2008年02月18日 16:00 [Edit]

BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち?

以下の質問に対する答え。

東芝撤退? 次世代DVD戦争は何を残したか:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japan
長かった次世代DVD規格争いがBD陣営の勝利という形で終わるとすれば、両陣営の勝敗を分けた決め手は何だったのでしょうか。

と言っても、もうsatoshiさんに答えられちゃってますが。

Life is beautiful: Apple TV - take II
ちまたには、東芝がHD DVDから撤退という話が流れているが、そもそもDVD以降の物理媒体には手を出すつもりのない私には一切関係がない話。やっぱりこれからはネット経由でしょう、どう考えても。

ブロードバンドが日本よりしょぼい合州国でさえこれなのに、ましてや日本だったらもうパッケージはいらないでしょう。

Blu-ray Disc - Wikipedia
等速は36Mbps。BD-ROMは1.5倍速の54Mbpsが標準転送速度である。記憶型ディスクであるBD-R/BD-REは現在は4倍速の144Mbpsまで規格化され、BD-R/BD-REディスク、BDドライブが商品化されている。 [編集]

うちでニコニコ動画見るときって、プレミアのおかげもあるのかも知れないけど、80Mbpsぐらい平気で出ちゃう。少なくともコンテントを大量配布する手段としての物理メディアはもう終了しました、ていうことでOKでは。

それでも、ネットにはまだまかせられない大容量データのやりとりという需要もある。たとえば未編集の動画をどっさり届けたいとか。こういう場合でも、今やBDなりHD DVDに焼くより、iPod Classicあたりを「通い函」にした方がずっと手軽なんだよね。これじゃゴージャスすぎるというのであれば、1万円前後でポータブルHDDがいっぱい出てるし。

