2008年07月06日 16:00 [Edit]

これで百戦危うからず? - 書評 - さあ、才能に目覚めよう

勝間和代様より献本御礼。

まず最初にお断り。本書を入手したら、まずカバーを開いて裏に印刷されているコードを使って

にアクセスして、そこのテストを受けること。メインディッシュはそちらで本書はデザート。このアクセスコードはユニークなので、本書は新品でないと意味がない(商売うまいなあ)。逆でもよいが、メインディッシュ→デザートと進んだ方がおいしくいただけると思う。。


本書、「さあ、才能に目覚めよう」の「才能」には「じぶん」とルビが振ってある。なかなかいい訳だ。原題は"Now, Discover Your Strength". 才能 = じぶん = 強み、というわけだ。

著者たちは200万人を対象にした調査を経て、才能は34種類に分けられられるとしている。

目次 - 【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム:マインドマップ的読書感想文を元に手入力
第I部 強みを解剖する
第1章 強固な人生を築く
第2章 強みを築く
第II部 強みの源泉を探る
第3章 強みを見つける
第4章 34の強み
  • アレンジ Arranger
  • 運命志向 Connectedness
  • 回復志向 Restorative
  • 学習欲 Learner
  • 活発性 Activator
  • 共感性 Empathy
  • 競争性 Competition
  • 規律性 Discipline
  • 原点思考 Context
  • 公平性 Fairness
  • 個別化 Individualization
  • コミュニケーション Communication
  • 最上志向 Maximizer
  • 自我 Significance
  • 自己確信 Self-assurance
  • 社交性 Woo
  • 収集心 Input
  • 指令性 Command
  • 慎重さ Deliberative
  • 信念 Belief
  • 親密性 Relator
  • 成長促進 Developer
  • 責任感 Responsibility
  • 戦略性 Strategic
  • 達成欲 Achiever
  • 着想 Ideation
  • 調和性 Harmony
  • 適応性 Adaptability
  • 内省 Intellection
  • 分析思考 Analytical
  • 包含 Inclusiveness
  • ポジティブ Positivity
  • 未来志向 Futuristic
  • 目標志向 Focus
第III部 強みをビジネスに活かす
第5章 疑問を解く
第6章 強みを活用する
第7章 強みを土台にした企業を築く

目次のうち、本書の核を成す34の強みに関しては、日英双方で併記した。英語の方がよりその才能に関して自然なものもあるし、その逆もあるからだ。訳者はあくまでも逐語的ではなく「原点思考的」(contextual)に訳しているのだが、そのおかげでかえってピンと来ないものも少なくないので。

それを元に、著者たちが開発したのが Strength Finder という分析ツール。180のテストによって、以上の34の強みのうち、被験者の持つ強みを5つ見つけようというものだ。34のうち5つということは、これで34C5 = 278,256通りの分類ということになる。順位まで着目すれば34P5 = 33,390,720通りということになるが、著者たちはそれほど順位には重きをおいていない。

前述のとおり、テストを受けるにはカバー裏のアクセスコードを打ち込まねばならないが、この Strength Finder がメインディッシュで本書がデザートというのは前述のとおり。ハードカバーの本書は税込み1,680円だが、この手のテストの値段のことを考えればブロックバスター価格でもある。

で、当然のことながら私もやってみた。「約35分」というのにびびったが、これは各質問の制限時間20杪を目一杯使った場合で、決断の早い人であればそれほどかからないだろう。私は10分とかからなかった。ただし、「それ直交してるよね」という質問が多いのにはちょっと閉口した。「これじゃ『どちらでもない』じゃなくて『どちらでもある』だよなあ」という具合。

以下が、その結果である。

  1. 着想 Ideation
  2. 最上志向 Maximizer
  3. 学習欲 Learner
  4. 個別化 Individualization
  5. 達成欲 Achiever

テストの結果にこれほど驚かなかったのも久しぶり、いやもしかして初めてかもしれない。

もし私が人様よりもうまく世渡りしてきたのだとしたら、その秘訣は 才能 = じぶん = 強み を人様より早く自覚していたからなのではないか。また、私の目から見て「この人生き上手だなあ」という人は、ほぼ一人の例外もなく 才能 = じぶん = 強み に自覚的であった。

