2008年03月01日 15:45 [Edit]

私はこうしてクビを切りました

これ、定性的には事実なのかも知れないけど、定量的に事実かというと、給与を出す立場だった私からみてもYesとは言いがたい。

就職氷河期と資本主義 - FIFTH EDITION
なんでかって話になるんだけど、まず、マクロな話になるんで、退屈な話かもしれないけど、日本って、正社員を簡単に解雇できないのよ。労働法の関係上、簡単に首切れない。

労働法上はどうなのよ、というのは、「労働法のキモが2時間でわかる本」の第11章を読んでもらうことにして、また実のところそれがどう活用されるのかというのは「カバチタレ!」の第一話を見てもらうことにして(どちらも広島に縁があるってのは偶然?)、ここでは実際に私がクビにした時の実例をお話することにします。

このケースでは厳密には解雇したのではなく、本人が退職を選んだという形になっており、これらのアクションはあくまで会社という法人が従業員に対してとったものなので主語が「私」というのもおかしいのですが、経営側の人間である私が率先して行動し、その結果彼が会社を去った以上は、「私がクビにした」という言い方は厳密でなくても正しいと考えるのであえてそのように書いています。

彼は私より年長で、しかも創業メンバーの一人。率直に言って最もクビにはしづらい従業員でした。その彼のクビを切ると決めたのは、それが会社にとってもベターだっただけではなく、彼にとってもベターと判断した上のことでした。

彼は決して悪人ではありませんでした。むしろ私も含めて「猛獣」だらけだった社内では、癒し系ですらありました。彼は私が入社する前に降格人事を受けていたのですが、それを恨むわけでもなく、きちんと出社して仕事をやっていました。

いや、出社しすぎていて、にも関わらず仕事が完了しなかったのです。

そのおかげで、彼は残業代のチャンピオンでした。基本給与は最低レベルなのに、残業代を加えると給与全体ではトップクラス。にも関わらず結局仕事がきちんと上がらなかったので、エース級の人材が彼の尻拭いをする羽目になっていて、これでは出来る社員が二重に腐ってしまいます。

善人で仕事ができない先輩。正直引導を渡すのが最も鬱になる相手です。だからこそ、今まで辞めずにクビにならずに残っていた。だからこそけじめをつけなければならない。

まず私は、彼の業務の履歴を可能な限り集めました。彼が書いたコードもすみからすみまで読みました。その過程で全部書き直したというのは余談ですが。その上で彼を解雇した場合、彼が退職を選んだ場合、そして彼が残留を望んだ場合を想定し、それぞれにリアクションを決め、他の役員にそれを提示して了承をとり、下準備を済ませてから彼を会議室に呼びました。

弾:
あなたはこのプロジェクトとこのプロジェクトで納期を破っている。なぜですか。
彼:
がんばったのですが....
弾:
あのプロジェクトは、結局A君に片付けてもらった。このプロジェクトは、私がやった。A君やわたしはがんばっていないのだろうか?
彼:
....
弾:
あなたはまた、我が社が導入したコーディング・スタンダードを守っていない。「use strict;で動かないプログラムは今後納品しない」と私も厳命したはずですが、なぜですか?
彼:
それだと仕事が間に合わないと思って....
弾:
それでは、あなたは顧客の立場で、どちらのプログラムが納品されることを望みますか?
彼:
コーディング・スタンダードを守った方です。

こういう会話を、まずは30分ほどかけてしました。その当時の会社の要求レベルを、彼が満たしていないことを彼自身に納得してもらうためにそれが必要だったのです。

弾:
それでは問います。あなたの同僚の立場だとして、あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか?
彼:
思いません。
弾:
あなたが経営の立場、そう、今の私の立場にいたとしたら、あなたはあなたをどう処遇しますか?
彼:
クビにすることを考えます。

ここまで話してから、やっと私は彼に対する処遇案を披露しました。

弾:
あなたは解雇を選ぶことも出来ます。その場合当然法にのっとり、あなたは解雇予告手当を支給された上、すぐに失業手当の給付を受けることが出来る。自ら辞めることも出来ます。この場合、我が社にはあなたが解雇された場合に受け取るより多い額の手当を支払う用意があります。どうしますか?
彼:
辞めます。

正直疲れました。一人辞めていただくには、五人採用するぐらいには疲れるものだと事後にためいきをついたものです。しかし、誠意を持って礼を尽くせば、労使双方納得いく形で辞めてもらうというのも可能だということも示すことが出来たと感じます。

確かに経営の気持ちだけなら、「カバチタレ!」の主人公をクビにした社長よろしく、出来なかった分の給料返してくれよというのもわかります。解雇にまつわる手当を支払うときには、盗人に追い銭という気分にすらなるでしょう。

しかし、彼ないし彼女を雇ったのは、そもそも経営の責任です。上のケースでは彼を雇い入れたのは私ではありませんが、経営陣に入った以上はそれも私の責任の一部です。他人ごととして考えれば「盗人に追い銭」なのかも知れませんが、自分ごととして考えれば、雇い入れた方が悪いのです。

そう考えれば、現在の労働各法が雇用者に対して要求している解雇基準というのは、高すぎるとは思えないのです。もちろん労働各法が要求している水準というのは最低ラインであり、就業規則まで視野に入れれば「クビにしたくてもできない」というのはありえますが、むしろ「クビに出来ない」というのは経営者の気分の問題の方が大きいのではないでしょうか。

実際さまざまな人から話を聞いても、こういう場合きちんと辞めていただくより、ねちねちといじめて辞めるようにしむけたり、逆に開き直られて居座られたりという話が多いのです。本当に会社が左前で、本当に従業員が路頭に迷ったら一家離散という話は以外なほど少ない(ゼロではありません)。そういう場合でも、むしろ経営者が自殺して保険金で清算なんて凄惨な話の方をむしろよく耳にしたりします。

それであれば、懐も心が一時的に痛んでも、きっちり辞めてもらった方がお互いの立ち直りは早いのではないでしょうか。全てのケースがそうだというつもりはありませんが、それが出来ている会社ほど経営者も従業員も、そしてOB/OGもいい顔をしているというのが私の手応えです。

