2008年08月09日 10:00 [Edit]

信頼化社会において安心を得る最も手軽な方法

それならもう3年前に書評してたなあ

安心社会から信頼社会への移行をグーグルが強制している - アンカテ
それはともかく、大変重要な本を見落していた

それはさておき....

安心社会から信頼社会への移行をグーグルが強制している - アンカテ
それと、おそらくアメリカでは「パブリック」であるということは「みんなのもの」ということになるのだけど、日本では「みんなのもの」と言う時には「コミュニティのもの」を意味していて、「パブリック」という言葉は「お上のもの」という風に理解されているのではないだろうか。

これはさすがに言い過ぎ。かの国においても「安心」を求める声は確かにある。


そのこともまた、Googleを使って確認することが出来る。

上記の検索結果のリンク先を追えば、Gated Community 内部の Street View 削除がたくさん出てくる。確かに「安心社会から信頼社会へ」にあるとおり、大まかな傾向としての日本人の安心指向と米国人の信頼指向というのはあるけれど、かの国が完全に「信頼化」されているかというとそれは違う。

で、日本の Street View だ。我が家の最寄り駅は月島駅だが、このまわりの道は真っ青、すなわちに"Street Viewed" されている。

で、これで私が不安を感じるか、というと全然感じない。しかし、それは私が「信頼化完了」しているから、ではない。私自身は Google の Heavy User であるし、アボセンスを差し引いても Google から得たものは損失を遥かに上回る利益を得ている。売れる書評entryは、たいてい書名で(文字通り)ぐぐればAmazonの次か、ものによってはその上に来る。本blogのPage Rankも6にまで上昇していた。それでもなお、というよりだからこそ Google は100%信頼の対象とはなり得ない。「Google様が乱心した」時への備えは常に怠らないようにしている。毎日100万SMTP接続以上のSPAMに耐えてもなお自前のメールサーバーを死守しているのもその一環だ。

にも関わらず、 Street View に関しては他の Google のサービス、たとえば gmail に比べたらずっと不安は少ない。なぜか。我が家が Street とは直に接していないからだ。

ご存知かもしれないが、我が家はマンションの一アパートメント。Street、すなわち「パブリック」からアクセスするには、まずマンションに入らねばならない。外からは鍵がなければ開かないし、開いた先のロビーには24時間人が詰めている。誰を我が家に招いて誰を招かぬかは、こちらの手の内にある。

その安心感があるから、私だけではなくマンション住民も「バベル」撮影をOKしたし、私自身もリクルート住宅情報をはじめ多くの取材をここで受けている。「パブリック」と「プライヴェート」の間に、「コミュニティ」がDMZ = Demilitarized Zoneとしてはさまっているのだ。

そして、これが本 entry の表題、「信頼化社会において安心を得る最も手軽な方法」の答えでもある。一言でまとめると「コミュニティというDMZをはさめ」である。コミュニティという中間領域が存在することで、激変するパブリックに対峙する時間的空間的余裕が得られるのだ。

これに対して、Webサービスでは、隔てるものはブラウザーのウィンドウ一枚である。パブリックはまさに目の前にある。どちらが「信頼化ストレス」が高いかは言うまでもない。

もちろん、コミュニティはただではない。設立コストも維持コストもかかる。マンションの場合は購入時には設立コストが販売価格に上乗せされているし、購入後も管理費と修繕積立金を毎月請求される。しかしその費用を上回る効用があればそれでよいし、またその費用対効果は「みんな」=コミュニティのメンバー≠パブリックの自助努力で改善できる。

これが一軒家だとしたら、こうは行かないだろう。もちろん向こう三軒両隣の付き合いはあるし、町内会のような組織もなきにしもあらず。しかしこの場合のコミュニティはマンションのそれほど明白でもないし堅固でもない。私が一軒家の住民だとしたら、塀に「犬と Google Street View Car お断り」とか張っていたかも知れない。あるいは逆に本blogのURLをでかでかと表示しておくか....

