2008年08月02日 00:00 [Edit]

この夏の日本に最も必要な一冊 - 書評 - 「残業ゼロ」の人生力

日本能率協会マネジメントセンター出版事業部坂田様よりゲラが届いたのは今週末。

初出2008.07.15; 販売開始まで更新; 本日より発売

これだ!こんな本を待っていた!

この夏、最も読まれるべき一冊が、これだ。

ハリーポッター最終巻 最終巻?後回しで結構。本書を読了した読者であれば、そのための時間を充分作れます。

オリンピック?あなたが関係者なら確かにそちらを優先してください。しかし残りの人々にとって、それは「彼らの夏」。あなたの夏の方がさらに重要です。

その一夏の価値を変えるのが、本書なのです。


本書〈「残業ゼロ」の人生力 〉は、12万部を売った前著〈「残業ゼロ」の仕事力〉の続編、ではない。「仕事力」は実は前編であり、本書「人生力」こそ本編である。「残業なんかしてたらかえって仕事が捗りませんよ」というのが前著なら、本書は「人生、残業している閑なんかない」というのが本書なのだから。仕事がなくても人生はありうるが、人生なくして仕事もへったくれもない。本書が本編である所以である。

目次 - 「残業ゼロ」の人生力 | JMAM:日本能率協会マネジメントセンターより
はじめに
第1章 なぜ「残業ゼロ」で人生力が上がるのか
人生トータルの「勝ち組」を目指せ
毎日三時間を「本生」の準備に投資する
諸悪の根源はまたも残業
日本人が苦手な「お金」の考え方
仕事期に稼ぐ目標額を試算せよ
「仕事沼」にはまらないよう注意する
努力ではなく成果を評価する
「自立した個」が活躍する時代
第2章 「仕事力」あっての「人生力
残業が「仕事力」を奪う
まずは始める。そして続ける
「仕事力を上げる」が「人生力を上げる」の大前提
仕事力=能力×時間×効率
効率五倍で売上五倍
効率化の第一歩は「TTP」
「デッドライン」の二大ポイント
ニッポンの「本生期」の現実
人生の収支決算を黒字にするために
定年後にネガティブなのは日本人だけ
「健康」「幸福」「富」を準備する
「パフォーマンス三角形」のベースは体力
急増する糖尿病もうつ病も残業が原因
その会社の平均寿命は何歳か?
第3章 「残業ゼロ」の次は「バカンス」を実現せよ
世界は疾病休暇なのに、なぜ日本は有給休暇?
未消化の有給休暇が消えるのは日本だけ
一週間では長期休暇ではない
バカンスは「本生」の予行演習!
夫婦ふたりきりで二週間過ごす自信がありますか?
新入社員でも夏休みは一カ月
「あきらめ癖」はイメージ力でなおる
ゴールデンウィークは本当に黄金色?
有休完全取得の経済効果は一一・八兆円
これが吉越流バカンスだ!
長期休暇のビフォア・アフター
バカンスがとれるのが「おとなの組織」
最後は自分で考え、行動を起こす
第4章 「残業ゼロ」なら子育ても楽しい
必要なのは「競争社会」を生き抜く力
世界はもっと野性的で、もっとハングリー
子どもには上下関係を教えよ
まず「親子の会話」を増やすことから始める
子育てを楽しめるのは反抗期まで
共働き時代の新しい制度を!
母親の役割、父親の役割
母親にしか教えられない「気づき」の力
子どもにも残業をさせるのか
「自立した個」になるために
第5章 人生を豊かにする人脈術・交流術
それまでの「当たり前」が消失するのが定年
仕事のゲームオーバーで人脈もリセット?
パーティーではセンターテーブルにいる
夫婦同伴がオフ人脈につながる
教養はオフの人脈を広げるカギ
第6章 吉越流「本生」の愉しみ方
「仕事の達人」が「人生の達人」ではない
自分の生活は自分で一〇〇%デザインする
夫と妻の温度差が広がるニッポン
一万語対一〇〇語の会話
会話は夫婦一緒の食事から
ゲームプレーヤーから「本生」へ
ソフトランディング作戦で「荷降ろし現象」を防ぐ
私の「本生」計画
愛する人とバラの香りをかごう

