2008年06月12日 14:00 [Edit]

そんな苦労が出来ないバカヤロウな男ですごめんなさい

やっと全部目を通したので、まずは[後でまた読む]ためにリンク。

対談ダイジェスト 西原理恵子さん×勝間和代さん 母の苦労を知れ:かあさんNEWS - 毎日jp(毎日新聞)
勝間 この話、すごく私たちが言いたいことだったんです。特に「こんな苦労が男にできるかバカヤロウ」というせりふが。

最強ワーキングマザー対談:西原理恵子×勝間和代

  1. 「女の人は働いたほうがいい」
  2. 「スカートは、はかない」
  3. 「日本は子供に冷たい国」
  4. 「『手伝う』って言うな」
  5. 「ひどい会社から逃げよう」
  6. 「私立ならどこでもいい病」
  7. 「おばあちゃんは絶対必要」
  8. 「社員の未婚、社長さんも悩んでます」
  9. 「手に職、大事ですよね」
  10. 「日本は貧困にも冷たい」
  11. 「世界の貧困、何とかなるかも」
  12. 「勉強法、ドーパミンが出るように」
  13. 「もっともっと、子供にお金を」

こういうのも何だが、読了後には「男のライフはゼロよ!」という気分にもなってくる。

なぜなら、彼女らは男に全く期待していないからだ。

彼女らは、彼女らの職場には期待している。

彼女らは、彼女らの実家にも期待している。

彼女らは、彼女らの社会にも期待している。

期待どおりに行かないから、彼女らは強くなり、不足分を自ら賄って来たわけだ。だから「自腹ばっか切らせるな!もっとオゴれ!みんなジバランで行けると思ったら大間違いだぞ!」と言っているわけである。

このこと自体は、ある意味想定の範囲である。すでにフランスというケーススタディもある。

404 Blog Not Found:s/フランス//g #して読め - 書評 - フランス父親事情
しかし、母親の立場からすると、本当に必要なのは「父親」そのものではなく、自らの子育てを楽にする「父性」である。一夫一妻により「もう一組の手」は確かに増えたが、それにも当たり外れはある。当たり外れのある♂の父親より、社会そのものが「父親」となってくれた方がむしろよいのではないか。
フランスは、それをかなり自覚的に押し進めた。社会を父親化したのである。その結果、個体としての父親は「負け」た。

くやしいかな。父親としての能力は、個体としての男は社会にはかなわない。「ダメ親父」な日本でさえすでにそうだ。私自身、父親の「役者不足」を社会に「補填」してもらったから今がある。母は強い女(ひと)ではあったけれど、充分ではなかった。

そのこともあって、私自身の父親力は、私の父よりずっとあると弾言できる。それでもなお、娘たちにとっての切実度は、母(私の妻)>祖母たち>社会>私であると認めざるを得ない。社会と私の父親力の差には、ゼウスとオスバチぐらいの差がある。

実にみじめではあるが、このこと自体は仕方がない。生物学にはさからえない。

しかし、である。我々はハチでもアンコウでもなく、哺乳綱霊長目ヒト科ヒト属ヒトなのである。そして典型的な哺乳類らしく、♂にはフルセットの心身が与えられる。「身」に限って言えば、♀よりやや力持ちなぐらいである。

社会が完璧な父親となったとき、彼ら、いや我々男はどこに行けばよいのだろうか。

社会というマトリックスの電池だろうか。確かに社会が一端男から原資のみを徴発し、男という余計な「オマケ」なしに、社会が「純粋な父親力」を供給した方が子供にとってよさそうに思える。少なくともDVは劇的に減少するだろう。

しかしマトリックスの電池にすぎないことを、男たちは受け入れられるのだろうか?

皮肉なことに、母ではなく♀としての女たちは、未だに力のある男たちを好む。「力のある」とはどういうことかというと、「潜在暴力が大きい」ということである。最強の彼女たちでさえそうであることは、「勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド」を読めばわかる。

しかし、ひとたび母となれば、彼女たちをかつて魅了した「力」は一転して「毒」となる。力がありすぎては彼女たちを「ウェンディ」にしてしまう。しかし力がなければ単なる甲斐性なしである。夫兼父としてのフェアレンジは、恐ろしいほど狭く、そしてそれが日に日に狭まっていることを男たちはひしひしと感じている。

それがアンフェアだと、感じるほどに。

そうこう言っても、社会の父親力が増し、それに従って男に居場所がなくなるという長期傾向に歯止めはかからないだろう。ましてや日本はフランスの周回おくれ。少なくとも一周分進むまでは止まらないというのは外しようがない予測に感じる。

