2008年02月22日 14:45 [Edit]

Web制作 - 高いか安いか、ではない

私もどちらかといえば、

So-net blog:港区赤坂四畳半社長:Web価格早見表を見て就活とグッチを思い出す
でももっと驚いたのは、この早見表に対するはてブのコメントです。

「高すぎる!」

逆に僕は「こんなに安かったら大変だな」と思いました。

なんだけど、しかし「安い」だけだと片手落ちだとも思う。

なぜなら、Web制作を外注するということは、金を払ってWebサイトを買うこと、ではないからだ。そういう考えだと、どちらもうまく行かない。これはWeb制作に限らず、「収益を上げる機構」を作る場合全てに言える。

発注側は、リスクとリターンを追う。

制作側は、リスクとリターンを渡す。

これが、本当の姿。

制作費1000万円のサイトは、制作側からすれば収益が0円であろうが1億円であろうが1000万円。発注者側は、差し引きマイナス1000万円からプラス9000万円。このことを理解していないと、お互いに良好な関係は築けない。儲かれば制作側は「自前でやっときゃよかった」となるし、儲からなければ発注者側は「あんなに金払ったのに」、となってしまう。

「Web屋の相場」議論からは、このリスクという観点が抜け落ちている。

それでは、発注側と制作側の関係は、100%それしかないのか、といえば、工夫のしどころはある。

ある程度制作側でもリスクを負担する代わりに、リターンも変動にするという、いわゆるプロフィットシェアという方法があるのだ。相手と長期的な関係を結べそうだったら、これがお勧めである。

やり方の一つとして、そのWebを運営する会社を作って、制作側は初期費用分の一部または全部をその会社に出資するというものがある。これで発注側は元手を抑える事ができる。そしてそのWebサイトが軌道にのったら、発注側は制作側の持分を買い取る。ここで発注側はより大きなリターンを手にすることができる。

このやりかたのうまいところは、理論的にはリスクとリターンの比率を0から100まで調節することができること。株式会社の場合、法律もあってリニアに、とは行かないのだけど(1/3と1/2のところに「段差」が生じる)、今や会社法ができたおかげで、LLCやLLPなどなどの仕組みを使ってさらにフレキシブルな調整も利。また最低資本金の縛りもなくなったので、双方がコミットできる金額の合計が1000万円以下でもこのしくみが使えるようにもなっている。

Webサイトというのは、実に「売り切り」が実に難しい商品である。売り切るためには売った先に、今後も続けるための技術力もきちんとわたさなければならない。上の方法であればそれが出来るのである。

今後は、数十万円オーダーの仕事ならとにかく、数百万オーダー以上の仕事は、「いくらにするか」という視点だけではなく「リスクとリターンをどう折半するか」という知恵までないと取れなくなっていくはずだ。

そのWeb制作を5万円で請け負ったあなた、あなたは子門真人と同じ間違いを犯しているかもしれませんよ。

子門真人 - Wikipedia
子門自身、この曲がメガヒットになるとは思わなかった為、レコード会社から「歩合と買取どちらが良いか」聞かれた際に、軽い気持ちで「買取で」と答えている。価格は5万円。

Dan the Risk Broker


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:Web制作 - 高いか安いか、ではない
404 Blog Not Found:Web制作 - 高いか安いか、ではない【】at 2012年01月19日 23:57
Web担で1週間に更新された記事を、編集部のお勧めマーク付きでまとめて紹介。 見逃している記事がないか、まとめてチェック!。
2008/02/18〜2008/02/22に公開されたWeb坦の記事まとめ【Web担当者Forum】at 2008年06月19日 23:06
競売に掛けた性行為で妊娠した女性、[ベルリン 13日 ロイター] ドイツで性行為をネットオークションに掛けた結果妊娠した女性が、子供の父親を割り出すため落札者の身元を明かすようオークション元のウェブサイトを訴えていた裁
スポーツ ウェブ ショッパーズの うわさ【★ネット情報 背負い投げ】at 2008年03月02日 19:55
Web業界で大反響となっている、以下の記事。 ▼「○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表」 http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/02/20/2456 この記事を書かれているのは、受託側であるロフトワークの方ですが、 2日連続で、はてなブックマ...
ウェブサイト制作の相場について【インタラクティブ・エージェンシーではたらくWebプロデューサー】at 2008年02月26日 19:53
ウェブ制作業界で話題になっている「ウェブサイト制作の相場早見表」。・○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表 | Web担当者Forum・はてなブックマーク - ○○円ならどこまでできる!? ウェブサ...
相場早見表は発注と受注の平均値でしかない。【陽のあたらない美術館 -人間再生-】at 2008年02月23日 15:54
○○円ならどこまでできる!? ウェブサイト制作の相場早見表(Web担当者Forum)  この記事では、ざっくりとしたウェブサイト制作のコストを考えるための、相場早見表を示す。「制作会社にこんなことを頼んだらいくらかかるんだろうか?」「予算はこれぐらいしかないんだけ...
ウェブサイト製作費の相場は高いのか低いのか【ウェブ妄想論(仮)】at 2008年02月23日 13:28
 またもや小飼 弾さんのブログ404 Blog Not Foundよりのエントリ...
WEBSITE制作の相場早見表【正直ブログ】at 2008年02月23日 12:43
残業ゼロ宣言をしてから丸三週間が経ちました。 総括するにはまだ早いかも知れませんが、概ね目論見通りで成功だと思っています。 定時の間にするべき仕事内容が明確に意識で
残業ゼロ宣言のその後【□■ 神戸本山便り ■□】at 2008年02月23日 09:35
404 Blog Not Found 「Web制作 - 高いか安いか、ではない」 という記事を読んで、なんだかなあ、と思ったので。 話の発端はこれ Web担当者Forum 「??.
チャンチャラおかしい【泥臭いWEBの底から】at 2008年02月22日 20:27
 ○○円ならどこまでできる? ウェブサイト制作の相場早見表によると、一般的なwebサイトの製作にかかるコストは、10ページ程度の簡単なサイトなら50万、システムを導入した大掛かりなサイトなら500万だそう。  さらに、その金額は web屋の相場が公開。高いとか....
システム開発、安い?高い?   せめて生活できるお金を下さいwww【for ( ; ω ; ) { System.out.println("出られません."); }】at 2008年02月22日 19:20
発注側の方からの鋭い指摘。 以下の指摘ももっともだが、金が生まれるサイトばかりじゃない。 ポイントにしているリターンは「売上のことだけじゃない」と捉えれば色々解釈できる。
ウェブ制作の見積りの相場【Design】at 2008年02月22日 17:10
この記事へのコメント
さんすうさん、
その通りです。というわけで修正+推敲。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年02月22日 22:28
-1000万 + 1億 = 9000万
Posted by さんすう at 2008年02月22日 22:10
初書き込みで typo 指摘ですみません。

s/リターンを追う/リターンを負う/

5分くらい意味が把握できず悩んでしまったので
あえて指摘させてください。
Posted by you_got at 2008年02月22日 15:42