2008年02月05日 14:30 [Edit]

私がMBYを支持する3つの理由

私も一応パネリストなのだけど、CNETのパネリスト用CGMがしょぼいので(苦笑)こちらにまとめて書く事にする。

MSのYahoo買収は実現するか、Googleへの勝算は?:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
果たして今回の買収は実現するのでしょうか。また仮に実現した場合、Microsoftが声明の中で述べている「市場を支配する単独プレーヤー」を打ち負かし、現状を打破することができるでしょうか。パネリストの皆さんのお考えを聞かせてください。

各パネリストの反応はおおむね想定の範囲内。大まかにまとめると「買収はうまく行ってもGoogleのヘゲモニーは変わらず」といったもの。間違ってはいないだろう--買収しただけではそうなるに決まっている。

にも関わらず、なぜ私はMBYを支持するのか。以下の三つにまとめてみた

グローバル検索サービスはもはやベンチャーの仕事ではない

10年前はそうだった。検索は「あったらいい」サービスで、だからこそYahooも検索はGoogleにアウトソースしていたわけだ。その時点であれば、逆にYahooがGoogleを買ってしまうというオプションもありえて、実際そういうオファーもあったようだ。

今は、違う。すでにWebの構造自体が、「そこに検索エンジンがあるもの」として再構築されている。検索エンジンはWebを支えるインフラで、「なければ困る」サービスなのだ。

いちるさん(ウェブディレクター)
業界によって違うのでしょうが、オンラインのサービスは、規模よりアイディアの方が大事だと思います。

というのであればやってみればいい。今やGoogleに対抗できる検索エンジンをフルスクラッチで作ろうとすると、単にインデックスを作って保存するだけでも、サーバーが10万台オーダー必要で、数にものを言わせて値切りまくって単価$1,000としても1億ドル。この時点でもうベンチャーはお手上げだ。ハウジングコストまで含めて、「動くように」した段階で桁は一つ上がるだろう。額だけ見ればドバイあたりでうまいこと言って引き出せない額ではないかも知れないが、いずれにせよ検索というのはすでにベンチャーの仕事ではないのだ。

神田敏晶さん(ビデオジャーナリスト)
こちらにも書きましたがリンク Microsoftとはカルチャーが違いすぎると思うのです。腐ってもヤフー!は鯛です!

検索はもはやカルチャーではない。シヴィライゼーション(civilization)なのである。

独禁法を適用すべきは、むしろGoogle

ひろゆきさん(自営業)
また、Yahooまで独禁法の監視下に置かれてしまうので、完全に自由競争が出来るGoogleに対抗できる規模の組織がなくなって、Googleの勝利が確定するってだけだと思いますけどねぇ。

そのGoogleもいつまで自由競争を許してもらえるか。

結局何のために独占禁止法があるかといえば、独占そのものがまずいのではなく、独占によって独占者が独善的になるから悪い。Googleはこの点においてはMicrosoft以上にたちが悪い。Do No Evilなんて自分の口から言っている時点でダメ。少なくとも Class Stock が存在しているうちは、この点に関する Google の主張を真に受けてはならない。

むしろ独禁法の理念を考えれば、当局はMBYを支持するべきとすら言えるのではないか。

この道はかつてIBMが通った道

大西宏さん(マーケティング・コンサルタント)
マイクロソフトはよほど嫌われ者ということでしょうか。

しかしかつてはIBMだってそうだったのだ。"The Evil Empire"という二つ名は、かつてはBig Blueのものだった。そのIBMは、今やオープンソースの世界の超優等生である。Microsoftがそうならないと誰が言えようか。

もしMicrosoftがGoogleを買収の対象としていたのであれば私も全力で反対するが、GoogleはもはやMicrosoftにすら買えない(Market Capで半分以上; しかも Class Stock で護られている)。Microsoftだって莫迦じゃない。レッドモンド文化をそのままYahooに持ち込んでも、Yahoo株が紙くずになることは100も承知しているはずだ。

むしろMicrosoftは、これをきっかけに自社のカルチャーを変えるかも知れないというのは希望的観測すぎるだろうか。しかしその際にも残しておかねばならない文化が一つある。

それは、「勝つまでやめない」ミーム。

404 Blog Not Found:そろそろMBY(Microsoft to Buy Yahoo)について一言いっとくか
この「勝つまでやめない」ミームをYahooに注入するのが、Microsoftの一番の仕事。買収はその一歩に過ぎない。

Yahooはこの点で決定的にMicrosoftに劣る。もし爪のあか程度でもこれがあれば、今頃はGoogleこそがYahooの一部門だっただろう。

この戦いは、最終的勝利者が出てはならない戦いなのだ。独占禁止法というのは、結局のところ最終勝利者が独裁者となるのを防ぐためにある。だとしたら、Microsoftのように体力があるところが「勝つための」ではなく「負けないための」戦いを買って出たことは、だれより利用者にとって一番利益があるのではないだろうか。

#この買収が失敗に終ったら、今度は百度?

Dan the Search(er|ed)


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
あーあ、もったいない。 マイクロソフト、ヤフー買収を断念:ニュース - CNET JapanMicrosoftは米国時間5月3日、Yahoo買収案を取り下げたことを正式に認めた。
News - マイクロソフト、ヤフー買収を断念【404 Blog Not Found】at 2008年05月05日 15:38
洋泉社経由、著者より献本御礼。ただし著者献本と判断したのは、「謹呈 著者」のしおりが根拠。短くても「量産品」でもいいので添え状があるとありがたい。 決選!業界関ヶ原 松田久一 / JMR生活総合研究所 ただし、内容は添え状不要の面白さだった。
これはよい経済学ドリル - 書評 - 決選!業界関ヶ原【404 Blog Not Found】at 2008年02月26日 16:17
しばらくぶりに別のテーマでエントリーを書こうと思っていた矢先のBreaking news。MicrosoftがYahoo! Inc.に対して買収提案を行ったとのこと。まぁ、やっぱり少しはこのことにも触れておかないといけないと思い、自分のメモのためにも雑感を述べておこうと思う。 スケール、...
Microsoft + Yahoo! 雑感【kakihara blog】at 2008年02月06日 10:16
しばらくぶりに別のテーマでエントリーを書こうと思っていた矢先のBreaking news。MicrosoftがYahoo! Inc.に対して買収提案を行ったとのこと。まぁ、やっぱり少しはこのことにも触れておかないといけないと思い、自分のメモのためにも雑感を述べておこうと思う。 スケール、...
Microsoft + Yahoo! 雑感【kakihara blog】at 2008年02月06日 10:02
この記事へのコメント
Class Stock って言葉の意味ぐらい脚注がほしかったなぁ。
独り言ならともかく、パネリストなんだからさ。
Posted by KK at 2008年06月14日 16:48
壮大な社会実験としてぜひとも突き進んでほしいと個人的には思いますので、MBY には賛成。
Posted by ichiohta at 2008年02月07日 15:52
ブラウザで独占を達成している企業と、最大のポータルサイトの合併というのはどうなんでしょう。嫌な感触がします。

検索がcivilizationというのは名言ですし、Googleの独占が良いこととは思えないのも賛成で、資本力がないと検索エンジンなんか作れないというのも良く分かるんで、マイクロソフトがヤフーの検索部門だけを買うんだったら、賛成できるんですけどね。
Posted by T-norf at 2008年02月06日 01:26
このエントリ、コメントついてないですね(笑)
僕もMBYには賛成です。
Posted by ひろ at 2008年02月05日 23:47