2008年02月05日 16:30 [Edit]

38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと

  1. 学校は学ぶ場所であって卒業証書を貰う場所ではない

    私の実家が全焼したのが、22歳の時でした。

    私はこれで学校をドロップアウトしたのですが、しかしそこで学んだ事はきちんと役に立っています。英語がきちんと使える事、Computer Scienceの基礎を知っていた事、そしてTCP/IPを実地で知っていたことは、その後「必殺技」になりました。

    その一方で、卒業しているか否かを仕事上問われた事はほとんどありません、というかゼロかも知れません。

  2. 投資は速くよりも早く

    これは実行できていたのでそれほど付け加えることはありません。ただし、何をどこに投資するかは時期によって変わります。

    金がなくて時間がない当初は時間を、時間がなくて金がなくなったら金を投資するのが基本です。

    どちらもない場合、時間の方を優先しましょう。

  3. 家は(借り|買い)直せばいい

    22歳から35歳までの間に、私は6回引っ越しています。その間に、一人暮らしが親子四人になっています。引っ越しは面倒ですが、そのたびに経験値は増します。引っ越す事を恐れないで。

  4. 予算内で生活をする癖をつける

    これはそのまま。貧乏生活も短くなかったので、厳しく予算を立てるのは頭ではなく体の仕事になっています。

    ただし、これは自分に対してだけ、人にはケチらないように。最悪なのがこの逆のパターン。

  5. どんなものでも交渉する技術を身につける

    これもそのまま。私にとって「勉強」という言葉はこのためにあります。「学習」は「楽習」なので、勉強よばわりしたくない。

    ちなみに、英語の negotiate という言葉の語源、 negotium は古代ローマでは仕事そのものを意味していたそうです。

  6. 健康保険は片時も手放してはいけない

    これは日本では(今のところ)は当然になっています。が、状況が年々厳しくなっているのはみなさんご存じのとおり。私もかつては政府管掌の健康保険に法人成した会社の名義で入っていたのですが、どちらも三割負担になったので国保に「ダウングレード」しています。

  7. 仕事は質、家庭も質が大事

    私の場合自営ばっかということもありますが、家庭も量にこだわる必要はないでしょう。家族を持ったら「家族サービス」しなきゃとならないから、家庭を持つのは避けようという人がいますが、それは哀しい誤解です。もちろん時間も取られますが、家事ですらアウトソース可能な現在、量にこだわる必要はないでしょう。

    1. 金持ちなんて気がついたらなっている

      重要なのは金を持っていることより、金の作り方を知っていることです。私は無一文になるのはこわくありませんが、無一文であった時の記憶を失うのは怖い。

    2. 手前で考えろ

      それが出来ていれば、マルチ商法に近づく事はまずないでしょう。

  8. 夫婦の価値観は違っていることが大事 -- いざというとき共通化できれば

    さもなければ、せっかく4つある目も二つになってしまいます。趣味や趣向は違っていて構わないですし、違っていた方が夫婦としての生活にも幅が出ます。

    重要なのは、決断において競合するときには、価値観をシンクロさせるということ。例えば家屋のような高額な買い物をするときに意見が割れてはいけません。

  9. 友人とのつながり -- 来る者は拒まず、去る者は追わず

    思えば、私は「友人」よりも「知人」に助けられてここまで来たように思います。もちろん「知人」が「友人化」するケースも多いのですが、常につきあっている「友人」だけではなく、イベントのたびにつきあいが生じる「知人」をおろそかにしないというのが、今後ますます重要になってくるような予感がしています。

    一つ付け加えたいのが、そういったつきあいにおいて「搾取されている」と思い込まない事。たしかに利益配分の際に相手の取り分の方が自分の取り分より多く見えるということは多々あります。しかしそこでの利益配分でごねすぎる人には、次の縁が途絶えてしまいます。

    利用されてなんぼ、ぐらいに思っておきましょう。

  10. 給料だけが報酬ではない

    私の場合、他に選択肢がなくて自営をはじめたのですが、自営をしていると、給与というのが報酬体系の氷山の一角というのは実によくわかります。スティーブ・ジョブスの年俸$1というのも、経営者にとっては別に驚きではありません。年給300万円の中小企業の経営者は、実際にはその10倍ぐらいのお金なら軽く動かせるものです。

