2008年05月20日 13:30 [Edit]

News - 高等教育にベーシック・キャピタルはいかが?

このニュース、Google Newsによると朝日と共同通信しか伝えていないようなのだけど....

5200億円の削減可能
財務省は19日、国立大学の授業料を私立大学並みに引き上げることなどで、国立大学運営費交付金を最大で年約5200億円減らせるとの試算を財政制度等審議会(財務相の諮問機関)に示した。
asahi.com:国立大授業料、私大並みに 財務省、5200億円捻出案 - 社会
財務省は19日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、国立大学予算で授業料引き上げなどによって最大5200億円を捻出(ねんしゅつ)できるとの試案を発表した。

はてなーたちの意見は想定の範囲内として....

しかし、よく考えるとこれは「公平」ではある、というより現状が不公平ではある。


というのも、日本において大学というのは誰でも行くところではないからだ。大学どころか高校すら誰でも行くところではないが、進学率 - Wikipediaによれば、高校はそれでも94.4%の人が行くので de facto 義務教育ではあるのに対し、大学および短大は52.3%、大学に限ると42.4%で、半分以上の人にとっては「そんなの関係ねえ」というのもまた事実だ。

それらの人々にとっては、国公立大が現在受け取っている1兆2000億円(記事参照)も、私大が受け取っている4500億円も(私学助成の充実−文部科学省)縁がないことになる。「大学適齢期」(18-22歳)の人口がおよそ600万人とすると、これは30万円/年に相当するが、進学すれば60万/年のサービスを受けられるのに対して、行かなければゼロということになる。進学しなかった人にとって、これはかなりアンフェアに感じられるのではないだろうか。

それよりも、いっそ高等教育の部分に限ってベーシック・キャピタル方式にしたらどうだろう。

ワーキングプアは自己責任か」 PP. 208-209
「ベーシック・インカム」と「ベーシック・キャピタル」の違いは、前者が「フロー」の概念である所得を保障するのに対して、後者が「ストック」の概念である資産を保障するという点にあり、「ベーシック・キャピタル」は「ベーシック・インカム」との比較で優れた点が多いといわれる。
たとえば、「ベーシック・インカム」では早く死ぬと残りの期間の「ベーシック・インカム」を受け取れなくため、早い時期に死んだ人が長く生きた人に比べて損をすることになるが、「ベーシック・キャピタル」では、誰でも成人になれば一律に同額の資産が給付されるため、寿命の長短による損得勘定の問題が発生しない。
「ベーシック・キャピタル」構想の下では、成人を迎えたすべての国民に一定の金融資産が国家から給付される。国民は死亡時にこの金融資産を国家に利子をつけて返済する義務を負う。

この「一定の金融資産」を、「高等教育の学費相当」にしてしまえばいい。ベーシック・インカムをキャピタルゲインで捻出できるほどのベーシック・キャピタルは難しいが、この程度なら何とかなるのではないか。

仮にその額を300万円とすると、成人になる人口が130万人として年間4兆円程度。しかもこれは消費でなく投資である。新成人はこれを使って大学に行ってもいいし、ビジネスを起こしてもいい。とりっぱぐれが恐ければ、その分生命保険への加入を義務づければよい。

「300万では足りない」という意見もあるかと思うが、仮にこれを1000万円としても、ベーシック・キャピタルが死亡時に償還されること、未償還対策に生命保険を活用できることを考えれば十分捻出できるのではないか。

いずれにせよ、社会に出れば、教育の必要性はいやでもわかる。大学で学ぶにしても娑婆で学ぶにしても授業料は安くない。その授業料負担が人によって違うことこそ不公平なのではないか。

Dan the Education Dropout


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
最近の政治の話題を見ていると、少子化とか、非正規雇用増大とか、老人医療の問題とか、年金の問題とか、はたまた国立大学の学費を上げるとか、まあ日本の将来はお先真っ暗のように思えてくる。 どうして日本がこうなってしまったかというと、それは結構単純だと思っている
[BizIdea] 日本の問題点を全てズリっと解決する政策提案【起業ポルノ】at 2008年05月23日 01:42
国立大学の授業料を私大並みに引き上げるというニュースがちょっくらございまして、はい。「おいおい」と思ってたら、id:dankogaiさんが記事にしてました。で、それにも「おいおい」なので、ちょっくら書いてみます。 asahi.com:国立大授業料、私大並みに 財務省、520
[雑記]大学の授業料、あげないで【i_Diary】at 2008年05月20日 23:30
奨学金を拡張する子供債 Ver. 1.2 (Last Up Date 2008-May-20) 俺らの未来を買わないか? 老若の世代間闘争を煽っても、二虎競食に終わるだけである。優れた商人は、補助金をくれとか、融資をしてくれ、とは言わない。必ず「 買 わ な い か 」と商売をはじめる。
[社会][memo]奨学金を拡張する子供債【おちゃめクールの周回遅れブログ】at 2008年05月20日 19:18
今、流行ってる言葉はコレらしい!こんな言葉がよく検索されてるよ。知ってた?↓  ↓  ↓ News - 高等教育にベーシック・キャピタルはいか...
財政試算【今、流行ってる言葉って何?】at 2008年05月20日 18:40
この記事へのコメント
まあ、学費は安いと助かりますが。特に医学部などは国立大学の安い学費は魅力的でしょう。私学にあわせると、学部卒業だけで6000万円もかかるし。
Posted by taka.BRK at 2008年05月24日 02:00
アホの一つ覚えは卒業したらどうですか?
Posted by hoge at 2008年05月21日 22:42
学費を負担するのは親さ。だから「俺は関係ないね」と思って混ぜっ返しても、いつかは痛みを実感することになる。
と、言ってやりたいが、金持ちになればあまり気にもならないかも。

ま、子供さんに出す学費は、利子つけて返させるんですな。
生命保険もかけて、いざとなったら…。いや美しい国だ。
Posted by 東方不敗 at 2008年05月21日 01:50
>kyさん
「個々に合わせた施策」を考えるのではなく、
「個々が自分のために行動できる施策」でもいいんではないでしょうか。
(そしてこのエントリもそういうことだと思います)

尤も、おそらく先進国中で日本人に最も欠けていると思われる主体性が無ければお話になりませんね
漫画ですが、シグルイの第一話に日本人というものが凝縮されているような気がしてなりません
Posted by mogera at 2008年05月20日 22:38
面倒くさいから全ての人を一律に扱うんですね、プログラミングでもそういう場面ありますね。
でも僕はもっと個々の人に合わせて対応していくべきだと思うなあ、しかしそうするとそれを行う組織がでかくなる。
Posted by ky at 2008年05月20日 18:11
悪くないアイデアだけど、お金の使い方に失敗する人が多そうだよね。
20歳で成人になるのは自動的だけれど、その力量は人それぞれなんだし。むしろ、そういう教育こそ義務教育(高校も含めて)行うべきなのかもしれないなあ。
Posted by sakurada at 2008年05月20日 17:41
奨学金の借り逃げが問題となっている今、元が取れるとは思えないのですが・・・・。「未償還対策に生命保険を活用」するのはいいですが、未償還者が予想より多かった場合年金と同じで間違いなく破綻してしまいます。
Posted by bob at 2008年05月20日 15:39