もちろん、容量が少なければ、USBメモリーだっておk。マイクロSDとかなら、切手よりも小さいしケータイにだって入る。

そうやって考えていくと、今やBD相当のマーケットニッチって、思いの外小さい。

BDは勝ったけど、勝利の大きさとしてはMD程度におさまっちゃうのでは。

Dan the Man with Too Many Packages to Open


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
個人的にはパッケージから映像配信への流れは 確実だと思っているのですが、 たとえパッケージが主流であったとしても、果たしてBDは売れるのだろうか? 3時間などの長編で、HD画質で撮影された映画などはBDパッケージで売られるかもしれない。 ただ、現在パッケージ...
はたしてBDは売れるのか【九龍的日常】at 2008年02月21日 20:07
ソニー ベータの反省…ハリウッド攻勢で勝利 BD陣営(Yahoo News―毎日新聞より) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080220-00000009-maip-bus_all すでにご...
ようやく「規格争い」の呪縛から逃れることができたソニー【企業経営・経済に関するニュースブログ】at 2008年02月20日 12:19
確かに大容量データを遠方に送るなら、それこそHDD送りつければいいじゃん、てのはあるなあ。 404 Blog Not Found:BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち? 今やBDなりHD DVDに焼くより、iPod Classicあたりを「通い函」にした方がずっと手軽なんだよね。 確かに手軽。でもHD...
BDを郵送すると何時間?【sside.net】at 2008年02月20日 06:45
「Blu-ray vs HD DVD」の戦いが事実上終結したことを受けて、このあとにどんなことが起こるかという論争が早速起こっているようです。急進的な意見の1つは、例えばこちらのように、Blu-rayの勝利は一時的なもので、早々にネット配信が主流となると言うもの。つまりCD→iTune
[その他]「次世代DVDフォーマット戦争」の次にくるもの【星のつぶやき】at 2008年02月20日 03:05
写真:コンパニオンのオネェサンの笑顔も通じず・・・(?)@CEATEC2007 HD DVD事業の終息について@TOSHIBAプレスリリース2008/2/19より  当社は、これまでHD DVD規格に基づいたプレーヤー及びレコーダーのグローバルな事業を展開してま....
意外にどちらも勝者だったりして【ぶらざーてぃのblog】at 2008年02月19日 22:51
BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち? ブロードバンドが日本よりしょぼい合州国でさえこれなのに、ましてや日本だったらもうパッケージはいらないでしょう。 うちでニコニコ動画見るときって、プレミアのおかげもあるのかも知れないけど、80Mbpsぐらい平気で出ちゃう。少なくと
これからは ネット配信 > 光ディスク なんて誰でもわかってる【Core】at 2008年02月19日 13:19
個人的にはパッケージから映像配信への流れは 確実だと思っているのですが、 たとえパッケージが主流であったとしても、果たしてBDは売れるのだろうか? 3時間などの長編で、HD画質で撮影された映画などはBDパッケージで売られるかもしれない。 ただ、現在パッケージ...
はたしてBDは売れるのか【九龍的日常】at 2008年02月19日 12:28
東芝のHD-DVD撤退の噂報道を受けて、 BD HD-DVDの決着ということが言われていますが、 結局のところ、決着の理由はベータ、VHSと同じく 記録時間、記録容量だったのではないでしょうか。 ベータ、VHSの決着については よくアダルトビデオが出なかったからとか 言....
結局 VHS vs ベータと同じ理由で決着【九龍的日常】at 2008年02月19日 12:03
ブルーレイはともかく 貯蔵庫は要らない、ただ流れてくるものを集めればそれでよい、というのは、違和感を覚える。 リスが食べきれない量のどんぐりを集めるように、人間だってナニガシカを集めたがる。 本だったり服だったり、噂話だったりツーファイブでのアドリブフレー
ためこみたい我ら【hakkatabaco】at 2008年02月19日 07:30
東芝がHD-DVDから撤退するかもってニュースが流れた。次世代DVDの規格争いが...
ブルーレイ vs HD-DVD【だにえるblog】at 2008年02月18日 23:13
と言っても、もうsatoshiさんに答えられちゃってますが。 Life is beautiful: Apple TV - take II ちまたには、東芝がHD DVDから撤退という話が流れているが、そもそもDVD以降の物理媒体には手を出すつもりのない私には一切関係がない話。やっぱりこれからはネット経由でし
BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち?【理想未来はどうなった?】at 2008年02月18日 22:44
404 Blog Not Found:BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち? ブロードバンドが日本よりしょぼい合州国でさえこれなのに、ましてや日本だったらもうパッケージはいらないでしょう。 次世代メディアは終わった!次はネットワーク配信だ!というのはさすがに早いんじゃないかな。「&l...
早すぎる「Blu-ray Discは終わった」論【audiofan.net】at 2008年02月18日 20:02
BD vs HD-DVD、勝ったのはどっち?という記事より。以下の設問に対する回答。東芝撤退? 次世代DVD戦争は何を残したか:CNET Japan オンラインパネルディスカッション - CNET Japanそれでも、ネットにはまだまかせられない大容量データのやりとりという需要もある。たとえば未...
試合に負けて、勝負に勝つ【賢太郎の物書き修行】at 2008年02月18日 17:20
この記事へのコメント
現在DVDを買っている層は、そのままBDを買う。
テレビやyoutubeを視ている層は、無料だから見ているのであって、ネット配信が有料であれば買わない。
今レンタルをしている層が、ネット配信に流れると思います。

ただ利便性があがるので、上手くフックするような仕組みがあれば、今以上にレンタルユーザーの掘り起こしが可能になるかもしれません。
(ex)ネットをうろうとしていたら、よさそうな本があったんでついついamazonで買ってしまい、ネットの登場で年間の本の購入金額が増えました私は。
Posted by たこ at 2008年03月10日 03:41
すみません。たしかにHD RecはHD DVD並みの30Mbpsで記録できますね。
ただそれだと2層DVDで30分ちょっとしか記録できず
2〜3話入れるのは現実的ではないので書きませんでした。
正確には「DVDに2〜3話入れる場合には圧縮率を高くする必要があるため劣化する」ですね。言葉足らずでした。