Dan the Newtron Bomber

それだと不当解雇じゃね? | hachimitu blog
僕も今の時代にあってないと思うけど、そうはいっても法律は守りましょうね。

コメント欄に記入しても反映されないようなのでTBにて。

法務にはきちんと相談した上での判断とだけ申し上げておきます。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました
404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました【】at 2012年01月23日 02:06
数年前にある政治家な方から聞いた。 憲法何条とか調べたけど忘れた。 民間では労働慣行がどうのと言われても、実質いつ失職するか分からない。 palさんのエントリーを朝から拝見して、鬱になった。 転職しようかな....
「首相だっていち公務員をクビにできないんだよ」【HPO:機密日誌】at 2008年06月06日 10:40
そう考えれば、現在の労働各法が雇用者に対して要求している解雇基準というのは、高すぎるとは思えないのです。もちろん労働各法が要求している水準というのは最低ラインであり、就業規則まで視野に入れれば「クビにしたくてもできない」というのはありえますが、むしろ「ク
2008-03-10【Yet Another But Open】at 2008年03月10日 00:46
平和島池上浅草代官山横浜。 値切り値切られもてなされ、売り込み手配し密談をし、巨大案件をご紹介いただいて、とっても密度の濃い冬の日。 はー、面白かったけどからだは疲れた。 あと、この2〜3日とっても面白かったのが、 この記事。 404 Blog Not Found- 私はこうして
もももももモグラの赤ちゃん【狸林’s Web Log】at 2008年03月05日 14:21
このサイトの目標は世界の宝であるroguelikeを広めることのはずなのに! 最近揉め事ネタがやたら多いし、ネタが出てから二日後に気付くのはwatch野郎としてどうよというはしますが。 でもこの記事を肯定する空気出されるのは勤め人としてはさすがにキツイ。 記事での主張云
[揉め事]id:dankogaiの自分の元部下に対するダウン攻撃が容赦無さ過ぎる【見ろ!Zがゴミのようだ!】at 2008年03月03日 22:49
404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました 管理者側に立つことなく、20年以上、ペーペーの事務職を張ってきて思うのは、「おやじ同士で庇いあってやーねー」だったりする。(ヒガミ120%ですが、何か?) 同時に、そういう余力のある会社でよかったよね、...
能力にもいろいろある【紫野blog】at 2008年03月03日 17:26
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51011259.html ブクマにも書いたが、これを読んで「わたしは訴える(Ich klage an)」を思い出した。 1941年にドイツで『私は訴える(Ich klage an)』という映画が製作された。その物語は次のようなものだった。 トーマス・ハイトと
「選択の自由」が排除する人々【過ぎ去ろうとしない過去】at 2008年03月03日 12:15
それであれば、懐も心が一時的に痛んでも、きっちり辞めてもらった方がお互いの立ち直りは早いのではないでしょうか。全てのケースがそうだというつもりはありませんが、それが出来ている会社ほど経営者も従業員も、そしてOB/OGもいい顔をしているというのが私の手応えです
[経済]解雇はチャンスかもしれない【Rails で行こう! - Ruby on Rails を学ぶ】at 2008年03月02日 22:48
私はこうしてクビを切りました 404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました 仕事出来ない癖に高い給料もらって偉そうにしてる奴等はどんな立場であっても速攻首に出来るように法改正しろと常々に思ってる訳ですが、出来ないなら出来ないなりに一生懸命やる気がある人
[雑文]世の中、使える人間ばかりではない【深夜の馬鹿話】at 2008年03月02日 21:32
いま、はてなーが雇用問題について語るとき、マッチョという表現がよく出てくるんだけど、これってどういう意味で言ってるんだろう? 日本人がマッチョという時、筋肉ムキムキの体育会系筋肉バカをイメージすると思う。 外人がマッチョという時、男性優位主義者をイメージす
マッチョと呼ぶのはどうかと思う。【飽きたら消すよ。】at 2008年03月02日 13:14
僕も法律の専門家じゃないですが、その理由じゃ解雇できなくね?...
それだと不当解雇じゃね?【hachimitu blog】at 2008年03月01日 23:23
どこの会社にも必ずいる。温厚で、人付き合いがよくて、考えを人に合わせてくれて、そして仕事ができない。もう、本当にできない。 404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました 彼...
仕事ができない良い人をクビにする【blog.pledge9.net】at 2008年03月01日 22:46
この記事を見て人事担当者だったときのことをふと思い出した。 404 Blog Not Found:私はこうしてクビを切りました 彼は決して悪人ではありませんでした。むしろ私も含めて「猛獣」だらけだった社内では、癒し系ですらありました。彼は私が入社する前に降格人事を受けていた
できない良い人が最も困る【タケルンバ卿日記 −熱海発磐梯熱海行き−】at 2008年03月01日 16:47
この記事へのコメント
今の経済不況(とテレビがしきりに言いまくる現状)を見てると
すごく正解な判断ですね。

義理だけで会社つぶすような人はまさに無能。
特に上の洗脳云々のような人とか。
Posted by 洗脳の意味すら分かってなさそう at 2009年06月18日 02:21
もしも私が経営者で創業時メンバーの首を切るなら、自ら説得するだろう
弾氏の会社のTOPは創業時に支えてくれたメンバーにダメ人間の烙印を押す
利用する時はへりくだり利用価値がなくなると、雑巾のように捨てる
その姿は未来の自分であると
弾氏が自覚しておられるなら良いが§
Posted by 弾氏は既に洗脳されている at 2008年06月17日 00:24
そんなのまだましだね
女は男の倍有能で男の3倍努力しても出世できないんだから
Posted by 女はもっと虐げられている at 2008年06月17日 00:10
労基法上の問題と、民事は別でしょう。会社が退職勧奨すること自体は(それだけでは)何ら問題ないですよ。
今回の場合、会社・社員で行われた話し合いが、その辺の理解の上に成り立っていないのが問題なワケで。解雇は正当な手続きで行われるべきでしょう。(今回のように社員に解雇を「選ばせる」というのは、おかしいと思います)
ボクは退職勧奨→退職強要で退職しました(会社都合)。どれだけ説明されても(誠意見せられても)、気分いいモンじゃないですよ。会社辞めるのは。
Posted by 名無しさん at 2008年03月09日 09:19
> 「残念ながら会社は君をそう評価しない」でいいだろ。変なつるし上げよりよっぽどマシだぞ。
> 相手の口から言わせるのは、屈辱感と敗北感で「自主退社」を言い出したくなるよう仕向けるための策略だろ?

ほんとにそんな言い方で頑張っているという自負がある人に納得してもらえる? 人の気持ちのわからない人なのでしょうか。
もし同じ業種に転職する場合は本人のためにも絶対ならない。

自主退社を言い出したくなるよう仕向ける戦術には違いないけど、屈辱感と敗北感で、とは違う。
きっちりした理由もなしに切られるのは普通は納得できない。
ハッピーな気持ちで辞めてもらうなんて不可能だけど、できる限り納得してもらう手段として可能な限り説明するのは誠意でしょう。

もちろん自分が切られる立場ならそりゃあへこむよ。でもここまでしっかり説明してくれたら次の仕事にも活かせるってもんです。
Posted by いお at 2008年03月09日 06:27
誰が解雇された方をかばってるんだ?(笑)
日本語力ないのはお前らじゃないの?
・まず、「解雇された」方などいない、あくまで「自主退社」。
 それが弾氏のよってたつ建前なんだから崩しちゃダメ。
・問題は「自主退社に合意してもらう」か「自主退社に追い込む」かの違い。
・文革調べてみ。自己批判という名のつるし上げの実例だから。
・「解雇された」方がどうであれ、「解雇」(じゃないけど)のやり方に問題があれば批判されて当然。strictがどうとかで思考停止できるコーダー脳にまずデフラグ掛けろ。
Posted by はあ? at 2008年03月08日 21:25
自己批判させられる=吊し上げって初めて聞いたw
Posted by 新?解釈 at 2008年03月08日 17:41
自己批判=吊し上げって初めて聞いたw
Posted by 新?解釈 at 2008年03月08日 17:41
ここで解雇された方の人間をかばっている方は
「仕事が出来ない方」の人間なんでしょうね
だから自分を彼に重ねてかばうのでしょう
Posted by   at 2008年03月08日 14:01
日本語が不完全なのは誰しもしょうがないが
指摘されても意味も調べないのは如何か?
Posted by う〜む at 2008年03月08日 12:05
俺は別に彼に自己批判せよとか迫ってないぞ。理詰めで言質とって退職に追い込もうともしてないし。
Posted by 個人的に批判するのはつるし上げじゃないだろ。 at 2008年03月08日 01:02
吊し上げの意味がわかってない人がいるようで
弾さんに反対するコメントをしている方々が弾さんを
正に「吊し上げ」ているのですよ
もちろん善悪とは関係無いですが吊し上げている事は
確かですね
Posted by 吊し上げの誤用 at 2008年03月07日 21:18
>taka.BRKさんみたいに

>しかし、そういう人には、いずれこの解雇された人と
>同じような目に遭うかもしれませんね。

>つまり、誰でもこういう目に遭う危険性が
>あるということです。

>鬱で自殺するかもね(^_^;)。

こういう事を言って反論した気になる人がブログにも
掲示板にも多いですね
Posted by ナナシ at 2008年03月07日 21:09
それは普通に事実なんだよ。正社員は高くつく。だから派遣とかで固めたがる。
法律上正当に解雇するのは難しそうな社員にやめてもらいたくなることもそれはあるだろう。小さな会社では転属も難しいだろうしな。
人によって言い方はあるだろうが、俺が思うにはこれは法の不備だ。だから「自主退社をお願いする」という論理的におかしな慣行がまかり通るのも、ある種仕方が無いとは思うよ。
でも、法の枠外でやってる交渉だからこそ、企業は従業員の扱いには細心の注意を払わなきゃならんだろうと。歯止めが効かないんだから、いくらでも酷いやり口は出来るんだからな。
吊るし上げを法の裏を掻く裏技として誇るなんてのは、実質解雇名目自主退社という結果が許されるかどうかとはまったく別に、やっちゃまずいよ。
Posted by 公平のために言っておくと at 2008年03月06日 20:47
コメント欄の人たち見ると、企業が派遣やめられないのも分かりますな。
正社員って高くつくわ。
Posted by 匿名 at 2008年03月06日 16:23
>>タヌキ林

あのう、キーパーソンの面子を潰すような人間が
そもそも「使える人材」なのかいな?
どういう基準で「使える・使えない」言っているのかわからないけど
出来る人間の基準は
職場内外の人間関係>個人の成績 でしょう

