
Posted by Jimmy at 2008年02月04日 01:56
うーむ…。目頭が熱くなってしまった。ええ話や。
Posted by Tommy at 2008年02月04日 01:27
不覚にも感動した。
Posted by にし at 2008年02月04日 01:18
あと、こういうことは、子供に知られないようにしたほうがいいと思います。
僕なんか、かなりショック受けましたから。
Posted by あきら at 2008年02月04日 01:14
僕はそんな感じで産まれてきた子供ですけど、愛されて産まれたかったな。
子供作る覚悟がない、中絶したくないのないのなら、しなければいいと思います。
Posted by あきら at 2008年02月04日 01:06
拍手!clap,clap,clap
Posted by てつ at 2008年02月04日 00:38