2008年06月23日 09:00 [Edit]

嘘という真実 - 書評 - 嘘を見破る質問力

日本実業出版社より献本御礼。

本書を読了して、なぜ著者が人気弁護士となったのかがやっと理解できた。

著者は、法律以上に人というものをよく理解しているからだ。

嘘を見破るためというより、人というものを見究めるために読むべき一冊。


本書「反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力」は、「最短で結果が出る超仕事術」を著した著者が、弁護士という本来の仕事に立ち返って、嘘というものに関して考察し、それを通して人というものを洞察した一冊。

目次 - 日本実業出版社より
はじめに
第1章 華麗なる芸術、反対尋問
1 反対尋問を駆使して嘘を見破る
2 リンカーンが用いた危険な技法
3 反対尋問の技術をビジネスで活用する
第2章 人間の記憶は実にいいかげん!
1 むやみに「嘘つき」呼ばわりすることの危険性
コラム 「嘘を見破る質問力」を高めるためには
2 人間の記憶のいいかげんさ
3 人間は「主観的には」真実を述べる
4 人間は嘘をつくことが苦手
5 記憶違いや、思いこみへの対処法
第3章 悪意で嘘をついている相手に対して
1 記憶違いか嘘つきか?
コラム 「嘘を見破る質問力」を高めるためには
2 身体に現れる「嘘」を見破る
3 相手の嘘を見破る5つの方法
第4章 女性は男性よりはるかに嘘が上手
1 男性の嘘、女性の嘘
2 女性の嘘に対する対抗策
コラム 「嘘を見破る質問力」を高めるためには
3 1対1での交渉には勝ち目なし
第5章 専門家に太刀打ちするためには
1 専門領域では準備なしに議論しない
2 謙虚な姿勢で情報を引き出す
3 専門家への報酬はどうする?
第6章 法律家の論理
1 法律家の論理学
2 荘司流法律論の立て方
3 ビジネスや社会生活への応用
4 嘘を論破するときも法律家的論理力は有効
第7章 嘘の事例とその対処法
1 理路整然たる説明
2 ハッタリ作戦
3 不利なことを言う人は正直か?
コラム 「嘘を見破る質問力」を高めるためには
4 ひとつのことに「こだわる」人
5 余分なことには真実が多い
おわりに

目次を一瞥してわかるとおり、本書は単なる「嘘を見破る質問力」入門ではない。もちろん本書には嘘の見破り方も書いてあるが、それより重要なのは、なぜ人は嘘をつくのか、そしてそういった嘘に対して我々はどのような態度で臨むべきなのかがきちんと書いてあることである。

特に目を引くのが、第二章と第四章。第二章では、人は必ずしも意識して嘘をつくのではないということが書いてある。実のところ、「偽言」(false remarks)のほとんどは、単なる思い違いに由来する。本blogにも、それは少なからずある。著者はこれに対しては非常に寛大な態度を取っている。

そして第四章には、嘘に関する男女差が書かれている。しかもはっきりと、女性の方が嘘が上手いと書かれている。著者がセクシストなのではない。これは客観的事実である。

男と女と嘘といえば、真っ先に思い浮かぶのが、こちら。

男はいつも 嘘がうまいね
女よりも子供よりも 嘘がうまいね
女はいつも 嘘が好きだね
昨日よりも明日よりも 嘘が好きだね
歌姫(「寒水魚」最終曲)

ああ、なんたる女神の嘘。これは男女をひっくりかえした方が真実だ。私はそのことを心でも体でも知っている。こういうのもなんだけど、私は嘘にはちょっとした自信がある。なにしろ母仕込みだ。単にどうやって嘘をつくかだけではなく、ばれた時の対処や口裏のあわせかたなどを彼女に学んだのだ。それがなければ、今の私はなかっただろう。彼女に嘘をつく能力がなければ、私は死んでいたと断言できる。彼女が夫に嘘を言わなければ、私が成人することはありえなかった。

だからこそ、わかる。男は嘘において女には絶対にかなわない、と。

著者はその理由を生命力の差に求めている。確かに嘘を貫くには生命力(vigor)が欠かせない。しかしそれだけでは、嘘をつく潜在力(potential)にはなっても、嘘をつく能力(availability)とはならない。

なぜ女の方が嘘が上手いか。それは嘘が必要だからだ。

子供を、守るために。

嘘は、夫の暴力から身を守るための、最も有効な盾でもあるのだ。生命力において勝るにも関わらず、腕力においては劣る女性の武器として、嘘というのはもっとも自然かつ強力なものなのだ。

もちろん、生まれ持った「嘘つき力」はいくらでも悪用可能で、本書にもそんな嘘を駆使し、ばれても堂々としらを切る悪女が登場する。

しかし、著者はそういう嘘の見破り方を享受しつつも、「嘘をばらす」が必ずしも最善手とは限らないことをきちんと指摘している。それが最も如実に現れているのが、嘘を見破った後の対応を複数提示していること。著者は嘘を見破ることそのものよりも、その後どう振る舞うべきかにより多くの言葉を割いている。

もし相手を「倒し」たかったら、退路は絶っておかなければならない。法廷、特に刑事の場合はこれに相当する。本書にもその方法はきちんと書いてある。

しかし、本書の真骨頂は、「本当にそれでよろしいのですか」ときちんと説いていることにこそある。嘘つきを打ち倒すことが、あなたの本当の目的なのですか、ということをきちんと再確認しているのである。

これこそ、プロフェッショナルと「道具」の違いだ。道具は意志ではなく指示にしか従えない。銃の引き金が、持ち主の心境を読むことはありえない。しかしプロにはそれが出来る。生かしたいのか、殺したいのかをクライアントから読み取ることが出来るのだ。

嘘(a lie)というのは、真(true)の反対、すなわち偽(false)と定義するにはあまりに複雑で、それゆえ人間的なものなのだ。だから著者の対応も、単なる「証明」には留まらない。証明であれば、それほど難しくない。結局のところ反対尋問というのは数学の背理法(reductio ad absurdum)に「還元」(reduce)できるほど単純なものであり、それであれば一章で事足りてしまうのだから。

嘘にこそ、真実がある。

それを、読み取って欲しい。

Dan the Deceive[rd]


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
日本実業出版長谷川様より献本御礼。 六法で身につける荘司雅彦の法律力養成講座 荘司雅彦 これだよ、これ! こういう法律の本を待っていた! 法律というものを知りたい人が、最初に読むべき一冊。 すでに読んでしまった本のことをきれいさっぱり忘れてでも、そ....
心を射抜く一冊 - 書評 - 六法で身につける 荘司雅彦の法律力養成講座【404 Blog Not Found】at 2009年01月22日 18:39
書評リンク - 反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力
反対尋問の手法に学ぶ 嘘を見破る質問力【書評リンク】at 2008年09月11日 10:48
この記事へのコメント
儲けじゃなくて、気の問題のようですが。
blog読んでくだされ。
Posted by higekuma3 at 2008年06月25日 03:13
そりゃ、弁護士やらなくても食っていけることが分かったら、「今更弁護士なんてやってられねえ」ってなることが明らかですからね。
Posted by 弁護士でしか食えない奴 at 2008年06月24日 11:20
この方、
blogで
「弁護士業に戻る自信がない」的なことを
書かれていましたね。
Posted by higekuma3 at 2008年06月24日 09:33
「えぇぇぇぇー、ウッソぉぉぉぉ。信じらンなぁぁぁぁい!!」
この言葉は嘘か、否か!
Posted by 結果を出せない奴 at 2008年06月23日 22:08