そう。残業なんかしている閑はないのだ。あなたにも、この国にも。

右のグラフをご覧いただきたい。これはこの国の労働者が、有給休暇を完全に取得した場合の経済波及効果がどれくらあるかを、この国の政府が試算したものである。本書の108ページに登場する図であるが、重要なのは、これを試算したのは「ヴァカンス好き」な著者ではなく、この国の政府機関だということである。

GDPのおよそ2%、国民一人あたり、およそ10万円が、捨てられているのである。「もったないない」といえばこれほどもったいないことがあるだろうか。

今度はグラフの中身に注目して欲しい、「余暇需要の生産波及」が7兆4100億円とある。そう。実は余暇がないというのは物事を吟味して購入する時間もないということを意味する。高額な物件ほどそうである。マンション一軒買うのも、満足がいく選択を行うには軽く1ヶ月はかかる。これが一軒家を丸ごと建てるともなれば一年ものだ。私がフリーランスの道を選んだのも、もとはといえば全焼した実家を再建するためだ。悠長にフルタイムで働いている閑がなかったのだ。

もちろん建前上は、不動産といえど金さえ払えば手に入る。しかし充分な暇なしで入手すれば、簡単に下手の安物買いになってしまう。日本の住宅がしょぼかった(と過去形がしたいが....)のは、充分な暇もないのに買う人が後を立たないからなのではないか。

それほど高額なものでなくとも、このことは成り立つ。パソコンですら、OSをアップグレードするのは半日仕事。今の私にはそれがない。3時間程度の暇ならいくらでもあるのだが、半日止められないのだ。しかもすでに後継機を購入しているのだから、安普請買いの日本のおとうさんたちを笑えない。

P. 110
有給休暇を使わないことは、国にとっても、近い将来には会社にとっても、もちろん自分自身にとっても悪。悪いことはすぐにやめるべきです。

反省を込めて同意する。

ところで、本書の発売は元々8月31日だった。以下にその証拠がある。

以下が、その理由である。

添え状より
通常ですと、7月下旬には発売できる進行なのですが、
ハリーポッターの発売、北京オリンピックというイベントが控えているため、
満を持して8月末発売を予定しております。

私は怒った。

ハァ?あなた、本当に原稿を読んだんですか?
著者の意をきちんと汲んだんですか?
8月末とはどういう意味か、わかってるんですか?
本書を本当に必要とする読者の手に届くのが、夏休みの後だということですよ?
彼らは、あなたがたが「満を持した」ために、人生の貴重な一夏を失うわけです。
本書が仮に10万部売れるとして(私はもっと売れると踏みました)、それだけの夏が失われるのです。

怒った甲斐はあった。本書の発売はほぼ一ヶ月前倒しされ、8月3日となった。この夏になんとか間に合ったのだ。無理を聞き入れてくれた出版社および著者にあらためて感謝する。

本書の言葉が、一人でも多くの人に届いて欲しい。本書には、休暇というものの本当の意味が書いてあるのだから。

0x20 = 32歳以上の人は、必読です。本書を読めばわかりますが、休暇の使い方は閑になってからではわかりません。

「学生のオレにはまだ早い?」そんなことはありません。著者は大学卒業後から定年退職するまで、一年も欠かさず一ヶ月のバカンスを取っていたのです。今から始めれば、著者を凌駕する人生力を手に入れることが出来るはずです。

著者と同じ団塊の世代のみなさん、今からでも遅くありません。あなたがたが成すべきことが ここにあります。

そして、定年離婚を予定している「企業戦士」の妻のみなさん、本書を読んだ後で、本書と一緒にラストチャンスをあげて下さい。それでもわかってもらえないのであれば、もう捨てて構いません。人生力がわからない人に旦那の資格なんてないのですから。