個人の成績で勝っていても、空気が読めなくて
全体の効率の足引っ張れば「使えないやつ」でしょ

全体の足引っ張っても、俺個人が出来るやつだから平気って本当に言える人は
そもそも組織に依存する事もないから、首も平気だけどね〜
本当に実績があって出来る人は、所属する組織なんて関係なく強いよ
Posted by とおりすがり at 2008年03月06日 09:29
当該案件では、弾さん自身が、クビになった人に対して、ぶち切れた瞬間が必ずあるはずです。そこを詳述せず泣いて馬謖を斬ったかのような書き方が不満っちゃ不満ですが、弾さんのやり口に対して「非道だ!」と憤るのも「甘くねえか?」と思いますね。癒し系の善人が周囲にどれだけストレスを与えたか、そして彼が何故その点に無自覚でいられたのか。クビになりかけてどん底の気分だった頃を思い出しますです。
Posted by tanukibayashi at 2008年03月06日 08:06
仕事をバッチリしていたのに、クビになりそうになった経験があります。もちろん本格的に言い渡される前に予兆は察知できるわけですけど、鬱や涙目どころじゃなくて本当に死んじゃおうかと思うほど落ち込みました。当時の経験やその職場のその後の状況などを敷衍しての、あくまで私見ですけど「使えねえ奴はクビになって当然!」とは思いません。使えなくても、上役や経営者などキーパーソンに従順ならクビにはなかなかならず、使えようが使えまいが、キーパーソンのメンツを潰すと必ずクビになる、すなわち、使えるか使えないかはクビになるかならないかとはイコールではないと思うのです。
Posted by tanukibayashi at 2008年03月06日 08:05
>策略がなんでいけないの?
ベンチャーであれなんであれ、企業が従業員を、たとえ首を切るとしても、策略で陥れようなんてのがそもそも心得違いなんだが、そこから分からないというんじゃもう話の進めようがないな。
まあ、倫理的にも問題あるし、だいいちコスいし悪趣味だろ。こんなウジウジした手を使う奴がマッチョとか言うなと。思っきりひ弱な文科系だろ。
あと、もしかしたら君は若くて知らないのかもしれないけど、「文化大革命」って調べてみたらいいよ。なぜこういう話に強く嫌悪感を抱く人がいるのか分かると思うよ。
Posted by 常識的に考えて。 at 2008年03月06日 07:46
 「使えねえ奴はクビになって当然!」という意見は資本主義国家にとってはごく普通の意見だろう。しかし、そういう人には、いずれこの解雇された人と同じような目に遭うかもしれませんね。今の日本は40歳で解雇する会社もずいぶんと増えてきてますよね?つまり、誰でもこういう目に遭う危険性があるということです。「俺は仕事が出来るのに、なんでクビなんだ」というプライドの高いあなた。鬱で自殺するかもね(^_^;)。
Posted by taka.BRK at 2008年03月06日 01:45
 ここに書いている人がこの記事の「解雇された人」と同じ状態になった時の様子を見てみたい(^_^;)。涙目続出の予感(^_^;)。
 弾氏の会社の事情では仕方が無さそうな感じがするが、しかし、自己都合で辞めさせたのはちょっと解雇された人が気の毒かなと思う。自己都合だと雇用保険が支給されるまで3ヶ月待たされるから(弾氏がその人をクビにしたときはどうなっていたのかわからないが)。その間にその人がすぐに次の仕事が決まれば問題の無い話ですがね。企業にとっては辞めてもらえば関係の無い話だし。
Posted by taka.BRK at 2008年03月06日 01:44
だーかーらー
策略がなんでいけないの?
Posted by う at 2008年03月05日 23:28
「残念ながら会社は君をそう評価しない」でいいだろ。変なつるし上げよりよっぽどマシだぞ。
相手の口から言わせるのは、屈辱感と敗北感で「自主退社」を言い出したくなるよう仕向けるための策略だろ?
Posted by だーかーらー at 2008年03月05日 21:49
> クビ切るってんなら普通に通告して切れつってんの。なんで相手に自己否定させようとしてんだよ。それ絶対まともなやり方じゃねーから。

いや、相手は「残業代のチャンピオンになるほどがんばってる人」なんですよ。
でも役に立ってないですから、ときちんと説明しなくちゃおさまりがつかない。

すごーくわかりやすく説明すると、
「こんなにがんばってるのになんで!!」て反撃される可能性も高いから、だから周到に用意しておく必要がある。
精神的に追いつめるのが目的じゃないってばさ。自分が役に立ってないのを「認識」してもらうのが目的。その証拠を提示してるってこと。不当解雇と言われないためにね。
Posted by いお at 2008年03月05日 20:51
クビにするのは経営者が判断すべきこととして、こういう内容をブログに投稿してしまう感性が理解できない。想像力も欠落しているのではないか。
Posted by うに at 2008年03月05日 20:46
そうだね。会社側からの何らかの方法による解雇、という双方にとって最悪のlose-loseパターンから見ればどちらもWinだよ、という交渉には出来るはずだし、弾さんもそれを最後の申し出で言及はしてる。ただ、そういう本当に必要な交渉の前に散々精神的に追い詰めておく、ってのはね。
切られる側の傷をまるで考慮していないように見えるね。
Posted by 同意 at 2008年03月05日 19:43
解雇ってlose-loseゲームだろ。
要らない奴を切る側も、切られる側も、これで利益を得るわけじゃない。
ただ、このエントリでは切る側の傷を浅くする方法を紹介してるだけで。

そりゃあ、仕事の出来る上司に周到な根回しをされたうえに30分も「それでは問います。あなたの同僚の立場だとして、あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか?」みたいに追い詰められたらふつー自主退職する(笑)
Posted by とおりすがり at 2008年03月05日 18:32
だから、クビ切るってんなら普通に通告して切れつってんの。なんで相手に自己否定させようとしてんだよ。それ絶対まともなやり方じゃねーから。
大事なのは、自主退社してもらうことの見返りをフェアに提供できるかどうかだ。実際はよくあるとしても、法律上はあんまり褒められたやり口じゃないからこそ、対等の立場からWin-Winの関係で合意しないとまずいだろ。
このやり口は、最初に30分関係ない話で彼を言い負かして、一番大事なその辺の問題を通しやすくしてるだけ。
元記事の文脈だと、法的に難しい解雇でも、文革ばりのつるし上げをやれば簡単に相手のほうから「自主退社」を言い出すように追い込めるもんだぞ、って自慢話だろ、これ。
俺が最初に勤めた会社の偉いさんは、実にちゃんとした人で、辞めるときには簡単に労働法の関連部分の講義までしてくれたよ。それこそ最低でも30分は掛けてな。
Posted by 周到な根回しにもやりようあんだろ at 2008年03月05日 16:37
そういう君は働いたことがあるのか?さんはナイーヴすぎるってば。
あんたみたいな人に限って、契約切られたら人間不信になったりするんだから困ったもんだよ。
気持ちの問題はお互い様でしょうが?
組織だからあえて周到な根回しした上でわざわざ屁理屈問答をやらなきゃ、
スジが通らなくなっちゃうんじゃん。
それは別にフリーランスとしてのあんたを否定してるわけじゃないんだから、
そこだけとりあげて過剰反応するのは幼稚だよ。
Posted by とんとん at 2008年03月05日 13:09
このブンカクみたいな30分の屁理屈問答が仕事かね?
Posted by そういう君は働いたことがあるのか? at 2008年03月05日 11:52
>>年取って親の介護もしなくちゃいけなくなって
自分の体がぶっこわれてでもして・・・BYオコサマッチョ

つーか、そうなった時のため、若いうちから頑張って社会的地位を上げて
ある程度の存在と認知されるよう
集団の中で偉くなっとかないといかんのではないのかな

偉い人が一ヶ月体壊しても周囲が優先してフォローしてくれる
偉くない人が一ヶ月体壊せばどうなるかね
年を取れば取るほど、若い頃ほど善意の他人からの助けは来なくなる
社会的な地位という実力を獲得せず、待つだけだった人間は厳しくなる

アリとキリギリス、さてキリギリスはどっちかなーと
Posted by とおりすがってみる at 2008年03月05日 10:38
君とオトナコドモ論争するつもりはないけどさんは仕事と遊び混同してませんか?
Posted by とんとん at 2008年03月05日 10:30
あのね、普通に「君のこの会社での立場はすこぶる悪い。出来ればやめてくれないか?」でいいんだよ。
言いづらいなら酒の勢いでも借りろって言ってるだけ。
この程度のことも自分で言えなくて相手に言わせちゃうようでは、マッチョにすら足りない。
普通のマッチョならこういう遠まわしなやり口はせんだろうからな。
Posted by 君とオトナコドモ論争するつもりはないけど at 2008年03月05日 07:50
付け足すか。
うまく行かなかった「かもしれない」みたいな可能性だけで反論するのも子供。
保有以外に選択肢のない残存リスクを「これを考えるのがオトナ」とか言われてもなw
Posted by 通りすがり at 2008年03月05日 07:03
>ちゃんと理由言ってそれでもごねるなら
>言ってくださるだけましなものですわ
いや、弾さん全然ちゃんと理由言ってないからww自分で言いたくないから相手の口から結論言わせてんだよ。
Posted by 本物のマッチョでもないでしょ at 2008年03月05日 05:15
だから〜〜、そもそも仕事できない人なんていらないんだって。
仕事できない人は、マックでマニュアル化されてる仕事でもすりゃいいの。
仕事できないくせに仕事できる人と同じ環境を望むのが間違っているのよ。
Posted by makiyo0821 at 2008年03月05日 00:45
おっと失敬、失敬。
言ってくださるだけましなものですわ
このご時世、大抵の人は言いもせず、即切りますからな。
やめさせるにも知恵が必要だった良い時代だったんでしょうなあ
Posted by ひうじゅ at 2008年03月04日 18:40
まあ、この人の下で働きたくない、と。
ご自分の正体は明かしていらっしゃるのかどうか。