しかし、その先はどうなのだろう。

妙案は、まだない。

ないのでとりあえずはこの歌でも歌って気を紛らわすことにしておく。6曲目。

やまねこ
傷つけるための爪だけが
抜けない棘のように光る
天からもらった贈り物が
この爪だけなんて この爪だけなんて

このやまねこは実は♀なのだが、むしろ♂にこそふさわしい。

Dan the Social Appendix Called Father


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
集会遅れの気もしますが… 勝間和代の『誰でも出来る』日本支配計画 - 結婚のすすめ(1) 35歳独身限界説
35歳独身限界説 by @kazuyo_k を打ち砕くたった一対の映像【404 Blog Not Found】at 2009年11月09日 19:06
徹子の部屋を観てから書こうと思ったけど、それまで体力が持たないので。 勝間和代現象を読み解く 日垣隆 こういうのも何だけど、むしろ勝間和代(敬称略)の側、すなわちワークライフバランスの体現者としてライター代表の著者がこういう本を出すのが意外と言えば....
カツマーの取説 - 書評 - 勝間和代現象を読み解く【404 Blog Not Found】at 2009年08月25日 11:37
著者より献本御礼。 勝間和代の日本を変えよう 勝間和代 読了して感じたのは、二つのこと。 一つは、著者の手による本としては、最も味わい深かったということ。 そしてそれであるが故に、著者の本としては今ひとつ売れないのではないだろうかということ。
日本を変えたければ、汝を変えよ - 書評 - 勝間和代の日本を変えよう【404 Blog Not Found】at 2008年10月05日 03:22
フランス父親事情 作者: 浅野素女 出版社/メーカー: 築地書館 発売日: 2007/03 メディア: 単行本 「父親とは、子供の母親の夫である」フランスではナポレオン法典の時代から、伝統的に父親をこのように定義づけるらしい。この定義はこれだけでかなり語るところの多いものの
[本][生活]父親とはなにか−フランス父親事情を読んで【BiBowLog】at 2008年06月29日 23:29
先日、包丁を砥石でしゃこしゃこ研いで、とっても気持ちのよい切れ味になった。 包丁研ぎって、実家ではいつも父がやっていたし、なんとなく「男の仕事」なイメージがあったのだが、夫はやらない(たぶんやったことがない)。 で、やってみたら自分でもできるし、けっこう楽
[働く母]包丁研ぎとダンコーガイの憂鬱【理系兼業主婦日記】at 2008年06月17日 01:04
小飼弾さんのBlogを通して、西原理恵子さんと勝間和代さんの 対談を知る。 内容
働く女性は素晴らしい。【ごろーの日記】at 2008年06月15日 22:39
なんか、もうね。 おっさんアホかと。甘えんなと。 404 Blog Not Found:そんな苦労が出来ないバカヤロウな男ですごめんなさい 社会が父親代わりしたら男の居場所がなくなるってどんだけー 母の苦労がって、今まで俺ら男が仕事に逃げて楽してきただけでしょうが。 居場所が無
[雑感][働き方][人生]仕事もマッチョ。家庭もマッチョ。【飽きたら消すよ。】at 2008年06月13日 12:35
西原×勝間対談に激しく共感したわけであるが、一方で男性がこれを読んだら索漠とした気分になるだろなぁ、ごめんね、うひひ、という感想も抱いた。小飼弾さんの索漠さの表明も読んだが、男に期待しなくなる過程では、それなりに砂を噛むような思いをしてるわけで、まあ、こ...
[社会][家庭]男なんてゼイタク品【社労士 李怜香の多事多端な日常】at 2008年06月12日 22:33
カテゴリに迷いますが、「読んだもの」というよりは「見たもの」という感じ。 動画もありますしね。 最強ワーキングマザー対談:西原理恵...
勝間×西原で対談を組んだ人が偉い!【若だんなの新宿通信】at 2008年06月12日 17:08
この記事へのコメント
>野ぐそ
言葉尻捕らえて何言ってんだこいつ?
日本語でOK
Posted by   at 2008年06月18日 14:05
>それで、女性までもが階級を作ってしまうと、勝ち組になれない男・女はどこで安息を得ればいいんだろうか。

誰かのところで安息を得ようという発想をやめればよろしいかと…。
Posted by カゴメの鳥 at 2008年06月16日 22:36
『やまねこ』引用するあたりが同世代〜♪オールナイトにっぽーん!
Posted by cockatiel-cage at 2008年06月16日 17:09
最近アキバの加藤クンが答えを一つ見つけてくれましたよね。



Posted by 笑・帝都大戦 at 2008年06月15日 14:55
男が階級で差別されるのは今まであったことであって、それを女性が癒すことでバランスをとっていた。
それで、女性までもが階級を作ってしまうと、勝ち組になれない男・女はどこで安息を得ればいいんだろうか。
Posted by たろう at 2008年06月15日 01:12
女性の「階級」を例示しただけでは
男には「階級」がないという証明はできませんよ。
Posted by クッパ at 2008年06月14日 22:55
>女に限ったもの言いをするのはなぜですか?
ってこと。

女性に限ったことだからですよ。

セレブだの、お受験組だの、いくつも階級を作って差別するのには関心します。

Posted by ほるほる at 2008年06月14日 22:19
弾さんマッチョなんでしょ?
働き方は偉そうに語るくせに、なに甘えてんだよ。

家庭の事もやればいいじゃないですか。
家事も育児も仕事も同じようにやればいいじゃないですか。
効率的な仕事方法の本とかたくさん読むんでしょ?