大事なことなので繰り返します。残業なんてしてる閑はないんです。

仕事に残業はあっても、人生に残業はないのですから。

Dan the Man for Vacation


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
404 Blog Not Found:この夏の日本に最も必要な一冊 - 書評 - 「残業ゼロ」の人生力
404 Blog Not Found:この夏の日本に最も必要な一冊 - 書評 - 「残業ゼロ」の人生力【】at 2012年01月23日 16:04
新入社員に向けて、お勧めしたい3冊。どの本も、何回も繰り返して読むことで味が出てくる書籍。この4月中、ゴールデンウィーク前までに読んで、一ヶ月間で社会人を肌に感じたこととあわせて、ゴールデンウィークでしっかりと人生について考えて欲しいと思う。 ウェブ時代を
[新入社員]新入社員にお勧めの3冊【maki_laxねこにっき】at 2009年04月09日 02:21
著者より献本御礼。 英会話ヒトリゴト学習法 酒井穣 NED-WLT : 新刊、『英会話ヒトリゴト学習法』が出ます。 この疑問について、あくまで仮説ではありますが、僕なりに満足する解答を得ました。英会話の力は、たとえ完璧な自動翻訳機ができたとしても、その重要....
Indivisual we are not - 書評 - 英会話ヒトリゴト学習法【404 Blog Not Found】at 2008年10月13日 18:00
書評リンク - 「残業ゼロ」の人生力
「残業ゼロ」の人生力【書評リンク】at 2008年09月06日 11:21
これを読んで人生のリバランスを考えてみよう。
「残業ゼロ」の人生力 - 定年を迎えたら、強くてニューゲーム、「本生」こそ人生の醍醐味【ぺってぃブログ】at 2008年08月21日 19:11
あの弾さんが絶賛していた本だ.
Peace Pipe: 「残業ゼロ」の人生力 [book]【Peace Pipe】at 2008年08月07日 02:26
この2??3日で吉越浩一郎氏の「残業ゼロ」本を2冊まとめて読みました。 「残業ゼロ」の人生力 「残業ゼロ」の仕事力
残業ゼロ、長期休暇、そして充実した「本生」【Somewhere in a Way to Nowhere】at 2008年08月06日 23:40
「残業ゼロ」の人生力日本能率協会マネジメント 出版情報事業発売日:2008-08-03amazon.co.jpで詳細をみる (Amazy) こんばんは。 皆さん 昨日に引き続き今日も考えるのです。 あなたを悩ます 残業を! その考えを払拭するときがきた! もともと小飼弾氏...
【残業はクズ】092.「残業ゼロ」の人生力 吉越浩一郎(著)【悩める25歳平凡会社員の「多読」成功術】at 2008年08月04日 23:33
「残業ゼロ」の人生力弾さんの書評で10点満点の評価だったので、amazonで発売前に予約して購読しました。我が家に届いたのは8/2で、実は近所の書店には7/30にはもう平積みされていたという・・・Orz早速感想ですが、あえて結論から言ってしまえば、この本の人生を実践すれば....
濃縮還元100%の人生【イクサス】at 2008年08月03日 14:58
「残業ゼロ」の人生力(2008/08/03)吉越 浩一郎商品詳細を見る   【 目 次 】  はじめに  第1章 なぜ「残業ゼロ」で人生力が上がるのか ...
「残業ゼロ」の人生力 吉越 浩一郎(著)【Makeup Life! メイクアップ・ライフ!】at 2008年08月02日 19:14
この夏の日本に最も必要な一冊 - 書評 - 「残業ゼロ」の人生力 まぁ自分も有給とらない人間ですけど。 というか、休んで何をする?となるとやって楽しい行為(自分の場合お一人様限定...
残業とか有給【Trackback mania】at 2008年07月29日 21:50
以前にエントリーしておいた、「最後の授業 ぼくの命があるうちに 」のランディ・パウシュ氏が、次の挑戦の場へと旅立たれた。すばらしい「何か」をこの世に残してくれた氏に感謝。 ▼「最後の授業」のカーネギーメロン大学教授Randy Pausch氏が死去:ニュース - CNET Jap...
最後の授業 ぼくの命があるうちに【adingoの記録】at 2008年07月29日 12:33
早くも夏休み突入です。 東京の公立学校では。 読書の夏、到来です。 というわけで、この夏休みに読んどくとよい本をまとめました。 といっても、夏休みは長い(はず)なので前編と後編に分けます。 後編は、盆前後に上がる予定です。
夏休みに読むべき本前編/10作品【404 Blog Not Found】at 2008年07月19日 05:42
『「残業ゼロ」の仕事力』を読んだ時、心に残った言葉は著者がフランス人のパートナーに結婚する時に言われた「今までは見つめ合って過ごして来た、これからは、手を取り合って同じ方向を向いて進んで行きましょう」(記憶で書いてます)だけだった。この一言に集約される本
[◎書評]書評etc. 残業ゼロの仕事力/残業ゼロの人生力 吉越 浩一郎【serendipity_loveのキセキ】at 2008年07月16日 13:27
「忙しい」とは「心」を「亡くす」ことだなんて使い古された表現だが、 スケジュールがつまっていることと、「忙しい」こととは 別問題だと??.
忙しくて自分を見失いそうな人のためのチェックリスト【負けまいとする心でしょう!】at 2008年07月15日 22:36
この夏の日本に最も必要な一冊 - 書評 - 「残業ゼロ」の人生力 http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51081137.html 本書〈「残業ゼロ」の人生力 〉は、12万部を売った前著〈「残業ゼロ」の仕事力〉の続編、ではない。「仕事力」は実は前編であり、本書「人生力」こそ
残業という概念【己に勝つ〜理系大学生アルバイトチューターの日々〜】at 2008年07月15日 16:06
この記事へのコメント
この著者は、独国企業での勤務経験があり
独国では、法律で「2週間以上の連続休暇を与えねばならない」事になってる
又、VWの本国工場なんか週休3日だぜ