きっとウェルチが好きだった人だったんだろうなあ
Posted by ひうじゅ at 2008年03月04日 18:38
>Posted by 子供は君だろう さん

いやー、そこはその人の性格や首を切る原因や状況によって
対応ややり方を臨機応変に変えるだけの話でしょ
どんなタイプの人間にも全部この事例の方式適用出来るなら、そりゃ楽だ
dankogaiのおっちゃんも、わざわざこんな経験を書いたりしませんよ

相手がどういう人なのかを見極め、あと腐れないように慎重な対応するのも
人事を行う立場の人間には普通に必要なスキルだと思うよ
だからこそdankogaiのおっちゃんは一人の人間を切るのに、

「正直疲れました。一人辞めていただくには、五人採用するぐらいには疲れるものだと事後にためいきをついたものです」

と正直に言っているわけでは
Posted by むーむ at 2008年03月04日 12:23
> カジュアルな酒の席で「事を荒立てると会社も困るんだから頼むよ」

酒の力でごまかされる感じだな。後から怒りふつふつと沸いてくるぞw
ちゃんと理由言ってそれでもごねるならそういう説得もあるかも知れんけどさ。普通いきなりこれはない。お子様な意見だね。
Posted by やまま at 2008年03月04日 08:27
これで上手くいったのって、たまたま運がよかっただけだぞ?
もしこの彼が、こういうやり方に腹を立てて意地でも居座るタイプだったら失敗してたんだぞ、これ。
そういうことまで考えるのが「オトナ」。
Posted by 子供は君だろう。 at 2008年03月04日 07:22
「30分もネチネチと長すぎる」「追い詰め方がいやらしい」「俺なら酒の席で…」とか「伝え方が気に食わない」型の反論、子供すぎ。
クビの通達なんて、海外旅行がセットだろうと、どーせ気に食わんさw
Posted by 通りすがり at 2008年03月04日 07:10
まあでもこうやっていろんな意見を消しもせず載せているあたり
コメントを検閲して評価操作に走る池田信夫氏よりはよっぽど出来てますな。

いろんな意味で使えるから支持されている氏に比べれば、批判されるだけ健全だわなあ
Posted by jひうじゅ at 2008年03月04日 05:10
未成熟というか「終わった」気がするのよね。
業界の方には悪いけど。
極限値みえちゃってあとはじりじり偏差縮めてるだけというか。
ちがうのかしら・・・
Posted by 夢をありがとう。 at 2008年03月04日 01:37
P.S.
まだまだ業界として未成熟なIT業界ですが、
今後社員の平均年齢も上がって個人の資質とは無関係に
年齢的に能力不足な人間の割合も増えていきそうです。
その時同じようなやり方で首を切っていったらその時点で優秀な従業員も
決して「いい顔」で仕事は続けられないでしょう。
スポーツ選手みたいに短い期間で多く稼げるわけではないから、
定年までとはいわずとも、普通の人生設計が出来る環境を作らない限り
IT業界はどんどん不人気業種になっていきそう。
Posted by trat at 2008年03月04日 00:54
ITエンジニアは出来る人と出来ない人の効率の差が十倍以上もあるため
出来ない人が出来る人に迷惑をかけることも多く、
そういう人に職務から退いてもらうことはたびたびあります。
自分も過去にそういう場面に数回立ち会いました。

その部分は理解出来るとしても、
本エントリは「経営者のための短時間で出来る首切りハック」でしかなく、
お互いのため、みたいな書き手の意識が寒々しく感じます。

今回のDanさんのやり方は明らかに不要な追いつめ方だったと思います。
こういう生々しい「ハック」はブログに書かずには経営者の間だけでやりとりしてくださいね。
Posted by trat at 2008年03月04日 00:53
>非公式に解雇をほのめかされて自己都合で退職せざるをえない状況に追い込まれ・・・
そもそも、公式に解雇できないからこんな方法で絡め手から攻めてんだろ。それは会社側の負い目で、どういう手を取ろうが同じなんだよ。
負い目を隠して居丈高になるなといっている。相手が人のいい奴でよかったよ、逆に意固地になって、損をしてでも解雇されるまで粘る奴もいるかもよ?
Posted by ならんならんw at 2008年03月04日 00:16
私は、現在海外で、日本では考えられない高い地位で仕事をしています
そのため、仕事のできない社員に対する
弾さんの気持ちはわかりますし、
他の皆さんの首にするなという気持ち、わかります。
ただ、経営者となったからには、問題に対し良いにしろ悪いにしろ
決断をしないといけません。結果が最悪でも決断の結果です。
時には、それが原因で自身が首になることもあります。
私は、この判断ができた弾さんに賛成します。
極端な話、会社は義務教育課程以上の学校と同じです。
勉強を教えてできなければ留年、二年目は退学。素行が悪ければ退学。
ここに書き込んでいる皆さん。
義務教育課程以上の学校でもこれは普通のことではないでしょうか?
相手の気持ちといいますが、会社はボランティアではないです。
結果が出なければ、赤点です。弾さん、私も悩み決断できる人間になりたいです
Posted by なやめるひつじ at 2008年03月03日 23:42
退社したご本人の言い分を聞かないことには。

ネットもあることだし、これからはどっかの会社の誰かを
クビにするかどうかは一般国民から陪審員を募ってですね・・・・

Posted by みんしゅしゅぎ at 2008年03月03日 22:51
おい、abcとやらよ。
人様をお前呼ばわりすんじゃねえよ、自分が立派な社会人だと勘違いしてるトッチャン坊やがw
あんたがどんな道を歩んできたか知らんし、知りたいとも思わんが、人に説教できるような人間ではないことだけはわかるぞ。
目が当てられんのはあんたの方だよ。

>こんなやり方したら
>「上司によって勤務時間外に社外に呼び出され、
>非公式に解雇をほのめかされて自己都合で退職せざるをえない状況に追い>込まれ・・・」
>というニュースになるわ。

どこでニュースになるのか教えてくれやw
Posted by LOSS at 2008年03月03日 22:51
>カジュアルな酒の席で「事を荒立てると会社も困るんだから頼むよ」

こんなやり方したら
「上司によって勤務時間外に社外に呼び出され、
非公式に解雇をほのめかされて自己都合で退職せざるをえない状況に追い込まれ・・・」
というニュースになるわ。

お前が学生の空想でもの言ってだけだといいんだが、
こんな意識で社会人やってるとしたら目もあてられんな。
Posted by abc at 2008年03月03日 22:04
この辞めた人の同僚ならやっぱりこんな奴辞めさせろって思うし、この人を雇っている立場ならどうやって辞めさせようか頭を悩ますと思う。

でも第三者の立場で見れば、能力の低い人間とそれを追い込む上司にしか見えない。お互いにとって良いはずとか言ってるけど、「手に負えないから放り出した、それにはこんな方法を使った」って言ってるだけでしょ。綺麗にまとめなくていいよ
Posted by a at 2008年03月03日 21:42
こんな無駄なやりとりさせられるくらいなら、単に「クビ」って言われたほうがナンボかマシ。
お前らやっぱおかしいよ。なんで、たかが一企業でたまたま役職的に上にあるだけに過ぎないオッサンに説教されなきゃいかんの?
まあ、こういうのがヤだからフリーでやってんだけどね、俺。仕事先とは常に対等の立場だと思ってるから、困ったときには腹割って話せる。日本的といえばそうだけどな。
Posted by やはりプログラマの感性か。 at 2008年03月03日 21:36
このやり取りは全然イジメに見えませんね。もし、そう感じられるとしたら、逆に質問なのですが、降格された創業メンバーによる業務への悪影響も周囲に人たちに対する立派なイジメだと思いませんか?まわりは大変ですよこれ。
limitaccess様の仰る「経営者である以上、雇った人の生活にまで責任があるのですよ」には同感ですけど、本件の場合「組織の成長のスピードについていけなかった創業メンバー」ですから、ちょっとニュアンスが違うような気がします。
悪い状態がずーっと続くわけはないこと、なんとかしなければならないことは、当人が重々承知だった筈です。なのに、クビを言い渡されるまでその悪い状態を維持して、一番預けちゃイカン下駄まで役員に預けたわけですから、もうこれはちとマズイでしょう。
しかし、もし私が当該人物の友人だったら「ごねてごねてごね倒して、一銭でも多く巻き上げろ!」と助言をするでしょうがね。ふぉふぉふぉふぉ。
Posted by tanukibayashi at 2008年03月03日 21:02
震え上がってしまった学生の過剰反応で埋まってるなw
Posted by abc at 2008年03月03日 20:42
> カジュアルな酒の席で「事を荒立てると会社も困るんだから頼むよ」