    私が某社に入る際にも、きちんと「氷山の下」まで見積もりました。給与だけではとても自営を凍結するインセンティブとしては足りない。その上給与だと税率だって高いのですから、「手取り」はそれで減りました。それでも最終的にペイしたのはみなさんご存じのとおり。

  11. 与信をおこたるな、しかしとりっぱぐれにこだわるな

    与信を怠らない、すなわち相手に約束をまもるだけの力があるかどうかを見抜くのは重要ですが、一端与信を与えたら、必要以上に回収に拘泥しない方がいい。回収にかかる手間暇で次の取引を開始した方がいいのです。

    ただし、回収可能であればきちっと回収すること。あくまでしぶとく、しかし諦めるときいはすぱっと。

こうして見ると、22歳の自分にあえて言うまでないという感じもします。というか、22歳の時に驚くほど今の基礎ができているのだなと苦笑してしまいます。私の似顔絵は23歳の時に描いていただいたものですが、今と違うのは財産と白髪の量だけかい、という気すらします。

しかし、当時と今と徹底的に変わった事があります。それが、家族の存在。なので今の私が22歳の私に一つだけ言うとしたら、以下となります。

親となるのを、ためらうな

私が親となったのは、29歳の時。しかし現在の妻とは24歳の時には同棲していましたし、26歳の時には籍を入れていました。かれこれ5年も待たせたことになります。そして同年輩の方を見ると、子どもを早く作った方々の方が、なんというか、「成長」が速いように思われるのです。いわば私は「親学校」への入学を5年もためらっていたわけです。

親になると、自由が失われるという意見があります。確かに相対的自由すなわち「自分の時間に対して、拘束される割合」は大きくなるでしょう。しかし親になることで、持てる力はそれ以上に増します。その力が大きくなるので、「絶対的自由」、すなわち「自分の手に届くものごとの範囲」は大きくなるのです。

そもそも社会だの会社だのという仕組みが、相対的自由にあえて縛りをかけることで、絶対的自由を増すための仕組みであることを考えれば、家庭という最も基礎的な社会を利用しない手はないのです。

Dan the Husband of One, Father of Two

See Also:


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
旅の道連れに購入。 日本の難点 宮台真司 歯切れがよくて面白かった。 それだけに、「真に受ける」とアブナイとも感じた。 おっちょこちょいの私が見てさえ、錯誤が少なくない本書ではあったが、本書の問題提起はそれを補ってあまりあるものかも知れない。 そ....
s/日本/社会/g - 書評 - 日本の難点【404 Blog Not Found】at 2009年07月28日 22:16
言葉というのは時代を経るに従ってさまざまな意味を持つようになるのだけど、意味を拡大解釈しない方がよい言葉というのが確かにある。 「勉強ができる」ということは「努力し続ける力がある」ということ - ひがやすを blog勉強の意味を狭く捉え過ぎていると思うな。 勉強....
それって勉強じゃないよ【404 Blog Not Found】at 2008年12月24日 20:57
お世話になっております。ちらし屋 北嶋です。今日は僕が感銘を受けた記事をご紹介し...
38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと【ちらし屋な日誌(スタッフブログ)】at 2008年06月06日 09:08
今、している事が未来の人たちから、どういう評価を受けているか?自分が死んだら自分の行動は、どう評価されているか?そして、何千年か後にはどういう評価になっているか?普通なら、身近な人が集まって、ちょっと「惜しい人でした」と言ってそれから先には殆ど名前すらで...
18の自分に伝えたい当たり前の事【よれよれ葦】at 2008年02月15日 23:42
普段はこういうものはあまり書きたくないんだけどね おっさんが過去を振り返って感傷に浸るみたいなことは でも参考サイトを見てたら、未??..
22歳だからまだわかんないけど、とりあえず今10歳の自分に教えてあげたい3のこと【omine3の備忘録集】at 2008年02月15日 12:15
たまに見るブログで、今日印象的な記事があったのでものすごい勝手ながらトラックバックさせていただいた。 まずこの記事の元となったのはなんかアメリカの42歳の起業家だか何だかのブログで↓「12 Things I Learned By 42 That I Wish I Knew At 22」それを訳してくれて....
22歳の自分に教えてあげたいこと【From Y】at 2008年02月15日 02:55
地道にがんばろうなんておもうな ↓404 Blog Not Found様↓ http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50997519.html ↓痛いニュース様↓ http://blog.livedoor.jp/dqnplus...
今だから言える…若かりし日々の自分に伝えたい教訓【金うな速報】at 2008年02月15日 01:48
404 Blog Not Found:38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと 404 Blog Not Foundを読んで、少し考えてしまいました。 弾さんは、ブログの中で 「親になることで、持てる力はそれ以上に増します。 その力が大きくなるので、「絶対的自由」、す
[雑記]【My Note】at 2008年02月15日 00:18
先ほど、ネットサーフィンをしていたらこんな記事を発見しました。 アメーバニュースの記事にも紹介されていた「404 Blog Not Found」というブロ??.
38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった一つのこと【Monochrome】at 2008年02月14日 22:29
親となるのを、ためらうな 私が親となったのは、29歳の時。しかし現在の妻とは24歳の時には同棲していましたし、26歳の時には籍を入れていました。かれこれ5年も待たせたことになります。そして同年輩の方を見ると、子どもを早く作った方々の方が、なんというか、「成長」が
普通【自分、無粋ですから】at 2008年02月14日 14:11
著者より献本御礼。 「伝説の社員」になれ! 土井英司 私の元には数多くの「成功本」が献本されてきたが、その中ではもっとも「そうそう、その通り」とうなづくところが多かった一冊だった。
差額は授業料 - 書評 - 「伝説の社員」になれ!【404 Blog Not Found】at 2008年02月10日 11:28
404 Blog Not Found: 38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと そして同年輩の方を見ると、子どもを早く作った方??.
子供はなぜ親を成長させるのか?【読断と変見】at 2008年02月08日 14:10
404 Blog Not Found:38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと らばQ : 42歳までに知...
links for 2008-02-07【黒田哲司クロニクル】at 2008年02月07日 15:25
後悔先に立たず・・・だが、後も絶たない。 以前、心理テストで、 『あなたが戻りたいと思う年齢を想像して下さい』 というのがあり、 「どうせなら、小学生位の初めからって事でどうか」 そう思い結果を見る・・・ 『戻りたいと思う年齢が若ければ若い程、現状に不満...
解釈次第で【気まぐれblog】at 2008年02月06日 23:08
どちらも小ぶりが良い。 予想外の東京降雪に思いつくまま貧乳ネタ。 知人(女の子)にメール本文で上記を送ったまま返信がありません;; ・平...
『雪』と掛けて『胸』と解きます。その心は──【周玄堂】at 2008年02月06日 21:22
今年で25だけど、まあ色々遅れているのでちょうどいいかと らばQ 42歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたい12のこと 1. 学校を絶対にやめないで継続する 2. お金は腐らずに残るもの ─ 投資は早く始める 3. 第一印象で家を買わずに、近隣の住宅環...
50ぐらいになるまでに自分に忘れてほしくない4つのこと【m2rのとりあえずやってみる】at 2008年02月06日 13:05
38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと えー、同い年なんだ・・・ってことに驚愕したり、積み上げてきた物の差に凹みつつ、ひっそりと乗っかりエントリ。 親となるのを、ためらうな 親になると、自由が失われるという意見があります。確かに
38歳までに知ることになる、25歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと【飽きたら消すよ。】at 2008年02月06日 01:29
この記事へのコメント
上の方のMNさんって、勝間和代さんですよね?
Posted by おいらもCPA at 2008年11月02日 22:37
この題名は素敵だと思う
成功した人の成功談なんてあまり教訓にもならないし
かと言って失敗談なんてタイトルだと書き込みしたら
そうだろうそうだろうなら良いが馬鹿だから失敗したんだとレスされれば
誰も書き込まなくなる
そういう先人の教訓とかを書き込む場の提供って事で
それをそのまま題名にしたら何を偉そうにとか思われるから
「38歳までに知ることになる、22歳の自分に教えてあげたいたった1つのこと」なんて付けられたんだと思う
今22歳の若者に向けたアドバイスだと思うな
そこで一つ今でも礼儀と敬語について四苦八苦してます
若い時から使えって事ではなくて使い分けが出来る程度に知識として持っておけ >22歳の自分w
後この命令形で書き込めるのがこのタイトルのいいところですな
Posted by 共感を持ったひとり at 2008年02月25日 16:10
過去の自分へ教えてあげたいなんて、なんて後ろ向きなんだ!
教えるなら、
後悔しない。コレが一番大事だ。
その瞬間その瞬間、ベストの選択をしたのが今なんだ。
よりベターな選択があったと過去に向かって嘆いても仕方ない。
せっかくいい内容なんだから教えてあげたいことは経験談として面と向かって後進に伝えればいい。
そして今の自分に今の自分が何を伝えたいか考えたほうがずっと建設的で役に立つ。

