2008年02月16日 09:30 [Edit]

油売るだけがとりえじゃない - 書評 - アラブの大富豪

新潮新書編集部横手様より献本御礼。いつもありがとうございます。

いやあ、面白かった。

アラブ経済はアブラのみにあらず。


本書「アラブの大富豪」は、JETROの元リアド事務局長が書いたアラブ経済入門。なぜ「経済入門」に「大富豪」というTVのバラエティ番組のような表題がついているかといえば、アラブ経済の特性、すなわち「為政者 = 王族 = 大富豪」という、その経済の特性にある。

目次 - 「アラブの大富豪」を発刊しました-アラビア半島定点観測 - 半島各国の社会経済及び支配王家に関する動向分析より
第1章 サウジアラビア王家と御用商人たち
第2章 世界一多忙なドバイのCEO
第3章 王族投資家アルワリード王子
第4章 踊る湾岸マネー - アブダビ、カタル、クウェイト
第5章 ムハンマドの末裔、ヨルダン・ハシミテ王家
第6章 アラブの中の政商

帯の数字がまず眩しい。13000000000000000円。ゼロは15個あった。読みやすく書き直すと1京3000兆0000億0000万0000円。これが現在の相場で換算したオイルマネーの時価総額、すなわち石油と天然ガスの埋蔵量に時価をかけたものだそうである。日本の個人資産のおよそ10倍、国富(約3000億円)のおよそ4倍。大変な金額である。

これだけの金があれば、ただそれを売っていれば生きていける。経営なんぞ必要ない。そう信じている人々は少なくないし、実際そういう放漫経営をして来た産油国も少なくないのだが、しかし本書に出てくるアラブの大富豪たちは、そんな「バカな金持ち」のイメージを払拭するほど「出来る人々」である。

たとえば、第二章の「ドバイのCEO」、ムハンマド首長。以外と知られていないが、アラブ首長国連邦のうち、石油がじゃかすか出るのは「長兄」アブダビであってドバイではない。ドバイの石油収入は、GDPのわずか5%。残りは商業活動で稼いでいるのだ。その原資は確かに他の産油国のオイルマネーではあるのだが、ドバイは石油ではなく2代続いた「辣腕CEO」の手腕であそこまで成長したのだ。

または、第二章の主人公、サウディのアルワリード王子。彼はかつて自分の家を抵当に入れて、30万ドルをシティバンクから借りた事があるのだそうだ。その後、彼は中南米融資問題で傾いたシティバンクに、6億ドルの資金提供をして窮地を救う。この資金提供を引き出した同銀行のジョン・リード会長(当時)の方は日本でも有名だが、王子のことはどれくらい知られているだろう。私も資本注入の方のエピソードは知っていたが、家を質に入れた話は知らなかった。

ちょっと残念なのが、カタールのハマド・ビン・ハリファ・アル=サーニ首長(Hamad bin Khalifa Al Thani)が脇役としてしか登場しないこと。親父をたたき出して国の実権を握ったハマド首長は、アルジャジーラの父でもある。私が知る「アラブの辣腕王」のイメージに最も近いのがこの人で、列伝としての面白さならアルワリード王子やムハンマド首長をも上回るのではないか。

その代わりに、著者が一章を割いたのがヨルダン・ハシミテ王家。ここは実はアラブの基準から行ったら貧乏王家もいいところなのだが、アラブの王族に対して実に大事な役割を果たしている。ここをきちんと書くところがさすがである。

それにしても、本書を読んで認識を新たにしたのが、アラブの大富豪たちが、いかに最高の「民主主義の敵」としてすごいのかということ。彼らが暴君だからではない。その逆だからだ。彼らはその富を気前良く民衆にも配る。中東産油国に税金はなく、社会資本もすべて王族が面倒を見てくれる。権利はないが、それ以上に義務もない。そして王族に優れたものがいれば、民主主義のややこしい手続きなしですぐに辣腕を発揮できる。

よきにつけあしきにつけ、西側先進国の常識では推し量れない、しかし付き合っていかざるを得ない、それが「アラブの大富豪」たちなのである。我々は彼らをもっとよく知る必要があるのではないか。