これって対等に扱われているんですか?
価値観の相違ですかね。私にはぜんぜんそうは受け取れなくてかえって屈辱的に感じると思うのですが。

相手は「残業代のチャンピオンになるほどがんばっている人」ですよ。そういう人に納得してもらうにはしっかり理由を説明するのが誠意だと思いますが。
Posted by いお at 2008年03月03日 20:30
負ける事を極端に恐れて必死に取り繕う(取り繕って貰いたがる)ヤツが多いけど、プライドを傷つけられ無様に負けることも重要なことさ。負けを自覚すれば這い上がれるからな。
Posted by   at 2008年03月03日 20:13
このエントリに反対してる人の多くは、別にこいつをクビにすることに反対してるんじゃないだろ。クビにしていいかどうかの話なんかしてるの、賛成派だけ。
俺なら、カジュアルな酒の席で「事を荒立てると会社も困るんだから頼むよ」という態度を取ってくれるほうが、対等に扱われた社員のプライドも保てると思うがな。結論が決まりきってる上で無駄な説教30分もやられるよりは。
フォーマルに、会社の正当な処断であるかのように「論破して」「自主退社を選ばせる」なんてのは、何様だ、と思うが。
Posted by このやりとりがイジメに見えないとしたら日本語力足りない。 at 2008年03月03日 18:24
これはダンコーガイ氏に賛成できないですね。

この人は単にお人よしで、ダンコーガイに反論できないくらい人が良かった、というだけの話。世の中才能のある人ばかりではないのですよ。才能がある人は才能があるのを当然と思っているので才能がない人の気持ちも生活もわからない。すべて自己責任で済まそうとしますが、それは単なる横暴です。

経営者である以上、雇った人の生活にまで責任があるのですよ。(これは賛否両論あるでしょうが、少なくとも経営者である私はそう思っています)

解雇にせざるを得ないのなら、せめて次の職の当てができてから、解雇すべきでしょう。あなたの人脈ならいくらでも紹介先があるでしょう。こういうときの紹介先がないようであれば、あなたの人脈はカスです。

こういう横暴な経営者がいる会社は、結局、従業員がついてこない日がやってきます。

あ、もう来ていますか?。それは失礼しました。
Posted by limitaccess at 2008年03月03日 18:00
>>いお さん
私は、今回は弾氏には否定的ですが、あなたの意見には同意します。心の中で何度も謝りながら涙を流してクビを切るのも、素っ気なくクビを言い渡すのも、クビを言い渡すことには違いありません。むしろ前者の方が善人づらしていて往生際が悪いです(参考:カイジ)。そんなことをするエネルギーがあるのだったら、再教育やコミュニケーションに使うべきでした。
Posted by くまさん at 2008年03月03日 15:50
解雇を告げられる時にフレンドリーな態度とられても不快だよ。
呑み屋で云々とかもってのほか。古い日本人の悪い考え方。

こういうのは嫌でも事務的に必要なことを伝えなきゃいけない。そのほうが後々のわだかまりもなくなる。本人も前に進める。
Posted by いお at 2008年03月03日 15:23
マッチョ=俺は偉いから偉いんだ、だからあくまで上から目線、という構図は良く分る
Posted by   at 2008年03月03日 14:43
残業で給与はトップクラス、でも仕事は上がらない。
どんだけ無能なんだか。
その人を庇うよーなウェットなコメントが多い事にも驚いた。

その人にとっても、何度も何度も注意と減給を受けて面子を
ボロボロにされるより、あっさり身を引いた方が良ろしかろう。
Posted by いのな at 2008年03月03日 13:46
そも、就職氷河期と資本主義自体が微妙なエントリなのに、かぶせてきて私はこういう有能な経営者なんですってアピールが透けて見えるのがどうなんですかねぇと。
はっきり言ってこんな事書いちゃう時点で経営者どころか管理職のスキルすら問われますよ。
他の方も言われてますが繰り返しですがまず教育と意思伝達が上手く行ってないんじゃもうだめですよね。あなたの会社のほうれんそうはどうなってるんでしょうか。辞めさせるのに30分掛ける前に費やすべき時間はいくらでもあったと思いますが。ベンチャーの人材育成ってどうなってるんでしょうね。色々考えさせられますよ。いろんな意味で。
ムキムキマッチョと弱者の断絶ですか。いやはや。
Posted by   at 2008年03月03日 13:32
>こういう会話を、まずは30分ほどかけてしました。その当時の会社の要求レベルを、彼が満たしていないことを彼自身に納得してもらうためにそれが必要だったのです。

とあるのに嬲ってる、いじめてるって言ってる方はまともに読んでないのですか?
育てるどうこうの話も既に「降格された」前歴があるのに・・・。

そもそも「一番切りにくい」人の切り方ですから、用意周到にやるでしょう。
Posted by ・ at 2008年03月03日 11:08
そりゃー、策を弄してねちねち30分も言い聞かせて辞めさせた奴を「悪い奴」とは表現しにくかろう。つか嫌味にしか聞こえないのは俺だけか。
自主退社を迫るにしてももっとやり方あんだろ。常識的に考えて。機械しか弄ってない奴は人の心がわかんねーのかねえ。
普通に酒でも呑みに連れてって、うまく説得しろよ。どっちにしろ辞めさせられるんならそっちのほうがお互い得だよ、と、対等の立場で説得は出来たはずだ。なんで居丈高に教え諭す態度なんだよ。そんなに「給与を出す立場」とやらはお偉いのかね?
これで最後にするけど。コメント欄でこのやり口好意的な反応があるのがちょっと理解できないな、俺には。
Posted by 典型的なプログラマ思考だよなあ。 at 2008年03月03日 07:48
降格されても態度が改まらなかった人を「善人」としたところに弾さんの優しさが見えます。
この人に癒された経験が、暖かいものとして心の中に残って居るんではないかと思いました。

ただ、本当の「善人」ならば、軌道修正をしたはずです。
この人の残業は単なる自己陶酔の現実逃避ですよね。
組織全体の目標に自分を合致させていくこと、よりも、
自分の限界内にとどまること、を選んだにもかかわらず、
きちんと説明してくれて、お金まで貰えてラッキーだったのでは。
Posted by tanukibayashi at 2008年03月03日 06:29
普通に、「我が社で必要とされる水準に技術レベルが達してないから」とだけ説明すればいい。くだらない修辞疑問文を連発して三十分も(嬲ってるほうが疲れるほどに)嬲る必要があるとは思えないが。精神的に疲れさせて相手の思考力奪おうとしてね? 「ねちねちといじめて辞めるようにしむけ」てるようにしか見えんが。
彼がどれだけこの会社で使えない人間であろうとも、解雇することは正当化できても、自主退社という形式にすることまで正当化できないだろ。それは会社の都合でしかない。その点で会社は彼に協力をお願いする立場なのに、なんでこんな偉そうなんだと。
Posted by 解雇理由の説明と精神的に嬲るのは違う at 2008年03月03日 05:35
辞めさせるのに理由をしっかり説明するのは当然。
はっきりと理解させる必要がある。
特に「残業代のチャンピオンになるまでがんばっているのに結果を残せず他の人に尻拭いをさせている」相手には。

絶望的に向いてない職で、身を削って働き続けることが本人の将来のためにいいとも思えない。
他のできる人が腐るのも絶対避けたいことです。
Posted by いお at 2008年03月03日 03:47
結局雇用者と被雇用者の「合う、合わない」だけなんだから。そんなにネチネチと理由を付けなくてもねぇ…。自分が会社辞めた時、会社側はこういう姑息な手段を使わずにきちんと「雇用者側の都合+きちんと退職金」にしてくれた経験が有るから、これを読んで殺伐な気持ちになりました。進んでる人達は大変ですね。
Posted by 。 at 2008年03月03日 02:35
必要なやりとりはここだけじゃねーか。あとはウザい説教。
弾: あなたは解雇を選ぶことも出来ます。その場合当然法にのっとり、あなたは解雇予告手当を支給された上、すぐに失業手当の給付を受けることが出来る。自ら辞めることも出来ます。この場合、我が社にはあなたが解雇された場合に受け取るより多い額の手当を支払う用意があります。どうしますか?
彼: 辞めます。
Posted by 反対コメントを数行でまとめてやるよ。 at 2008年03月03日 01:30
弾氏のこのエントリーに
反対している方のコメントは割と長文。
賛成している方のコメントは平均2行くらい。
Posted by ガッツくん at 2008年03月03日 01:08
解雇できるんだったら仕方ないと思いますが、
解雇できないのにさも解雇できるかのような「嘘」をちらつかせ、
解雇か、もしくはそれより条件のよい自主退社かを選ばせるのは、
法律的にまずいんじゃないでしょうか?