あと自分の表現で適切でなかったと思う点が1つ。
BDだと劣化しないようにも取れる書き方をしてしまいましたが
BDだろうとHD DVDだろうと圧縮しているので劣化はしてますよね。
Posted by ぽ at 2008年02月27日 20:55
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0802/27/news097.html
NGNではハイビジョン画質の映像配信が出来るようですが。
Posted by 九龍 at 2008年02月27日 19:27
ぽ氏の発言で一つだけ気になったことが。
「対応プレイヤはBDよりはるかに少ないですしね。」
という部分は認めるが
「HD Rec等でDVDにつめて販売はないですよ。
ハイビジョンをDVDに入るように圧縮したら画質は劣化しますし、」
という部分は明らかに事実誤認では?
画質が劣化しないように
HD DVDのフォーマットをDVDに記録するのがHD Recなのであって、
記録時間が足りないという指摘ならともかく「画質は劣化し」
という指摘は違うのでは?
Posted by 九龍 at 2008年02月27日 15:54
容量を残す、と言ってもまさかDVDで売るのと同じ画質で入れるとか思ってないよねwね?
短編は2〜3話集めれば扱いは映画と同じ。
そもそもハリウッドがDVDが売れなくなってきたからblu-rayが必要とされてるのよ。
ハリウッドが使えばコストは下がる。その恩恵を邦画もアニメ業界も受ける。
Posted by   at 2008年02月26日 10:48
一応言っておきますけど
HD Rec等でDVDにつめて販売はないですよ。
ハイビジョンをDVDに入るように圧縮したら画質は劣化しますし、
対応プレイヤはBDよりはるかに少ないですしね。

そもそもいずれはBDもDVDもディスク1枚のコストは大差なくなりますよね。
Posted by ぽ at 2008年02月25日 22:53
いまやアニメですら地上デジタルでハイビジョン放映されていますよね。
高いお金払ってディスク買うわけですから、テレビ放送より画質が劣化したDVDよりも劣化のないBDの方が需要があるわけです。
DVD購入層の人たちは若干高くても劣化のないBDを今後は選択すると思いますよ。
Posted by ぽ at 2008年02月25日 22:36
CNET Japanより
「 新世代DVDの販売は国内はまだわずかで、「市場の伸びを見極めたい」(松竹)というのが本音。現行DVDよりも製造コストが高くつくことも、経営規模が小さい国内映画会社が二の足を踏む理由のようで」http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20368035,00.htm?ref=rss

容量を残して製造コストが高いBDで出す必然性が無いわけで、
そういった容量を必要としない用途であれば
今後もDVDが使われるのでは?
Posted by 九龍 at 2008年02月25日 18:28
いやだから
BDになっても新作は毎月2〜3話入れたのを5000円(もしくは6000円)で出すわけですよ。
ディスクの容量使い切らないのはLDの頃からずっとです。
Posted by ぽ at 2008年02月24日 00:18
アニメのディスクを手元に置いておきたいのはよく分かる。
でも、それだったら、DVDで毎月5000円の方が
BDで半年に20000円よりも売れるんじゃないかな?

BDがHD-DVDに勝ったのは分かるけど、
BDがDVDに勝つという事の保証にはならない。
Posted by 九龍 at 2008年02月23日 23:33
短編だろうと別にBDの容量いっぱいまで詰めて発売することはないよ。
上の人も言っているけどいまのDVDでも2〜3話が主流(1年ものだと4話)。
DVDだけではなくLDやVHSの時代もそんなものでエヴァとか2話しか入ってないのを13本も出していた。

そもそもTVアニメはテレビで無料で配信されているわけで、DVDを買う層は別に見逃したわけでも録画し忘れたわけでもないんだよね。
「手許にディスクを置いておきたい」派は少数だろうけどセルディスクの売り上げを支えているのはそういう層なわけ。

レンタルから配信の置き換えがあってもセルから配信の置き換えは少ないと思う。
たいていの人はDVD買っても年に数本でしょ?
Posted by ぴ at 2008年02月23日 21:16
短編は2〜3話詰めてパッケージにするのはDVDの時と変わらないだろ。
フィルムものHD製作のものにハイデフ化・BD化の効果が大きいのは勿論、SD製作のアプコンものだって効果が無い訳じゃないし商品力そのものはDVDより上。
配信にしたって自分は使ったことないけど、もうバンダイチャンネルとかでやってるんだから何を待っているのかという話かとw ストリーミングによるレンタル形式だけど、iTMRで満足できるなら何の問題もないんじゃん?
http://www.b-ch.com/cgi-bin/contents/ttl/jpchar_list.cgi

「配信でいいのでは」じゃなくて商品力がなくちゃ意味ないんだよ
どこぞの信者じゃないんだから
Posted by   at 2008年02月23日 17:49
2007年
音楽CD(アルバム)の市場規模3200億円。
音楽ダウンロード市場規模750億円。