思考のアプローチとはいえ、僕はこの切り口は嫌いだ。
Posted by mm at 2008年02月20日 10:28
たしかに「親になるのをためらうな」って意見には同意ですが,
その理由付けは納得いかない部分が・・・自分のメリットだけ考えて決めるようなもんじゃないと思います.ひょっとしたらそれは大前提として考えてらっしゃるのかもしれませんが.
Posted by 名無し at 2008年02月16日 20:19
過去の「自分」に言いたい事なのに・・・
バカな書込みしている人がいるね。

不妊治療の話題とか、親が離婚とか、

今現在の「選択」は他の誰でもない「貴方」なんだから
人の言葉を非難するのは違うと思うよ。

>>正直、はいはい勝ち組乙('A`)と思ってしまいます。
↑馬鹿の極致だな。 それじゃ自分の思う「勝ち組」を目指せよ!
Posted by しろくま at 2008年02月16日 12:46
>過去の自分に、親になるのをためらうなって言いたいってだけでしょ
要するにただのオナニーだから文句つけんなってことですか(笑)

だったら、そんな記事公開すんなよってことですわ。参考にしようとする人間が出てきたら気の毒やんけ。

Posted by もっと大人になってください(笑) at 2008年02月16日 12:46
不妊治療5年、流産3回。貯金は全て治療と入院費に消えました。
そのせいで筋腫、乳がん予備軍です
もうすぐ42歳ですが、私は若いころの自分に
「子供が欲しいなんて思ったことが人生のほとんどを無駄にしたよ」
と、教えてあげたいです。
夫婦の仲も悪くは無いですが、子供を作ることだけを考えていたので
男女の愛情は無くなりました。
そういう人間も居ますよ。
Posted by ヤフーよりきました at 2008年02月15日 14:05
いちいち非難してる人が理解できないですね

成長できるから、じゃなくて
親になったら人間として成長できた。という結果があったから
過去の自分に、親になるのをためらうなって言いたいってだけでしょ。

親になって嫌な思いした人は、
「自分の場合は過去の自分に親にはなるなと言いたいです」
ってコメントだけでいいでしょ

なんというか、精神的に成長できてない人達ですね。
もっと大人になってください。
Posted by FROM ヤフー記事から at 2008年02月15日 13:27
子供をアクセサリーのようにしか扱わない、自己の欲求のみを求める。子供の下僕のような存在になる。親になるのをためらわなかった人達はこんなのばっかりです。

子供を持たなければ、一人前になれないような言い分に、嫌悪感すら覚えます。
Posted by illiy at 2008年02月15日 11:23
男親は命がけで出産しなくていいし
出産後のフラフラの体で2時間おきの授乳を1ヶ月やらなくていいし
(もちろん2時間以上連続で眠れない)
その上、今までどおりに家事をやらないと文句言われるしetc.