あとこの話が実話なら、その自主退社選ばされた本人が
このブログを読んじゃったらいろいろまずいことになりそうな。
Posted by うーん… at 2008年03月03日 00:44
makiyo0821様

>残業ばっかりやって仕事が進んでない馬鹿は即刻クビを切るべきだ。

誰がやっても残業しなければならないような仕事があてがわれていたとするとどうなのでしょうね?
降格されたという事がプレッシャーとなり、文句も言えずにそういう仕事を引き受けさせられていたとしたら…?
ただの苛めですね。
どうにかしてクビにしようという意思で逃げ道を絶っていく。

あっしには小ずるい卑怯者のやることにしかみえやせんがね。

Posted by 江戸っ子 at 2008年03月02日 23:46
danは正しいと思う。
残業ばっかりやって仕事が進んでない馬鹿は即刻クビを切るべきだ。

それがエグゼクティブの仕事である。
Posted by makiyo0821 at 2008年03月02日 23:34
弾さんが、考えに考えて出した結論。
私は非雇用者の立場から批判させていただきました。

ただ、やはりお聞きしたい。

事実上クビを宣告された彼が「残留」の意思を表明した場合の弾さんが準備していたというリアクションを。またはシナリオを。
それは彼を会社に残すという選択肢だったのでしょうか?
それとも、他のロジックでやはり無理だということを彼に知らしめて辞めざるをえない方向へ持っていくものだったのでしょうか?

ぜひ教えてください。
Posted by LOSS at 2008年03月02日 23:33
ベストな方法って言うのはないのかもしれませんが
今回のは説得というより詰め将棋だ
Posted by aa at 2008年03月02日 22:58
出来る社員が二重に腐るのを考慮すると
辞めてもらうのは、当然の選択肢だと思うんですが

>彼にとってもベターと判断した
理詰めでその場で一方的にやめさせた事の
どこがベターなのか分かりませんでした。

仕事クビにされるって、
就職活動で不採用になるより
そうとう凹みそうだけどな・・

今後、スキルアップに努力してもらい
できなきゃクビっていう
選択肢はなかったんですかね?

彼にとってベターって
自分の心が痛まないように
自分に思い込ませてだけだと感じました。

なんか煽ってすみません。
Posted by -- at 2008年03月02日 22:26
垣根涼介/『君たちに明日はない』のような話だな、と思いました。
↑首切りコンサル業をやってる男が主人公の小説です。
こういうやり方に納得できん、という方も、一度読んでみると考えさせられて面白いかもしれません。
Posted by 通りすがりpart2 at 2008年03月02日 22:12
その人はそもそもプログラマー職には向いていなかったのではないか。
クビにすることは必要に迫られることではあったと思うが、その方の本質というものを見いだせていなかったのではないかと思う。
その人が何を思い、当時の小規模企業に入ったもしくは創業メンバーとして当時の創業リスクをかぶろうと決意されたのか。その人にしかわからないものというのはあったはずである。
プログラマーとして足をひっぱるのであれば、温厚?な人柄を活用し、営業をしてみるなどあったのではないか。
私がプログラマーなので客観的な意見はどうかはわからないが、「プログラマーはプログラム指向、サービス指向がすきじゃないと成果物としての完成度は低くなるは当たり前」と思ってもいる。
なぜなら妥協点をいくつも作ることができ、工数見積もりなど楽したいがために抜くケースがあるからだ。
長文になってしまったのでこの辺で。
Posted by ロイ at 2008年03月02日 20:24
私だったら生活保護を。
Posted by anonymous at 2008年03月02日 20:11
仕事できない奴は、さっさと首にした方が得なのよ。
雇う方にとっても雇われる方にとってもね。
Posted by makiyo0821 at 2008年03月02日 19:52
> 部下を無能と切り捨てる上司も無能ということだと思いますがねw

同感。
Posted by だめログ at 2008年03月02日 18:25
まあ、そもそも創業メンバーということで育てられるという環境にはなかったんだろうな…とは思います。
ただ、降格された理由が「使えない」いう理由であるならば、その時点で
単なる降格だけでなく、指導教育がなされるべきかと思いますが。
その後、降格という処置を施しただけで何ら改善措置の為の指導もしていないのではないのでしょうか?
降格されてスキルが上がるわけでもなし、本人にとっては単に降格→クビの憂き目にあっただけと思われます。
また、本人の努力がまったく見られないわけでもなくかなりの残業をしていますよね?
それでも終わらない…のであれば、そもそも、その仕事を与えた上司の見識不足及び監督責任が生じると思いますが、いかがでしょう?
部下を無能と切り捨てる上司も無能ということだと思いますがねw
Posted by なんというか… at 2008年03月02日 17:51
派遣を雇えばいいんだよ。
Posted by a at 2008年03月02日 16:47
>>猫魔さん
>「辞めさせる前に育てることをしなかったの?」
>これ言う人が多いようですが、普通の会社ではちゃんとやってますよ。

これは弾さんが本文に書かれていないから、ここは文字通りに読んで育てなかったと解釈した方が妥当だと思いますよ。コーディングスタンダード(規約)違反を理由にされてますが、こんなのは、ちょっと気をつければ直せるレベルの話です。「あなたのクビがかかってるからコーディングスタンダードに従いなさい。」と言えば速効で従うはずです。恐らく、そのコーディングスタンダードに従っていないコードを過去に納品されたのですから、当人もそれを口実に辞めさせられるとは思っていなかってのでは?コミュニケーション不足を感じます。逆に言うと、この程度の教育すら出来ていないと感じられ、教育不足と思えるのです。
Posted by くまさん at 2008年03月02日 16:44
「辞めさせる前に育てることをしなかったの?」
これ言う人が多いようですが、普通の会社ではちゃんとやってますよ。
でも、残念ながら頑張って育てようとしてもお話にならない人もいるんです。

「もう一度チャンスを与えるべき」
これも普通の会社ではちゃんとチャンスを与えています。
この記事でも辞めた方は降格経験もあるようですし、チャンスは何度か与えられていたのではないでしょうか。
一回駄目出しされただけで首を切る会社は少ないと思います。
Posted by 猫魔 at 2008年03月02日 16:14
>誠意を持って礼を尽くせば、労使双方納得いく形で辞めてもらうというのも可能だということも示すことが出来たと感じます。


単に、解雇手当よりも多い額の手当を支払うと明言したからだと思われ。

Posted by ほるほる at 2008年03月02日 16:09
います!いい人だけど仕事のできない人。

私の職場に2名ほど。よその部署で「使い物にならない」ということでまわされてきました。それで結局仕事のできる人がカバーしています。
弾さんの行動は正しかったと思います。

まわりの人間が腐ってしまいます。

Posted by 宇宙 at 2008年03月02日 15:57
題名に惹かれてクリックしました。
退職を選んだ彼。
意外と彼のような人は多いです。
粘着したり、わざと悪いことをするわけでもなく。
論点・要点がわかっているのに、ハードルをクリアできない。
経営者(上司)が問題点を見つけて、引っ張りあげるか。
話し合って結局解雇(退職)を選ぶか。
本当に、彼の資質がよいものだったら
あえて筆者さんには、彼と一緒にハードルをクリアする選択を選んで欲しかったなと思いました。
その過程をブログで公開してもらえたら。
他にたくさんいる彼のような人材の対処のヒントになると思いました。
Posted by 章典 at 2008年03月02日 15:46
>あなたはまた、我が社が導入したコーディング・スタンダードを守っていない。「use strict;で動かないプログラムは今後納品しない」と私も厳命したはずですが、なぜですか?

