2008年02月26日 12:00 [Edit]

NEET = Network-based Education, Employment, and Training

この話の信憑性に疑念を持つ人もいるのだけど、重要なのはこの話が本当か嘘かじゃない。

ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳
先日、実家に帰った時、友人の妹のニート暦4年目の、19歳の女の子に会ってきたお話です。

大事なのは、この話は本当にありえるし、実際にそういう人たちがいる、ということだ。


引きこもり歴4年の19歳女子が充分でなかったら、「親より稼ぐネオニート」を読んでみるといい。彼女のような生活は今や一般的、とまでは言えないかもしれないが、「そんなのありえない」というほど稀というわけでもないはず。

実名入りの例が欲しい? Pugsを作ったAudrey TangはIRCで英語を学んだそうだし、ニコニコ動画を作った戀塚さんは、オフィシャルに自宅勤務。私自身もこの例にあてはまる。

こうなってくると、NEETというのは Not in Education, Employment, or Traningではなく、Net-based Education, EMployment, and Training と、Not 〜 or 〜 ではなくNet 〜 and 〜 で語られるべき存在ではないのか。とはいえNEETというネームスペースはすでに占拠されているも同然だし、「あちら側の住民」って言い方もなんだし....

それはさておき、むしろ注目すべきは、ここなのではないか。

ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳
彼女は、ネットには全てがあると信じていた。
だからこそ、外に出る必要性なども無いと感じていたのです。

この気持ちは、よくわかる。彼女のようにうまく行っている「引きこもり」はまずそう思っているはず。実際うまく行っているだけあって、斉藤環は、彼女のような例は「治療すべきひきこもり」とは見なしていない。

ネットという「あちら側」は、「こちら側」よりもよっぽど厳しい側面もある(「あちら側」「こちら側」でピンとこない人は、「ウェブ進化論」を読むこと)。そこでうまくやっていけるという自信を獲得する過程というのは、実は「リア充」になる過程と驚くほどよく似ている。

そして「これが現実だ」と達観、または勘違いする過程も。

「あちら側」と「こちら側」に共通する点は結構多くて、片方が充実すると実はもう片方も充実することも多いのだけど、どうしても重ならない部分があって、どちらか一方にいるとそれを見落とす。彼女には隣の本が見えなかったように。そして「リア充」たちがSBMの存在も知らないように。

  • 煮詰まったら、反対側に行ってみる。
  • 一人で行けなかったら、案内人についてってもらう。

あまりに月並みな教訓だけれども、どの世界の住民にも使える智慧なのではないか。

Dan the NEET


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
釣りぽいタイトルですいません。 ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてっ...
15歳の女の子に3年間家庭教師として英語を教えたら、英語ペラペラになって感謝された話【DQN起業日記】at 2008年03月03日 01:08
釣りぽいタイトルですいません。 ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてっ...
15歳の女の子に3年間家庭教師として英語を教えたら、英語ペラペラになって感謝された話【DQN起業日記】at 2008年03月01日 04:25
いつもお世話になっているYamadaさんの書いた「ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話」という記事が、はてなブ上で波紋を呼んでいるそうなんです。と言うのも、この記事はYamadaさんの友人の妹である「引きこもり+ニート暦4年....
A:セカンドライフで月15万円稼ぐにはどうすれば良いんですか?【Blog紹介しちゃいます。】at 2008年02月29日 23:36
ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら泣かれて改心した話*ホームページを作る人のネタ帳 この記事すごくよかった。 初めて紀伊国屋書店へ行ったニートの話、作り話とか祭り上げられているようだけど、作り話とかという問題以前にそういうことあってもおかし
[雑記]さあ、外へ行こう【makotoworldのはてなダイアリー】at 2008年02月27日 02:21
1 Yamdaさんの放ったボール ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら泣かれて改心した話*ホームページを作る人のネタ帳 多くの反応を引き出した、Yamdaさんの「伝える力」って凄いなと痛感させられました。私は氏のblogを勝手に「デザイン関係の師匠」的な存在
Yamadaさんの放ったエピソードが、引き出した1つの知恵と1つの疑問について【どんなジレンマ】at 2008年02月26日 23:02
ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話と、それに対する小飼弾のエントリを読んでの感想。まず、ニートでい...
完全な引きこもりは恐ろしい【あゆ級】at 2008年02月26日 18:43
ホームページを作る人のネタ帳さんのエントリ 「ニートの19歳の女の子を札幌『紀伊国屋』に連れて行ったら感動して泣かれた話」 いろんの..
ニートは世間と隔絶しているんじゃない、リアルに興味が持てないだけなんだ【若だんなの新宿通信】at 2008年02月26日 18:06
ニートの19歳女の子を札幌『紀伊国屋』に連れてったら感動して泣かれた話*ホームページを作る人のネタ帳 先日、実家に帰った時、(中略) 女の子に会ってきたお話です。 この話の信憑性に
「ニート女子を『紀伊国屋』に連れてったら…」の真相【ついったーとHamachiya2】at 2008年02月26日 16:24
親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち (扶桑社新書 6)を読む。 ニートのみなさんの応援歌。迷わず読んでっ。ニートの皆様!
親より稼ぐネオニート(書評・感想)【blog50-1】at 2008年02月26日 12:41
この記事へのコメント
>では、そういう方を
>在宅勤務の社員、契約社員、アルバイト。