家事も仕事上のタスクとみなして、スケジュールには仕事と家事と育児を同じように組み込んで、効率的にこなしていけばいいじゃないですか。

マッチョなんだから簡単でしょ?
Posted by YOSIZO at 2008年06月14日 17:46
人間そういうもんじゃないんですか?
女に限ったもの言いをするのはなぜですか?
ってこと。
Posted by クッパ at 2008年06月13日 20:57
>男同士なら格上が格下を助けるもんなんすか?

なんで女性のことに男が出てくるのか意味不明。

女性運動家が底辺女性を助けるようなことを、ほとんど行わず、努力不足で切り捨てていることです。

階級差別も激しいしね(w
Posted by ほるほる at 2008年06月13日 20:49
>ほるほる
男同士なら格上が格下を助けるもんなんすか?
なんか私の視点が間違ってるのかな
Posted by クッパ at 2008年06月13日 00:02
>社会が完璧な父親となったとき、彼ら、いや我々男はどこに行けばよいのだろうか。

その社会を破壊すればいいんですよ。簡単なことです。



>なぜなら、彼女らは男に全く期待していないからだ。
こう思っているのは小金稼いで勝ち組の幻想にひたっている女性だけです。

女性同士の格差はますます広がっていますが、彼女らはそういった女性たちを助けようとはしていません。
Posted by ほるほる at 2008年06月12日 23:10
ランキングで上位に来るのは誠意ややさしさですよね
Posted by クイナ at 2008年06月12日 21:46
天からもらった贈り物が
このペニスだけなんて このペニスだけなんて
Posted by 結果の出せない奴 at 2008年06月12日 21:17
 催馬楽さんはそれで実際外に出とるんじゃけえ、大したもんよね。頑張ったらええよ。でも、それは電池が先に外に出たけえ付いていっただけなんじゃないんか。電池が居らんかったら催馬楽だって出とらんじゃないか。
 今外に目が向いとるんにしても、よその電池が先に出て地ならししとるけえ出られるだけじゃないんか。その電池が外へ出るだけの地ならしは中の電池がボロクソんなってモラルハザードでも人殺しでも泥棒でもやるようにならんと達成できんのじゃないんか。

 そこへどんだけ自覚的で居るんじゃ。

 言うに事欠いて「こんな苦労が男にできるかバカヤロウ」ゆうのは、相当舐めた話じゃ無いんか。だったら電池無しで勝手にやっとれ言うたら、催馬楽ごときは、そこで仕舞いじゃないんか。なんで言わんのや、阿呆らしい。
Posted by 野ぐそ at 2008年06月12日 18:14
 無頼なら無頼で別に構やぁせんけど、そこまで言うなら家族も子供も捨てて自分だけで生きてみい。生涯ひとりだけで生きてみい。それ、やっとらんじゃないか。催馬楽にしても勝間にしても。貰うもんだけさっさと貰ってとっとと逃げとるだけじゃないか。

 世の中泥棒が多い多いて寝言垂れとるけど、わしに言わせりゃお前らが一番の大泥棒なだけじゃろが、ってだけなんじゃけどね。
 そのことに何時気付くか、ずーっと待ってもまだ気付かん。それだけのことなんじゃないんか。あいつらの対談は。対談せんでええけえ退団せえよ。

 日本から出てけ鬱陶しい、って誰か言うたらええんじゃないん?
Posted by 野ぐそ at 2008年06月12日 18:02
>しかしマトリックスの電池にすぎないことを、男たちは受け入れられるのだろうか?

 受け入れたらええやろ、そんなもん。好きにさせとけ。
 電池無しでも勝手に動けるなら好きにせい、と言やあえーんじゃないん?
 大抵の場合、電池が無かったら動けんのじゃないんか?
 言っちゃ悪いけど催馬楽さんも勝間さんも、人生のある時期まで電池使っとったんじゃないんか。電池があったから子供でも授かったんじゃないんか。

 電池が無くなった、電池が不要になった、でも私には生き抜く才覚があるから、だから私は自分で頑張る、なら。それなら別に何をやっても構うことはないけどね。その才覚が無いヤツが電池を当てにしたら、それは単なる搾取じゃないんか。

 搾取だけして不要になったら「お前ら要らん」は、真っ当な人間のやることじゃ無かろうが。と、思うがね。
Posted by 野ぐそ at 2008年06月12日 17:54