今最も気軽にダウンロードが利用出来る音楽ですらこれなのに、
映像コンテンツで物理メディア要らんて本気ですか?
「自分が要らないと思うから要らない」理論の王道ですネ。
Posted by CURRY at 2008年02月23日 00:35
ただパッケージで持っておきたいだけなら。
BDはDVDに勝てないのでは?
fukuyasさんの言うように、TV番組と長編映画は分けて考えるべき。

短編のTV番組はBDでは大きすぎて、周期的にリリースするなら
DVDの方が現実解のように思うし。

逆に長編のような作品は腰を落ち着けて見たいだろうから、
それこそ、ホームサーバーのオフタイム配信でいいのでは?
Posted by 九龍 at 2008年02月22日 15:30
ネット配信ってCM飛ばせるんでしょうか
そこが私にとって一番重要な関心事です
Posted by わんわん at 2008年02月21日 18:55
TV番組やアニメなどのOP/EDを削ったら本体は20分そこそこしかないコンテンツと
2時間を越える大作映画は分けて考えるべき。

前者は今後2年程度でネット配信が本格化しそう。
後者はBDがまだまだ必要でしょうね。

ネット中心に活動しているユーザは短期で。
DVD/BDをアマゾンに頼んで配達の時間が待てない。今すぐ見たい。
TSUTAYAにいっておめあてのDVDが貸し出し中になっているのも我慢できない。
30分未満の作品はHDか画質を落としてもさっさとネット配信されるべきだ。
Posted by fukuyas at 2008年02月21日 01:38
ああ、あと付け足すと僕も「手許にディスクを置いておきたい」という理由だけだったら配信が主流になると思いますよ。
けど、書いたように映画コンテンツの場合はクオリティが違う。
ゲームとかだったら配信が主流になるんじゃないか。
Posted by mizuta at 2008年02月20日 14:00
ディスクにこだわる人間は、貨幣経済を理解できない未開人と同じ。
Posted by ぷっ at 2008年02月20日 13:57
映画は数回しか見ないからレンタル配信で十分、と言い張っても米国でも日本でもセル市場はレンタル市場より大きいですし。
セル配信でAppleがこけたのも本人認めてるし
Posted by mizuta at 2008年02月20日 13:50
↑手許にディスクを置いておきたい人間なんてすでに少数派だと、まずは認識すべき。
Posted by ぷっ at 2008年02月20日 13:46
>auの動画ニュースのように、ストリーミングではなく、
>日中や深夜などの時間帯に、ホームサーバにダウンロードしておくという方法などはだめなのでしょうか?

何にしても駄目ということはないでしょう。けど魅力としてどうかというとそこまでして配信にこだわる事もないような気がしますが。
AppleTVにしても200ドル出してまで本体を買って価格メリットのないセル配信をする人が少なかっただけで。レンタル配信にしても価格メリットがないのは同じで、それならDVDレンタルしたほうがいいという人のほうが多いでしょう。
Posted by mizuta at 2008年02月20日 13:46
まず、インフラが整うだけで世界的に見ればあと20年くらいかかるとして、そこからが大変で、DVDで販売された映画が高画質なブルーレイで再販されればマニアは買いますよ、セル市場ってそういうものだし。けど、同じ作品がネット配信されたからって買わないですよ普通。
容量の少ないゲームみたいに配信とパッケージとで内容が同じなら「パッケージでコレクションしたい」「中古で売るから」とかしかパッケージを買う理由は無くなるけど、多分20年後でもクオリティ的にはパッケージ>配信でしょう。配信の売りは気軽さだから。クオリティが違う以上駆逐されることはないしBDはCDに次ぐ長寿になるんじゃないかな。配信は新しい顧客を開拓できればいいけどセル配信のAppleTVでは出来なかった。なぜかレンタル配信では成功できるつもりみたいだけど根拠が不明
Posted by mizuta at 2008年02月20日 13:33
まるでBDが勝った事が面白くない心情から来ているような意見ですね。
MDレベルの勝利とかいっても、HD DVDはそれすら叶わなかった訳ですが。
ネットストリーミングもまだまだです。

