2008年02月22日 12:00 [Edit]

仕事、約束、会計。 - 書評 - 国語算数理科しごと

以下の

404 Blog Not Found:暗号ではなく行間 - 書評 - 決算書の暗号を読め
つーか、複式簿記ぐらい義務教育で教えるべきだよね。

を読んだ著者より

Mailより
当方、「複式簿記を義務教育で教える」本を昨年末に出版しております。

というわけで献本御礼。

ああ、「404 Blog Not Found:2008年のお年玉で買うべき本10冊」を書く前に知っていれば!


本書「国語算数理科しごと」は、SEを経て公認会計士となった岩谷誠治が、小学校5年生の娘に、会計士ではなく、会計システム開発担当となって会計を1ヶ月勉強したSEが、娘の社会科の宿題である「親の仕事」に関して答えるという設定で書いた一冊。

目次 - 国語 算数 理科 しごと|日本経済新聞出版社より
プロローグ
第I章 月曜日 お父さんの仕事は何か
  1. 今週の宿題
  2. そもそも仕事って何?
  3. 仕事の定義
第II章 火曜日 商売をはじめてみよう
  1. 花を売ってみる
  2. 書いてみよう
  3. 約束はどこにあるのか
第III章 水曜日 「儲け」とは何か
  1. 簿記を身につける
  2. 儲けとは
  3. どうして「利益」が必要なのか
第IV章 木曜日 約束を守るために
  1. 約束を守る難しさ
  2. 2つの方法
  3. 2つの考え方
第V章 金曜日 仕事の種類は無限大
  1. ケーキ屋さんになれるかな
  2. 約束のもうひとつの意味
  3. 何を学んでいくのか
第VI章 土曜日 妻との会話〜お父さんの宿題〜
  1. 個人と組織
  2. 仕事の分類
  3. 仕事って何か
あとがき

目頭が熱くなるほど感動したのが、以下の一言。

P. 23
「それで、お父さんなりの仕事の定義を考えてみたんだ。」
「どんな定義なの。」
「仕事とは、「約束を守ること」だと思っているんだ。」

刺さった。

この表現を自分で見つけられなかった事を恥じる。

たしかにこれであれば、家事などの無報酬の仕事も包括的に説明できる。粗にして漏らさない、なんと恢々な表現だろうか。

そして、この約束を表現、すなわち目に見える形にしたものが、会計。

本書は、こうした粗にして漏らさない表現で、最初から最後まで貫かれている。本書はわずか150ページ、文字も小さくなくイラストも多い、にもかかわらず、400ページぐらいの本を読んだぐらいの読み応えがあった。この表現の密度は、すごい。

火曜日にはもうB/S、水曜日にはB/SとP/Lがどうつながっているのかの解説....娘への講義は、わずか5日なのだが、これで会計の基本がきちんと収まっている。そして土曜日には、妻と娘への講義を振り返りつつ、「しごと」というものの意味を再確認する。

岩井千鶴子のイラストがまたすばらしく、濃密でありながらのどごしスッキリ。この品質なら、小学校の教科書としても大人の参考書としても使って問題ない。

添え状より
本書は子供向けというよりも、狭い職業観に囚われ、自らの仕事に自信をもちかねているビジネスパーソンにこそ、読んでいただきたいと思います。

本書を読むのに年代や経歴は問わない。学生は本書から知識を、新社会人は本書から知恵を、そしてベテランは本書から表現をそれぞれ学ぶ事ができる。本書から得る者がなにもない、という人は、著者本人か神かどちらかだろう。

仕事、約束、会計。この三位一体を一冊で学べる本書は、まさに「国語算数理科社会」の「社会」をおきかえる教科書となりうる。本書の内容を、小学校で教えて欲しい。中途半端に英語を教えるよりはずっと簡単で、そして得るものは大きいのだから。

