2008年03月16日 22:00 [Edit]

仕組むか仕組まれるか、それが問題 - 書評 - 「仕組み」仕事術

ディスカヴァー社一同より献本御礼。

Amazonで現在一位の本を今書評するまでもない、少し人気が落ちてから改めて、と思ったのだけど、干場社長の誕生日プレゼントの代わりならと思い立ち、仕組みにのせられることにする。


本書〈「仕組み」仕事術〉は、仕事において仕組みがいかに効果的であるかを説いた上で、実際に仕事を仕組み化していく方法を紹介した一冊。

Discover: ショッピングカートより
はじめに
PART_1 「仕組み」があなたの仕事を変える
STAGE___01 なぜ「仕組み」が必要なのか
STAGE___02 「仕組み」が必要な仕事と、そうでない仕事
STAGE___03 自分の仕事に「仕組み」をつくる
STAGE___04 「仕組み」でチームを動かす
STAGE___05 続ける「仕組み」をつくる
STAGE___06 「仕組み」仕事術・3つの黄金ルール
PART_2 「作業系」の仕事を徹底的に効率化する
STAGE___01 チェックシートを徹底活用しよう
STAGE___02 仕事の内容と手順をチェックシート化する
PART_3 あらゆるタスクを一元管理する
STAGE___01 データ管理の基本をおさえよう
STAGE___02 TO DOリストを使って、あらゆるタスクを一元管理
STAGE___03 一日かかっていた仕事が2時間で終わる! 「考えない」仕事術
STAGE___04 メール処理に「仕組み」をつくる
STAGE___05 情報収集も「仕組み化」しよう
PART_4 「仕組み」で考える人はこうしている――“7つの習慣”
終章 「仕組み」仕事術が目指すもの
あとがき

それでは、仕組みとは何だろうか?

オビの言葉を借りれば、「才能に頼らない」で、「意志の力に頼らない」で「記憶力に頼らない」で、仕事をするための工夫である。実は仕事ができる人というのは、一人の例外もなくこの仕組み作りの名人である。そして、仕組みに頼らずに成金になれる人は現代においては一人もいない。

そんな私自身も、小はこのblogから、大は人生そのものに至るまで、仕組みに頼って生きている。例えば書評一つ書くのにも、そのためのスタイルという仕組みがあり、Amazonのアフィリエイトタグを自動生成するための仕組みがあり、さらに献本が献本を呼ぶような仕組みがある。

その私から見ると、本書の「仕組み」は実のところまだまだ、である。

なぜか。

究極の「仕組み化」にまだ手をつけていないからだ。

究極の「仕組み化」とはなにか?

懸命な読者はもうお分かりかも知れない。プログラミングである。そう。プログラマーというのは、まさに仕組みそのものを作ることを生業としている人々である。だから、実のところ、仕組み仕事術を得たかったら、他のどんな参考書よりも、プログラマーたちの生き方を観察することが参考となる。プレゼンテーション一つとっても、パワーポイントの使い方をうんぬん言っている人々と、プレゼンテーションツールそのものを作ってしまう人々の間には、地球人とサイヤ人ぐらいの違いがある。

たとえば、本書のまとめに相当する「7つの習慣」は、さらに以下の三つに要約できてしまう。

  1. 怠惰になれ - be lazy
  2. 短気になれ - be impatient
  3. 傲慢になれ - be hubristic

そう。プログラマーの三大美徳である。本書を読んで「すごい」という人は、私の目から見ると周回遅れもいいところなのだ。しかし、この「周回遅れ」というのが、多くのプログラマーが嵌まっている孔明の罠でもある。それを今から説明する。

「仕組み」に対する取り組みには、以下の三段階がある。

  1. 仕組まれる - 他人が作った仕組みの中で働く
  2. 仕組む - 自分で仕組みを作る
  3. 仕組み合う - 他人が作った仕組みを受け入れつつ、そこに自分の仕組みを組み込む。また自らが作った仕組みに他者の仕組みが入るための余地を残す。

本書の狙いは、1から2へと移行にあり、その点に関して言えば本書は実によく書けている。類書は多いが、その類書の中ではベスト3に入るだろう。しかし、1から2への移行というのは実は難易度はそれほど高くなく、プログラマーになれた人ともなれば、すでにそれを達成する能力が備わっていると言っても過言ではない。

だからこそ、さらにその次の段階、「仕組み合う」があることに気がつきにくい。気がつかないから他者を見下しがちになり、見下すからこそ、仕組み合いの誘いも見落としてしまい、機会を逸してしまう。策士策に溺れる、というより策士であるが故に策を見落とす、といったところか。

ディスカヴァー社は、この「仕組み合い」が最も上手な出版社の一つである。それが昨今のベストセラーラッシュに繋がっているのだろう。私はディスカヴァー社の「仕組み」に献本等を通して「仕組まれている」と同時に、書評の形でディスカヴァー社を「仕組んで」いる。一方的に仕組まれるのは悲劇であり、それにすら気がつかないのは喜劇であるが、仕組み合いは双方にとって楽であり楽しい。

とはいえ、仕組みは基本が大切。「仕組み」がわかっているつもりの人も、まずはだまされたと思って本書をチェックしてみよう。以外な見落としがあるかも知れない。見落としがなければ、本書のさらに上を行くことを考えてみよう。本entryのようにそれを書評化するのもいいかも知れない。