別に Google を持ち出さなくても、信頼化への流れは止まらないだろう。だからこそ、コミュニティというものの価値が増すはずだ。信頼化社会が強制しているのは、実は安心を捨てることではなく、安心を可視化することではないのか。

と書いたら安心できた....ような気がする。

Dan the Man in the Community


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
普通に火事のお宅が写っていたりするんですがこれ、倫理的制約は効かないのか。 日本
Google Street View、雑感。【微熱日記】at 2008年08月16日 18:02
この件については、みんな難しく考えすぎなんじゃないかと思う。 ・Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ] - higuchi.com blog ・安心社会から信頼社会への移行をグーグルが強制している - アンカテ ・グーグル・ストリートビューに儀礼的...
ストリートビューの問題はGoogleの問題ではない【Weep for me - ボクノタメニ泣イテクレ > 雑記】at 2008年08月10日 18:13
小飼弾さんは僕の大好きなプロガーだ。 けれど、信頼化社会において安心を得る最も手軽な方法はいただけない。 全文にあたってもらうのが一番だが、簡便のために3つのパラグラフを引用しておこう。
お金で安全は買えるのかー小飼弾さんへー【建築家の育住日記】at 2008年08月10日 10:37
これはスゴイ… 山本高広の”地球に生まれて良かった〜”ぐらいにスゴイ!!!  ってなんか寝起きのせいもあってかすごい感動してしまった。 Google ストリートビューは便利? 怖い? - CNET Japan http://japan.cnet.com/panel/story/0,3800077799,20378605-10001147,00.htm...
[UkiUkiネットウォッチング]Google ストリートビューでドーパミンが出まくっている(通勤目線を動画撮り!)【ぷっぷのブログ】at 2008年08月09日 23:58
この記事へのコメント
微妙に
画像検出、画像フィルターで、
ぼかし技術を入れてるんですね。


でも、ぼかしリバースで、
ぼかしない画像とかが、うぷされるようになると、
微妙ですね。


顔、車のナンバープレート、表札。

Posted by higekuma3 at 2008年10月03日 06:11
一戸建てに住んでいますが、ストリートビューのお陰でほとんど四方八方丸見えの状態です。防犯上、勘弁してほしいです。
都会の町並みならともかく、大阪のはずれにある住宅街を事細かに写す理由がわかりません。
覗き見されてるようで、とても抵抗がありますね。
Posted by pon at 2008年08月10日 11:51
googleもMS並みに裁判費用をかける金銭的余裕ができたんだな。
Posted by hage at 2008年08月10日 10:41
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB&layer=c&ie=UTF8&ll=39.317566,-95.787477&spn=0.041634,0.068665&z=14&cbll=39.301884,-95.79345&panoid=_LFWIAZJnLlwcXA016yhuw&cbp=1,12.759502241141206,,0,-0.5403101836535952

Googleは、愚かなんじゃないか、上のようなところも、ずっとストリートビューしてある。
フランスは観光コースラインか? オーストラリアもやけっぱちのようにやっているし。イギリスはないみたい。
いったい、これが、何の利益を生み出すのかさっぱりわからない。
それこそ、神の怒りをかうような行為なんじゃないのか?
とりあえず、ガソリンがもったいない。環境破壊だな。
Posted by 花水 at 2008年08月09日 22:00
国土交通省は、道路特定財源の使い道が発見できて良かったです。
お車様により、道路整備状況を撮る。

地域によっては、毎月通って貰うとか、イベントの時に通って貰ったり、予算確保のためお車様誘致に躍起になるでしょう。

お車様が、お通りになる日時や順路も公開されることで、地元の方からのより良い順路の提示もあることでしょう。

Posted by しろ at 2008年08月09日 18:31
 弾さん、犬嫌いなんですか?
Posted by naco at 2008年08月09日 13:54