2008年06月29日 20:45 [Edit]

難認簡接型社会「日本2.0」へようこそ

サバイブSNS第1回オフ会、参加者のみなさまお疲れさま。参加できなかったみなさん、またの機会を。

で、そこでも話題になったのがこれ。

非承認型社会「日本」へようこそ - Thirのはてな日記
この国は今、「非承認型社会」、即ち「他の誰でもない自分」が承認されない社会となりつつある。あるいは、自分ですら自分という存在を承認することが出来ない状態になっているのではないか。

私はこれとは全く逆の印象を持っている。


このオフ会成立そのものが、その傍証ともなるだろう。私はかつてであれば「他者」(strangers)であったはずの参加者各位を実に手軽に「承認」(recognize)し、個人宅に招いた。これほど簡単に他者を承認するのは、前世紀では不可能だったのは確かだ。インターネットとSNSがそれを可能にしたのだ。

ただし、ここで私が言う「承認」が、id:thirと異なるのも明らかである。

非承認型社会「日本」へようこそ - Thirのはてな日記
ここでいう「承認」とは、自らが他の誰とも代替不可能な存在として認められることを指す。自らの物語・生き様が他者のものとして回収・吸収されることなく他者のそれと連結され、社会において一つの存在として認められることと同義である。

私が言う「承認」は、ここまで「大げさ」ではない。「他の誰とも代替不可能な存在として」という付帯条件は抜きに「認めた」のであれば「承認」である。とはいえ、いちいち「thir的承認」というのも「弾的承認」というのも面倒なので、ここは私が譲って、「弾的承認」は「接続」(link)と言い直すことにする。

で、接続の容易性は、かつてないほど上がっている。人と人がつながるのがこれほど簡単な時代があっただろうか。つながりたい?マイミク申請をどうぞ。誰もmixiに招待してくれない?facebookなら招待不要です。もちろんサバイブSNSもね。

しかし、接続を太くして、承認まで持っていくコストが高くなったというのも実感としてある。かつては「俺の嫁」すら親戚が見合いをお膳立てしてくれた。今や嫁というのは恋愛を経て得るというのが常識であり、そして恋愛というのは自腹であり、そして自腹である以上、そこに期待するリターンは見合いの場合よりもずっと大きく、それゆえそのコストが支払えなかったり、コストに見合った--そう、見合った--リターンを得るのが難しいと嘆く者が増えてきた。

求職についても同様。雇用者が求職者に求めるものは、かつてないほど大きくなっている。同じ給与ならかつてより多くの技能を持ち、同じ技能ならかつてより少ない給与で満足することが要求されている。

その意味において、現代は接続開始コストがべらぼうに安くなった代わりに、接続強化コストがべらぼうに高くなった時代とも見なせる。マイミク1000人カレカノなし、もう充分みくみくにされてますってわけである。

なぜそうなったのか。かつてあった「強制承認」(forced recognition)が「うざい」ということでゼロに近いところまで減ったからだ。地縁血縁と言い直してもよい。そこには承認がある代わりに、「貴様かくあるべし」という呪縛(bind)もあった。代替不可能の見返りに変更不可能でもあったのだ。「そんなのつきあっていられるか」と反旗を翻したのが、団塊の世代。「大きな社会」との戦いには敗北した彼らではあったが、「小さな社会」に対しては見事な勝利を収めた。

こうして、その子どもたちは、リンクゼロのまま娑婆に放り出されることになった。しかしこれに関しては、団塊の世代の勝利を歓迎したい。リンク強化コストのインフレよりも、リンク獲得コストのデフレの方がずっと激しかったのだし、そしてなんといってもリンク切断が解禁されたのだ。かつて結婚は「死が二人を分つまで」という永続リンクであったが、今や手続きを踏めばこのリンクは切断可能である。一言で言えば、やりなおしが利くようになったのだ。

リンクが安価になり、そして「アンリンク」も含めた「繋ぎ直し」がやりやすくなったことで、「繋がる」ことの意味は質的にも変わったのである。「手持ちのリンクがしょぼい」は、もはやいいわけにならなくなった。それを繋ぎ直すのは今やあまりに容易なのだから。