BDはじめディスクメディアの存在意義を打ち消すのは
例えあったとしても遠い未来でしょう。
少なくとも手元にファイルが残らない限りは有料で買うなんて事は考えられません。
「視聴権」販売なら、例え版元が倒産しようがいつでも視聴できる保障制度やリアルタイム再生で一斉にアクセスしても破綻しない超高速ネットインフラなど、
いくつかの前提条件がないと、とてもとてもディスク廃盤なんて
馬鹿げた机上の空論ですね。
BDが未来永劫続くとは思いませんが、物理メディアの流通はなくなる事はまず無いでしょう。
Posted by BLACK. at 2008年02月20日 09:52
映像ソフトウェアで売るべきは「見る権利」であるのに、ディスクという物を流通させていることが、著作権やコピーワンスといった議論を迷走させている。BDがいくら優れていようが、ただの器という点では1センチも前進していない。
Posted by nm at 2008年02月20日 00:31
ところで「合州国」ってのは皮肉ですか?
Posted by   at 2008年02月19日 19:20
ところで、ネット配信では転送スピードが足りないという意見が多いですが、
auの動画ニュースのように、ストリーミングではなく、
日中や深夜などの時間帯に、ホームサーバにダウンロードしておくという方法などはだめなのでしょうか?
Posted by 九龍 at 2008年02月19日 17:39
今は、CD買わないし、借りない。全部、iTuneですね。
音楽がNet化しましたけど、
映像は、一足飛びには、ならないでしょうね。


映画ほとんど見ないので、元々関係ありませんが。

あるかないか。が重要なものと、
詳細を見たい、(静止画再生する)
2つ分けは、続くような気がします。

私とかは、地上派、としょぼいYouTubeで十分なので。どっちも
持ってませんが。
Posted by higekuma3 at 2008年02月19日 15:18
Bittorrentがまともなビジネス組み始めてますから、そろそろ面白いかもしれませんな。

Posted by 4k at 2008年02月19日 15:13
ニコニコなどのネット媒体がもてはやされてるのは無料だからでしょう。
著作物を無料で見ているくせに「ディスクなんていらない」って言ってる人を見ると気分が悪くなります。
Posted by とおりすがり at 2008年02月19日 13:49
ネットワークの進化速度
20年で済めば御の字と言っても
20年前にネットワークがあったか、ということを考えると、
ネットの進化速度は、もう少し楽観視しても良いと思う。
Posted by 九龍 at 2008年02月19日 11:45
一瞬だけ80Mbpsの速度でDLできる事と、50Mbpsのストリームを2時間途切れる事無く伝送することでは、全く技術的困難度が異なります。

BD並みのHD映像のネットワーク配信が実現するとしても、ブロードバンドの進んでいる日本でも10年以上は掛かるのではないでしょうか。
地デジ以下10Mbps程度で良いならば、日本でもアクトビラなんかが始めていますが、これも多くの人が利用するようになったらコア系のネットワークとサーバーが負荷に耐え切れられるか非常に疑問です。
ちなみに、アクトビラはサーバー負荷低減のため、FEC付UDPで映像データを流しています。

ブロードバンド環境整備の進んでいる日本でさえこれですから、世界的に(せめて日米欧で)、高品位HDのネットワーク配信環境が整うのに、20年で済めば御の字ではないかと感じています。
Posted by とのじ at 2008年02月19日 10:55
BD買えない奴は貧乏人って言ってる人は
PS3買えない奴は貧乏人って言ってる人にそっくりだなぁ

問題の本質は金の有る無しでは無く
価値の有る無しなのにね
Posted by 三助 at 2008年02月19日 10:16
AppleがHDでのオンライン映画レンタルを始めたのもあって、かなり現実味を帯びてきているトピックだと思います。

ただ電子書籍が思いの外普及しない今、特典につくようなブックレットやライナーノーツに代わる役目をするモノが現れるのかどうか、些か不安ではあります。
レンタル文化根強い日本で、DVD等のパッケージ品を買う層って割と特典目当てに購入することが多いのではないでしょうか?