この感覚で日本で通用すると思ってるのかな?
Posted by High at 2008年08月15日 14:06
この本読んだ。

自分なりに一言で言いあらわすと、「人生誰のもの?」
という問いになるかと。

生まれてから死ぬまでの「人生」をトータルで考えて、
「何をやるべきか」を考えるきっかけの本です。

いわゆる「残業」というのは一番の障害要因なだけです。
Posted by Nora at 2008年08月08日 12:34
本書を読んで、

 日本の残業社会 = 北朝鮮

という奇妙な図式を考えた。
どちらも、本来ならばとっくに崩壊しているのが当り前で、とりわけ外部から見ればなぜ存続しているのか理解に苦しむ。しかし内部では、それぞれの構成員が「ほかの皆が存続を信じている」と信じ込んでいるからこそ、こんな不可解なものが潰れずに続いているのだ。
だれひとり、これのお陰で幸福になれる訳ではないのに。
Posted by Kei at 2008年08月06日 21:47
本書読んだ後このコメント読むと面白いですね
Posted by pilo at 2008年08月06日 17:36
>>風竜胆

当方労災過労死関係の仕事をしています。
近年(申告)件数が減っているのは、訴訟関係が大きく関係しています。
医学的にいえば、JBM。
Posted by kero at 2008年08月03日 04:43
過去に何人も見てきたのなら、何をいまさら驚いているのやら。
Posted by AAA at 2008年08月03日 00:10
残業代を恒常的な収入として生活費に組み入れている大人がいることに驚きを覚える。

そんな生活をしていたら、残業代欲しさに仕事をだらだらするようになる。
だから残業がなくならない。

過去にそういう人を何人も見てきた。

生活設計は基本給をベースにするべし。
そうじゃない人はすぐに見直した方がいい。
Posted by なべ at 2008年08月02日 09:34
結論は保留するけれど、人口に膾炙している「過労死110番」の統計でも引っ張らないことには、件数の増減は議論できないと思う。
Posted by Kei at 2008年07月30日 15:40
>>fgtreggrg

一般論に対して、極端な例を出してもロジカルな反論にならない。

君の言う現実とはどこを指すのか。自分の周りの狭い世界のことだろうか?

