2008年04月25日 15:30 [Edit]

ペア書評 - 農で起業する!/農!黄金のスモールビジネス

築地書館より、「本が好き!(β)」経由で献本御礼。

asin:4806713015 asin:4806713368
農で起業する!/農!黄金のスモールビジネス
杉山経昌

どちらが「スゴい」かといえば「米で起業する!」だが、どちらが「役に立つ」かといえば、こちらの方だろう。


著者の杉山経昌のプロフィールは、以下のとおり。

杉山経昌略歴
千葉大学文理学部化学科卒。 通信機器メーカーと半導体メーカーで、バリバリの外資系サラリーマン生活を経験した後、宮崎県綾町で農業を始める。 サラリーマン時代の左手にコンピューター、右手に経営書を常に携えた経験を十分に生かし専業農家を営む。 現在、果樹100アール、畑作30アールの専業農家。 農業とは自分にとって天職で、これほど「おいしい」業界はないと日々実感している。

一言で言うと、技術開発のギーク、営業のギークを経て、農のギークということになる。

「農で起業する!」目次 - 農で起業する!より
ラクラク農業7箇条
農業は本当に3K「きつい・汚い・危険」なのか?
プロローグ 脱サラ百姓のススメ
1 ストレスで胃に穴があく前に転職を考える
2 サクッと就農する
3 営農計画はじっくり立てる
4 賃料は労働で返して一石多鳥
5 週休4日のためには労働生産性を上げる
6 収益性を上げるテクニック
ビジネス感覚をつかむための必須用語解説〜これだけは知っておこう
1 農業経営もビジネス〜こうすればうまくいく
1 ニッポン農業の3大時代遅れ「肥料」「計測」「情報」を克服しろ
2 農協の指導に従っていたのでは、ムリ、ムラ、ムダが多い
3 土づくりはムダ
4 経験を積まなくとも、農業はできる
5 農業は情報産業だ〜週休4日を実現するためには時短!
6 農家につけ込む「ワラワラ詐欺」!
7 楽しい農業の極意は「最適化農業」
2 ニッポンの農業事情
1 味とは関係ない、見た目のオリンピックと化した果物市場
2 消費者が守られていない本当の理由
3 有機農業についての誤解
4 農業の常識のウソ、ホント−−産地モノには注意!
5 後継者について〜世襲に頼らない後継者への経営委譲はなるか?
3 理想のライフスタイルを手に入れた
1 毎日が土曜日!
2 農村でうまくやっていくには?
3 営農視察を有効に活用する
4 農と自然をとりまく将来は
巻末付録 就農の軌跡
あとがきに代えて 妻の就農体験記
おわりに
「農!黄金のスモールビジネス」 目次 - 農!黄金のスモールビジネスより
はじめに ゆっくり夕陽を眺めて暮らしたい!
1章 まずは価値観の転換からはじまる
1 農業は・おいしい・業界です
2 経済規模最小で生きる
3 時給3000円以下の仕事はするな!
4 自分の取り分はこうして増やす
5 あなたを働きアリにさせる大きなワナ?
2章 スギヤマ式スモールビジネスのコツ
経営術を身につける唯一の方法〜それは失敗すること
1 スモールビジネスの極意
2 価格設定のコツを伝授します
3 つくって、直接売る。
4 すべてのビジネスは情報産業
5 専門的で奥が深い! だから高収益!
6 いろいろなチャレンジが楽しい
3章 人生で大切なことは農で学んだ
1 夢を満たせる職業です!
2 人間の本能に根差した生活を
3 一七年間、お客さまが目の前で食べるのを見てきたが......
4 作物栽培が教えてくれたメッセージ
最後に〜輪廻転生の発想で
あとがき〜妻への手紙「小さな生活」
付録 果樹園経営ConsoliPack〜栽培技術から経営管理までの完全マニュアル

「農で起業する!」が入門編、それに続く「農!黄金のスモールビジネス」が実践編という位置づけであるが、私の手元に着たのは前者が18刷、後者が6刷。実によく売れている。一読してみて、その理由がわかった。

どちらも実によく出来た経営指南なのである。

これは、スモールビジネスであれば、どの分野においても使える。

その要諦は何かというと、利益へのこだわり。

「どんなビジネスでもそうじゃないか」といえばその通り、なのだが、実はどんなビジネスでも、「利益へのこだわり」は簡単に「売上げへのこだわり」に化けてしまう。農業もそれの例外ではなく、悲劇はそこから始まる。

たとえば、著者はこう言い切る。

「農!黄金のスモールビジネス」P. 91
棚田が美しいと気軽に言うな!
生産性低下のツケは百姓にまわる

生産量の観点から行けば、棚田は正しい。しかし棚田は高コストなので、いくら収量が増えても利益は出ない。著者はその代わり、土地を余裕をもって使う。田畑のまわりには機械がUターンするための遊び地を開けておく。その分収量は減るが、それ以上に労力が減る。今や余っているのは労働力ではなく土地なのだ。

