2008年06月04日 11:45 [Edit]

The best is not good enough for us

で、雇用流動を導入したら、雇用流動性というのは増すのだろうか。

解雇規制がなくなり、雇用流動性が増すとどうなるのか - Zopeジャンキー日記
ちなみに、解雇規制がなくなって雇用流動性が増すと、ダメな会社からは人材がことごとく流出する。これによって、会社がつぶれたり、経営者がクビになるので、ダメな経営者も淘汰される。

弾言する。「者」の流動性が、「物」の流動性ほど上がることはありえない、と。


なぜか。

物は文句を言わないが、者は文句を言えるからだ。

ここに年収500万の社員がいたとしよう。そこに年収1000万を要求する求職者が来たとする。年収500万円の社員は会社に1000万円の売上げをもたらしているのに対し、求職者なら会社に2000万円の売上げをもたらすことがかなりの確度でわかっていたとする。あなたの手元にある給与予算の余剰はあと500万。よって求職者を雇用するためには、年収500万の社員をクビにしなければならない。あなたはどうするか。

もしあなたが年商1億円の会社の経営者だったとしたら、あなたはすぐにでも年収500万の社員をクビにして、年収1000万円の社員と交換するだろう。それだけで売上げが10%も伸びるのだ。

しかし、あなたが年商1兆円の会社を経営していたのだとしたら、あなたは同じことをするだろうか、年商は額で1000万増えたとしても、率だとわずか0.001%。この程度の売上げ増を評価してくれる株主なんぞまずいない。そのためにわざわざ社員に文句を言われるのはうざい、すなわち心理的コストが高い。

それならば、わざわざ社員を交換するまでもない。雇用流動制とはいっても、「最も優れた者を雇用する義務がある」とまでは行かないはずなのだから。せいぜい「最も優れた者を雇用する権利がある」程度だろう。

実際のところ、世の中を見ていると、小さな会社ほど社員の転職率が高い一方、役員の転職率が低い。大きな会社ではこの逆で、経営陣はころころ変わっても、社員はずっと長くいたりする。事実上雇用流動制が導入されているに等しい合州国で、その傾向はいっそう顕著である。

ということは、以下のことがかなりの蓋然性をもって言えるということでもある。

  1. 雇用流動制が導入されても、雇用流動性が高まるとは限らない
  2. 雇用流動制が導入されると、経済が成長しても給与が伸びるとは限らない

うち2.は、現代日本がまさに体験していることである。英米ではより顕著にその傾向が見られる。

で、この設問だ。

我々は、本当に the best を求めているのだろうか。

どうもそうではないらしいという思いを、私は年々強めている。

我々が求めるもの、それは the best を手に入れることではなく、good enough を失わないことなのではないか。

これは、我々、すなわち人類のみの傾向ではなく、生物全般を通して言えることなのではないか。

我々=生物が変革を求めるときは、the best の状態にないときではなく、そのままでは good enough が失われる時である。その際は better を求めるが、たとえ the best が見えていても、good enough なニッチ(niche; 英語だと「ニーシュ」なのでそう書きたくなってくるが「ニッチ」でgood enoughなので)が近くにあれば、むしろそちらを目指すのが我々なのではないのか。

なぜ雇用が市場で斬れないのか。これに対する最も単純かつ本質的な回答は、

被雇用者は物(thing)ではなく生き物(life)だから

でいいと感じている。もしそうだとしたら、the most outcome by the whole (全体による最大益)ではなく、good enough for the most (充分な益を得るものの数が最大)こそが、the best for us なのではないか。

念のために付け加えておくと、現状の雇用制度がそうだというつもりは全くない。実際現状の雇用制度は、既得権益者にとっては good enough であってもそうでないものには too bad だからだ。私が言いたいのは、雇用流動制は銀の弾丸ではありませんよ、ということだけである。

Dan the Blogger Good Enough to Survive


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
前回エントリーでは「10年泥」討論会から、学生のIT産業敬遠の話、天才だからって起業はないだろうときて、労働力の流動性強化の話をした。 今回は、トヨタ自動車から若干ネーミングをパクりつつ、具体的な雇用流動性強化プランを中心に、つづきを書いてみたいと思う。 非
[BizIdea]残念なIT産業への檄文(後編)【起業ポルノ】at 2008年06月06日 02:12
解雇規制がなくなり、雇用流動性が増すとどうなるのかThe best is not
[議論参加]解雇規制を無くすと雇用流動性は増すのか【ほぼ日刊 人事マネジメント】at 2008年06月04日 21:45
この記事へのコメント
逆に言うと、会社で働く社員も、別業種の悪条件労働に見られるworstな状況を情報として小耳に挟むと、今の会社のworseが我慢できるレベルだと無条件に判断してしまうんだろうなーと思っちゃいますね。

日本全体の閉塞感はworseの状態が当たり前だと私達が考えてしまうのか、
betterの状態を目指す労力が減退しているのか、どっちなんだろう。
Posted by 組長 at 2008年06月04日 23:51
>私が言いたいのは、
最後のこれを最初に書いてください。日本人随筆的マッチポンプみたいです。
Posted by   at 2008年06月04日 22:28
> 年商は額で1000万増えたとしても、率だとわずか0.001%。この程度の売上げ増を評価してくれる株主なんぞまずいない。そのためにわざわざ社員に文句を言われるのはうざい、すなわち心理的コストが高い。

これが一人と考えるから、おかしいのでは? 文句を言われる0.001%の売り上げ向上は、行われないとするならば、何も進展はしないのではないでしょうか。0.001%の積み重ねこそ(1000人解雇して、有能な1000人を雇用すれば)、重要なのでは。
Posted by kk at 2008年06月04日 20:59
なるほど〜。
ただ、日本では人材市場は無いですからね。雇用の調整弁として派遣が急激に増えましたけど、これが市場の役割を担っているように思います。ちょっと異常なので、どうにかして欲しいとは思います。

あと、ダメな会社はさっさとつぶれて欲しいです。若者はなぜ3年で辞めるか、の城氏ではありませんが、みんなガマンしすぎです。むかついたらヤメル、というくらい気軽に働いて欲しいですね。
Posted by ny at 2008年06月04日 18:13
>心理的コスト

会社だけでなく、部署内でも同じような事は起きています。
Posted by とおりすがり2 at 2008年06月04日 15:56
>それはあなたが急激にオヤジ化してるからです(哂)
しか家庭を持って嫁さんや子供がいれば、大抵はその「オヤジの選択」を
しなければならないわけだが。自分一人なら冒険もできるが、「そのために
子供を犠牲にできるか?」と言われれば二の足を踏むだろう。
Posted by とおりすがり at 2008年06月04日 13:41
>我々が求めるもの、それは the best を手に入れることではなく、good >enough を失わないことなのではないか。

>私は年々強めている。

それはあなたが急激にオヤジ化してるからです(哂)
Posted by 真実は年齢の関数♪ at 2008年06月04日 13:01