2008年02月17日 12:30 [Edit]

個人ブログを破滅から防ぐ12のtips

私は前者なのだけど、それでも個人blogという点では一介のbloggerだと自負しているので私なりのまとめも。

個人ブログを破滅させる11のことがら - NC-15

ただ、誰もがアルファブロガーになりたいってわけでもないだろうし、mixiと似たような感覚で通常日記を書いてるブロガーもいるだろう。というか、大体のブロガーは後者のほうじゃないかと思う。

それを踏まえたうえで、ブログを破滅させてしまう行動を列挙しようかとおもう。


  1. アクセス数アップを狙わない。しかし恐れない

    アクセス数が多ければいいというものではもちろんありませんが、だからといって「アクセス数が多い=内容が薄い」ということにはなりません。アクセス数が増えると確かに「うざい」反応も増えますが、それ以上に「面白い」反応や「役立つ」反応も増えます。

    この「反応」こそがblogを書き続ける際の「主食」。健康的なアクセス数欲はblogの健康にも有用です。

  2. ニュースソースは複数用意する

    複数あれば、そのごくわずかな違いから各者の視点を見抜く事もできます。またそれを見抜くことで、自分にしか書けない記事を書けるようになる公算も強くなります。

  3. 他人のパクリはパクっていることがわかるようにしておく

    元ネタは必ずリンクしておくこと。本などそれがない場合は、そうとわかるようにしておくこと。そうしておけばパクリはパロディやオマージュになります。

    blogの場合、これらを実装する点において遥かに旧来のメディアよりも勝っています。例えば引用はblockquoteタグで囲んでおけば間違えようがありませんし、さらにCSSでそれを強調しておけば視覚効果的にも混同のしようはありません。そしてクリックするだけで引用元に直接アクセスできるリンクは、紙では真似しようがない。

    どんどんパクりましょう。ただしパクリ元への敬意とリンクを忘れずに。

  4. 誤記は直した記録を残す

    私の場合、コメント欄がこれに相当します。かつては消しましたもよく使ったのですが、記事が読みにくくなるのと、コメント欄がログになっているのとで今では記事は普通に訂正した上でその旨をコメントするスタイルに落ち着きました。

  5. 微妙なネタを扱うときこそ、「私」の視点で語る

    「中立的な視点」というのは台風の目のようなもので、中はからっぽなものです。むしろ中立というのは立場を鮮明にする個人どおしが、相手を尊重しつつ対立を維持した方が得やすいもの。天秤棒を持った方が(慣性モーメントが増して)綱渡りの安定感が増すように。

    あくまで経験即ですが、なまじ中立的な意見を述べようとすると、今度は「上から目線」と見られがちなのです。

  6. 自分の意見は自信をもって語る

    それが間違っていることを自覚したら、こんどは自信をもって新しい意見を言えばいいのです。

    むしろ意見そのものに自信がないときこそ、あえて断言するぐらいでちょうどいいとすら思います。むしろその方がその後の意見の展開が迅速かつ鮮明になります。

    blogは完成品ではなく、途中経過なのです。その時点で「正しく完結している」必要などないのです。

  7. コメントにはコメントしない

    コメントしたい場合は、別entryをあててしまうことにします。唯一の例外がtypoです。

    コメント欄で議論している方は、blog主がそのblogにおいては絶対の独裁者であることを忘れがちです。blog主は、その記事を削除することはおろか、その記事を痕跡なしに訂正することすら可能だということを覚えておいて下さい。

    そのblogと対等に議論したいのであれば、自分のblogで発言したうえでTBするか、そのことのみをコメントすべきでしょう。

  8. 詫びる気もないのに謝らない

    炎上の過程を見ると、謝らないことよりもむしろ詫びる気持ちもないのに、「これはとにかく頭を下げておかないとまずい」とばかりに頭だけ下げて、その姿勢がさらに火を油を注いだというものをよく見かけます。それであればはじめから何もしない方がマシというものです。