スギヤマ式農場経営のもう一つのコツは、「大きくしない」こと。

あくまで夫婦二人が余裕をもって経営できる以上に農場を広げない。広げても利益が出る場合ですら、その利益すら「ムダ」と見なす。何がムダになるかといえば、時間がムダになる。あくまで夫婦二人の労働時間合計が年間3000時間に収まる範囲にとどめておく。

そう。実は「成長」という呪いさえなければ、スモールビジネスほどおいしい商売はない。農でなくても然り。ましてや、農の場合、根本的な「仕入れ」は自然がやってくれる。これは確かにおいしい。

しかし、杉山夫妻とて、はじめからうまくやっていたわけではない。「経営術を身につける唯一の方法〜それは失敗すること」と言い切っている。結局のところ、どれだけ失敗できるか、どれだけ失敗から学べるかが経営ということに例外はないようだ。農業は特にパラメターが多い業界であり、その点がやはり難しいが、「楽習フェチ」にはそれこそが農の醍醐味ということになるのだろう。

私もちょっと挑戦したくなってしまった。もっとも、週休四日というのは私の基準だとまだ少ないし、PDCAサイクルが気の短い今の私には長過ぎる。もう少し考えてみることにしよう。

Dan the Blog Farmer


農!黄金のスモールビジネス
Amazonで購入
書評/ビジネス

農で起業する!
Amazonで購入
書評/ビジネス


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
築地書館佐々木様より卵とともに献本御礼。 金の卵 佐藤剛史 / 早瀬憲太郎 いや、卵のついでに、本書を頂いたというべきか。 「つまんでご卵(らん)」とはよく言ったものだ。名前はシャレだが味はガチである。これなら一個50円は高くない。 この卵がどうやっ....
一読してご卵 - 書評 - 金の卵【404 Blog Not Found】at 2010年07月21日 18:02
築地書館より献本御礼。 農で起業する!実践編 杉山経昌 「杉山農シリーズ」を締めくくる最終作は、三作中私が最も強い感銘を受けた一冊だった。
Ending Concern - 書評 - 農で起業! 実践編【404 Blog Not Found】at 2009年04月07日 17:03
書評リンク - 農!黄金のスモールビジネス
農!黄金のスモールビジネス【書評リンク】at 2008年10月08日 09:28
 なるほど!...でも、ちょっとすっきりしないんだな〜これが...小飼弾さんのブログ(404 Blog Not Found:ペア書評 - 農で起業する!/農!黄金のスモールビジネス)より見つけたこの2冊。最近の食物原料高騰のこの中で、日本の農業はほんと絶望的に感じてたのだけど、...
農業って...いいのかな...いちおう書評【そういう攻撃ver.2.0】at 2008年08月22日 00:57
週刊ダイヤモンド 2008.07.26 先週号に引き続き、今週号も特大号。どうも特大号が常習化してきたなあ。 しかし、そこで取り扱われている話題は、今までで最も「自然」なもの。
食を知れば経済がわかる! - 週刊ダイヤモンド2008.07.26【404 Blog Not Found】at 2008年07月22日 16:36
幻冬舎第一編集局編集第一部竹村様より、「牛丼一杯の儲けは9円」に引き続き献本御礼。 知事の世界 東国原英夫 日本で「タレント」というと、「芸能人」の意味になる。確かに talent には「芸能」という意味もあるが、しかし本体の talent はむしろ「才能」であり...
本物のTalent - 書評 - 知事の世界【404 Blog Not Found】at 2008年06月15日 17:52
と、思う。 ダンコガイ氏もそう言っている。 ペア書評 - 農で起業する!/農!黄金のスモールビジネス【404 Blog Not Found】より (引用) 実は「戮..
スモールビジネスはおいしい。【上海で人材紹介はじめました。】at 2008年04月27日 01:44
この記事へのコメント
いつも読ませてもらってます。ちょうど家族で稲の種まきを終えたところだったので実にタイムリーなエントリでした。「スモールビジネス」の方は持っています。
現実はがんばっても米を農協に売れば30キロ5750円(利益でなくて売上でここから資材費等引くと利益は…)です。もちろん時給換算したらこわくて出来ません(多分百円台)。
ただ、うちも含めほとんどの農家がやってるやり方(=農水省と農協御用達のやり方)がいかにベクトルの向きがずれているかが1冊読むだけでよく分かりました。
Posted by 或る農家 at 2008年04月26日 23:22
以前、弾さんが紹介してくださった。「米で起業する」という本を読みました。とても面白かったです。この「農で起業する」も購入したと思います。
僕は真剣に、将来、脱サラして農業ビジネスを起こしたいと考えています。なので、また農業関連でためになる本の紹介をお願い致します。
Posted by aikawasan99 at 2008年04月26日 07:50