それが、私の仕組みの要約。

Dan the Blogrammer


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術(2008/03/03)泉 正人商品詳細を見る◆「誰が、いつ、何度やっても、同じ成果が出せるシステム」☆工場のラインをつくるイメージ。このシステムができれば、会社が安定するし、仕事が手離れする。フランチャイズ展開だっ...
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉正人/ディスカヴァー21/【10分で理解するビジネス読書ノート】at 2009年10月18日 08:41
今年は100冊が目標に読書1冊目、軽井沢にて、完読。 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術/泉 正人 ¥1,365 Amazon.co.jp 早速、実践開始しました。 TODOリストは、手帳から一日一回自分にメールを送り、印刷にしました。 議事録も漏れなく書...
【本2009-1】仕組み仕事術(泉正人)完読。【↑【パワーブロガー】世田谷のProducer(映画キャスティング/広告/出版/タレントブログ・グッズ等)】at 2009年01月11日 20:04
書評リンク - 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術【書評リンク】at 2008年08月30日 09:49
【はじめに】◆お馴染み、ディスカヴァーさんの社長室ブログでアナウンスがあって知ったのが、ディスカヴァーさんのフェア特設ブログであるコチラ。 「女王様の部屋」 今年のフェア「Discover Book Expo'08」について、社長の干場さんはもちろんのこと、社員の皆様も仮...
【トラックバックキャンペーン】「当ブログにおけるディスカヴァー売上ベスト10」【マインドマップ的読書感想文】at 2008年08月24日 10:05
ディスカバー社よりいつも通り献本御礼。 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 勝間和代 初出2008.06.12; 販売開始まで掲載 フレームワークを知悉し、フレームワークで今の地位を築いた著者が、フレームワークを縦横無尽に使いまくって書き、それを...
型の力で肩の力を抜け - 書評 - ビジネス頭を創る7つのフレームワーク力【404 Blog Not Found】at 2008年06月13日 13:38
読んだ。 いやわかりますよ。仕組み化しないといけないことは。仕組み化したらよくなるということは。 でもこの業界の作業って仕組み化しにくいんだよなぁ・・・。 気づいてないだけなのかなぁ。 ちなみにid:dankogaiの書評は http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51
[本]最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術[17]【本と映画とアレと】at 2008年04月30日 23:14
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 泉 正人 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2008-03-03 売り上げランキング : 3 おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★★★★★★☆ 現在、上海では会社も具体的な仕事も決ま
最小の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術【Book Review’S ??本は成長の糧??】at 2008年04月11日 20:55
まずは一点修正。 「書籍の執筆よりもブログを書いた方が儲かる」と有名ブロガーたちが言い放つワケ    :投資&お金活用実践Webマガジン MONEYzine(マネージン)池田氏と並び、元ライブドア取締役でオープンソース開発者の小飼弾氏もそのブログで書評を展開し、アフィ...
本を書くより書評書け!?【404 Blog Not Found】at 2008年04月02日 03:11
つい、ディスカバー社とdankogaiの仕組み合いに乗っちゃうんだよなあ、 とぼやきながらも、昨日読了。 この本の書評については、当然、404 B...
「仕組み」を仕組む男達【若だんなの新宿通信】at 2008年03月28日 16:52
仕事を効率よく行うための私の新刊、『「仕組み」仕事術』。     まだまだアマ...
「仕組み」仕事術の書評をいただきました!Part2【日本人みんなで、経済的に HAPPY になる!】at 2008年03月20日 08:36
夫のおごりで一日遅れの誕生日の食事に行って帰ってきたら、な、なんと、思いもかけな
DISCOVERをDISCOVERする賢者からの贈り物 ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2008年03月17日 00:23
夫のおごりで一日遅れの誕生日の食事に行って帰ってきたら、な、なんと、思いもかけな
DISCOVERをDISCOVERする賢者からの贈り物 ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2008年03月17日 00:16
この記事へのコメント
「仕組み」論の著者にしてはコメントやトラバ先の記事があまりにもショボい気が・・・。

コメントには仕組みとして活用できる要素はないということなのでしょうか?HPに来ればわかる、とかそういうのでは仕組みがない人と同じような・・・。

おそらくリアル系での仕組みに特化した人なのだろうと納得しておく。
Posted by しま at 2008年03月20日 16:34

はじめまして。
『「仕組み」仕事術』著者の泉と申します。

書評を頂きましてありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by いずみ at 2008年03月20日 08:44
仕込む、ではないかと?
Posted by higekuma3 at 2008年03月17日 01:40
s/以外な見落とし/意外な見落とし/
Posted by hide at 2008年03月17日 00:58
風晶さん、
誤変換に溺れているところを救っていただきました。
Dan the Typo Generator
Posted by at 2008年03月17日 00:46
s/作思索に溺れる/策士策に溺れる/
Posted by 風晶 at 2008年03月16日 23:56
はじめてコメントします。
類書が多そうですが、目次を見る限り、この本がAmazonで1位とはにわかに信じられません。

きっと世間でこなされている仕事量は私のそれよりずっと過密なんですね・・・
Posted by ☆shinchan☆ at 2008年03月16日 23:48