Dan the Gas Guzzler


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
実は、それがすでに成されている例がすでにある。 これって単にレトロな共産主義幻想なのか - くらやみのスキャナーで、財源をどうするか。年間約200兆円。GDPの半分? 年金や公共事業なんか必要なくなるし、景気も良くなるはずだからその分も見込めるとして、でもたぶんぜ...
共産主義という名の無産主義【404 Blog Not Found】at 2008年12月12日 04:50
 前田高行著の 「アラブの大富豪」(新潮新書) 読みましてん。  普段、こういう感じのテーマはスルー  、、というか後回しなんですけど。    本屋で見かけても、見て見ぬふりみたいな。  そんな本を買わしてしまう書評を書く ダン コガイ。    大富豪の私生活
[Buch] 個人でエアバスお買い上げ【hasen-fus in Hatena】at 2008年04月17日 22:15
大地の慟哭(どうこく) 毒餃子事件の真相に迫る本であるかもしれない 中国の出稼ぎ労働者である民工の悲惨な現状を描いた本である ただし中国政府としても対策はしております、という描写がある 特に温家宝首相が三峡ダムの近所の山村を訪れて農民に困ってることはないか...
ここは酷い民工ですね【障害報告@webry】at 2008年02月18日 15:50
この記事へのコメント
アラブの不幸は、民主的で無いことよりも法治主義が根付いていないことですね。
宗教が何事にも優先する国では、根付く可能性は薄いですが。
ちなみに、イスラムの戒律では、金利を取ることは禁じられています。
金持ちが金持ちであり続けるのに都合の良い戒律ですが、疑問にすら感じていないでしょうね。
Posted by とおり at 2008年02月18日 00:16
第4章 踊る湾岸マネー - アブダビ、カタル、クウェイト
第5章 ムハンマドの末裔、ヨルダン・ハシミテ王家
Posted by ny2 at 2008年02月17日 08:27
各位、
ここまで指摘頂いたtypoを直しました。ありがとうございます。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年02月17日 06:51
カタールで仕事していることもあって、大変タイムリーな本です。
サウジアラビアは大国、こちらは小国で、サウジに比べれば、こちらはみんな大富豪という感じです。(私を含む)出稼ぎ外国人労働者が貧乏人です。

s/JETROの元リアド事務局長/JETROの元リアド事務所長

ですね。
Posted by saka at 2008年02月17日 04:25
お金が増えるのが純粋に好きな守銭奴は日本人には少ないと思う。
日本は快楽肯定主義で、可能快楽を図る物差しとしてお金という
数字の多寡を気にする人が多いと思う。

生きること様々なことに快楽は出てくるが、ただ快楽を全肯定する
と矛盾というか破綻してしまうので、まあ宗教なり道徳なり世間様の
目等々も大事という話で、中庸、バランスとることが難しいような。
Posted by kakichi at 2008年02月17日 02:47
アラブの金持ちって言うと、やっぱり一神教のイスラム教を強烈に
信仰しているイメージがあって、日本人の穏やかな多神教からは
全然理解できない人間と付き合わなきゃならない商売・外交の人達は
大変ですね。勉強になりました。
Posted by kakichi at 2008年02月16日 23:10
こんばんは。よろしければ下記ご確認ください。

s/以外と知られていないが、/意外と知られていないが、/
Posted by id:hrkt0115311 at 2008年02月16日 20:41
ニコニコ動画にサウジアラビアについての動画が上がってて見たんですが、とにかく市民の陳情がすごい。
一日に数千人から1万人近く来ることがあり、それも陳情内容を書いた紙を直接王や王子に会って手渡ししてました。
中には王に対して感謝の歌を歌ったりする人もいて見ていてたいへんおもしろかったです。
全部渡し終えるのに一晩掛ったりするそうなので王族も楽ではないなと思いました。
あとサウジアラビアの王子はシティバンクに投資したり石油より金融で儲けてるみたいですね。
Posted by ニコ厨 at 2008年02月16日 19:09
いつも、ガソリンスタンドの店長に、(アブラを売って儲けて、いいな、)と冗談いうと、イヤー薄利多売ですよの答え!日本では、GS経営きびしいようです、3000兆円?日本円に換算して、いくらだ?と馬鹿な質問されて!つい、え〜といってしまった、アブラ、アブラ?
勉強になりました、
Posted by rurimaru23 at 2008年02月16日 17:35
3000兆円かな?

彼らの所作、普段は競馬やF1で眺めています。
オカネは大事です。イヤてほどわかるんだけれど、
しっかりした使い手、あと、そういう意味での「政治」がいるとこには、
どうしたってかなわないんですいまんとこ。
あがいてるんですけどねぇ。
Posted by マイジェル at 2008年02月16日 13:49