著者は、才能を以下のように定義している。

【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム:マインドマップ的読書感想文
  • 「才能」・・・無意識に繰り返される思考、感情、行動のパターン
  • 「知識」・・・学習と経験によって知りえた真理と教訓
  • 「技術」・・・行動のための手段

しかし、より重要なのは、以下だろう。

P. 208

自分の資質が気に入らなければ、新たな資質を開発できるのか

ひとことで言えば、答えはノーだ。〈ストレングス・ファインダー〉は、何組もの質問に対する直感的な解答をもとに、被験者のパターンを割り出し、被験者の最も強力な脳内回路、優位を占める資質を測定するものだが、すでに述べたように、それらの資質は永続的なものだ。どれほど変えようとしても、資質は絶対に変わらない(再テスト法を用いた調査で、われわれは300人の被験者に〈ストレングス・ファインダー〉を二回試してもらった。結果は、完全な相関を1とするとその二回の測定の相関は0.89だった)。

正直なところ、私はこれを全面的に信じているわけではない。テスト自体、上記したように「この設問は直交する」というものが多く、34の分類が本当にrelevantなのかという疑念は今もなお感じる。それでも、今まで試してきた「性格判断」の中では、最も「使える」ものだとも感じた。少なくとも、星占いだの血液型占いだのよりはよっぽど信頼できるはずだ。

一つ言えることは、自らに逆らって生きるのは厳しいということである。ここまでは弾言できる。それは世の中に逆らって生きるより、よほど厳しいことなのだと。

生きるのが厳しいと感じている人は、だまされたと思って本書のテストを受けて欲しい。もしかしてあなたが逆らっているのは世の中ではなく、自分自身なのかも知れないのだから。

Dan the (Man of Idea|Maximizer|Learner|Individualizer|Achiever)