そして子供は親を選べない。(逆に親も子供の先天的な気質は選べない)
自分のような人間に育てられたいか、自分のような子供を育てたいか、
これを吟味した上じゃないと躊躇いなく子供を生むなんて無謀すぎる。
子供は親が成長するための道具じゃないんですよ…
結婚して妊娠したからとりあえず生んだけど生活に追われて
育児放棄された人間には全然賛成できません。

とは言え、このエントリーは管理人さん自身の人生についての話題なので
誰も彼もに当てはめることはできないのは承知してますが、
正直、はいはい勝ち組乙('A`)と思ってしまいます。
Posted by rouille at 2008年02月15日 10:57
「親になるのをためらうな」
ためらうと言うより、不妊治療6年目。
総投資額500万を超えた。
いまから10年後の俺は、いまの俺になんて言うんだろう。
晴れて子どもに恵まれているか、
あきらめて妻と二人暮らしているか、
それとも、ホルモン療法のやりすぎで妻が乳ガンになっているか。
教えてほしいよ。いまの俺たちは本当に正しいのか。
Posted by ケロ at 2008年02月15日 10:08
記事になっていたので全部読ませていただきましたが、
あまり共感するところがありませんでした。
むしろ、私の人生経験からすると(とは言っても大したものではないですが)逆のことのほうが多かったように思います。

特に最後の親に〜のところは大反対。
わたしなら絶対に言わない。

結局の所、人いろいろであるんでしょうね。
Posted by りんご at 2008年02月15日 02:11
初めまして。この記事を読んで強い感銘を受けた者です。
人生の先輩からの一教訓として、これらの言葉を糧にこの先ずっと胸に留めておきます。
最後に、不躾ながらトラックバックをさせていただきました。よろしくお願いします。
Posted by ぴあす at 2008年02月14日 22:36
これから社会人になるものです。
親となるのをためらうな、という意見ですが、私の家庭の経験上なかなか同意しかねます。

私の親はすぐに結婚して私を産んだのですが、しばらくして離婚することとなり、母との大変貧しい生活を強いられました。私の将来の夢も断たれました。

結婚して親となるのは確かに誰でもすぐになれるのかもしれません。しかし自分勝手に親となって勝手に別れては、親は納得していても子供は辛いだけかもしれません。
子供を持つことを薦めるのは、家族仲がよほどいいからなのかもしれませんが、すべての家庭がそうとは限らないと思います。決断を急ぐよりも、もっと真剣に子供を持った後のことを考えたほうが、家族全体として負の方向に向かうことは少なくなるのではないでしょうか。
Posted by 新社会人 at 2008年02月14日 22:29
うーん、男性だから「親となるのを、ためらうな」ってあっさり言えるのかな。
女性はまだまだ、親となる(=子供を持つ)ことにデメリットがいっぱいある。
Posted by 通りすがり at 2008年02月14日 22:12
若い頃、後に子宮と卵巣を失うとわかっていたら母になっていたかも知れません。…いいえ、ただ覚悟がなかっただけですね。
私も、もし二十歳の自分に何か言えるなら、「逃げちゃ駄目だ」
Posted by しんこ at 2008年02月12日 21:52
ふらっと立ち寄ったのですが、
なんだか私もがんばろうと思いました。
Posted by ともん at 2008年02月12日 16:39
むぅー今まさに22ですが工学部なので女性すらいない状況ですねー
ですが1や12などは今まさに大事だと思っていることが書いてあったので
重要性を再認識できました。
Posted by うわばみ at 2008年02月11日 04:03
本文も、それに対する皆さんの反響も、いいものばかり。

私もたまたまここに来てしまったのですが、
久しぶりに、いい心地になりました。
Posted by 異邦人 at 2008年02月11日 02:40
そうかぁ〜。
Posted by ゆーき at 2008年02月09日 12:52
トラックバックが送れなかったようなので、ここにリンク書かせてください。

<<28歳になる自分が13歳の自分に言っておきたいこと>>
http://d.hatena.ne.jp/t_ishida/20080206

Posted by t_ishida at 2008年02月07日 16:06
10年前にこの言葉を聞きたかった…
と泣き言を言っている時点でダメなんだろうな俺
Posted by 来年からバイトしても無職 at 2008年02月07日 15:02
・・・1つ?
Posted by 通りすがり at 2008年02月07日 11:02
自分は、親が転勤族なので、引っ越しをたくさん経験しました。