なお、過労死の問題については、統計的には、近年件数が減っているということはご存じだろうか。(参考→(財)労災年金福祉協会HP  http://www.iipw.or.jp/sub_toukei2.html)

Posted by 風竜胆@文理両道 at 2008年07月29日 19:37
>> 風竜胆@文理両道
現実を知らない盲論ですね。
そんなんだったら、過労死なんてだれもしないし。
Posted by fgtreggrg at 2008年07月29日 12:36
この残業ゼロノウハウを一番もっているのは全く旦那が家事育児を手伝わない子持ち主婦だとおもう。そんな人がこの本をよんだら、『ふっ、そんなこと、もうやってるよ』状態になるかもしれない。なので読むのが楽しみ。
Posted by shuhu at 2008年07月29日 05:48
私も管理者のはしくれだが、残業はするのもさせるのも好きではない。
もちろん、仕事には波があるし、突発的なこともあるので、ゼロと言うわけには絶対にいかないが。
そもそも、毎日の仕事を集中的にやっていれば、いつもいつも何時間も残業ができるだけの余力は残らないのではないか。
Posted by 風竜胆@文理両道 at 2008年07月28日 21:27
あまりに馬鹿馬鹿しい悪口なので、反論ひとつで済ませる。

じゃあ著者が経営していたトリンプは、「ものすごい人手不足」で潰れたか?
見たところ相変わらず「天使のブラ」売ってるようだが?
Posted by Kei at 2008年07月28日 15:22
あまりに馬鹿馬鹿しい駄本なので、反論ひとつで済ませる。

実際に導入したらわかるけど、ものすごい人手不足になるよ。
特定アジアとかから移民してきて犯罪を撒き散らされてもいいんですか?
単一民族で長期間住んでこられた皆さん。
Posted by hoge at 2008年07月28日 06:18
ばかやろう、読書なんて金鉱探しみたいなものだよ。
第六感まで動員して、どの本を読めばいいのかアタリをつけるけれど、
最終的には博打みたいなもんだと割り切らなきゃ成果は出ないよ。
Posted by Kei at 2008年07月17日 09:12
前にアルバイトしていたところで「残業という結果は計画性がないことの現れであり、突発的な理由で残業するという言い訳はその突発的なことに対する計画性がないことの証明です。」みたいなことを経営陣に意見したことがありますが、残業を経営側からなくすのと、従業員側からなくすのは、どちらも仕事を量ではなく質としてとらえなければ改善に繋がりにくいのだと思います。

本書を読むにしても、ただ残業をなくすことを量としてとらえるのならば得られるものは少ないのかもしれませんね。

人生が限られた時間であるということは否定の余地はないと思います、高めることができるのは質であり時間は増やせません。
残業時間を増やすことが人生の時間浪費であると自覚する為には、人生に無駄があったと認める必要があるかもしれません。
人生に無駄があったと認めるようなものですから躊躇するのも無理はありませんし、残業のすべてが無駄でないのも事実です。

この本を読むことに無駄があるのか、読んだ結果が無駄になるのかは、読む人自身が本から得られることをどのように活かすのかという計画性に掛かっているのではないかと思います。

何のためにこの本を読むのか、そこから計画してみるといいかもしれません。
Posted by edry(えどりぃ) at 2008年07月16日 23:08
前にアルバイトしていたところで「残業という結果は計画性がないことの現れであり、突発的な理由で残業するという言い訳はその突発的なことに対する計画性がないことの証明です。」みたいなことを経営陣に意見したことがありますが、残業を経営側からなくすのと、従業員側からなくすのは、どちらも仕事を量ではなく質としてとらえなければ改善に繋がりにくいのだと思います。

本書を読むにしても、ただ残業をなくすことを量としてとらえるのならば得られるものは少ないのかもしれませんね。

人生が限られた時間であるということは否定の余地はないと思います、高めることができるのは質であり時間は増やせません。
残業時間を増やすことが人生の時間浪費であると自覚する為には、人生に無駄があったと認める必要があるかもしれません。
人生に無駄があったと認めるようなものですから躊躇するのも無理はありませんし、残業のすべてが無駄でないのも事実です。