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
読了さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすマーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン第I部 強みを解剖する第1章 強固な人生を築く第2章 強みを築く第II部 強みの源泉を探る第3章 強みを見つける第4章 34の強み第III部 強みをビジネスに活
[本]さあ、才能(じぶん)に目覚めよう【Bugle Diary】at 2013年03月31日 18:14
みなさん、自分の才能を存知でしょうか。 (最近この入り方多いなぁ) 人と話をするのが好きなので、俺ってば 「社交性」の才能あるなヮ..
「さぁ、才能(じぶん)にめざめよう」を読んで見た【ひもどりの投資信託物語。】at 2010年03月02日 00:00
いい意味で野暮ったさが逆にクールな 漁師
トモダチコレクションのAIすごすぎ【404 Blog Not Found】at 2009年08月07日 16:27
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす著者:マーカス バッキンガム販売元:日本経済新聞出版社発売日:2001-12-01おすすめ度:クチコミを見る この本の一番の魅力は、付録。 "ストレングスファインダー"という 自分の強みが分かるツールで....
【弱点の克服より強みを伸ばせ】書評No.020 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 著者:マーカス バッキンガム【社会起業家を目指すコンサルYUTAのブログ】at 2009年02月01日 10:16
前回「読書進化論」の記事でも書きましたが、 勝間さんの同著書の最後に、「私を進化させた20人の著者」として、 出会えて良かったという思い入れのある著者と、 その方々の著書の中...
勝間和代さんを進化させた著書【日々これ修行】at 2009年01月07日 04:53
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 作者: マーカスバッキンガム, ドナルド・O.クリフトン, 田口俊樹 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2001/12/01 メディア: 単行本 原題、”Now, Discover Your Strengths.” 2001年に邦訳さ...
[lifehacks][自己分析][book][書評]僕の脳回路はこのように繋がっている: 『さあ、才能に目覚めよう』ストレングス・ファインダーの結果と読後感【ミームの死骸を待ちながら】at 2009年01月06日 18:46
書評リンク - さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす【書評リンク】at 2008年08月05日 12:42
08/06/17に初めて「情報収集の最効率化ー吉田メソッド」でこの西岡Blogが「はてなブックマーク 人気エントリ」(以下、ホッテントリ)入りして以来、上記のようなページビューになっております。(Google Analytics調べ)。2008/05はだいたい70pv/dayだったのが、ホッテント....
「初 はてなブックマーク人気エントリ入り→アクセス十倍超」の感謝と、十年の個人サイト歴振り返り、そして自分が何故ブログ好きなのかについて。【西岡Blog】at 2008年07月29日 10:45
楽天から検索された商品 Punk Tartan ひも付きパンツ ROCK YOUR BABY ロックユアーベビー…¥ 3,360オススメ度:★★★★ITEM INFORMATIONコメント大人気のROCK YOUR BABYが再入荷☆サイズや製縫等今までよりさらにしっかりと♪新商品もあります…Punk Tartan 長袖Tシャツ R...
yourのこと【WEBの情報缶!】at 2008年07月26日 09:32
きっかけはこのblog記事から。 404 Blog Not Found:これで百戦危うからず? - 書評 - さあ、才能に目覚めよう
自分の強みを知る - 『さあ、才能に目覚めよう』【Somewhere in a Way to Nowhere】at 2008年07月15日 02:46
最初に書いておきますが、この本はフォトリーディングには向いていませんね。 後、この本は新品で購入しないと意味がありません。お金の??..
さあ、才能に目覚めてみよう!【しみっちゃん@ライフ】at 2008年07月11日 21:16
『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』の強み分析。勝間さんの本で紹介されているのを読んでちょっと気になっていましたが、最近、よく読む有名ブログで紹介されていて、買おうかどうしようか迷っていました。 小飼弾さんが7月6日のブログに「少なくとも、星占いだの血液型....
【自己分析】今はやりの強み分析をやってみた【とんの読書修行】at 2008年07月09日 03:46
だいぶ前の本ですけど、勝間さん効果で ・これで百戦危うからず? - 書評 - さあ、才能に目覚めよう/404 Blog Not Found ・【自分の"強み"を調べてみました】「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」マーカス・バッキンガム/マインドマップ的読書感想文 ・マーカス・バッ...
【本】さあ、才能に目覚めよう―部下の強みを知りマネジメントに活かす法【企業法務マンサバイバル】at 2008年07月07日 06:11
正月ということである程度時間があり、また30歳の節目でもあることから自分自身の強みについて再定義を行なうことにしました。ストレングス・...
さあ、才能に目覚めよう【TOKYO HUNGRY GO AROUND】at 2008年07月06日 23:53
6月29日の記事で、マーカス・バッキンガムの「さあ、才能に目覚めよう」の5つの強
マーカス・バッキンガムの強みテスト、ブロガー達の結果は? ●干場【ディスカヴァー社長室blog】at 2008年07月06日 18:14
この記事へのコメント
やってみました。
1・収集心、2・学習欲、3・着想、4・内省、5・回復志向
社交性やリーダーシップ方面が皆無なのが図星すぎorz。
Posted by eno7753 at 2008年07月24日 00:02
直行する質問への苦言が書かれているけど、それについては本書に注意書きがある。

「どちらにもあてはまる場合は「どちらでもない』を選んでほしい。この場合、どちらも最も優れた特性ではないと考えられる。」

速読だと大意は把握できても、こういうところを見逃してしまう。
Posted by junichiro at 2008年07月14日 23:06
>chaipapa
結構前から「弾言」がお気に入りなんですよ^^
Posted by b at 2008年07月08日 23:59
待ってました! 小飼さんの結果! 着想と学習欲と達成欲は、私と同じ。
http://d21.boxerblog.com/discover/2008/06/5-369f.html
わたしも、この強み、開発できると思います。私のに出た、社交性と訳されたWooは、どうかんがえても、30歳以降、周りの人の影響で、開発されたものだと思うので。
Posted by 干場弓子 at 2008年07月06日 17:30
s/弾言/断言/ かも、しかし、Danさんなら「弾言」でもOKか…
Posted by chaipapa at 2008年07月06日 16:53