確かに経験は上がるでしょうが、
子供の身になった場合、多すぎる引っ越しはどうかと思います。
Posted by ??? at 2008年02月07日 07:43
ふらっと見つけてしまいました。
私も昨日まで38歳。今日から39歳です。
私も自分で事務所しながら3人の子の母やっています。
22歳の自分は23歳で結婚するために資格をとる歳ときめていたので
必死で勉強してました。
あの頃の自分が懐かしいけど、今の自分も大好きです。
今の自分というより、周りで支えとなってくれる仕事仲間が
たくさん出来た事、色々な人脈で支えられてる今の自分が
いてるこの環境が大好きです。
10と12の内容はドンぴしゃりです〜。
なんか、ふらっと立ち寄りましたが自分もガンバロ〜と
素直に思いました。
いい文面ありがと!!
それと、やっぱり子供は可愛い♪親になれた事、今仕事できる事、
感謝して泣きたくなる時もあるけど、今日一日も頑張りましょうね。
Posted by MN at 2008年02月06日 10:15
原始思考法という本にも親になると本当の自由があると書いてありました。しかしその理由が書かれておらず思案していましたがヒントになったような気がします。
ありがとうございました。
Posted by 原始思考法 at 2008年02月06日 09:55
>家事ですらアウトソース可能な現在、

これやりすぎた結果がいまのギョーザ騒ぎだという
藤原新也の見解はどう思われますか。
http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php
Posted by ドクドクにしてあげる♪ at 2008年02月06日 05:53
なんだかなぁ、話が抽象的で具体性に欠ける。一体、何のために誰を対象とすることを前提としてるんだか・・・。途中まで読んであほらしくなってきた
Posted by とおりすがり at 2008年02月06日 03:34
会社でやった方が手続きが面倒。会社は消えたり売ったり無くなったりするからその時に保険うんぬんがあれば面倒。国保にしておけば手続きが簡単。国が無くならない限り存在するし。自営の経営者なら大抵のモノは経費で買えるんだから、自腹で保険料払っても痛くもなんとも・・・でしょ
書評ブログで金銭を得ているなら、本は全て経費で処理できるだろうからうらやましい・・・
Posted by tad at 2008年02月06日 00:49
国保に「ダウングレード」しています。
とのことですが、
社会保険だと半額は会社負担で経費になりますよね?
なぜ国民健康保険に戻されたのですか?
Posted by スムージー at 2008年02月05日 23:55
> 金がなくて時間がない当初は時間を、時間がなくて金がなくなったら金を投資するのが基本です。
>
> どちらもない場合、時間の方を優先しましょう。

どちらもない場合、と後に書いてあるので、金がなくて時間がある場合は時間を、時間がなくて金ができたら金を投資する、なんですかね?違うかも。
Posted by fourfourtwo at 2008年02月05日 23:07
今日の小飼さんのエントリ、とても共感できるのですが、結婚して4年、未だに子供に恵まれません。
妻も私も30代後半、もう後がないのがわかっているのですが、なかなか思うように行きません。
子供無しの人生では、大切な何かを得ることなく人生を終わりそうな気がします。どうか小飼さんは、御自身の人生をお進み下さい。私はそれを模範にしたいです。
Posted by 仕事の手が遅い者 at 2008年02月05日 23:06
一番重要そうなところがよくわからないです.誰か具体例希望.

>金がなくて時間がない当初は時間を、時間がなくて金がなくなったら金を投資するのが基本です。
Posted by joah at 2008年02月05日 21:03
すいません、どうでもいい感想なのですが。

私は家庭を持って今半年ぐらいたつのですが、
家庭に関しておっしゃることにとても共感できます。
私はサラリーマンですが、家庭を持ったあとの方が、
ビジネスにしろ様々な面でプラスになったことが多いですね。
Posted by ムライ at 2008年02月05日 19:06
理想的な女性を見つけられればの話だな。
dankogaiさんはさぞかしいい女性に恵まれているだろう。
Posted by nanasi at 2008年02月05日 17:57
danさんって38歳だったんですか><
28歳だと思ってました。
Posted by baby face at 2008年02月05日 17:43