Dan the Amateur Bookkeeper


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
国語 算数 理科 しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」岩谷 誠治 日本経済新聞出版社 2007-11Amazonで詳しく見る by G-Tools 小飼弾さんが以前ブログで紹介していたのを読んで気 ...
岩谷誠治『国語 算数 理科 しごと』→タイトルから想像できないが実は「会計」の本【とんの読書ブログ】at 2011年01月19日 00:45
著者より献本御礼。 借金を返すと儲かるのか? 岩谷誠治 さすが「国語算数理科しごと」の著者である。「国語算数理科しごと」を小学校の教科書として、そして本書を中学校の教科書とすれば、必要十分な会計リテラシーが、現在の義務教育の範囲内で修まる。文科省は...
会計リテラシー必要十分 - 書評 - 借金を返すと儲かるのか?【404 Blog Not Found】at 2009年06月24日 07:16
エリエス・ブック・コンサルティングの古屋様より献本御礼。 世界一受けたいお金の授業 和仁達也 まだ書影も上がっていないのに(だめじゃん>三笠書房)、今書評を上げることにしたのは、発売開始までそれほど日がないということもあるけど、本書によってミッシン....
B/Sの前にまずP/Lを - 書評 - 世界一受けたいお金の授業【404 Blog Not Found】at 2009年02月18日 21:41
我が長女が、どうやら2009年度におけるクラブ活動で会計係を任命されたらしい。小学校時代からやっているフルートをもっと本格的にやりたい、ということで中学校で吹奏楽部へ入部、...
大学生なら複式簿記くらい知ってろよな!【コンサルタントの浅知恵】at 2009年02月09日 20:35
うーん、いろいろといたい。 簿記と会計と財務の違いについてまとめてみた - GoTheDistanceつまり、5万でEeePCを買ったという行為だけを管理するのが単式簿記で、5万円のEeePC入手&現金5万円の支出を紐付けて管理するのが、複式簿記です。 でも、これ、かつては私もやった...
B/Sがなぜ必要か【404 Blog Not Found】at 2009年01月16日 03:49
本書は、dankogaiが絶賛していたため随分前に購入。やっと読了。これもす...
『国語算数理科しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」』の読書感想【だにえるblog】at 2008年11月03日 21:12
書評リンク - 国語算数理科しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」
国語算数理科しごと―子どもと話そう「働くことの意味と価値」【書評リンク】at 2008年10月12日 14:33
洋泉社依田様より献本御礼。なぜか二冊も献本されてきた。 会計のルールはこの3つしかない 石川淳一 / 松本武洋 良著。「国語算数理科しごと」と、簿記の参考書のギャップをつなぐ位置に本書はある。本書をきっちり読み込めば、簿記三級なら受かるかも知れない。...
4つ目以降に価値がある - 書評 - 会計のルールはこの3つしかない【404 Blog Not Found】at 2008年05月05日 16:51
「いちばんやさしいファイナンスの本」は日本能率協会マネジメントセンター杉崎様経由で著者より、「アメリカの高校生が読んでいる経済学の教科書」はアスペクト貝瀬様よりそれぞれ献本御礼 いちばんやさしいファイナンスの本 保田隆明 アメリカの高校生が....
ペア書評 - いちばんやさしいファイナンスの本/アメリカの高校生が読んでいる経済学の教科書【404 Blog Not Found】at 2008年04月21日 11:26
ここ1か月ほどで読んだ本です。 最近本読むペースが落ちていることに気づいたので、 がんばっていろいろ読まないとと思った次第。
最近読んだ本【iThink】at 2008年04月11日 23:21
仕事、約束、会計。- 書評 - 国語算数理ごと 岩谷誠治 404 Blog No...
簿記 試験【@あんな情報】at 2008年02月26日 09:51
ニートの24歳です。恥を覚悟で相談したいです。ニートの24歳です。恥を覚悟で相談したいです。働きたいです。でも何からやっていいのか分かりません。24歳という年齢がネックになりそうで怖いです。専門学校と通信教育ですが大学を卒業しました。自分に自信が持てない性....
簿記【@ネット情報局】at 2008年02月26日 09:31
ニートを辞めて働きたいです。25歳の男です。どうすればいい?ニートを辞めて働きたいです。25歳の男です。どうすればいい?大学を卒業してニートです。少し働いて退職してしまいました。今の気持ちは「早く社会...
全経簿記【それ知らんかった(汗)】at 2008年02月26日 06:04
仕事、約束、会計。- 書評 - 国語算数理ごと 岩谷誠治 404 Blog Not Found:暗号ではなく行間 - 書評 - 決算書の暗号を読め つーか、複式簿記ぐらい義務教育で教えるべきだよね。...
簿記【愛実の何でもニュース】at 2008年02月25日 19:48
この記事へのコメント
早速購入して読みました。

「約束」のくだり、初っ端に出てくるんですね。
今の自分を振り返り、
何が「しごと」になっていて
何が「しごと」になっていなかったか
気付かされました。

著者の表現に脱帽です。
小学校で、こどもたちだけでなく、
それを読ませることになる先生方にも
読んでもらいたいですね。
Posted by 新米エヴァンゲリスト at 2008年02月28日 13:24
書評掲載ありがとうございます。「身に余る」という言葉の意味を実感しております。

イラストレーターの岩井氏に連絡したところ、「寝不足で死にそうなんですが、また、頑張れます。今夜も。」との返事をいただきました。小飼さんにおきましても、お体、ご自愛ください。
Posted by 岩谷 at 2008年02月23日 09:36
> 「仕事とは、「約束を守ること」だと思っているんだ。」

しびれました。
注文しました。
Posted by gaseidou2 at 2008年02月23日 00:28
小5の娘に「〜の定義を考えて見たんだ」と話しかけるほうもあれですが、「どんな定義なの」と返したと聞いちゃあ、これはたまげたもんだ。
うちの高3の娘に爪のあかでものませたいものです。いまだに抽象名詞をろくに扱えないもんで。
でも、おもしろそうなので、注文しちゃいました。
Posted by madante at 2008年02月22日 23:39