    謝るのは、blogを書く以上の高等なテクニック。後で詫びを入れる羽目になるぐらいなら、最初から書かない方がいいのかも知れません。しかし書いて叩かれないと、このあたりの間合いはつかみにくい。

    「死なない程度にけがを恐れず行きましょう」というのが目下のまとめになりますか。

  9.  
  10. 実力行使の可能性を常に念頭におく
    論争に関して言えば、あくまでも言論のフィールド内でケリをつけるべき話っす。

    同感。その一方で、それが通用しない相手がいるというのもまた世の常。

    私自身は論争は論争で決着をつけるのがフェアであり、なるべくフェアにことを進めようとしているつもりではありますが、アンフェアな相手に手段を選ぶつもりもまたありません。

    私がここで言いたいことを言っていられるのも、リアルの方に充分な担保が積んであるからでもあります。この点において私はほとんどのbloggersよりも優位にあるのは確かです。なにしろ「舌禍」で職を失う心配をしなくて済むのですから。

  11. アクセスアップより主張力アップ

    アクセスアップというのは、つまるところ「読者が読みたいものを書く」ということです。プロの書き手であれば当然意識しなければなりません。しかしこれをきちんとやっているプロの書き手というのは、「こちら側」のメディアにおいても日本では少ない。個体レベルできちんとやっているライターは日垣隆ぐらいではないでしょうか。

    他方、bloggersというのは、そのほとんどがアマチュア。私は収益があるのでその点に関して言えば「セミプロ」ですが、結果を確約していないという点ではやはりアマチュアです(これは書評も同様。プロだとしたら、献本は書評を確約した上で受ける)。アマチュアである以上、blogを書く目的というのは「自分が言いたい事を言うこと」なのです。

  12. いつ誰が見るのかわからないという基本を忘れない

    これはid:muffdivingさんと同様。いつ誰が読んでもいいというのがblogの根本です。読者を限定したければSNSもMLもあります。

    私は実名至上主義者ではありませんが、この原則に関して言えば、実名を出している方が、「あれはネットで言った事だから」という言い訳を排除している分実名の方が有利だとは思います。ただしあくまで有利ということであって、決定的なものではない。実名でない人は、人一倍気をつけましょう、ということです。

  13. あくまで個人の意見だという根本を忘れない

    しかし、以上に増して重要なのは、個人blogはあくまで個人メディアであるという根本。個を排して公を求めるのであれば、Wikipediaなどのメディアもありますし、(うまく行っているとは言いがたいけれど)既存のメディアとてそれを標榜しています。

    個人blogは、あくまで個人の、個人による、個人のためのメディアというのが原点。メディアとして成長すれば、「個人のための」が「みんなのための」へとある程度変遷して行きますが、「個人の」は最後までつきまといます。