だから問題は、変な言い方になるが若者の考えが古いままであることにある。うざい承認だったら、切ってしまえばいいのである。承認ほしさに偽りの自分を演じる必要など、ない。そして承認してくれる人が欲しかったら、まずはリンクを増やしていくこと。あなたを承認してくれる「深化OK」な「ノード」が見つかるだろう。今ある「ノード」に承認をごねるより、よっぽど楽。

「誰も承認してくれない?」あなたは何人に声をかけましたか?100人?200人?諦めが早すぎます。かつて10人に声をかけるコストで、1000人、いや一万人に声をかけられる時代なのですから。

Dan the Man with Too Many Links to Thicken


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
地縁血縁について
いまだ強力な地縁血縁【はりすのブログ(公開)】at 2009年06月28日 22:49
時代遅れの人間中心主義者たちが未だに「人間性」に固執し、「倫理」だの、「道徳」だの、「規範」だのと末期的なものにしがみついている間に、「環境管理型権力」によって「デザイン」された環境の中で、人間はとっくに動物的な欲求に従事した「自称人間」と化している。社...
「人類総動物化計画」の接続可能性【ポスト・ヒューマンの魔術師】at 2008年07月19日 11:07
ドンマイ人間論。
承認=非承認というパラドクスを前に慌てふためく、末期的な「自称人間」たちの落ち度【ポスト・ヒューマンの魔術師】at 2008年07月17日 11:54
非承認型社会「日本」へようこそ 「承認」はどのようにして得られるのか? 承認なんて自分でしろよ。 承認ほにゃらら 難認簡接型社会「日本2.0」へようこそ 承認とは、 自分が存在する事を認められる事。 自分が其処に存在する事を赦される事。 ...
存在意義と、代替不可能性。【End of the World】at 2008年07月09日 20:13
オフレポ書きたいなーとか思いつつもあんまり何も考えずに毎日をあほみたいにぼーっと過ごしていたらもう一週間以上経ってしまったのだけど、前の前の土曜日はダンコーガイ邸にて数十人が集まるサバイブSNSのオフに参加していました。大変充実した会でとても楽しかった。弾
サバイブSNS雑感【phaのニート日記】at 2008年07月07日 23:08
私が言う「承認」は、ここまで「大げさ」ではない。「他の誰とも代替不可能な存在として」という付帯条件は抜きに「認めた」のであれば「承認」である。とはいえ、いちいち「thir的承認」というのも「弾的承認」というのも面倒なので、ここは私が譲って、「弾的承認」は「接
2008-07-05【Yet Another But Open】at 2008年07月05日 19:45
開始から次の日の朝までずーっと居ました。 すごく濃い話で、ついていくのに精一杯で、まだ消化しきれていない部分がたくさんです。 自分が聞いていて耳に残った話をいくつか書きます。 1.本当の貧困者はサバイブSNSにたどりつかない そういった人をどうするか。 秋葉原事件
[日記]サバイブSNSのオフ会に行ってきた【へっぽこエンジニアの日常】at 2008年07月03日 23:52
404 Blog Not Found:難認簡接型社会「日本2.0」へようこそ サバイブSNS第1回オフ会、参加者のみなさまお疲れさま。参加できなかったみなさん、またの機会を。 2008-06-29 - reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定) これだけ集客力があるんだったら、いっそのこと会社組
いっそのこと会社にすれば?【”Kおにーさん” のおぼえ書き】at 2008年07月01日 13:42
承認欲求の不幸はその強さと承認可能性が反比例するところにあるのかもしれない。 ・非承認型社会「日本」へようこそ - Thirのはてな日記 ・承認なんて自分でしろよ。 - 飽きたら消すよ。 ・「承認」はどのようにして得られるのか? - Thirのはてな日記 ・承認ほにゃらら - ...
承認という幻想をシェアするために【Weep for me - ボクノタメニ泣イテクレ > 雑記】at 2008年06月30日 15:49