>として雇う勇気のある社長が、いるのでしょうか?

雇う側にまわるんじゃね?
Posted by 黒潮 at 2008年02月29日 05:24
では、そういう方を
在宅勤務の社員、契約社員、アルバイト。

として雇う勇気のある社長が、いるのでしょうか?


そういう方を
人材派遣会社は、
紹介するのでしょうか?

考えましょう。

そういう方に、発注しますでしょうか?
Posted by higekuma3 at 2008年02月28日 08:42
>それとも、せっかく「煮詰まった」のに、それを放棄してわざわざ反対側に行くことに意味があるのでしょうか?

彼女は「ネットに全てがある」というなんとなく限定的な「熟成」を迎えたので、
そうであるからこそ、それを放棄してわざわざ反対側にいくことに
意味が生まれたんだと思うよ。

本人「行き詰ってる」と感じてなかった様子だし。
Posted by 遍歴 at 2008年02月27日 14:42

正しい順番で教育されることは、
どれくらいの確率でしょうかね。

長い時間をかけてれば、
だんだん似通ってきますが。
Posted by stockjp at 2008年02月27日 07:43
>煮詰まったら、反対側に行ってみる
 つまらない誤字指摘で申し訳ありませんが、「行き詰まる」では?
 それとも、せっかく「煮詰まった」のに、それを放棄してわざわざ反対側に行くことに意味があるのでしょうか?
Posted by 誤字指摘 at 2008年02月26日 23:56
(´・ω・`)知らんがな
Posted by デカルト at 2008年02月26日 23:50
街で見かける鳥の名前、全部言えますか。
リア充?を誇る方にとってもあんがい全部「鳥」ていうことで
済ませているのではないですか。
さすがに鶏と鳩の区別ぐらいはつくでしょうが。

スーパーで売ってる魚、全部名前言えますか。

モダンジャズとスイングの違いわかりますか。

ペンティアムとATHRONの違いわかりますか。

アセンブラってマシン語ですか。

ナイロンとポリエステルの違いわかりますか。

民主党と自民党と電通ってなにが違うんですか。

山は死にますか 海はどうですか

お前を嫁に もうらうまえに 言っておきたいことがある

姑小姑かしこくこなせ

たやすいはずだ 愛すればいい



Posted by リアルってなあに。 at 2008年02月26日 20:30
Bio100%の人って生きてたのか〜
Posted by aho at 2008年02月26日 19:49
本文の「煮詰まる」の用法が全く間違ってますよ。
物事や議論が完結しそうな状態が本義です、気になったので一応。
Posted by タケシ at 2008年02月26日 18:32
「アトムの子ら」を思い出しますた。
Posted by himorogi at 2008年02月26日 14:08
fooさん、
typoですね。ついでに他もちょこっと直しました。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年02月26日 13:58
仕える、ってわざと? それとも単なるtypo?
Posted by foo at 2008年02月26日 12:57
かわいそうですが、
ネットで学ぶと
学ぶ順番が、
ぐちゃぐちゃなんですね。

なので、
通常社会とコミュニュケーションを
とれる確率は、
減っていくのです。

論理構成。
言語中枢。
人との対応。


正しい順番で教育されることは、
どれくらいの確率でしょうかね。

長い時間をかけてれば、
だんだん似通ってきますが。


社会に出るころに
通常になるためには、
ものすごく超高速でリンケージをたどりつつ、
ある事象に対する、
正論、反対意見を、
読破するような能力を持っていないといけないことに
なりそうですがね。
Posted by higekuma3 at 2008年02月26日 12:53
後日談みたいなものがまたよくってスポンジな感じでいろいろ吸収してみたされるとよいなと感想をもった次第。
Posted by blog49 at 2008年02月26日 12:43