この本を読むことに無駄があるのか、読んだ結果が無駄になるのかは、読む人自身が本から得られることをどのように活かすのかという計画性に掛かっているのではないかと思います。

何のためにこの本を読むのか、そこから計画してみるといいかもしれません。
Posted by edry(えどりぃ) at 2008年07月16日 23:05
まず、呼んでみないことにはなんとも言えないのでは?
いやまあ、今回の記事を読んだ限りでは↑のかたがたのコメントに
同意しますが。
Posted by クロ at 2008年07月16日 18:47
exempt制度を採用しているところしか
成り立たないと思いますよ。

固定残業費が、給与に含まれていると、
効率をあげて、または、他人に押し付けて、
残業しないのも手ですけど。

残業しないと手取りが減るという場合、
「家で過ごせる時間が増えた分」
家計のセービングに時間がかけられ、
支出をけずることができる。ようになると。

とか、6時から
家庭教師のバイトを2本やる。

という前提なら、ともかく。


会社組織に、今現在いない人の著書は、
最近の組織の最初から、1.2でカウントしている
事情を理解されていないかもですね。
Posted by higekuma3 at 2008年07月16日 12:49
残業代無しじゃ暮らしていけないし、職場も残業して当たり前。
この本の言っていることは間違いじゃないだろうし共感できるけれど、これを現実に適用したらお金と立場、そして生活を失うことになる。
Posted by kk at 2008年07月16日 12:42
>定年離婚を予定している「企業戦士」の妻
予定はしていませんが毎月の残業100時間オーバーダンナのヨメですが、何か?
東証一部上場企業の社長が↓こんなこと↓言ってますからねぇ・・・。
■休みたいならやめればいいじゃない by 日本電産社長
http://s02.megalodon.jp/2008-0423-2049-41/www.asahi.com/business/update/0423/OSK200804230044.html
ダンナには、体と心を壊す前に辞めちまえ、とは吹き込んでますが、我が家も含めて大多数の人間は金と時間がXORになっているもんで、ニンともカンとも・・・。
Posted by cockatiel-cage at 2008年07月16日 11:12
まじめな話、残業しないとお金が無くて、お金がないと休みに出かけることも難しいのです…。
Posted by saki at 2008年07月16日 09:12
> f
ちょっと待て。本書は8月3日発売だから、おそらく店頭にはまだ並んでいない筈だ。
なぜ、あたかも読了後のような断定的な感想が出てくるのか?
Posted by Kei at 2008年07月16日 06:06
↑読んでいるのはこのブログであって、本ではないよね?

とんでもない時刻まで残業を余儀なくされている人にこそ、どうしても本書を読んで欲しいという小飼さんの思いが、伝わってくると思わないか? (JST 前提で言わせてもらえば。)
Posted by Kei at 2008年07月16日 06:02
売りたいがための妄想を書き連ねた本でしかない。
こんなことをしていると日本の経済力は底なしの破綻を迎える危険が
ある。
労働時間は長くて結構。
Posted by f at 2008年07月16日 05:52
なんつーか絵空事だなあ、と
この時間に会社で読みながら思う。
Posted by ataru at 2008年07月16日 02:21
で、この本の編集者は休みが無くなったわけだ。
Posted by 総論賛成各論反対 at 2008年07月15日 23:13
小飼さんがこれだけ言葉を尽くして薦めているのだから、読まない訳には行かないだろうなあ....
Posted by Kei at 2008年07月15日 21:00

正味な話、やめた方がいいと思いますよ。
Posted by    at 2008年07月15日 19:16
ウチの親会社は「休みたかったらやめればいい」という会社ですからねぇ。
Posted by 某ブラック企業系列従業員 at 2008年07月15日 15:10
自称負け組みによる「暇があっても金が無い」
という流れになりそう・・・
Posted by a at 2008年07月15日 14:13