ロスジェネとか格差とか承認とかがまた話題になっている模様。論争の一部を紹介↓ id:thir氏 ・この国は今、「非承認型社会」、即ち「他の誰でもない自分」が承認されない社会となりつつある。あるいは、自分ですら自分という存在を承認することが出来ない状態になっている
[非コミュ]承認がどうとか言ってるけど要はテレてるだけでしょ?【或るオタクの遠吠え-Over the Rainbow-】at 2008年06月30日 02:07
むっ。似たようなことを書こうと考えてたとこだったけど、マッチョの権化に先に書かれてしまった。 難認簡接型社会「日本2.0」へようこそ (404 Blog Not Found) その意味において、現代は接続開始コストがべらぼうに安くなった代わりに、接続強化コストがべらぼうに高くなっ
[Blogging] 承認を勝ち取るコスト【raurublock on Hatena】at 2008年06月30日 02:02
うざい承認だったら、切ってしまえばいいのである。承認ほしさに偽りの自分を演じる必要など、ない。そして承認してくれる人が欲しかったら、まずはリンクを増やしていくこと。あなたを承認してくれる「深化OK」な「ノード」が見つかるだろう。 404 Blog Not Found:難認簡接
[lifehacks]4つのステップで承認してくれる人を増やす【koeだめ】at 2008年06月30日 00:54
現代日本が非承認型社会なのか、だいたい社会が承認を担保してくれることを期待してる奴ってキモくね、とか思うけど。承認って妙にネットワーク効果があるよね。誰かから認められ、そういう評判があると他の誰かからも認められやすいし、誰かから認められたという自信に裏打
承認欲求って昔から政治権力や宗教の源泉だよ【雑種路線でいこう】at 2008年06月29日 23:52
SWさんからいただいた。そう、たぶん私はべき乗病なのだろう。なにを見ても、読んでも、べき乗則を連想してしまう。特に最近は読む本、読む本、みんなべき乗則につなげてしまう。 禁断の市場 作者: マンデルブロー, ハドソン 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2008/
「べき乗病」【HPO:機密日誌】at 2008年06月29日 22:26
第1回サバイブSNSオフに参加してきました - GoTheDistance 2008年06月29日 20:15:18 投稿 サバイブSNS 第一回オフ会 小飼弾氏開会の挨拶‐ニコニコ動画(SP1) サバイブSNS | So-net SNS 第一回オフ会 小飼弾氏開会の挨拶 http://jp.youtube.com/watch?v=4mJ0WCGYDlo http:
[net][youtube][ニコニコ動画]サバイブSNS off会 小飼弾氏スピーチ。【BYE BYE BLACKBIRD@Hatena】at 2008年06月29日 21:39
404 Blog Not Found:難認簡接型社会「日本2.0」へようこそ その意味において、現代は接続開始コストがべらぼうに安くなった代わりに、接続強化コストがべらぼうに高くなった時代とも見なせる。 (中略) リンクが安価になり、そして「アンリンク」も含めた「繋ぎ直し」がや
サバイブSNSオフ会のまとめ、「承認と接続」。【どんなジレンマ】at 2008年06月29日 21:36
この記事へのコメント
読んでいて、山崎正和「社交する人間」を思い出しました。
未読であればぜひ。
Posted by とおりすがり at 2008年06月29日 21:49
繋がるのが容易な時代なのは同意致します。
若い世代のネットを使った繋がる能力の高さは非常に素晴らしいかと。
ところが、仮想現実を離れて、日々の日銭を稼ぐリアルの世界に成ると、何故か生き辛く見えますな。
そんなの昔からと言われれば其の通りですけど。
やっぱり徒手空拳で金を稼げと言われたらやっぱり厳しいんじゃないですかね?
携帯さえ持てない貧困層に成ったら、日雇いの仕事確保さえ出来ず、ホームレスの状態でさえ維持できない有様です。
Posted by BLACKBIRD at 2008年06月29日 21:37