    本blogは、あくまで小飼弾の、小飼弾による、小飼弾と読者のためのメディアです。そのことを改めて申し上げて本entryをしめくくることにします。

Dan the Blogger Hereof


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
勝間和代vs小飼弾 異色対談第1回「ネット広告価値の“ディスカウント”」今年の夏によく読んだ本は、勝間和代さんの本です。そこで、目に留まった対談録です。対談ということで勝間和代さん子飼弾さんの二人が登場します。勝間和代さんは、知的生産術、決算書の読み方か...
勝間和代vs小飼弾 異色対談ダイヤモンドオンラインで面白い記事...【スモーキー(ジムニーJA71)バリバリ計画】at 2008年09月22日 21:19
上から順番に役に立った順です(^ω^) 1、主婦のへそくりの平均額がすごい!(動画) 2、暴力を振るう可能性のある人を見分ける15の危険...
今週の勉強になった雑学とか10個【おもしろいもの見つけた゚+.(・∀・)゚+.】at 2008年02月28日 13:02
アルファブロガーの方々による貴重な「ブログを書くコツ」についての記事を発見。 どれもとても参考になることばかりでした。 404 Blog Not Found:個人ブログを破滅から防ぐ12のtips [N] AMN勉強会・ブログの書き方 404 Blog Not Foundの記事から アクセス数アップ...
とても参考になる「ブログを書くコツ」を見つけました【ブログってみる】at 2008年02月24日 16:07
そうか、そうだよね。poop は全部出し切らなくていいんだよ。 個人ブログを破滅から防ぐ12のtips blogは完成品ではなく、途中経過なのです。その時点で「正しく完結している」必要などない 会社から fastladder は見れても「続きが読む」に到達できない(アク禁)ので、今夜
[memo] 弾のように食べ、弾のように出す【iGirl】at 2008年02月22日 23:08
個人的にカチンと着たので掲載をします。 J-CASTニュース : 「らき☆すた」
ため息の中で【Syunrou】at 2008年02月20日 11:06
BLOGに限らず、掲示板でもいいんだけど、ネット上で、特に「管理人と閲覧者」という図式で論争なり議論ができるのか。付け加えるならば「荒れ??.
ブログでの論争・議論【日本に来ていきなりNOVAなくなっちゃた】at 2008年02月18日 15:21
404 Blog Not Found:個人ブログを破滅から防ぐ12のtips
404 Blog Not Found:個人ブログを破滅から防ぐ12のtips【oryzaの環境備忘録】at 2008年02月18日 13:25
「404 Blog Not Found」さんより。 いちいちもっともなTipsばかり。 あんまり難しいことを考えずにゆる〜く更新している俺としては、 今さらながギ..
個人ブログを破滅から防ぐ12のtips【小ネタBlog〜純情派】at 2008年02月18日 11:59
この記事へのコメント
いちいちもっともなTipsばかり。
あんまり難しいことを考えずにゆる〜く更新している俺としては、
今さらながらに気づかされたことも結構ありました。
Posted by sati at 2009年04月12日 02:35
個人ブログは絶対あったほうがいいでしょう。自分ことやから、別にいいんではない。
Posted by fx at 2009年04月12日 02:33
甘すぎるさん
必要以上個人情報を書かないとは言っても、小飼 弾さんの場合、有名な方なのでここで個人情報を書かなくても、特定することは可能なんじゃないでしょうか。あくまでも彼の視点から見た「あくまで個人の意見だという根本」を元にした「個人ブログを破滅から防ぐ12のtips」なんじゃないでしょうか。
Posted by わち at 2008年02月17日 17:16
「時分にしか書けない記事」

「自分にしか書けない記事」
Posted by 風晶 at 2008年02月17日 13:56
基本中の基本を書いてどうするんだよ。
そんなの書いたら100以上並べないといけないだろ。

ほとんどの人は、破壊すらしないレベルだろうけどね。
もう少し頑張ってみるか。
Posted by 暇々 at 2008年02月17日 13:56
 必要以上の個人情報を書かないという
基本中の基本が書かれていない。

 個人さえ特定されなければ
炎上してもネットの中だけですみ、
削除すれば祭りは終わりだ。

 日頃から個人を特定されるような
情報を書かないように心掛けることが
大切であり、これを書かずして破滅から
防ぐTipsなどと言うのは片手落ちと
言わざるを得ない。
Posted by 甘すぎる at 2008年02月17日 13:41
コメント主の人格を意識しないで、テキストだけを解釈するというのが、これに加えてあるんじゃないかなと思いました。
人格を意識しはじめると、ダンバー数の限界で脳が破綻します。
Posted by ところてん at 2008年02月17日 13:25
そもそも個人のブログが「破滅」などするでしょうか。
そこからまず議論したくなってしまいます。
とくにブログは1日1日で流れていってしまう川の流れのようなものです。
ハウツーを作るよりは、自分が何を書きたいかだけにこだわればいいのではないでしょうか。
小飼さんの指摘は、あくまでもお手軽なハウツーにすぎず、
優れた論客を育てるような種類の物ではないと思います。
Posted by yoshiko64 at 2008年02月17日 13:15
経験即→経験則
Posted by tetra at 2008年02月17日 12:47