この考え方自体近い将来、旧世代の価値観に成り得るのかもしれませんが、
この価値観がある限り物理メディアは生き残ると考えます。

また、ネット配信で購入した映像が、BD等の物理メディアに移せないとかなった場合は、普及スピードは落ちるでしょうね。。。
Posted by りびのん at 2008年02月19日 09:06
さー盛り上がってまいりました
Posted by hoge at 2008年02月19日 07:35
映像と音楽とは根本的に全く別物。そこが分かってないからネット配信なんてアホな結論にすぐ飛びつく。音楽は一曲単位だからすぐダウンロード出来るし容量も少ないから簡単に保存出来る。でも映像、特に2時間の映画一本だとDVDレベルの配信ですらG単位、HD映像なら数十G単位になる。時間も掛かるし保存するにも容量を圧迫する。音楽は歩きながらでもどこででも聴ける。しかもメインに聴くハードはipodやラジカセ・ミニコンポ。音質は気にしない。でも映画は自宅でみるのが普通。一般家庭ですら今は液晶やプラズマが普及してる。特にセルDVDを多く買ってるマニア層は普通にプロジェクターで100インチで見てたりする。BDですら画質が悪いソフトは批判されるのに、それより劣るネット配信の映画を見たがるわけがない。将来画期的な配信方法と圧縮技術が開発されればともかく現在のところはネット配信などただの机上の空論だね。
Posted by 机上の空論 at 2008年02月19日 06:36
ブルレイをドカ買いできるのは、それこそ”富裕層”だけでしょう。
Posted by とおり at 2008年02月19日 02:23
今はタダで見れるからにすぎないよ ネット配信を叫ぶ人はね
配信が本格化したら全てのネット映像コンテンツから海賊版が消えるだけ
で、金を払う配信視聴者は居ないので携帯のように誰かが強制徴収すると
音楽配信でおきている事と同じ

そんな世界は嫌なので私はBDを買います
Posted by   at 2008年02月19日 01:52
吉幾三さんが1984年に予見してましたね。
レーザーディスクは何者だ!?by俺ら東京さ行ぐだ
ブルーレイは何者だ!?ver2008

Posted by . at 2008年02月19日 00:43
うちのREGZAタンでHD画質で見たいんですけど。そのためにはBDが現実的な解では?ハイビジョンを持っている人の少なからぬ割合の人はDVDのSD画質に不満を持っていると思いますよ。
で、テレビはWebに繋がっていない→物理メディアか放送(電波/CATV)で見るしかない。
地デジでガンダム00がハイビジョンで見られるのに何でお金を出してSD画質のDVDをか買わねばならんのかと。
Posted by どぅ at 2008年02月19日 00:38
現在は大容量メディアがネット上に普及していないので、誰かが試しに使う程度なら十分な転送速度が出るんでしょうが、それが普及レベルになっても耐えられるようなインフラかというと、決してそんなことはないと思います。世界的な視野で見ればなおさら。

あのGyao程度でさえ、フレッツ網を誇る天下のNTTに「ただ乗り」って言われて忌み嫌われていたのも、そう遠い昔の話ではないのですから。

もうこれからは自動車の時代だから、新型列車の開発なんてナンセンスと言っていた昭和30年代の自動車評論家のようにも見えます。当時は首都高もスカスカでしたしね。
Posted by 安敦 at 2008年02月19日 00:24
BDが勝ったとしても
ネット配信は夢物語という意見が多いようですが、
現実を見たとき、特撮やアニメのような、地上波放送されながら、
パッケージメディアで売られている物は、結局DVDで売られているわけで、
BDは求められていないんじゃないでしょうか。

30分番組を4話入れて、毎月5000円前後で販売というビジネスは成立しても、
5〜6倍の容量のBDで半年分ずつ2万円で販売という形にはならないと思います。

結局、BDの容量は3時間の長編映画などで使われるだけで、
いわゆるテレビ番組のパッケージ化はDVDのままではないでしょうか。
それから、転送容量に関しては、
au one netのような光ケーブルISPでは
ビデオオンデマンドのサービスも実際にあるわけだし、
p2pのファイル転送と動画配信を混同しているような気がします。
Posted by 九龍 at 2008年02月18日 23:46
NTTの皆さんはこの通信経由の議論を読んで、
「ラッキー! これでNGNの意義をわかってもらえるじょ♪」
と思ってんだと思う。


Posted by NGN at 2008年02月18日 23:11
ハイビジョンコンテンツをwebベースで見ることが出来るって本気で思っているんでしょうか?
ハイビジョンコンテンツを1億人が同時に見れる回線インフラが想像出来ません。(たとえ1000万人でも無理では?)