話の本題とは関係ないけど、これはその会社における納品ワークフローの問題であって個人の問題ではない。これを個人の問題だと思うような人は経営者失格。
Posted by 〓〓〓 at 2008年03月02日 15:31
この人は「最もクビにはしづらい人」だそうだし、すでに降格までされているんだから、この状態に至るまでに相当なやりとりがあったであろうことは想像できるはず。
ラストチャンスを与えるべきだっただの指導すべきだっただのコメント書いている人は文章読めてないよね。

それはさておき

>あなたの同僚の立場だとして、あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか?

こういう「質問」の仕方は嫌らしいなあと私も思います。
http://www1.odn.ne.jp/mushimaru/bakaessay/besy010.htm
Posted by (ぱ) at 2008年03月02日 14:40
たぶん

>これでは出来る社員が二重に腐ってしまいます。

会社にしてみれば、これが一番怖いです。出来る人ほど辞めやすい訳で。
なので、他に選択肢がなければ、仕方がないと思います。
Posted by hogehoge at 2008年03月02日 14:29
強者の言い訳ですね、どこからどうみても^^
本当に残業代が欲しくて残業してたんでしょうかね、その人は?
誰か他の人が最初から同じ仕事をしたときとどれくらいの差があったんでしょうかね?
他人の成果品のアラを探したりケチをつけるのは簡単だからね。
あなたの会社にはチェック機能はないのですか?
チェック機能があるなら本人に差し戻し、その時に指導すれば良いのではないでしょうかね?
言葉は丁寧でも、人を追い詰めて貶しめる卑劣で最低なやり口ですね^^
少なくとも私はあなた大嫌いですし、私が彼なら一生あなたを恨むでしょうね。
彼が思いつめて罪を犯さないことを祈ります。

Posted by とおりすがり at 2008年03月02日 14:18
自稱[猛獸]的狼把羊給吃了 然後呢
羊的人生被狼給破壞了 說不一定失去生存的意志死了
這都是狼犯下的業障啊
萬般帶不走 唯有業隨身
吃人者人恆吃之 何時獅子會把狼給吃了?
Posted by 伊索 at 2008年03月02日 13:44
このエントリーの公開で労働基準監督署に目をつけられることは確かだね。
ここの管理人は「禅」さんというのか?
何を考えているのやら・・・。
Posted by さとう at 2008年03月02日 13:13
全然ダメですね。弾氏の言い訳にしか見えません。人を簡単にクビにする外資系企業ですら、ラストチャンスなるものを与えると思うのですが、いきなり自主退職というのがダメ。また、外資企業ならばそのリスクに見合うだけの報酬を与えてます。日本の企業は給料が安い代わりに面倒見が良いのが特徴なのに、再教育のコストも払わないというのもダメ。残業の多さを問題にしてますが、本来残業というのは上司が部下に命令するものであり、部下が自主的にするものでない。残業代がかさんだのは、管理責任を果たさなかった上司というか経営陣の問題。たまたま成功しただけです。
Posted by くまさん at 2008年03月02日 12:44
部下は育てるな! 取り替えろ! !
Posted by 通りすがりの上司 at 2008年03月02日 12:15
辞めさせかたの悪い会社は、
人材紹介会社で、
情報が
蓄積されるので、
結局
よい人材が
入ってこないという、
ループに入るだけですので。

いいと思って
やったんだから、
ここで、攻めてもしょうがないっしょ?
Posted by higekuma3 at 2008年03月02日 10:56
評論家の様に部外者があれこれ言うのは簡単ですが、
「仕事のできない善人」は本当に疲れさせてくれます。
生ぬるい人の扱いには悩まされます。
ステアリングの遊びのように余裕と見なせればよいですが、
総合的に「百害あって一利無し」の存在です。
経営者で無くともお引取り願いたいと正直思います。
Posted by ko_ba at 2008年03月02日 10:55
>「それでは問います。あなたの同僚の立場だとして、
>あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか? 」
これ仕事や人間関係に支障がなくても、
「何となく体育会系の雰囲気になじめない」とか「最近残業が多いなあ」程度でも、こういう言われ方をしたら会社にいられなくなるなあ。
まあ本当に会社に支障がなければ経営者に一方的に嫌われてもない限り、こんなこと言われないだろうからいいんですけどね(笑
Posted by あかいけ at 2008年03月02日 10:45
コメント、400字までだったのか…いっぱいかいたのに。ショック。

社は納期を全うせぬモノを無駄とし、それ以外に使い道が見つからずということを社の無能として表さず、心理的誘導をもってそれを排除した、つーことだね。

会社に対し、連帯感があり責任を感じていれば、効果ありそうな手法ではあると思います。まじめな人間なら給金、退職金でてれば文句いってこないんじゃない?くらい卑怯です。
Posted by コピ助 at 2008年03月02日 10:28
dankogai氏のように理由を言ってくれているなら、まだ良い方。
多くは理由などを言わず、冷淡で冷酷。イジメの中で自殺を考えさせるまで追い詰められる。

法律云々より、人としてどうこうの方が大きいんじゃないだろうか。
現実の職場なんて無法地帯。

仕事の内容も必要だけど、自分の性格にあっているかどうかも見たほうが良い。イジメをされるなら、どちらにしても空気悪い会社。ガラの悪い会社。そういうところに長居しない方が、俺は得策だと思うけど。
Posted by popcorn at 2008年03月02日 10:17
 多分この人を首にしても同じように、仕事が出来ない人が別に一人生まれただけじゃないかな。一時的には改善したとしても、暫くたてばまた仕事が出来ない人が生まれてるはず。統計的には、それが自然だと思われる。
Posted by 小市民 at 2008年03月02日 09:41
仕事できないヤツがウヨウヨいるってことは会社自体や
そういう会社にいるキミもヤバくね?辞めたほうがいいじゃね?


Posted by じゃね厨 at 2008年03月02日 08:56
辞めさせて良かったんじゃね?
うちの会社にもウヨウヨいるわ。こんな仕事できない奴(笑)
Posted by makiyo0821 at 2008年03月02日 08:32
ここのサイトを労働基準監督署に紹介しておきました。
Posted by hoge at 2008年03月02日 07:17
『不機嫌な職場』(高橋克徳ほか講談社)の書評を読んでみたい。
フラットな職場階層のなかで自由に動ける社員が存在できる会社の規模はどのくらいのものなのだろう。(ひとつの職種に)横並びの同じような会社はいくつもいらないのだから、日本のあちこちにぽちぽちあるだけで可能かも。

>「グーグルは、昔の日本の会社のようですよ」

植木等社員はひとりでいいのだけれど、ひとりはいなきゃ。
Posted by haineko2003 at 2008年03月02日 06:59
私もいくらいい人でもこういう人とは一緒に働きなくない。
決断しなければいけない事例だったとは思います。

danさんにお願い。彼が残留を望んだ場合のリアクションについても可能なら教えてほしいです。
Posted by まじかる☆スフィー at 2008年03月02日 06:32
後味が悪い事を、一個人として懺悔しようとすることは、理解できますが、責任のある立場の方が、責任がある立場に居るといって、自分の行いを他の人に評価してもらうのは、ちょっと行為がサディスティックなように思うのは私だけでしょうか?
しかも、やったことに対して、少しでも不条理・理不尽と思うことがあるのであれば、それは、そういうことであって、その事を、公の場で不特定の方にお話になれば、それは、あなたの思ったレスポンスが返ってくると思います。
そしてあなたの行為(テーマを上げた事)の目的は??
と考えた時に、少しサディスティックな自虐的な行為かな?と感じてしまいす。
Posted by 湯屋 at 2008年03月02日 05:58
自己都合退職を迫ったということでしょうか
ヒドイ
会社のキャパシティーの問題のような気がします。
そういう辞めさせ方をしなければならない会社というのは会社自体に問題があるのではないかと思う。
財務とか経営戦略とか。

Posted by 通りすがり at 2008年03月02日 04:57
関係ないですけど、

use strict;

というのは Perl のコードでしょうかね?
初めて見ました。
Posted by tom at 2008年03月02日 03:50
んー.
『「use strict;で動かないプログラムは今後納品しない」と私も厳命した』それは分かる.
それは分かるのですが,30分『ねちねちといじめる』暇があったらその時間を使って再度喚起してチャンスを与えても良かったのではないかなぁと.
まぁ,再三喚起したにも関わらず改善の余地なしと判断された上での話しなら納得もいきますが,そうは読み取れなかったので.
Posted by minase at 2008年03月02日 03:11
これが「往生際の悪い人のやめさせ方」ならわかるんですけど。
事実上、
「お前は能力不足だ」
「お前と一緒に働いている人が迷惑だ」
ってことを突きつけてやめさせているわけで、
なんでそこまでする必要があるんですかね。

いきなりの初動で、本当のことをぼかして交渉する程度の優しさすらないんですかね。
この人、さぞ自信を無くして転職活動も消極的になるのではないでしょうか。
かわいそうに。

まあDanさんところの会社は超エリート揃いだから
「うちの会社では役立たずだけど他の会社なら余裕でやっていけるよ」
位の気持ちのはあるんでしょうかねえ?
Posted by trat at 2008年03月02日 03:08
簡単にクビをきれない?
そんなこと無いと思うけど。
だって、労働局は聞くだけのところで何もしませんから。
それに、労働関係の法律は罰則はゆるいから、クビを切った方が明らかに利益があると思うけどな。
Posted by 未記入 at 2008年03月02日 01:21
というかね。

そういう状態になったら
辞めようと
決めてたというだけの話じゃないですか?