今後10年はwebでハイビジョンコンテンツを見るなんて実験の類だと思います。

Posted by PS3マンセー at 2008年02月18日 23:03
フラッシュメモリでもHDDでもいいが、それらが30年以上壊れないのが普通になってからそーゆー事はほざいてくれ。
Posted by _ at 2008年02月18日 22:56
低音質で聴きたい、見たいという人が多いことだろうか。
ニコニコで満足する低脳が多いからな。

とてもじゃないけど、ブルーレイで50G相当の高画質映像と高音質映像をネット配信でというのは無理
Posted by じく at 2008年02月18日 22:51
昔は、
日本人は、音と絵に
ものすごく手厳しい人種とされていましたが、
両方とも
能力NGになっていってます。

なので、
今回の市場占有が、
本当に勝利かどうかは、
疑問視してますね。

いい音、いい絵に
高金額を支払う
市場が
減っていってるということですからね。
Posted by higekuma3 at 2008年02月18日 22:33
ネット配信って転送量でひっかかるんじゃないかな。
BD画質って何GBなのか知りませんが、仮に20GBとすると
片道転送量でプロバイダから規制されると思う。
私の使ってるプロバで1日片道15GB制限です。
Posted by   at 2008年02月18日 21:06
決着をつけるのが後になればなるほど、得られる利益が小さくなる分野であることは間違いないとは思いますが、今ならまだMDよりは大きなものが得られるのではないかと思ってます。
ネットには対応できなくても、物理媒体にならなんとか対応できる世代や人々、性格的に物理媒体にしておきたい人(コレクター、心配性他)、なんとなく物理媒体がいい人(惰性)などがまだ結構いるのではないかなあという気がしています。
Posted by モモマル at 2008年02月18日 20:50
HDD大容量化の時代、省スペースでバックアップが残せる手段としても必要だと思うよ。 
Posted by 行きずり at 2008年02月18日 20:28
まだ CD はたくさん売れてますけど?
Posted by snark_tail at 2008年02月18日 20:19
録画習慣の無い北米とか、TV見ない人ならディスクはいらないかもしれないけど。

録画したコンテンツをコレクション化する日本人にはメディアの1本化は重要。
Posted by 録画好き人間 at 2008年02月18日 20:06
ネット配信が主流になるのは間違いないでしょうが、流通を完全に握られる(ある日突然見られなくなる)というのが起こり得るのがいやだなぁ、という私は年寄りなんでしょうか(物理メディアならば中古屋流通というのがあるけど・・・)

Posted by skywolf at 2008年02月18日 20:06
satoshiさん曰く、すでに「DVDより少し良いくらい」なレベルまでオンラインで提供されているようですので、あながち遠い未来ではないのでは。
映像コンテンツの主要な消費層にオンライン配信の環境が整いつつあるでしょうし、そうなると物理媒体の導入率が下がる。そうすると、生産コストを下げることができず、オンライン配信が追いついていない環境にいる消費層への物理媒体の導入率も下がる一方になるのではないでしょうか。
Posted by 通りすがり at 2008年02月18日 19:54
家庭用ハイビジョンビデオカメラで取ったコンテンツを直ぐにテレビで見るための媒体としては、コピー操作をしたくない者としては、物理媒体も意味があるかも。

まあ、テレビとビデオカメラが無線LANでつながれば、それで済む話ではありますが。
Posted by 通りすがり at 2008年02月18日 19:16
まぁ、裕福層の偏り過ぎた見解ってトコですなぁ。
せいぜい「貧弱な音響環境」で満足しててくださいね、ってな言い方もできるかな。
Posted by zzzz at 2008年02月18日 19:12
そういえば、MDに負けたDCCというのもありました。
Posted by Yugo at 2008年02月18日 17:43
先取りしすぎて現実感の全くない「ありがちな」意見。
BDのような大量配布用のメディアを置き換えるには
インフラの整っている特定の国だけまかなえるやり方では意味はない。
そういうサービスにはコンテンツホルダーが真面目に素材を提供しない。
今回のBDの勝利にワーナーが大きく貢献したように、
結局皆が均一に、すべてのコンテンツをうけられる状態になってこそ
スタンダードといえる。

20年後くらいに本当に世界レベルでオンライン配信が出来るようになったときに
この記事を取り出して「先見の明」があったなどと自慢しないように。
遠い未来には物理メディアが消えるのは小学生でもわかっていることなのだから。
Posted by trat at 2008年02月18日 17:17
池田信夫氏曰く「勝ったのは撤退できる東芝」
でもしばらくは著作権との絡みでBDは流通するんでしょうねえ。
Posted by blog49 at 2008年02月18日 16:20