普通なら、
降格になったときに
即辞めだと思いますけど。


そこから、争うとかって、
考えてなかったと思うけど。


そいつのブログとか、
あったら、みたいかも。
Posted by higekuma3 at 2008年03月02日 01:13
難病告知と同じようなもの。
お互いにとっての敗北である以上、
冴えた方法など無いし、誰も善人にはなれない。

対人関係に問題をすり替えるよりは、この方法がいい。
Posted by susu at 2008年03月02日 00:47
その方から貰ったものが、あなたの持っている価値以下ならその価値以下の対価で対応すれば良いし、それが出来ないなら、取引は成立しないという事でしょう。

ためらえば、あなたと、あなたが雇っている他の者たちにそのしわ寄せが行くのは必然でしょう。

じゃあ育てるという選択肢を選べるかに関しては、あなた自身にその余力があるかという事で、その余力が無ければ出来ないという事になります。

一言で育てるといいますが、1人を育てるのに膨大な時間と労力、資金が必要な事はご存知かと思います。
Posted by 湯屋 at 2008年03月02日 00:31
経営者ならとは言いませんが、やったことに自信を持たなければ、あなたが養おうとしている人たちは不安になると思いますよ。

基本的にお金を得ることは、自分の何かを他の人に提供する事で他の人はその代償に自分に対価を払う(対価の価値を決めるのは払う人)という事です。

Posted by 湯屋 at 2008年03月02日 00:30
経営者も、サラリーマンも結局個人なんです。
サラリーマンといっても、養うべきものがあるとすれば、ある意味経営者と同じにそれを守ろうとするでしょう。

そのために決断し、ある方向を選択した、それが、退職だった、それが解雇だったというだけの話です。

それ以外の選択肢もあるのかもしれませんが、その時はわからなかった?もしくは、検討したが無かったということですね。

Posted by 湯屋 at 2008年03月02日 00:29
何が言いたいのか良くわかりませんが、お互いがお互いの立場で行ったことですよね。

立場と一言で言いますが、自分がやったことが、良かったのか、悪かったのかを問いたいのなら、それは、自分にとっては良かったということでしょう。

なぜなら、その状況下において、それしか方法が無かったから、それをしたまでですよね。

Posted by 湯屋 at 2008年03月02日 00:28
>退職に追い込む前に『育てる』という道は考慮されなかったのでしょうか?
minaseさん、最初からきちんと読もう。
>コーディング・スタンダードを守っていない。「use strict;で動かないプログラムは今後納品しない」
これで全部アウト。
Posted by やま at 2008年03月01日 23:02
こういう真面目だけどできない人は、事務をやらすべきだね。
Posted by 通りすがり at 2008年03月01日 22:32
育てる、育てるって、そんなことそこの会社だってわかってるだろうし、散々やったんじゃないかな?でも結局こいつは会社のお荷物にしかならないとなったら切って切られて当然だと思う。

切られたほうももうちっと向いてる仕事につく転機とすべき
Posted by あああ at 2008年03月01日 22:29
ソースコード全て持ってきて、用意周到に辞め去るための質問用意し辞めさせても、彼/彼女は納得はしてないと思う。育てる/異動なんていう選択肢もあったのでは。
Posted by nanashi at 2008年03月01日 22:18
>>minaseさん

確かにそれは。ある意味正論です。
正直、育てられるんだったら、育ててしまえば、誰も悪者にならなくて済むからいいでしょう。

でも、いかなる状況でも『育てる』という道を考慮しろというのは、きれい事のように思えます。
(サラリーマンも経営サイドも経験している者として)

いくら育てようとしても育ってくれず、「むしろ邪魔」な人にいてもらうことによる周囲の負担は大きいですよ。
Posted by 正直 at 2008年03月01日 22:04
という事は、あなたは自分とこそ一緒に働きたいと思えるいう事なんですね。
その才能、羨ましいっす。
そういう善人って、接客業向けの感性持ってますから、確かにお互いにとって良かったかも。
…宝の持ち腐れだった気がするのは俺だけっすかね。
そのうち起業なさったりして(^^)v
Posted by カフェオレ at 2008年03月01日 22:00
退職に追い込む前に『育てる』という道は考慮されなかったのでしょうか?
力不足な人間を放置して,切羽詰まったら尻尾切りするのが最善の人事なのでしょうか?
上司は部下の生活の確保をコミットし,時にはそれを翻して切る苦しみまでコミットすることで多くの給与を手にするものではないでしょうか.
果たして彼を『窮地に追い込み』,自ら『退職を選ばせた』退職喚起は果たして妥当であったと言えるの?どうにも釈然としないなぁ…上席としての職務を全うしたとはいえないよね.結局『ねちねちといじめる』のに疲れただけじゃあないのですか.
Posted by minase at 2008年03月01日 21:32
アメリカには、こういう従業員をクビにする際のマニュアルというものが一般に流布していると聞いたことがあるけれど、現物って見たことある?>ダンさん
Posted by sakurada at 2008年03月01日 21:22
要は、強制解雇か自主解雇か選べ、
自主解雇ならいくらか金は払うよ、って事でしょう

ただ、強制解雇を盾に本人に決断を迫ると民事の脅迫になるから
ヤクザっぽく誠意を見せろって言ってるだけ
ってことじゃないんですかね?
Posted by kaz at 2008年03月01日 21:18
これは「納得いく形」を「良い形」なんて読み替えちゃダメでしょ。
どっちが泣くか退くかっていう状況なんだから「良い形」なんてない。
どうすればマシかというハナシだから誰も楽しくはない。
Posted by tori at 2008年03月01日 21:14
> 結論ありきの選択肢のない質問のように感じられます。

結論はもちろんあるでしょう。
この段階で結論を決めてるようでは遅すぎますし、
ここで重要なことは現状を社員に理解させ、
そしてどうするべきかを社員に導き出させることですから。

つまりは、会社として出した通りの結論をその社員が出したと。

会社の結論を覆すような結論を出して、
それを会社側が納得できるんだったらそっちに進むでしょうし。

でもやっぱ難しいんですよねぇ、こういうこと。
Posted by footrak at 2008年03月01日 20:51
「○○だろうか?・・・いや○○ではない」
という反語のような質問ですね。
なんかこう・・・結論ありきの選択肢のない質問のように感じられます。

理詰めで追いつめて形式上、自主的にやめてもらうことが
本当に「お互いにとって良い形」だと思いますか?
Posted by trat at 2008年03月01日 20:39
前フリがあって、
>「それでは問います。あなたの同僚の立場だとして、
>あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか? 」
と問われて、「思います」と回答する人は少数派でしょうね。
Posted by Anonymous Coward at 2008年03月01日 19:27
彼は本当に納得してたのかな。
Posted by ななしさん at 2008年03月01日 18:02
うちの部署でも昨年末似たような事がありました。
いい人だけど仕事が出来ない、さらに退職を勧告する人が年下と全く同じです。
まあ、私は退職を勧告する側の者では無いので、二人がどんな会話をしたのかは詳しくは分かりませんが、
退職を勧められた者が拒否し続け、結局説得に一年以上かかったようです。

私はその退職した人とはそれなりに仲が良かったので、断片的に話の内容を聞いて知っているだけですが…
Posted by 猫魔 at 2008年03月01日 18:01
誤:以外なほど
正:意外なほど
Posted by みんち at 2008年03月01日 16:37
できる限りきちんと説明をし自主退社を促しますが「それでは問います。あなたの同僚の立場だとして、あなたはあなた自身と仕事をしたいと思いますか? 」この部分をきちんと(わかっていても)飲み込んでくれる人は少ないと思いますよ。

だからこそきちんと出社するわけで。
Posted by blog49 at 2008年03月01日 16:24